とにかくフランス語を勉強する

フランス語に加えてイタリア語もダラダラ勉強しているダメリーマンの記録。

馬名でイタリア語単語を覚える

競馬の話。最近フランス語、イタリア語、スペイン語ポルトガル語、ドイツ語など多彩な言語バックグラウンドをもった馬名が増えている事に気付く。

この辺、一回まとめてみたいなとは思っていた。馬名を通じて単語を覚えられたら面白いし、楽だし。

というわけでまず、今自分が学んでいるイタリア語で、馬名にどんな単語が使われているか、あるいは使われずに残っているのか、調べてまとめてみました。

※1 まだまだたくさん確認漏れがあります。(現状、見つけては追加している)

※2 冠名付きの馬は含みません(ヴィクトワール「ピサ」とか、「フサイチコンコルドとか)。文法的にイタリア語として成り立つものだけ。

※3 JRA・地方登録馬を含みますが、80年代以前の登録馬、海外登録馬は含みません。そこまでカウントするとキリがないため。

※4 カタカナの当て方が独特な馬もいますが、馬主さんの選択なので大目に見てください。

※5 ★はGⅠ競争の勝利馬、☆はGⅡ、GⅢ競争の勝利馬(いずれも海外、交流競走含む)を指します。

 

※フランス語単語はこちら()、スペイン語ポルトガル語単語はこちら(

 

アイラジオーネ(Hai ragione,2019)・・(文章)その通り、あなたは正しい

アヴァンツァーレ(Avanzare,2018)・・(動詞)前進する、進化する

アヴァンティAvanti,2017)・・(名詞)前衛、フォワード、(副詞)前に、先方に

アヴェラーレ(Avverare,2018)・・(動詞)実現する、遂行する

アヴェンチュラ(Aventura,2008)・・(名詞)冒険

アヴォカート(Avvocato,2005)・・(職業)弁護士、代理人

アヴォリーオ(Avorio,2015)・・(名詞)象牙象牙製品、象牙

アウグーリオ(Augurio,2008)・・(名詞)お祝い、祝賀、祈願、念願、前兆、縁起、兆し

アウスピカーレ(Auspicare,2007)・・(動詞)願う、切望する

アウティスタ(Autista,2017)・・(職業)運転手

アクアリオ(Aquario,2014)・・(名詞)水族館、養魚鉢、水槽

アエローザ(Aerosa,2003)・・(形容詞)風の通る、軽やかな、のびやかな(女性形)

アオスタ(Aosta,2014)・・(地名)イタリア北西部ヴァッレ・ダオスタ特別州の州都。フランス・スイスの国境近くのアルプス越えの要衝。現在はモンブラントンネルが開通し交通の便も改善。凱旋門コロッセオ跡などのローマ時代の遺跡が観光資源(Wiki

アクイレイア(Aquileia,2010)・・(地名)イタリア北部フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の小都市。スロヴェニアとの国境に近い。ローマ時代に建設された古代都市を起源とし、繁栄を極めた当時の遺跡は世界遺産として登録されている(Wiki

アグリジェント(Agrigento,2010)・・(地名)シチリア島南部の都市。古代ギリシャ人の植民都市として拓かれ、神殿の谷(Valle dei tempi)と呼ばれる神殿の遺跡群は、世界遺産に登録されている(Wiki

アグリツーリスモ(Agriturismo,2014)・・(名詞)農家民宿(アグリカルチャー(農業)とツーリズム(観光)をあわせた造語のイタリア語形で、農作業を手伝いながら宿泊する事が出来る)

アグルーメ(Agrume,2020)・・(名詞)柑橘類

アジルメンテ(Agilmente,2004)・・(副詞)軽快に、敏捷に

アスコルターレ(Ascoltare,2018)・・(動詞)聞く、注意を払う

アスティ(Asti,2016)・・(地名)イタリア北西部ピエモンテ州、モンフェッラート地方の中心都市で、この街の名を冠したワインブランドの「アスティ」でよく知られる(東海地方にやたらあるショッピングモールはAsty)(Wiki

アスピラーレ(Aspirare,2000)・・(動詞)熱望する、吸い込む

アズーリ(Azzurri,2010)・・(名詞)団体スポーツ競技の男子イタリア代表の呼称。各スポーツのイタリア代表のユニフォームが紺色であることに由来しているが、専らサッカー代表の呼称に用いられている。女子代表は「アズーレ」(Wiki

アチェンティ(Accenti,2015)・・(名詞)アクセント、抑揚、口調

アッカレッツァーレ(Accarezzare,2017)・・(動詞)撫でる、愛でる

アッサルト(Assalto,2011)・・(名詞)強襲

アッチャイオ(Acciaio,2016)・・(名詞)鋼鉄、はがね

アッティーヴォ(Attivo,2014)・・(形容詞)快活な、活動的な

アッテンツィオーネ(Attenzione,2013)・・(名詞)注意、留意、注目、用心(複数形(Attenzioni)だと親切、思いやりという意味になる)

アットーレ(Attore,2001)・・(職業)俳優

アッフェルマーレ(Affermare,2016)・・(動詞)肯定する、証明する

アッラサルーテ(Alla salute,2013)、アラサルーテ(1988)・・(成句)乾杯!(直訳すると「健康に!」

アッリヴァーレ(Arrivare,2011)・・(動詞)到着する、辿り着く

アッミラーレ(Ammirare,1997)・・(動詞)尊敬する、驚嘆する

アディラータメンテ(Adiratamente,2018)・・(副詞)怒ったように(音楽用語、気性難になりそう)

アディラート(Adirato,2018)・・(形容詞)怒った(音楽用語)

アドラツィオーネ(Adorazione,2016)・・(名詞)崇拝、礼拝、賛美、熱愛

アドルナメンテ(Adornamente,2013)・・(副詞)華やかに

アニマヴィーヴァ(Anima viva,2019)・・(名詞句)生き生きとした魂

アニマフレスカ(Anima fresca,2017)・・(名詞句)新鮮な魂

アバルラータ(A ballata,2014)・・(副詞句)舞踏曲風に(音楽用語)

アビレ(Abile,2018)・・(形容詞)有能な、ふさわしい、抜け目のない

アフィラトゥーラ(Affilatura,2017)・・(名詞)研ぐこと、磨くこと、刃をつけること

アフェット(Affetto,2008)・・(名詞)愛情、思慕

アフォガート(Affogato,2019)・・(名詞)バニラ風味のアイスクリームやジェラートに飲料をかけて食べるイタリアのデザート。直訳すると「溺れた」という意味の形容詞。転じてバニラ風味のアイスクリームやジェラートに飲料をかけて食べるイタリアのデザートを指すようになった(Wiki

アプリーレ(Aprire,2013)・・(動詞)開く、開ける

アマトリチャーナ(Amatriciana,2015)・・(名詞)グアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)、ペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)、トマトで作るパスタソース。スパゲッティ、ブカティーニリガトーニが良く合う。ラツィオ州の小さなコムーネが名前の由来とされ、ローマ料理の代表的なソースとされる(Wiki

アマビリータ(Amabilita,2000)・・(名詞)愛嬌、愛らしさ、優しさ

アマルフィ(Amalfi,2009)・・(地名)イタリア南部カンパニア州ソレント半島南岸の小都市。中世にはアマルフィ共和国として自立し強盛を誇った歴史を持つ。断崖にへばりつくように建物が密集し、レモン畑が多い。また地元のアマルフィ海岸は世界遺産に登録されている(Wiki

アマレット(Amarretto,2008)・・(名詞)アーモンド風味の苦みの効いたリキュール(Wiki)、もしくはマカロンに似たビスケット上の菓子(主に複数形で用いる)(Wiki)。直訳すると「やや苦めの、ほろ苦い」(苦いを意味するAmaro+etto(縮小辞))

アマービレ(Amabile,2017)・・(形容詞)上品な、愛される

アマーレ(Amare,2017)・・(動詞)愛する

アモーレ(Amore,2014)・・(名詞)愛

アモーレエテルノ(Amore eterno,2012)・・(名詞句)永遠の愛

アラビアータ(Arrabiata,2012)・・(名詞句)唐辛子を利かせたトマトソースのことで、スパゲッティ、ペンネのほか、ピザにも用いられる。 直訳すると「激怒」で、食べると強い喉の渇きを誘うことから、この名がついたと言われる。地名のアラビアとは関係ない(Wiki

アランチオーネ(Arancione,2016)・・(形容詞)オレンジ色の(名詞)オレンジ色、橙色

アランチャロッサ(Arancia rossa,2018)・・(名詞句)ブラッドオレンジ(シチリア原産の果肉の赤いオレンジ。最近は温暖化のお陰で日本でも栽培され始めているらしい)

アランチャータ(Aranciata,2019)・・(名詞)(炭酸入り)オレンジジュース。アランチアはオレンジの意味で、直訳すると「オレンジ化された(もの)」

アリゼオ(Aliseo,2007)・・(名詞)貿易風

アリーヴォ(Arrivo,2018)・・(名詞)到着、到来、到達

アルヴェント(Al vento,2017)・・(副詞句)風に乗って

アルコバレーノ(Arcobaleno,2000)・・(名詞)虹

アルジェンタータ(Argentata,2016)・・(名詞)銀色

アルチスタ(Artista,2015)・・(職業)芸術家

アルディテッツァ(Arditezza,2016)・・(名詞)勇敢、大胆

アルデンテ(Al dente,2016)・・(副詞句)スパゲッティなどのパスタをゆでるとき「歯ごたえが残る」というゆで上がり状態の目安とされる表現。麺が完全に茹で上がらずに麺の中心が髪の毛の細さ程度の芯を残して茹であげることをいう。 直訳すると「歯に」(Wiki

アルドーレ(Ardore,2015)・・(名詞)情熱、熱意

アルビアーノ(Albiano,2012)・・(地名)イタリア北部トレンティーノ=アルト・アディジェ自治州トレント自治県の人口1,500人ほどの小さなコムーネトレントから北東に10kmほどの位置にある(Wiki

アルフィエーレ(Alfiere,2002)・・(職業)主将、司教

アルベロベッロ(Alberobello,2017)・・(地名)イタリア南東プッリャ州バーリ県の都市。トゥルッリと呼ばれる白壁に円錐形の石積み屋根を載せた家屋群は世界遺産に登録され、同地域の象徴として良く知られる。直訳すると「美しい樹」(Wiki

アレグリッシモ(Allegrissimo,2018)・・(形容詞)最も陽気な、最も快活な(Allegroの絶対最上級)

アレグロ(Allegro,2016)・・(形容詞)陽気な、快活な、明るい(音楽用語)

アレグロコンブリオ(Allegro con brio,2002)・・(副詞句)陽気に早く(音楽用語)

アレッタレジーナ(Aletta regina,2018)・・(名詞句)翼のある女王

アレッツォ(Arezzo,2003)・・(地名)イタリア中部トスカーナ州内陸の都市。非常に古い歴史を持ち、ローマ以前のエトルリア都市国家群の中心都市だった記録を持ち、中世にはフィレンツェシエナに次ぐルネッサンスの中心地となった(Wiki

