とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。通訳案内士資格に挑戦中。口述試験も終わりました。

荒んだり自信なくしたり空回りしたり

金曜日。
会社でマルサの真似事をやっていて、色々な事があって心が荒む。建前の職業倫理や内部統制だけじゃモチベがついてこない。本音の意義が欲しい。


それに年次業務の前倒しがあって11月中旬に仕事が立て込む事に。社外研修と日帰り出張もあるし、勉強時間の確保がかなり大変そう。まぁ無理はしまい。身体が持つなら朝に勉強ずらすだけ。




土曜日。

1からはじめるフランス語作文

1からはじめるフランス語作文



やっと一通り終了。毎日20分ずつくらい少しずつ進めてきた。フランス語でディクテ以外の本を終わらせたのは今回が始めてかも。基礎的な表現をあらゆる角度から鍛えてくれる。オーラルを鍛えるのにも良いと思う。


けど、第1章の基本表現すらも満足に書けていない自分に唖然。仏検準1級を受ける人がやるにはかなり手遅れの段階だと思う。これまで君は何やってきたんだ?もう一回リピートしてみるか・・




日曜日。
注目のJ2、神戸のノエスタで昇格争いにある神戸vs京都が見たかったのだが、ソールドアウトしていることを当日知る。神戸が昇格を決めるか、京都が意地を見せるか楽しみだったのに。


悔しいので京都へ行って手ぶらで散歩。寺にも美術館にも行かず、雨の中、西陣のあたりを色々と彷徨った。京都は雨がよく似合う。アーケードの前で喋るおばちゃん達、暇そうな商店の店主、迷い込んだ外人さん、そういうさりげない事に風情を見出す。


夜はライトアップを見に行こうと、一番不人気そうな高雄へ。ところが雨が強くなるわ、携帯の写メ機能がまたぶっ壊れているわ、紅葉は全然色づいてなくて青々としてるわ、本堂の開帳は来週からで今週は参道のライトアップだけとか、あらゆる面でグダグダ。灯篭の列を横目に神護寺本堂までゼイゼイ言いながらひたすら登って閉まっている門の前で雨に打たれながら佇む寂しさ。
一人貸しきり状態で、ライトアップを独占できたのは良かったけど。


最後腹いせに、清滝まで東海自然歩道を3キロほど歩こうと進む。が、道が本当に真っ暗で横の川に滑落する危険を感じて途中で引き返す。携帯のランプがなかったら戻る事すら覚束なかった。やばかった。まぁ上手く行かないときはこんなもの。諦めるだけ。