とにかくフランス語を勉強する

フランス語に加えてイタリア語もダラダラ勉強しているダメリーマンの記録。

2016年を振りかえって

今年も終わり。ブログ的には、正味4年続けた書取(ディクテ)の習慣を断ち切り、通訳ガイド試験を受けたことが一番大きな出来事だったと思う。普通に落ちてしまったけど刺激的で面白かった。


書取を断ち切ったのは、自己満足な感覚が強く感じられるようになってきて、本来の趣旨である語学学習の方に針路を戻そうとしたためなのだけど、実は今でも小説を書取をしたくなるビョーキは治っていない。


BSでフランスの旅番組を観たりとか、本屋の小説コーナーを散策したりとか、色々なきっかけでもって、書き取りたいなあという発作が急に出たりする。これはもう自分にとっては宿痾のようなもの。正直、表す勉強はダレ気味だけど、ここで書取に戻ってしまったら元の木阿弥、今の軌道を保てるように工夫しつつ通訳ガイドに受かるまでは今のやり方で続けたい。


他の外国語を勉強するのにも興味あるけど、時間と手間を考えるとしばらくは難しいな。