アンジェロビアンコ(Angelo bianco,2012)・・(名詞句)白い天使

アンタゴニスタ(Antagonista,2019)・・(名詞)悪役、敵対者、競争者

アンダーレ(Andare,2019)・・(動詞)行く、赴く、進む

アンディアーモ(Andiamo,1999)・・(動詞)行こう(アンダーレの直説法現在一人称複数形)

アンマリアトーレ(Ammaliatore,2009)・・(形容詞)魔法にかける、魅力的な

イデアリスタ(Idealista,2010)・・(属性)理想主義者

イラーレ(Ilare,2019)・・(形容詞)楽しい、愉快な

イルクオーレ(Il cuore,2018)・・(名詞)心、心臓

イルサルト(Il sarto,2006)・・(職業)仕立て屋

イルジオーネ(Illusione,2016)・・(名詞)幻想

イルチルコ(Il circo,2019)・・(名詞)サーカス

イルテアトリーノ(Il teatrino,2009)・・(名詞)小劇場(テアートロ(Teatro、劇場)に縮小辞の-inoを付けたもの)

イルティモーネ(Il timone,2013)・・(名詞)舵、操縦桿

イルバチオ(Il bacio,1997)・・(名詞)接吻

イルポスティーノ(Il postino,2009)・・(職業)郵便配達人

イルミオクオーレ(Il mio cuore,2013)・・(名詞句)私の心

イルミナーレ(Illuminare,2013)・・(動詞)照らす、輝かせる

イルルーメ(Il lume,2015)・・(名詞)光

インカンターレ(Incantare,2013)・・(動詞)魅了する、喜ばせる

イングランディーレ(Ingrandire,1999)・・(動詞)広がる、増加する

インコントラーレ(Incontrare,2019)・・(動詞)出会う、出迎える、対戦する

インスピラーレ(Inspirare,2018)・・(動詞)鼓舞する、激励する

インフィオラーレ(Infiorare,1999)・・(動詞)~を花で飾る

インペラトーレ(Imperatore,2013)・・(職業)皇帝、天皇

インペルラーレ(Imperlare,2014)・・(動詞)真珠で飾る、濡らす

ヴァガボンド(Vagabondo,2018)・・(職業)放浪者

ヴァリアメンテ(Variamente,2018)・・(副詞)色々に、様々に

ヴァリアーレ(Variare,2012)・・(動詞)変化する、異なる

ヴァルカモニカ(Valcamonica,2009)・・(地名)アルプスの山麓のオーリオ川沿いに約70 kmに続いている渓谷。渓谷の岩壁には、8,000年の間に渡り彫られた、うんざりするほどの線刻画が残されており、世界遺産に登録されている(Wiki

ヴァルディノート(Val di noto,2015)・・(地名)シチリアの古い行政区分の1つでシチリア島南部に位置する。1693年のエトナ山の噴火後に作られた後期バロック様式の街並みが評価化され世界遺産に登録されている(Wiki

ヴァレプロフォンダ(Valle profonda,2019)・・(名詞句)深い渓谷

ヴァンジェーロ(Vangelo,2017)・・(名詞)福音

ヴィヴァチェメンテ(Vivacemente,2018)・・(副詞)生き生きと、快活に

ヴィヴァチッシモ(Vivacissimo,2004)・・(形容詞)最も活発な、最もすばしっこい(ヴィヴァーチェVivace)の絶対最上級)

ヴィエメンテ(Veemente,2014)・・(副詞)激しく、情熱的に

ヴィゴーレ(Vigore,2018)・・(名詞)活動力、精力、活力、力強さ(音楽用語で力強くという意味も)

ヴィズアルメンテ(Visualmente,2015)・・(副詞)視覚的に

ヴィスパメンテ(Vispamente,2018)・・(副詞)生き生きと、激しく

ヴィタフェリーチェ(Vita felice,2019)・・(名詞句)幸せな人生

ヴィットリオーザ(Vittoriosa,2018)・・(形容詞)勝利を得た、勝ち誇った(女性形)

ヴィノロッソ(Vino rosso,1995)・・(名詞句)赤いワイン

ヴィブラツィオーネ(Vibrazione,2019)・・(名詞)振動、震動、調子、響き

ヴィルトゥオシタ(Virutuosita,2017)・・(名詞)妙技、離れ業、名人芸

ヴィンチェーレ(Vincere,2017)・・(動詞)勝利する、打ち克つ

ヴィンチェロ(Vincerò,2012)、ビンチェロ(2004)、 ・・(動詞)勝つぞ(ヴィンチェーレ(Vincere)の直説法単純未来一人称単数系)

ヴィンチトーレ(Vincitore,2010)・・(職業)勝者、征服者

ヴィータローザ(Vita rosa,2000)・・(名詞句)バラ色の人生

ヴェスヴィオ(Vesuvio,2012)・・(地名)(Wikiナポリ湾岸にある1,281mの火山。西暦79年にポンペイを町ごと破壊する大噴火を起こした他、定期的に壊滅的な大噴火を引き起こしてきた。現在は登山バスで頂上付近まで登頂可能になっている(Wiki

ヴェネツィア(Venezia,2012)・・(地名)イタリア北東部ヴェネト州の州都にして世界規模の知名度と人気を誇る観光都市。市街を運河が縦横に走る構造を持ち「アドリア海の女王」「水の都」などの別名を持つ(Wiki

ヴェネト(Veneto,2012)・・(地名)イタリア北東部の州の名前。州都はヴェネツィアであり、他にヴェローナパドヴァトレヴィーゾなどの都市を抱える。衣料、食料、観光含めた商工業がバランスよく強く、その経済力でイタリアの経済・財政を支える(Wiki

ヴェニーレ(Venire,2018)・・(動詞)来る、行く、到来する

ヴェネレ(Venere,2016)・・(名詞)金星

ヴェラメンテ(Veramente,2019)・・(副詞)現実に、本当に(単独で、本当に?みたいに使うことも。英語でいうReallyと同じ)

ヴェラート(Velato,2018)・・(形容詞)覆った、ぼんやりとした、曇った、隠された

ヴェルデヴェント(Verde vento,2018)・・(名詞句)緑の風

ヴェレノ(Veleno,2019)・・(名詞)毒、毒薬、有害物、凶悪な考え

ヴェラート(Velato,2018)・・(形容詞)ヴェールに包まれた、覆われた、はっきりしない

ヴェルティーチェ(Vertice,2014)・・(名詞)頂上、頂

ヴェロチスタ(Velocista,2004)・・(属性)スプリンター

ヴォリアーモ(Voliamo,2014)・・(動詞)羽ばたこう(Volare「羽ばたく」の直説法現在一人称複数形)

ヴォルテッジョ(Volteggio,2019)・・(名詞)跳躍、回転運動

ヴォーノヴォーノ(Buono buono,1991)・・(形容詞)すごくいい(2回重ねて意味を強める言い方

ウルビーノ(Urbino,2007)・・(地名)イタリア中部マルケ州の都市。山間部の小都市であるが、多くの文化遺産を擁する芸術の街として知られ、その歴史的な街並みは世界遺産に登録されている(イタリアはどの街も登録されてるけど・・)(Wiki

ウルラーレ(Urulare,2014)・・(動詞)叫ぶ、わめく

ウーヴァラーラ(Uva rara,2019)・・(名詞句)貴重な葡萄

エヴァジョーネ(Evasione,2017)・・(名詞)脱出、逃亡、逃避

エオリア(Eolie,2015)・・(地名)シチリア島北方、ティレニア海南部にY字型に連なる、リーパリ、サリーナ、ブルカーノ、ストロンボリ、パナレーア、フィリクーディ、アリクーディの7つの島からなる火山性の諸島のこと。世界遺産に登録されている(Wiki

エスカ(Esca,2012)・・(名詞)誘惑、餌

エスクルシオーネ(Escursione,2019)・・(名詞)エクスカーション、周辺旅行、遠足、ハイキング

エスタジ(Estasi,2016)・・(名詞)無我の境地、恍惚

エスプロジオーネ(Esplosione,2017)・・(名詞)爆発、爆音

エテルナ(Eterna,2019)・・(形容詞)永遠の(牡馬だけど女性形)

エテルナメンテ(Eternamente,2019)・・(副詞)永久に、永遠に

エトナ(Etna,2015)・・(地名)シチリア島東部にあるヨーロッパ随一の3,326mの活火山。頻繁に噴火を起こすが、たくさんの人が気にせず麓に住んでいる。頂上まで登頂するにはガイドが必要。ジロ・デ・イタリアの山岳レースの舞台になることも(Wiki

エネルジコ(Energico,2009)・・(形容詞)精力的な、エネルギッシュな、効果的な

エノテカEnoteca,2010)・・(名詞)ワイン箱、ワイン棚、ワイン販売所、ワイン屋

エポカドーロEpoca d’oro,2015)・・(名詞句)黄金の時代

エルコラーノ(Ercolano,2013)・・(地名)イタリア南部カンパニア州ナポリ近郊の都市。ヴェスヴィオ火山の西麓に位置し登山口として機能する。近隣のポンペイなどと共に、ローマ時代の遺稿が評価され世界遺産に登録されている(Wiki

エルツィオーネ(Eruzione,2019)・・(名詞)噴火、噴出

エルモドーロ(Elmo d’oro,2018)・・(名詞句)黄金の兜

エレディータ(Eredità,2012)・・(名詞)遺産、相続財産、遺贈、継承

エレーデ(Erede,2013)・・(名詞)相続人、後継者

オスティナート(Ostinato,1980)・・(形容詞)頑固な、強情な、執拗な(名詞)頑固もの、意地っ張り(音楽用語では、何度も同じパターンを繰り返すことを意味する)

オステリア(Osteria,2019)・・(名詞)居酒屋。軽食とワインを提供するスタイルによって、リストランテ、トラットリア、タベルナと区別される(Wiki

オッティモ(Ottimo,2016)・・(形容詞)最上の、極上の(buonoの最上級)

オーラソラーレ(Ora solare,2015)・・(名詞句)標準時

オーラレガーレ(Ora legale,2008)・・(名詞句)サマータイム

オーロロッソ(Oro rosso,2019)・・(名詞句)銅を含んだ金

カヴァレリア(Cavalleria,2014)・・(職業)騎兵

カサーレ(Casale,2015)・・(名詞)人里、村落、共同農園、農家

カスターニャルーナ(Castagna luna,2019)・・(名詞句)栗色の月

カステルデルモンテ(Castel del monte,2020)・・(名所)イタリアの南部、プッリャ州アンドリアの郊外にある中世の城。丘の上にぽつんと立ち、八角形を取り入れた独特のフォルムを持つ。世界遺産に登録されている(Wiki

カターニア(Catania,2012)・・(地名)シチリア島第2の都市。島の東岸イオニア海に面し、近隣にエトナ山を臨む。名物は馬肉料理(焼いてパニーニ挟んだり)や、ゼッポレ(揚げドーナッツに粉砂糖やカスタードクリーム、ゼリーを乗せたもの)など(Wiki

カッチョカバロ(Caciocavallo,2017)・・(名詞)南イタリアを代表するチーズ。直訳すると「馬のチーズ」。熟成時に、紐でヒョウタンのような形(数字の8にも似た)で吊り下げられた姿が、馬の鞍の左右に袋をぶら下げて運ぶのに似ているため(Wiki

カップッチョ(Cappuccio,2017)・・(名詞句)ミニカプチーノ(接尾語の-inoは「小さい」「かわいらしい」などの縮小の意を表す)

カナレセッテ(Canale sette,2008)・・(名詞句)チャンネル7(関東でいうテレ東のこと?)

