とにかくフランス語を勉強する

フランス語に加えてイタリア語もダラダラ勉強しているダメリーマンの記録。

2016コンクール・ド・ディクテの結果

この日の受験結果が郵送で届いた。


科目は上級。20点中16点だった。受験者66人の平均点は11.25点。分布図で上位25%には何とか入ってた。序盤酷かったけど、話の流れを掴んだ中盤以降は慣れたんだろうな、かなり間違いが減った。


途中で、発音の判別に迷った時には、読み上げる人の顔を見て確認するという方法に気づいたのも良かったと思う。生読み上げでないとこの方法は使えないからな。


採点のところにTrès bien!って書いてあって嬉しかったけど、見るとその下に、フランス語で長々と小言を頂いてました。色々と貴重な指摘を有難うございます。精進するしか。あと字が汚くてすいません。。


・・
思ったのは、語学の学習を続けている以上、定期的に何かしらの試験は受けた方が良いという事。


自分は今回、2年ぶりのテストだったけど、色々な気づきを得られてよかった。定期的な能力バランスシートの確認と、第三者からの指摘は大事な事で、この辺、自分は独学者だからなおさら強く意識しないとな。


今やコレクションのように色々な小説を書き取るのが目的になってるけど、そもそもこれは語学の学習の一環としてやっているんだし。


ちなみにこの試験、外部生でも1科目1500円、2科目2600円で受けられるのでコスパは良いし、首都圏在住のディクテ愛好家の方(そんな人いるのか)は受験してみると良いと思います。


2月は寒いので試験前に手を温めておくこと、あと筆記用具を忘れないように。自分は消しゴムを忘れてシャーペン備え付けの小さいのを使う羽目になって大変でした。