とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。通訳案内士資格に挑戦中。口述試験も終わりました。

Science et Vie-201510

Science et vie、10月号も紀伊国屋梅田本店で見つけて買ってしまった。税込1300円は結構な買い物だが、久しぶりに、フランス語で小説以外に何か読みたいと思うものを見つけた喜びは大きい。





先月が柄にもなく仕事が忙しかったので、9月号もまだ3分の1くらいしか読めてないんだけど、毎日抑制的に進む朝の日課(義務)の書取と違って、少し暇が出来たときとか、昼休み食事して暇で周りに誰もいないときとか、通勤でクロスシートで座って帰るときとか、気が向いた時に、電子辞書片手に、科学のトリビアを吸収できる気楽な感覚が嬉しい。


9月号で今まで読んだ特集記事でいうと、
・心臓の働き、疾患、再生、移植技術の現状
・フランスで脱原発は可能か
・酪農へのハイテク技術の適用(←面白かった)
・自動車と飛行機の融合の歴史と現状


などなど。とにかく話題が豊富。勿論、日本の科学雑誌でも色々な知見を与えてくれるものはあるだろうけども、この雑誌は結構出色ではないかなと。


あと自分にはフランス語の難易度が絶妙に思える。難しいけど絶望的なほどじゃないのも良い。時々時間見つけて読み耽ろう。