カピターノ(Capitano,2004)・・(職業)隊長、機長、船長、首領、主将

カプチーノCappuccino,2011)・・(名詞)エスプレッソに、クリーム状に泡立てた牛乳を加えたもの。語源はカプチン会の修道士の意味だが由来は不明(Wiki

カプリ(Capri,2001)・・(地名)ナポリから南に30kmほど隔たった10㎢程度の小さな島のこと。観光が主産業で、海食洞と呼ばれる「青の洞窟」で有名。古代ローマ時代からリゾート地として開発されていた(Wiki

カプリチョーザ(Capricciosa,1990)・・(形容詞)気まぐれな(一般的に、イタリア料理のメニューで使われる際は「シェフのおまかせ」と訳される。ピザなどでいたずらに美味しそうな具を並べたピザ・カプリチョーザも有名(Wiki))

カプリッチョ(Capriccio,1994)・・(名詞)気まぐれ、むらっ気、わがまま

カプレーゼ(Caprese,2014)・・(形容詞)カプリ島の、カプリ風の(インサラータ・カプレーゼ(トマト、モッツァレラ、オレガノのイタリア国旗を模した3色サラダ)、トルタカプレーゼ(チョコアーモンドケーキ)が有名)

カポラヴォーロ(Capolavoro,2015)・・(名詞)傑作、名作

カメリエーレ(Cameriere,2013)・・(職業)給仕

カルチョ(Calcio,2015)・・(名詞)サッカー、蹴ること

カルツェビアンコ(Carze bianco,2014)・・(名詞句)白い靴下

カルド(Caldo,2019)・・(形容詞)熱い、暑い、熱心な(名詞)暑さ、熱意、熱情

カルボナーラ(Carbonara,2005)・・(名詞)パスタソースの一種で、チーズ、黒コショウ、グアンチャーレもしくはパンチェッタ(塩漬けの豚肉)、鶏卵を用いたもの。 直訳すると「炭焼風の」であるが、語源については諸説あり決め手があるものはない(Wiki

カンタトリーチェ(Cantatriche,2006)・・(名詞)女性歌手

カンタンテ(Cantante,2014)・・(職業)歌手

カンタービレ(Cantabile,2015)・・(形容詞)歌うことのできる、歌うように(楽曲表現)

カンノーロ(Cannnoli,2006)・・(名詞)リコッタチーズ、チョコレート、砂糖漬けの果物などを詰めたシチリア名物の筒状の菓子。とにかく甘いので食べる前に色々覚悟しないといけないらしい(Wiki

カンパニョーラ(Campagnola,2019)・・(名詞)田舎の人、農民、百姓(女性形)

カンパネラ(Campanella,2008)・・(名詞)小さな鐘、予備鈴、リング、輪

カンパニリズモ(Campanilismo,2014)・・(名詞)郷土愛

カンビアーレ(Cambiare,2016)・・(動詞)変化する、進化する

カンピオーネ(Campione,2019)・・(名詞)チャンピオン

カンポデフィオーリ(Campo di fiori,2014)・・(名詞句)花咲く野原

キャンミナーレ(Camminare,2019)・・(動詞)歩く、歩行する、働く、進む

グァンチャーレ(Guanciale,2012)・・(名詞)豚の頬肉の脂身の塩漬け。豚の頬肉、いわゆる豚トロを塩漬けにして2、3週間熟成させたもの。表面に胡椒などのスパイスやハーブを刷り込んであるものが多く、カルボナータ、アマトリチャーナに良く入れられる(ほかに、枕という意味もある)

クエルチア(Quercia,2019)・・(名詞)オークの木(樫、ナラ)

クオーレ(Cuore,2012)・・(名詞)心

クオーレカルド(Cuore caldo,2015)・・(名詞句)熱い心

クオーレドーロ(Cuore d’oro,2019)・・(名詞句)金の心

クッカーニャ(Cuccagna,2009)・・(名詞)桃源郷、極楽

グラッパ(Grappa,2015)・・(名詞)ブランデーの一種。食後酒としてよく飲まれる。ブドウの搾りかすを蒸留して作られ、アルコール度数は45~50度のものが多い。ヴェネツィアの北西にあるバッサーノ・デル・グラッパの名産だが、全土で作られている(Wiki

グラディアトーレ(Gradiatore,2005)・・(職業)剣奴

グランデ(Grande,2019)・・(形容詞)偉大な、壮大な、大きな

グランデアモーレ(Grande amore,2010)・・(名詞句)大きな愛

グランデストラーダ(Grande strada,2016)・・(名詞句)大きな道

グランデッツァ(Grandezza,2009)・・(名詞)偉大、雄大

グランデフィオーレ(Grande fiore,2018)・・(名詞句)大きな花

グランデマーレ(Grande mare,2017)・・(名詞句)壮大な海

グランデレジーナ(Grande regina,2019)・・(名詞句)偉大な女王

グランプレージョ(Gran pregio,2009)・・(名詞句)大評判

グラーツィア(Grazia,2019)、グラッツィア(2008)・・(名詞)品の良さ、美しさ、恩恵(英語で言うGraceのこと)

クリミナーレ(Criminale,1994)・・(属性)犯人、犯罪者

クレアトーレ(Creatore,2010)・・(属性)創造主

クレアーレ(Creare,2017)・・(動詞)創造する、作る

クレッシェンド(Crescendo,2017)・・(名詞)次第に強く(音楽用語)

グリッシーニ(Grissini,2015)・・(名詞)トリノ発祥の、クラッカーのような食感のスティック状の細長い乾パン。今はイタリア全土に普通に広まっており、食堂などで普通に卓上に置かれていたりする。ナポレオンが好んで取り寄せたとされる(Wiki

グレデンザ(Credenza,2017)・・(名詞)信念、想い

クレデーレ(Credere,2008)・・(動詞)考える、信じる

クレド(Credo,2019)・・(名詞)信仰、指針

クレモナ(Cremona,2018)・・(地名)イタリア北部ロンバルディア州の都市。ストラディバリグァルネリなどのヴァイオリン製造のほか、古くから畜産、農業が盛んでモスタルダ(果物をマスタード風味のシロップにつけたもの)トローネ(卵白と蜂蜜、アーモンドを混ぜ込んだいわばヌガー菓子)などが名物(Wiki

グロッタアズーラ(Grotta azzura,2007)・・(名所)青の洞窟。イタリア南部カプリ島にある海食洞で南イタリア随一の観光名所。神秘的な紺碧の光が観光客を魅了する。入り口は狭く、洞窟のある入り江から手漕ぎの小船に乗って入って行く形をとる(Wiki

グロリアーレ(Gloriare,2010)・・(動詞)祝福する、称賛する

グロリオーソ(Glorioso,2018)・・(形容詞)輝かしい、栄光の

クローチェ(Croce,2009)・・(名詞)十字架

グローリア(Gloria,2013)・・(名詞)勝利

クワトロチェント(Quatrocento,2017)・・(名詞)400(一般的に1400年代の芸術史を意味する)

クーネオ(Cuneo,2018)・・(地名)イタリア北西部ピエモンテ州南部にある都市。西側はフランスと国境を接しアルジェンテラ山の麓にある。名物はクネージ(お酒の入ったチョコレートクリームを手づくりのメレンゲに詰め、ハイカカオチョコでコーティングしたもの)(Wiki

コゼンツァ(Cosenza,2018)・・(地名)イタリア南部カラブリア州の古都。州の学術・文化の中心地として知られ、ナポリ王国の基で1511年に開設されたアカデミア・コゼンティーナは哲学と文学の研究で知られる(Wiki

コディーノ(Codino,2010)・・(名詞)辮髪

コモ(Como,2017)・・(地名)イタリア北部ロンバルディア州の北端、スイスとの国境に位置する都市。元々は繊維産業を中心とした第二次産業が盛んだったが、最近は観光業も伸長。コモ湖を臨む美しい眺望は有名(Wiki

ゴルゴンゾーラ(Gorgonzola,1999)・・(名詞)イタリア北部ロンバルディア州ピエモンテ州で生産されるイタリアの代表的なチーズのひとつ。内部に筋状のアオカビが走っており特徴的な刺激臭がある。ミラノ近郊のゴルゴンゾーラという地域が名前の由来だが、もうこの地域では製造されていない(Wiki

コルテジア(Cortesia,2017)・・(名詞)親切、思いやり、親切な行為、礼儀、礼節

コログレッツォ(Collo grezzo,2015)・・(名詞句)暴れん坊

コロラトゥーレ(Colorature,2014)・・(名詞)クラシック音楽の歌曲やオペラにおいて、速いフレーズの中に装飾を施し、華やかにしている音節(音楽用語)

コンアモーレ(Con amore,2019)・・(副詞句)喜んで、進んで、熱心に

コングラツィア(Con grazia,2016)・・(副詞句)上品に、優雅に

コンシリエーレ(Consigliere,2019)・・(属性)相談役

コルテーゼ(Cortese,2017)・・(名詞)ピエモンテ州で製造されるワインの品種

コンソラーレ(Consolare,2011)・・(名詞)癒し、安らぎ

コンティヌアトーレ(Continuatore,2009)・・(属性)継承者、後継者

コントゥラット(Contratto,2019)・・(名詞)契約、契約書

コンドッティエーレ(Condottiere,2009)・・(職業)傭兵

コントロヴェント(Controvento,2014)・・(副詞)風に向かって、逆風を突いて

コンパッシオーネ(Compassione,2014)・・(名詞)同情、哀れみ、不憫

コンフィデンツァ(Confidenza,2001)・・(名詞)打ち明け話、秘密の話、親密さ

コンプレアンノ(Compleanno,2014)・・(名詞)誕生日、歳

サビアーレ(Sabbiare,2000)・・(動詞)砂をかける

サリーレ(Salire,2008)・・(動詞)上昇する、登る

サルヴァトーレ(Salvatore,2012)・・(属性)救世主

サルターレ(Saltare,2009)・・(動詞)跳ぶ、跳ねる

サルトアトランテ(Salto attraente,2016)・・(名詞句)魅力的な跳躍

サルーテ(Salute,2015)・・(名詞)乾杯、健康

サレルノ(Salerno,2010)・・(地名)イタリア南部カンパニア州の都市。ティレニア海に面した古い歴史を持つ港湾都市で、中世にはヨーロッパ最古の医科大学が開設された。名物はフジッリ・チレンターニ(トマトとチーズのパスタ)(Wiki

サンジョルジョ(San Giorgio,2017)・・(地名)サン・ジョルジョ山(Monte San Giorgio)のこと。スイス・ティチーノ州の南部にあるピラミッド型をした標高1,096mの山で、多くの化石が出土し、世界遺産に登録されている(Wiki

サンダミアーノ(San Damiano,2016)・・(名所)イタリア北部ロンバルディア州の村落。正式名称はサン・ダミアーノ・アル・コッレ(峠のサンダミアーノ)。聖ダミアーノは紀元3世紀頃の殉教者で、無償で医術を施していたとされる(Wiki

