とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。フランス語の通訳案内士資格に挑戦中。

茨のメンタルヘルス検定への道

アフリカ投資勧誘雑誌の誘惑を断ち切り、これから通訳案内士の面接対策をしっかりやるぞ、というところに次の障壁が。


11月5日にメンタルヘルス検定も受けないといけない。去年受ける予定だったのだが、衛生管理者資格を先に取る必要が生じたのを口実に何もしないまま。


2年連続で放置できない。衛生管理をする上で、社内の他に誰も身に付けていないこの種の心得は身に付けておきたい。通訳案内士との掛け持ちは元々覚悟の上。


それに業務に直接役に立つ、立たないは別にして、資格受験を通じて前向きに新しい知識の摂取に努めることで、仕事運を好転させられるのは今までの経験でよく分かっていることだからな。。


メンタルヘルス検定。
https://www.mental-health.ne.jp/




受けるのは2種ラインケアコース。1種マスターコースは明らかに専業者向きの内容で難しすぎるし、3種のセルフケアは逆にレクの意味合いが濃く自分の挑戦の趣旨とズレるかなと思った。


2種の合格率は普段は45〜55%くらいだが、前回が67%という異例の高率だったので、次回は反動で難化しそう。
商工会議所主催の試験らしく、簿記やビジネス法務と同じく得点率70%一律足切りで合格率を調整しないらしいので、今回は問題を難しくするんじゃないかなあ。かなり真面目に勉強しないと受からなそうだ。


朝は、通訳案内士の面接対策に1時間割り当てていて空かないし空けたくないし、朝に勉強すると夜は眠くて勉強できないので、他の狭間の部分を見つけて勉強するしかない。試験直前の休日プライベートはかなり犠牲になりそうだ。とにかく目から出血するくらい勉強する。