とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。通訳案内士資格に挑戦中。口述試験も終わりました。

CD付対訳本求む

CD付 対訳 フランス語で読む「赤と黒」

CD付 対訳 フランス語で読む「赤と黒」



本屋で見つけた。1830年のスタンダールの作品。ボヴァリー夫人レ・ミゼラブルなどと並ぶ19世紀のフランス文学の最高傑作のひとつ。対訳本が出るとは。


抜粋版なのがかなり残念。けど、日本語の文庫だと上下巻合わせて約900ページ、ボヴァリー夫人の倍近い分量があるし、さすがに仕方ない。


それでも、こういう本は売れて欲しいと思うし、どんどん色々な他の名作の対訳本が出て欲しいなと思う。


色々なレベルの読者層を相手にする事を考えると、分かりやすく解説を加えるのは難しいと思うのだが、小説って色々な事がまとめて学べるし、語学の教材には本当にうってつけだと思う。


誰かボヴァリー夫人も出してください。解説付き完全版で。訳出難しい。。