サーノ(Sano,2007)・・(名詞)健康

ジェネラリッシモ(Generalissimo,2011)・・(職業)総司令官、最高指揮官、総統、大元帥

ジェネラーレウーノ(Generale uno,2015)・・(名詞句)一番の将軍(Unoは序数の代わりとして、1番目のという意味で使われることがある)

ジェノバ(Genova,1991)・・(地名)イタリア北西沿岸リグーリア州の州都にしてイタリア随一の港町。中世には自治共和国として発展し黒海の貿易を独占、地中海の覇権をヴェネチアと争った(Wiki

ジェノベーゼ(Genovese,2003)・・(名詞)牛肉とタマネギを基本とするナポリ料理のソース。牛肉とタマネギを基本とするナポリ料理のソースだが、ジェノバでは殆ど用いられない。日本だと緑色のペーストのものが連想されるが、イタリアではペスト・アッラ・ジェノヴェーゼと呼ばれる(Wiki

ジェンティルドンナ(Gentildonna,2009)・・(名詞)貴婦人

シエーナ(Siena,2002)・・(地名)イタリア中部トスカーナ州の中央に位置する。1472年創業で世界最古の銀行と呼ばれるモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行が本店を置くほか、年に2回、カンポ広場で行われるパーリオ (Palio) と呼ばれる裸馬のレースで盛り上がる(Wiki

ジェーニオGenio,1995)、ジェーニョGenio,2017)・・(名詞)天才、天分、才能、精神

シチリアーナ(Siciliana,2005)・・(形容詞)舞曲の一種。ルネサンス音楽末期から初期バロック音楽に遡る舞曲の一つで、非常に緩やかな曲調を持つ(元々はdanza sicilianaだったと思われる)

ジニオマッジョーレGenio maggiore,2006)・・(名詞句)大天才

シニョリーナ(Signorina,2011)・・(名詞)お嬢さん、未婚の女性、若い娘

ジャルディニエーレ(Giardiniere,2008)・・(職業)庭師

ジャルベラロッサ(Gerbera rossa,2014)・・(名詞句)赤いガーベラ

ジャンドゥーヤ(Gianduia,2018)・・(名詞)焙煎したナッツ類のペーストとチョコレートを混ぜ合わせて作るケーキのこと。トリノの菓子職人が、当時不足していたカカオの代わりにヘーゼルナッツを入れたのが始まりとされる(Wiki

ジュラメント(Giuramento,2018)・・・(名詞)誓い、宣誓、陳述、断言

ジュラーレ(Giurare,2013)・・(動詞)誓う、証言する

ジョイーレ(Gioire,2003)・・(動詞)楽しむ、遊ぶ

ジョヴィネッツァ(Giovinezza,2017)・・(名詞)青年期、青春時代、若さ、若々しさ

ジョカトーレ(Giocatore,1995)・・(職業)選手、競技者

ジロローザ(Giro rosa,2019)・・(名詞)ジロ・ディターリア・インテルナツィオナーレ・フェンミニーレ (イタリアの女性自転車競技レースの名称。女性版のジロ・デ・イタリアWiki)。イタリア語は女性用競技の名称として、よく語尾にローザを付ける)

スウォナーレ(Suonare,2015)・・(動詞)歌う、伝える

スカテナート(Scatenato,2015)・・(形容詞)怒り狂った、正気の沙汰でない、手に負えない(馬にこんな名前つけて大丈夫なんだろうか)

スクリットリーチェ(Scrittoriche,2011)・・(職業)女流作家

スクルトゥーラ(Scultura,2019)・・(名詞)彫刻、彫刻術

スコルピオーネ(Scorpione,1998)・・(名詞)さそり、さそり座、(他に「酷い人」「陰険な人」という意味があるけど多分その意味ではないと思う)

スタービレ(Stabile,2015)・・(名詞)土台の安定した、安定した、持続的な

ズッカZucca,2008)・・(名詞)かぼちゃ

スティリスタ(Stilista,2002)・・(職業)デザイナー

ステラ(Stella,2008)・・(名詞)星、恒星

ステラアルピーナ(Stella alpina,2007)・・(名詞句)アルプスの星

ステラインアテーザ(Stella in attesa,2016)・・(名詞句)期待の星

ステラヴェローチェ(Stella veloce2018)・・(名詞句)速い星(この意味だと当該の星の自転、公転の速さの意味で使われると思う)

ステラカデンテ(Stella cadente,2005)・・(名詞句)流れ星

ステラグランデ(Stella grande,2012)・・(名詞句)偉大な星

ステラディクオーレ(Stella di cuore,2003)・・(名詞句)ハートの星

ステラドーロ(Stella d’oro,2017)・・(名詞句)金の星

ステラビアンカ(Stella bianca,2010)・・(名詞句)白い星

ステラポラーレ(Stella polare,2014)・・(名詞句)北極星

ステラロッサ(Stella rossa,2008)・・(名詞句)赤い星

ステラローザ(Stella rosa,2015)・・(名詞句)バラ色の星

ステラータ(Stellata,2017)・・(形容詞)(女性形)星をちりばめた、星で飾った、星型の

ステルヴィオ(Stelvio,2015)・・(地名)イタリア北東部にある国立公園の名前。

ストゥレガーレ(Stregare,2006)・・(動詞)魔法にかける、魅了する

ストレーガ(Strega,2010)・・(属性)魔女

スパゲッティー(Spaghetti,2011)・・(名詞)パスタの一種で、断面が円形で紐のように細長いものを指す。イタリアでは麵の太さが直径1.9 - 2.0mm前後のものだけをスパゲッティと呼び、それ以外は別の呼び方があるので注意が必要(Wiki

スピリトーソ(Spiritoso,2007)・・(形容詞)機知に富んだ、ユーモアあふれた、生気に満ちた

スフォリアテッラ(Sfogliatella,2010)・・(名詞)ナポリ名物の焼き菓子。パイ状の生地の中にリコッタチーズ、カスタードクリームやアーモンドクリーム等を入れ、オーブンで焼き上げるたもの。17世紀にサレルノの聖ローサ修道院で考案されたもの(Wiki

スフォルツァート(Sforzato,2016)・・(形容詞)強制された、強いられた(音楽用語で特に強くという意味)

スプモーニ(Spumoni,1998)・・(名詞)ロングカクテルの一種で、カンパリ独特の苦味とほのかな甘み、グレープフルーツの酸味をトニックウォーターで割ったもの。直訳すると「泡立つもの」(spuma(泡)+one(要素)の複数形)(Wiki

スペチアーレ(Speciale,2012)・・(形容詞)特別な、特殊な、特異な

スペラメント(Superamento,2017)・・(名詞)克服

スペランツァ(Speranza,1998)・・(名詞)希望

スペラーレ(Sperare,2017)・・(動詞)望む、考える、待つ(Superare・・受かるかも)

スペリアーモ(Speriamo,2007)・・(動詞)望もう(スペラーレの直説法現在一人称複数形)

スペロデア(Spera dea,2017)・・(名詞句)希望の女神

スペロラルーチェ(Spero la luce,2017)・・(成句)私は光を望む

スラーリドラーテ(Sull’ali dorate,2017)・・(副詞句)黄金の翼に乗って(ジョゼッペ・ヴエルディの楽曲、Va sienro sull’ali dorateから取ったものと思われる。)(動画

セリアメンテ(Seriamente,2008)・・(副詞)真剣に、真面目に

セルディアーナ(Serdiana,2018)・・(地名)サルデーニャ自治州サルデーニャ県にある小都市。ブドウ、オリーブ、羊や豚の飼育が盛ん。世界的に有名なサルデーニャのワインブランド、アルギオラス・ワイナリーはここに位置する(Wiki

ゼルビーノ(Zerbino,2014)・・(名詞)伊達男、色男、ダンディー

セレブラチオーネ(Celebrazione,1996)・・(名詞)挙式、祝賀、称賛

セレーノ(Sereno,2012)・・(名詞)穏やかな、晴れた

ゼローソ(Zeloso,2018)・・(形容詞)熱のこもった(音楽用語)

センソラーリオ(Senso orario,2019)・・(名詞句)時計回り

センティーレ(Sentire,2002)・・(動詞)感じる、聞こえる

ソッフィアーレ(Soffiare,2019)・・(動詞)息を吹く、吹き付ける、吹き込む

ソナトリーチェ(Sognatriche,2018)・・(職業)夢想家、空想家、瞑想家(女性形)

ソノラメンテ(Sonoramente,2018)・・(副詞)響き渡る、高音の

ソリダリエタ(Solidarieta,2019)・・(名詞)連帯、結束、団結

ソルダート(Solato,2004)・・(職業)兵士

ソルビアンコ(Sol bianco,2008)・・(名詞句)白夜の太陽

ソルモンターレ(Solmontare,2006)・・(動詞)乗り越える、克服する

ソレジャートポスト(Soleggiato posto,2019)・・(名詞句)陽の当たる場所

ソーニ(Sogni,2008)・・(名詞)夢々(ソーニョ(夢)の複数形)

ソーニョ(Sogno,2004)・・(名詞)夢

ソーニョグランデ(Sogno grande,2003)・・(名詞句)大きな夢

ダヴィンチ(Da vinci,2018)・・(人名)レオナルド・ダ・ヴィンチルネサンス期を代表する芸術家。「受胎告知」「白貂を抱く貴婦人」「ラ・ベル・フェロニエール」「モナ・リザ」「サルバトール・ムンディ」など、紹介しきれない数の傑作を残す(1452-1519)(Wiki

タレントゥーサ(Talentuosa,2019)・・(形容詞)才能のある、才能に恵まれた(女性形)(タレントゥオーザの方が読み方としては近いかなあとも)

ダンツァトーレ(Danzatore,1980)・・(職業)踊り手

ダーレラヴィータ(Dare la vita,2019)・・(成句)人生を捧げる

チェルカトーレ(Cercatore,2012)・・(職業)探究者

チェルカービレ(Cercabile,2013)・・(形容詞)推察しうる

チェルキオ(Cerchio,2019)・・(名詞)円、輪、丸、円形・輪形の物、円運動、範囲

チェルビアット(Cerbiatto,2008)・・(名詞)元気な子、小鹿

チェレブリタ(Celebrita,2005)・・(名詞)名声・人気者

チッタディディーオ(Città di Dio,2005)・・(名詞句)神の国(正確には定冠詞を加えて"La Città di Dio"とする。5世紀初頭に、アウグスティヌス司教が世界の創造以来の歴史を、地の国とそれに覆われ隠されている神の国の二つの歴史として叙述したもの(Wiki

チョコラータ(Cioccolata,2018)・・(名詞)チョコレート、ココア

チンクエテッレ(Cinque terre,2017)・・(名詞句)5つの土地(険しいリグーリア海岸沿いに一列に並ぶ、数世紀もの歴史を持つ 5 つの村の総称)

