とにかくフランス語とイタリア語を勉強する

フランス語とイタリア語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。

このままだと落ちる(10/2追記)

上記エントリーにあるように、瞑想先生から、おもてなし練習をするためのフランス人の方を紹介してもらえることになり、日程や行き先を決めるべく、3連休中に3人で別途打ち合わせをするという話になっていた。それは楽しみにしていた。

ところが、その後から瞑想先生の連絡がぷっつり途絶えたまま。全くレスポンスもなくなり、電話も取ってくれない。

何か連絡が取れなくなるような非常事態があったのか心配になり、名寄せ検索して某SNSアカウントを見てみたら、普通に元気なリア充状況をアップしていた。(自分はSNSをやってないので普段繋がっていない)

 

・・そのまま当初のアポ予定日から1週間以上が経過。自分は先生から接触を拒絶されるようになったと解釈せざるを得なくなった。

何も嫌われるようなことはしてなかったと思うが、理由は良く分からない。

元から話自体が口から出まかせだったのか、紹介予定のフランコフォンの方が土壇場で拒絶してきたのか、も良く分からない。

まぁ単なるお願いベースの話だったし、所詮は講師と生徒の関係。金の切れ目が縁の切れ目だったということか。

 

・・それでも先生、色々ありがとね。

これからどうしようか。このままだとまたまた落ちる。

 

(10/2追記)

瞑想先生からメールが来ていた。もしかしてこのブログを見てるとか?見てないよな。約束を飛ばした後でも謝るどころか、言い訳するニュアンスすらないのは、いかにもという感じ。

曰く、件のフランコフォンの方はあなたのガイドを心待ちにしているけど、まだ公的申請、居住場所の調整で忙しく、今はゆっくり旅行できる環境にないとのこと。

それなら仕方ないですね。こちらは御願いする立場だし、ゆっくり待ちましょう。