チーマ(Cima,2014)・・(名詞)高み、超越

デアデルマーレ(Dea del mare,2020)・・(名詞句)海の女神

デアノヴァ(Dea nova,2019)・・(名詞句)新しい女神

ティアドーロ(Ti adoro,2014)・・(文章)あなたを熱望する

ティアーモ(Ti amo,2010)・・(文章)あなたを愛している

ディヴェルシオーネ(Diversione,2013)・・(名詞)余談、陽動作戦

ディヴェルティーレ(Divertire,2014)・・(動詞)楽しむ、楽しませる

ティヴォリオベーネ(Ti voglio bene,2017)・・(成句)大好きだよ(愛情表現というよりは絆を確認する表現。親子や友達の間でも普通に使う)

ディオDio,2019)・・(名詞)神

ティトローネ(Titolone,2015)・・(名詞)大見出し(Titoloの強調形)

ディナースタ(Dinasta,2019)・・(名詞)(世襲制の)君主、王

ティフォージ(Tifosi,2012)・・(属性)熱狂的サポーター(複数形。単数はティフォーゾ、ティフォーザ)

ディモールト(Di molto,2017)・・(副詞句)非常に

ティラミス(Tirami su,2017)・・(名詞)北イタリア生まれの近年広まった歴史の浅いデザートで、マスカルポーネチーズとスポンジ生地を重ね合わせたもの。語源は「私を引き上げて!」という命令形。栄養価や疲労回復効果を期待して採用されたと言われているが真偽は不明(Wiki

ディレットヴィータ(Diletto vita,2018)・・(名詞)愛しい命

ディレットリーチェ(Direttrice,2010)・・(職業)指揮者、支配人(ディレットーレの女性形)

ディレットーレ(Direttore,2013)・・(職業)指揮者、支配人

デジデーリオ(Desiderio,2002)・・(名詞)願望、憧れ

テスタマッタ(Testa matta,2006)・・(名詞句)イカレたオツム

デスティノアーラ(Destino ala,2018)・・(名詞句)運命の翼

テステッソ(Te stesso,2019)・・(名詞句)あなた自身

デストゥリエーレ(Destriere,2018)・・(名詞)駿馬

デストラメンテ(Destramente,2004)・・(副詞)巧みに、上手く

テッシトゥーラ(Tessitura,2019)・・(名詞)音域、周波数帯域

デチジイオーネ(Decisione,2008)・・(名詞)決心、決断

テネラメンテ(Teneramente,2018)・・(副詞)優しく、愛情をこめて

デリツィエ(Delizie,2014)・・(名詞)歓喜、悦楽、喜びを与えるもの(デリツィア(Delizia)の複数形)

デリッツァリモーネ(Delizia al limone,2013)・・(名詞句)南イタリア出自のレモンを使ったデザート。直訳すると「レモンの歓喜」(Wiki

テルツェット(Terzetto,2017)・・(名詞)三重奏あるいは三重唱の楽曲

デルフィーノ(Delfino,2011)・・(名詞)イルカ

テンペスタ(Tempesta,2008)・・(名詞)嵐、暴風雨、騒ぎ、葛藤

テンポラーレ(Temporale,2018)・・(名詞)雷雨、嵐(形容詞)世俗の、地上の、一時的な、側頭の

ドゥラメンテ(Duramente,2012)(副詞)(音楽用語)激しく、雄々しく(口語で使うには堅くるしくてフォーマルに感じられるらしい)

ドゥオーモ(Duomo,2013)・・(名詞)教会堂(イタリアの各街を代表する建物で、どの街でもランドマーク的に鎮座している。ラテン語で神の家の意)

ドゥカーレ(Ducale,2018)・・(名所)ヴェネツィア共和国の旧総督邸兼政庁のこと。8世紀に創建され、その後何度かの火災とその修復を経て、現在内部はヴェネツィア市民美術館財団(MUVE)の運営する美術館の一つとして公開されている。 直訳すると「侯爵の」「総督の」という形容詞(Wiki

ドゥラーレ(Durare,2012)・・(動詞)続く、続ける

トスカーナ(Toscana,2008)・・(地名)イタリア中部にある州の名前。州都はフィレンツェ。他にピサ、トレントリヴォルノ、アレッツォなど多くの古都を擁す。同地の方言が現在の共通イタリア語の基になったことは有名(Wiki

ドナアトラエンテ(Donna attraente,2016)・・(名詞句)魅力的な女性

トニフィカーレ(Tonificare,2009)・・(動詞)活気づける、弾力を与える

ドマトーレ(Domatore,1998)・・(職業)猛獣使い

ドマーニ(Domani,2003)・・(副詞)明日、いずれは、将来は(名詞)明日、翌日

ドミナトーレ(Dominatore,2003)・・(名詞)支配者

トラーパニ(Trapani,2019)・・(地名)シチリア島の西端の地中海に面した港湾都市。沖合のエーガディ諸島や地中海沿岸各地へ向かうフェリーが発着する玄関口も兼ねる。名物は縦ロール状のパスタブジアーテ、クスクスなど(Wiki

トリエステ(Trieste,2018)・・(地名)イタリア北東部のフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の州都で同名の県名も有す。スロヴェニアとの国境、半島の東端の付け根に位置する。イタリア領になったのは第一次世界大戦後で比較的新しい(Wiki

トリナクリア(Trinacria,2006)・・(名詞)シチリアを象徴する気持ち悪い三角形のオブジェ。元々はギリシャ語では三本足の意味だが、島の形からシチリア島の別称として使われてきた(Wiki

トリノ(Torino,2008)・・(地名)イタリア北西部ピエモンテ州の州都。ローマ、ミラノ、ナポリに次ぐイタリア第4の都市。フィアットなどの自動車工業都市としても有名。2006年冬季オリンピックの開催地でもある(Wiki

トリブート(Tributo,2019)・・(名詞)納税、貢ぎ物、義務

ドルチェヴィータ(Dolce vita,2018)・・(名詞句)甘い生活

ドルチェオッティモ(Dolce ottimo,2007)・・(名詞句)最高のデザート

ドルチェメンテ(Dolcemente,2004)・・(副詞)徐々に、心地よく、愛情をもって

トレント(Trento,2017)・・(地名)イタリア北部トレンティーノ=アルト・アディジェ州の州都。山間の古都として有名だが、市街は小さく城や大聖堂の観光はまとめて回りやすい。名物はカネデルリ(パンとジャガイモの団子)と羊のスネ肉の煮込みで、南チロルの影響が非常に強い(Wiki

ドンナフォルテ(Donna forte,2017)・・(名詞句)強い女性

ドンナラボリオーザ(Donnna laboriosa,2018)・・(名詞句)よく働く女性

ナターレ(Natale,2008)・・(名詞)クリスマス

ナツィオナーレ(Nacionale,2016)・・(形容詞)国家の、国内の、国民の(属性)代表選手

ナトゥーラNatura,2010)・・(名詞)自然

ナポリ(Napoli,2012)・・(地名)イタリア南部カンパニア州の州都にしてローマ、ミランに次ぐイタリア第3の都市。南イタリアの政治・経済の中心地であるが歴史地区のほか、周辺にもヴェスヴィオ火山やポンペイの遺跡、カプリ島などの観光地を有し「ナポリを見てから死ね」と謳われる。(Wiki

ヌーヴァエポカ(Nuva epoca,2016)・・(名詞句)新しい時代

ヌーヴォレコルト(Nuovo Record,2011)・・(名詞句)新記録

ネッスンドルマ(Nessun dorma,2019)・・(成句)誰も寝てはならぬジャコモ・プッチーニ作曲の歌劇『トゥーランドット』のアリア(独唱曲))

ネーラペルレ(Nera perle,2011)・・(名詞句)黒真珠

ネーロルチェンテ(Nero lucente,2017)・・(形容詞句)黒光りした

ノヴェッロ(Novello,2008)・・(形容詞)生まれたばかりの、新しい

ノットゥルノ(Notturno,2019)・・(名詞)夜想曲ノクターン

ノビルメンテ(Nobilmente,2017)・・(副詞)高貴に、上品に

パエストゥム(Paestum,2005)・・(地名)イタリア南部カンパニア州の小都市。古代ギリシャ殖民地とイタリア原住民族の境界地で、古代ギリシャ神殿の遺跡や、スケールの大きな出土品によって世界遺産に登録された(Wiki

バガボンド(Vagabando,2007)・・(属性)放浪者

パストーソ(Pastoso,2018)・・(形容詞)柔和な、温かみのある、柔らかく引き締まった(父のフリオーソと対照的)

パッシオーネ(Passione,2010)・・(名詞)情熱、熱愛、苦痛、受難

パッセジャーレ(Passeggiare,2005)・・(動詞)出歩く、散歩する

パッソ(Passo,2013)・・(名詞)歩み、歩幅、歩き方、一歩、足音、ステップ、通行、峠、細道

パッパーレ(Pappare,2011)・・(動詞)膨らむ、貪る

パッポーネ(Pappone,2014)・・(名詞)食いしん坊、大食家

バッラーレ(Ballare,2002)・・(動詞)踊る、舞う

パドヴァ(Padova,2011)・・(地名)イタリア北東部ヴェネト州第3の都市。ヴェネツィアの近くに位置し、1222年創立のパドヴァ大学などを中心に大学都市として名高い(Wiki

パドゥーラ(Padula,2017)・・(名所)都市の名前にもあるが、一般的には同名の修道院のことを指す。修道院としてはパルマのサンパオロ修道院に次いで2番目の大きさを誇り、その文化的景観が評価され世界遺産に登録されている。現在は考古学博物館として収集品を展示されている(Wiki

パトリオータ(Patriota,2016)・・(名詞)愛国者、同国人

パトロネッサ(Patronessa,2005)・・(名詞)守護聖人

バリアーモ(Balliamo,2012)・・(動詞)踊ろう(バッラーレの直説法現在一人称複数形)

バリスタ(Balista,2007)・・(職業)喫茶給仕人

バルダメンテ(Baldamente,2009)・・(副詞)勇敢に、大胆に

パルティーレ(Partire,2015)・・(動詞)旅立つ、去る

バルデッツァ(Baldezza,2007)・・(名詞)満々たる自信、勇気(音楽用語)

パルテンツァ(Partenza,2010)・・(名詞)出発、旅立ち

バルバレスコ(Barbaresco,2017)・・(地名)「ネッビオーロ」種のブドウから造られる最高級赤ワインの一つ。「イタリアワインの女王」とも称される。同一ノブドウから作られるバローロと比べると熟成期間が短く味も滑らか(Wiki

パルマ(Parma,2017)・・(地名)イタリア北東部エミリア=ロマーニャ州にある都市。プロシュート(熟成生ハム)、パルミジャーノ・レッジャーノチーズポルチーニ茸などの名産により「美食の都」として知られる(Wiki

パルラメンターレ(Parlamentare,2007)・・(職業)国会議員

バレリーナ(Ballerina,1987)・・(職業)バレリーナ

パレルモ(Palermo,2020)・・(地名)シチリア自治州の州都。同名の県の名前を有す。島の左上に位置し中世シチリア王国の首都として栄える。映画「山猫」の舞台としても有名(Wiki

バレーノロッソ(Baleno rosso,2015)・・(名詞句)赤い稲妻

バローロ(Barolo,2000)・・(名詞)イタリア北部ピエモンテ州で作られる赤ワインの品種。その圧倒的な品質から「王のワイン」と称される。「ネッビオーロ」というブドウ品種を用いて作られ、酸味の強い長期熟成型ワインに分類される(Wiki

パンツァネッラ(Panzanella,2014)・・(名詞)トスカーナ地方のサラダ料理。古くなって固くなったトスカーナ製パンを、ビネガーとオリーブオイルで和えたトマトサラダに入れてクタクタにして食べるもの(Wiki

バンデルオーラ(Banderuola,2019)・・(名詞)風見鶏(中世から教会を中心に魔除けとして屋根の上に取り付けられようになったもの)

パンナコッタ(Panna cotta,2018)・・(名詞句)パンナ・コッタ(ゼラチンでとろみをつけ、型に入れて作るつるりとした口当たりの甘いクリームデザート。直訳すると「調理されたクリーム」)

パーリオ(Palio,2014)・・(名詞)イタリアの各コムーネの地区ごとに行われるレースのこと。本来は優勝者に与えられる聖母像の優勝旗を意味する。馬の競争がよく知られているが他の動物や船などを使用する場合もある。イタリア各地で行われるがシエーナのカンポ広場で年に2回行われるものが世界的に有名(Wiki

ピアチェヴォーレ(Piacevole,2001)・・(形容詞)愉快な、心地よい、 快適な、人好きのする

ピアチェーレ(Piacere,2018)・・(動詞)~の好みに合う、気に入る

ビアンカ(Bianca,2020)・・(名詞)白(形容詞)白い(女性形)

ビアンカネーヴェ(Biancaneve,1998)・・(名詞)白雪姫(ちなみに、英語でスノーホワイト、仏語でブランシュネージュ、西語でブランカニエヴェスと呼ぶ)

ピエナディヴィータ(Piena di vita,2019)・・(形容詞句)活気に溢れた

ピエモンテ(Piemonte,2009)・・(地名)イタリア北西部の州。州都はトリノ。アルプスの麓に位置し起伏に富んだ地形と寒暖の差が激しい気候が特徴。ワインや茸料理なども名高い。直訳すると「山の足(麓)」(Wiki

ビオグラフィア(Biografia,2018)・・(名詞)伝記、一代記

ピオニエーレ(Pioniere,2012)・・(名詞)先駆者、開拓者

ビオンデッツァ(Biondezza,2014)・・(名詞)ブロンド、金髪

ピコデモンターニャ(Picco di montagna,2020)・・(名詞句)山頂

ピサPisa,2016)・・(地名)イタリア中部トスカーナ州の都市。広場にある斜塔で有名(だが自然傾斜度のギネス記録を持ってるのはドイツのズールフーゼンのもの)。日本語読みではピサが定着しているが実際はピザと読む(Wiki

ビスタストリカVista storica,2014)・・(名詞句)歴史観,、歴史の見方

ビスタペルフェッタVista perfetta,2015)・(名詞句)完璧な眺め

ピッコラストレーガ(Piccola strega,2013)・・(名詞句)小さな魔女

ピッザマルゲリータ(Pizza margherita,2005)、マルゲリータ(Margherita,2009)・・(名詞)トマトソースの上に、具材としてモッツァレラチーズとバジルの葉を載せたピザ。三色のコントラストが美しい。語源は、マルゲリータ王妃がナポリの訪問の際に食して気に入ったことから(Wiki

ピッツィカート(Pizzicato,2013)・・(名詞)ピッツィカート(弦を指ではじくことによって音を出す演奏技法)

ピットゥーラ(Pittura,2014)・・(名詞)絵、絵画、美術

ピネローロ(Pinerolo,2014)・・(地名)イタリア北部ピエモンテ州の都市。トリノの南西部に位置し、中世は交通の要衝として栄え、サヴォイア家(イタリア王国統一の際の王家)の要塞が築かれた(Wiki

ピラミデ(Piramide,2018)・・(名詞)ピラミッド、角錐

ファヴォーレ(Favore,2000)・・(名詞)好意

ファシノーザ(Fascinosa,2017)・・(形容詞)魅力のある、魅力的な(女性形)

ファストーサメンテ(Fastosamente,2015)・・(副詞)華やかに、豪華に

ファッショニスタ(Fashionista,2014)・・(属性)最新ファッション愛好者

ファッベラ(Fa bella,2018)・・(成句)良い天気だ

ファルヴォーレ(Fervore,2018)・・(名詞)熱烈さ、熱狂、熱意、熱中、熱気、たけなわ

ファロ(Falo,2016)・・(名詞)篝火、灯台

フィアマロッサ(Fiamma rossa,2014)・・(名詞句)赤い炎

フィアーノロマーノ(Fiano Romano,2014)・・(地名)イタリア中部ラツィオ州ローマ県北東部の都市。以前は小麦栽培を中心とする農村であったが、現在はローマ近郊都市として都市化進む(Wiki

フィエラメンテ(Fieramente,2008)・・(副詞)激しく、強く

フィエロ(Fiero,2009)・・(形容詞)誇り高い

フィオリキアリ(Fiori chiari,2017)・・(名詞句)輝く聡明な花

フィラーレ(Filare,2011)・・(動詞)紡ぐ、糸にする、糸を引く、早く進む、逃げる、義務を果たす

フィリアプーラ(Figlia pura,2016)・・(名詞句)清らかな娘

フィリアーノ(Filiano,2016)・・(地名)イタリア南部バジリカータ州ポテンツァ県のコムーネ。羊の乳から作られるペコリーノ・ディ・フィリアーノは名物でパスタによく使われる。(Wiki

フィリオアレグロ(Figlio allegro,2017)・・(名詞句)陽気な息子

フィリオデルソル(Figlio del sol,2019)・・(名詞句)太陽の子

フィレンツェ(Firenze,2019)・・(地名)イタリア中部トスカーナ州の州都。中世にはメディチ家の支配の下、ルネサンスの文化的な中心地となり、今は観光都市としてその名残を残す。一度訪れれば誰もが再訪を希望するようになる(Wiki

フィロロッソ(Filo rosso,2017)・・(名詞句)赤い糸

フィーネ(Fine,2018)・・(名詞)終わり、最後、末尾、週末(父のサウスヴィグラス最後の世代の産駒として)

フィスキオ(Fischio,2014)・・(名詞)口笛、耳鳴り、笛、ホイッスル

フェスティーノ(Festino,2004)・・(名詞)舞踏会

フェットチーネ(Fettuccine,2016)・・(名詞)平打ち麺のパスタ。タリアテッレとよく似ているが、こちらの方が少し幅が広い。伝統的には牛や鶏の煮込みソース(Sugo)と一緒に食されることが多い。直訳すると「小さいリボン」(Wiki

フェニーチェ(Fenice,2009)・・(名詞)不死鳥、フェニックス

フェラーラ(Ferrara,2015)・・(地名)イタリア北部エミリア=ロマーニャ州の都市。ルネッサンス期の文化・芸術の中心都市の1つになったことで知られる。初期ルネサンス様式のテラコッタ装飾が施された宮殿・邸宅が多い。独自の形状のパン「コッピア・フェラネーゼ」が名物(Wiki

フェリチターレ(Felicitare,2012)・・(動詞)祝う、称賛する

フェリーチェ(Felice,2015)・・(形容詞)幸福な、嬉しい、楽しい、幸運な、順調な、うまくいった

フェルマーテ(Fermate,2017)・・(名詞)延長記号(音楽用語)

フェルメッツァ(Fermezza,2011)・・(名詞)固さ、強さ、堅固さ、安定性(音楽用語として強さ、安定を示す意味でも使われる)

フォカッチャ(Focaccia,2011)・・(名詞)平たいパンのこと。強力粉、オリーブオイル、水、塩、イーストなどを原料とし、石窯やオーブンで焼き上げる。プーリア、リグリア地方のものが有名。近年、日本でもサイゼリヤなどで普通に食べられるようになった(Wiki

フォスキーア(Foschia,2018)・・(名詞)霞、靄

フォリクラッセ(Fuori classe,2013)、フォーリクラッセ(2003)・・(形容詞句)超一流の

フォルゴラーレ(Folgorare,2012)・・(動詞)輝く、雷で打つ

フォルツァーレ(Forzare,2018)・・(動詞)こじ開ける、無理強いする

フォルテシモ(Fortessimo,2010)・・(形容詞)非常に強く(音楽用語)

フォルテドンナ(Forte donna,2015)・・(名詞句)強い女性

フォルテメンテ(Fortemente,2014)・・(副詞)強く、強力に

フォルテリコルド(Forte ricordo,2009)・・(名詞句)深い思い出

フォルトゥナータ(Fortunata,2018)・・(形容詞)幸運な(女性形)

フォレスタ(Foresta,2018)・・(名詞)森、森林

フォレスタドーロ(Foresta d'oro,2020)・・(名詞句)黄金の森

フォンティナ(Fontina,2011)・・(名詞)イタリア最北東部のヴァッレ・ダオスタ州の、牛乳を原料としたセミハードタイプのチーズ。アルプスの牧草地で作られてきたもので、その起源は1270年にまで遡るが語源の詳細は不明(Wiki

プッチーニ(Puccini,2005)・・(人名)ジャコモ・プッチーニ。イタリアの作曲家として「トスカ」「蝶々夫人」「ラ・ボエーム」などのオペラの傑作を残した。「トゥーランドット」を作曲中に逝去したがアルファーノが残りを引き継いで完成させた(1858-1924)(Wiki

ブラヴィッシモ(Bravissimo,2014)・・(形容詞)凄く良い(Bravoの絶対最上級、とにかく対象を褒めたいときに使う)

ブラヴィーノ(Bravino,2019)・・(形容詞)立派らしい(Bravoに-inoを付けて意味の強さを抑える形)

プラウディーレ(Plaudore,2007)・・(動詞)拍手喝采する、賞賛する

ブラヴューラ(Bravura,2012)・・(名詞)上手さ、器用、勇気、勇敢

フラテ(Frate,1994)・・(名詞)修道士

フランジヴェント(Frangivento,2017)・・(名詞)防風、風除け

プラート(Prato,2003)・・(地名)イタリア中部トスカーナ州北西部の都市。繊維業が盛んで、中国人を中心とする移民を多く受け入れている。名物は「カントゥチーニ」と呼ばれるアーモンド風味の硬いビスケットで、デザート・ワインやアフォガートに浸してクタクタにして食べる(Wiki

ブラーボウォモ(Bravo uomo,1997)・・(名詞句)素晴らしい人

フリオーソ(Furioso,2004)・・(形容詞)怒り狂った、狂気の、激しい

プリマヴィスタ(Prima vista,2017)・・(名詞句)初見、一目ぼれ

プリマヴィータ(Prima vita,2019)・・(名詞句)第一の人生

プリマヴォルタ(Prima volta,2018)・・(名詞句)初回

プリマステラ(Prima stella,2018)・・(名詞句)一番星

プリマティスタ(Primatista,2006)・・(属性)記録保持者

プリマフォルツァ(Prima forza,2005)・・(名詞句)第一級品

プリモアモーレ(Primo amore,2009)・・(名詞句)初恋

プリモスペランツァ(Primo speranza,2019)・・(名詞句)最初の希望

プリモディーネ(Primo ordine,1996)・・(形容詞句)一流の、一番の

プリモドルチェ(Primo dolce,2005)・・(名詞句)最高級のデザート

プリモピアット(Primo piatto,1999)・・(名詞句)主菜、メインディッシュ

プリモプレミオ(Primo premio,2016)・・(名詞句)一等賞

プリモレガーロ(Primo regalo,2012)・・(名詞句)最初の贈り物

ブリラーノ(Brillano,2019)・・(動詞)(彼らは)輝いている(動詞Brillareの直説法現在3人称複数)

ブリラーレ(Brillare,2014)・・(動詞)光る、輝く

ブリンダーレ(Brindare,2003)・・(動詞)乾杯する

ブリンディジ(Brindisi,2019)・・(名詞)乾杯、祝杯

ブルスクーロ(Blu scuro,2016)・・(名詞句)ダークブルー、紺、紺碧

ブルチアーレ(Bruciare,2013)・・(動詞)燃やす、点火する

フルミナーレ(Fulminare,2009)・・(動詞)雷で打つ、感電させる

ブルミラコロ(Blu miracolo,2012)・・(名詞句)青い奇跡

プレガーレ(Pregare,2001)・・(動詞)祈る、捧げる

プレスティージオ(Prestigio,2013)・・(名詞)威信、幻惑、マジック

プレストレジェーロ(Presto leggero,2017)・・(形容詞)速くて軽やかな(音楽用語を重ねたもの)

ブレシア(Brescia,2012)・・(地名)イタリア北部ロンバルディア州の都市。州内ではミラノに次ぐ規模を誇る。市内には古代から中世にかけての遺跡や歴史的建築物が多く残すが、現在はイタリア有数の工業地帯として栄えており、金属、機械、輸送機、兵器などの製造が盛ん(Wiki

プレツィオーゼ(Preziose,2012)・・(形容詞)貴重な、尊い

フレッチャビアンカ(Freccia bianca,2017)・・(名詞句)白い矢(イタリアの鉄道会社トレニタリアが運行する優等列車の名称(Wiki))

フレッチャロッサ(Freccia rossa,2008)・・(名詞句)赤い矢(イタリアの鉄道会社トレニタリアが運行する高速列車の名称(Wiki))

プレノタート(Prenotato,2009)・・(形容詞)予約の、予約済みの

プレフェリータ(Preferita,2013)・・(形容詞)お気に入りの、大好きな

プロイエット(Proietto,2013)・・(名詞)ミサイル、発射体

プロヴェルビオ(Proverbio,2014)・・(名詞)格言、諺

プロヴォカーレ(Provocare,2009)・・(動詞)作る、製造する

プロシュート(Prosciutto,2017)・・(名詞)豚のもも肉を塩漬けにした後、乾燥したところにつるし熟成させたハムのこと。プロシュガーレ(Prosicurgare.乾燥させる)の過去分詞が語源で、直訳すると「非常に干からびた(もの)」という意味になる(Wiki

プロスペリタ(Prosperità,2009)・・(名詞)幸運、順調、繁栄

プロセッコ(Prosecco,2014)・・(名詞)イタリア北部ヴェネト州で作られる、非常に有名な辛口のスパークリングワインの名前。フランスのシャンパンと並び称される(Wiki

プロテッツィオーネ(Protezione,2011)・・(名詞)保護、庇護、帽子、後援、後ろ盾、保護者

プロフーモ(Profumo,2017)・・(名詞)香り、芳香、きざし、香水

プロメッサ(Promessa,2011)・・(名詞)約束

プンターレ(Puntare,2009)・・(動詞)突く、向ける、賭ける、点を打つ

ベアーレ(Beare,2016)・・(動詞)幸福に浸らせる、喜ばせる

ベヴィアーモ(Beviamo,2019)・・(動詞)飲もう(ベーレ(Bere)の直説法現在一人称複数形)

ペコリーノ(Pecolino,2008)・・(名詞)イタリア原産の羊の乳を原料としたチーズの総称。一般的には長期間の保存を目的とするため塩気が強い。 イタリア各地で製造されており、それぞれにブランドと特徴がある(Wiki

ペコリーノロマーノ(Pecolino romano,2017)・・(名詞)ラツィオ州サルデーニャ州で作られるペコリーノのブランド名。他のペコリーノよりも水分が少なく固めで塩気は強め。サイゼリヤでは粉チーズとしてペコリーノ・ロマーノを提供している(Wiki

ペスカトリーチェ(Pescatriche,2000)・・(職業)漁師

ベネディーレ(Benedire,2007)・・(動詞)神の恵みを祈る、祝福する

ペネトラーレ(Penetrare,2013)・・(動詞)突き抜ける、貫通する

ベリッシマ(Bellissima,2015)・・(形容詞)非常に美しい(Bellaの絶対最上級)

ベリッシモ(Bellissimo,2005)・・(形容詞)非常に美しい(Belloの絶対最上級)

ベルカント(Bel canto,2011)・・(名詞句)美しい歌、美しい歌唱(イタリアオペラの理想的な歌い方を示す歌唱法(Wiki))

ベルクオーレ(Bel cuore,2013)・・(名詞句)良い心

ベルサリエーレ(Bersagliere,2010)・・(名詞)狙撃兵、狙撃隊員

ベルシエロ(Bel cielo,2009)・・(名詞句)美しい空

ペルセヴェランテ(Perseverante,2012)・・(形容詞)粘り強い、根気のよい(Perseverareの現在分詞が形容詞化したもの)

ペルセンプレ(Per sempre,2008)・・(副詞句)永遠に

ベルフィオーレ(Bel fiore,2011)・・(名詞句)美しい花

ペルフェット(Perfetto,2000)・・(名詞)完全、完璧

ペルラネーラ(Perla nera,2017)・・(名詞句)黒真珠

ペルージャ(Perugia,2012)・・(地名)イタリア中部ウンブリア州の州都。緑に囲まれた高い丘の上に閑静な街並みが広がる。美しいレリーフの噴水、石畳の坂道、大学街などを併せ持つ。名産はチョコレート(Wiki

ペンネアラビアータ(Penne arrabbiata,2007)・・(地名)筒状のパスタであるペンネをトマトソースであるアラビアータと和えたもの。サイゼリヤで400円で提供される

ポコアポコ(Poco a poco,1987)・・(副詞句)少しずつ、徐々に(ポーカポーコの方が実感に近い)

ポデロッソ(Poderoso,1999)・・(形容詞)たくましい、力強い、知性あふれる

ポテンツァPotenza,2013)・・(地名)イタリア南部バジリカータ州の州都だが、他の州都と比べると非常に小さい。目立った名物もなく、観光客も洞窟住居の世界遺産があるマテーラに流れがち(Wiki

ボナジョルナータ(Bonna gioranata,2014)・・(名詞句)良い一日(まだ一日が残っている時の別れの挨拶に良く使われる)

ボニッシモ(Buonissimo,2003)・・(形容詞)最高の(Buonoの絶対最上級)

ポメラート(Pommelato,2019)・・(形容詞)ぶちの、まだらの

ボラーレ(Volare,2011)・・(動詞)飛ぶ、舞う

ポルコスピーノ(Porcospino,2020)・・(名詞)ヤマアラシ(登録上はPorcospine)

ポルタディソーニ(Porta di sogni,2014)・・(名詞句)夢の扉

ポルタフォリオ(Portafoglio,2018)・・(名詞)財布(札束入れ)

ポルチーニ(Porcini,2011)・・(名詞)キノコの一種。その濃厚な風味によってキノコの王様と呼ばれ、リゾットやフェットチーネなどでよく食べられる。直訳すると「子豚たち(その愛くるしい丸々とした見た目から)」(Wiki

ボルツァノ(Bolzano,2008)・・(地名)イタリア北部トレンティーノ=アルト・アディジェ州の北部随一の都市で、アルプスの麓に存在する。県単位でみるとドイツ語話者も非常に多い地域で、独自の自治権を有する。名物料理もクネーデルやザッハトルテなどドイツ系のものが多い(Wiki

ポルトヴェーネレ(Portovenere,2009)・・(地名)リグーリア海岸に位置する断崖と集落が一体化した景勝地。近隣のチンクエ・テッレや沖合の島々とともに世界遺産に登録されている。直訳すると「女神の港」 (Wiki

ポルトフィーノ(Portofino,2008)・・(地名)リグーリア州ジェノヴァ県にある漁村。高級リゾートとして有名で、東京ディズニーシーのテーマポート「メディテレーニアンハーバー」のモデルになった(Wiki

ポレンタ(Polenta,1996)・・(名詞)トウモロコシ粉を煮て作る冬の家庭料理。小麦が取れない北イタリアで珍重される。付け合わせとして用いられるほか、揚げたり焼いたりされることもあり応用範囲が広い(Wiki

ポレンティーナ(Polentina,2007)・・(名詞)ポレンティーナ(エミリア・ロマーニョ地方のジャムやリコッタチーズを詰めて焼いたお菓子のラヴィオリ

ボンジョルノ(Buon giorno,2018)・・(成句)おはよう、こんにちは

ポンテドーロ(Ponte d’oro,2014)・・(名詞句)金の橋

ボンバルディエーレ(Bombardiere,2006)・・(名詞)爆撃機、爆撃手

ポンペイ(Pompei,1987)・・(地名)ナポリ近郊にあったローマの古代都市。西暦79年のヴェスヴィオ火山の噴火の火砕流により地中に埋もれたことで知られる。現在は発掘が進み、ローマ時代の建造物や街区をそのまま伝える観光地として生まれ変わった(Wiki

マエストロ(Maestro,2013)・・(名詞)師匠、マスター

マガーリ(Magari,2010)・・(副詞)おそらく

マスカルポーネ(Mascarpone,2014)・・(名詞)イタリア全土で作られるクリームチーズのこと。クセが少ないため味の濃い食材と合わせたり、ティラミスやクリームなどの菓子を作る材料ともなる。語源は最初に「カシーナ・マスチェッパ」という農園で作られたことから(Wiki

マスキエッタ(Maschietta,2019)・・(名詞)お転婆

マッシモ(Massimo,1997)・・(形容詞)最大の、最高の、最上の(grandeの絶対最上級)

マッターレ(Mattare,2011)・・(動詞)勝つ、王手をかける

マッティーナ(Mattina,2020)・・(名詞)朝、午前

マニエーテ(Magnete,2011)・・(名詞)磁石、磁力

マリトッツォ(Maritozzo,2019)・・(名詞)小麦粉、卵、蜂蜜、バター、塩で練った小さなパンを2つに切り、ホイップクリームを詰めたローマ発祥のケーキ。現在は各地で様々な製法が存在する。語源は「夫(Marito)」の派生語で、古代ローマ時代、婚約者からこのケーキを捧げられた花嫁が親しみを込めてこう呼び返したため(Wiki

マルケッサ(Marchesa,2015)・・(名詞)女侯爵、侯爵夫人

マルテラート(Martellato,2019)・・(形容詞)鉄槌でたたくような力強い、スタッカートの、マルテッラートの(音楽用語)

マンマミーア(Mamma mia,2003)・・(文章)うわあ、なんということだ(英語でいう”Oh my god”、フランス語でいう”Mon dieu”)

ミアステラ(Mia stella,2019)・・(名詞)私の星

ミケランジェロ(Michelangelo,2016)・・(人名)一般的には16世紀に活躍したイタリアの芸術家のこと。「ダヴィデ像」「システィーナ礼拝堂天井画」「アダムの創造」「最後の審判」等、数えきれないほどの名作を残す(1475-1564)(Wiki

ミステリオーソ(Misterioso,2017)・・(形容詞)神秘的な、不思議な、極秘の、いわくありげな

ミドダファーレ(Mi do da fare,2019)・・(動詞句)頑張る(直訳すると、自分にすべきものを与える=頑張る)

ミトグラフィア(Mitografia,2018)・・(名詞)神話集、神話学

ミネストローネ(Minestrone,1993)・・(名詞)トマト、タマネギ、ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、セロリ、ズッキーニ、さやいんげん、ベーコンなどをごった煮にした家庭料理のこと。直訳すると「具だくさんのスープ(Minestra+one(名詞の性質を強調する))(Wiki

ミャゴラーレ(Miagolare,2017)・・(動詞)(猫が)鳴く

ミラニスタ(Milanista,1991)・・(属性)ACミラン(サッカークラブ)サポーター

ミラノ(Milano,1998)・・(地名)イタリア北部ロンバルディア州の州都にして、商業・工業・金融・観光でイタリアを牽引する国際的に著名な世界都市。ファッション、精密機械、自動車などの産業も盛ん(Wiki

ミレナリオ(Millenario,2002)・・(名詞)1000年祭

ムスコローソ(Muscoloso,2015)・・(形容詞)筋肉質の、マッチョな

メッザノッテ(Mezzanotte,2018)・・(名詞)真夜中

メッシーナ(Messina,2016)・・(地名)シチリア島北東部の都市。シチリア州ではパレルモカターニャに次ぐ規模を誇る。港町であるが果実の栽培も盛ん。半島の付け根の都市レッジョ・ディ・カラブリアは海峡を挟んだ対岸にある(Wiki

メテオーラビアンカ(Meteora bianca,2010)・・(名詞句)白い流星

メラグラーナ(Melagrana,2012)・・(名詞)ザクロの実

メルキュリオ(Mercurio,2020)・・(名詞)水星、水銀

モッツアフィアート(Mozzafiato,2018)・・(形容詞)息を飲むような、絶品の

モネータドーロ(Moneta d’oro,2012)・・(名詞句)金貨

モラーレ(Morale,2013)・・(名詞)倫理

モルトグランデ(Molto grande,2016)・・(形容詞句)とても大きい、偉大な

モルトベーネ(Molto bene,2012)・・(形容詞句)とても良い

モンテチェルビーノ(Monte cervino,2007)・・(地名)スイスとの国境にそびえたつ4000m級の山の名前。ドイツ語でマッターホルン、フランス語でセルヴァンと言う。

モンテビアンコ(Monte bianco,2009)・・(名詞句)白い山

モンドインテロ(Mondo intero,2012)・・(名詞句)世界中、全世界

モンフェラート(Monferrato,2014)・・(地名)ピエモンテ州の南東部に相当する地域の呼称。語源は不明。丘陵地帯にあってワイン造りが盛んである他、ボネ(ココアプリン)や、アニョロッティ(肉詰めパスタ)などが有名(Wiki

モンレアーレ(Monreale,2018)・・(名所)シチリア島北西部にある都市および、その名前を冠した大聖堂のこと。ノルマン様式の巨大で単純な石造りで、外部の装飾は少なく重厚さを感じさせる。他の建造物とともに世界遺産に登録されている(Wiki

ユベントス(Juventus,2001)・・(名詞)トリノをホームタウンとするイタリア随一の名門フットボールクラブで、イタリアでは珍しく全国規模でファンを持つ。言葉自体はラテン語で「若者」「青春」を意味するので厳密にはイタリア語でないかも(Wiki

ラヴィオリ(Ravioli,2011)・・(名詞)挽き肉やみじん切りにした野菜やチーズなどの食材を、小麦粉を練って作ったパスタ生地(2枚)で挟んで四角形に切り分けたパスタ。名前はカブの薄切りにチーズをはさんだ中世の料理に似ていたことから、カブを意味するRapaに由来する(Wiki

ラヴィータエベラ(La vita è bella,2017)・・(成句)人生は美しい

ラヴェリータ(La verità,2010)・・(名詞)真実

ラヴェンナ(Ravenna,2009)・・(地名)イタリア北部エミリア=ロマーニャ州の都市。古代ローマ時代から中世にかけて繁栄し、東ゴート王国の首都にもなった。モザイク芸術でも名高い。名物はカペレッティ(帽子の形状のパスタ)など(Wiki

ラヴォラトーレ(Lavoratore,2000)・・(名詞)労働者、働き者

ラヴォランテ(Lavorante,2005)・・(名詞)職人

ラヴォラーレ(Lavorare,2018)・・(動詞)働く、機能する

ラガッツァアレグラ(Ragazza allegra,2019)・・(名詞句)元気な女の子

ラガッツァカリーナ(Ragazza carina,2013)・・(名詞句)可愛い娘

ラグナアズーラ(Laguna Azzura,2014)・・(名詞句)青い潟

ラジョコンダ(La Gioconda,2011)、ジョコンダ(1983)・・(名詞)レオナルド・ダ・ヴィンチの有名な絵画「モナリザ」のイタリア語での呼び名。モナ・リザのモデルである、リザ・デル・ジョコンドの苗字に因む。ちなみにフランス語では「ラ・ジョコンド」と呼ぶ(Wiki

ラジョーネ(Ragione,2015)・・(名詞)理性、道理、理由、釈明

ラツィオ(Lazio,1998)・・(地名)イタリア中部にある州でローマを含む。「ラテン」の語源ともなった古い地名「ラティウムLatium)」に由来する。 ローマが地元の同名のサッカークラブも有名(Wiki

ラッジョディソーレ(Raggio di sole,2015)・・(名詞句)太陽光線

ラッレグラーレ(Rallegrare,2014)・・(動詞)楽しませる、陽気にする

ラディアーレ(Radiare,2008)・・(動詞)照射する、光を放つ

ラトラヴィアータ(La traviata,1994)・・(名詞)椿姫(ジュゼッペ・ヴェルディの発表したオペラの名前。直訳すると、堕落した女、道を踏み外した女)

ラピダメンテ(Rapidamente,2011)・・(副詞)迅速に、速く、早く

ラピラータ(La pirata,2018)・・(名詞)海賊、略奪者、強奪者

ラファエロ(Raffaelo,2016)・・(人名)ルネサンスを代表する芸術家。「聖母の婚礼」「ベルヴェデーレの聖母」「大公の聖母」「子椅子の聖母」など様々な宗教絵画の傑作を残す(1483-1520)(Wiki

ラボンバ(La bomba,2019)・・(名詞)爆弾、作り話、火山弾

ラミアヴィータ(La mia vita,2019)・・(名詞句)私の人生

ラミアカーザ(La mia casa,2012)・・(名詞句)私の家

ラモンターニャ(La montagna,1998)・・(名詞)山、山岳地帯

ラルゲッツァ(Larghezza,2017)・・(名詞)気前の良さ、幅、広さ

ラルーナ(La luna,2015)・・(名詞)月

ランペデューサ(Lampedusa,2008)・・(地名)地中海のシチリア島南方にあるイタリア領最南端の島。チュニジア東方と、マルタとの間のシチリア海峡に位置し、北アフリカから最も近い位置にあるヨーロッパの領土になっている。観光地として知られ、透明度の高い海で名高い (Wiki

リヴォリ(Rivoli,2019)・・(地名)イタリア北西部ピエモンテ州の西端にある都市。トリノとほぼ同一都市圏にあり、観光は世界遺産のリヴォリ城に行けば大体事足りるとされる(※個人の感想です)(Wiki

リヴォルノ(Livorno,2015)・・(地名)イタリア中部トスカーナ州港湾都市。16世紀以降、メディチ家により開発されて以降、火力発電、化学、造船、製油の大プラントがあるほか、機械工業、ガラスや陶器の生産も盛ん。名物は魚介類とトマトの煮込料理(Wiki

リエヴェメンテ(Lievemente,2018)・・(副詞)軽快に、軽やかに

リグーリア(Liguria,2015)・・(地名)イタリア北西部のリグリア海に沿って広がる州の名前で、西端をフランスと接する。州都はジェノヴァリグーリア語というイタリア語と似たロマンス語系言語の話者も多い(Wiki

リコッタRicotta,2010)・・(名詞)南イタリアで作られる乳清チーズ。チーズをつくる時に出るホエー(乳清)を再加熱して作る。低脂肪でさっぱりと口当たりの良い食感が特徴で料理への応用範囲も広い。直訳すると「再び煮た」(Wiki

リコルド(Ricordo,2020)・・(名詞)記憶、思い出、追憶、思い出の品、記念品

リジカーレ(Risicare,2010)・・(動詞)試す、試みる

リゾルテッツァ(Risolutezza,2019)・・(名詞)決心、決意

リチェルカ(Ricerca,2019)・・(名詞)探索、研究、追及

リチェルカータ(Ricercata,2017)、リチェルカーレ(Ricercare,2006)・・(名詞)リチェルカーレ(16,17世紀の楽曲に用いられた名称)

リトミカメンテRitmicamente,2004)・・(副詞)リズミカルに

リベラメンテ(Liberamente,2018)・・(副詞)自由に

リモンチェッロ(Limoncello,2010)・・(名詞)レモン風味の甘いリキュール。エチルアルコールにレモンの皮を浸して、シロップを足して濾過し、瓶詰めして、熟成させたもの。カプリ島の発祥だが、現在はどこでも飲める。アメリカでもカリフォルニアレモンを使ったものが広まっている(Wiki

リンフレスカンテ(Rinfrescante,2018)・・(形容詞)爽快にする、新たにする、渇きをいやす(名詞)炎症止め

リーデレ(Ridere,2020)・・(動詞)笑う、ふざける、嘲笑する

ルシエンテ(Lucente,2019)・・(形容詞)光る、輝く、光を放つ、ピカピカした

ルチェカリーナ(Luce carina,2018)・・(名詞句)可愛い光

ルッカ(Lucca,2013)・・(地名)イタリア中部トスカーナ州北西の城塞都市。周囲4キロメートルあまりを城壁で囲まれている。オペラ作曲家の大家ジャコモ・プッチーニの出身地として有名。名物はトルテッリ(詰め物をしたパスタ)(Wiki

ルッコラ(Ruccola,1999)・・(名詞)アブラナ科キバナスズシロ属(エルーカ)の1種の、葉野菜・ハーブ。地中海沿岸原産の一年草。イタリア料理の添え物としてよく使われる。英語名は「ロケット」、和名は「キバナスズシロ」(Wiki

ルッチカーレ(Luccicare,2014)・・(動詞)輝く、光る

ルッチョーラ(Lucciola,2016)・・(名詞)ホタル

ルティラーレ(Ritilare,2005)・・(動詞)輝く、光る

ルナブランカ(Luna blanca,2018)・・(名詞句)白い月

ルネディ(Lunedi,2014)・・(名詞)月曜日(どういう意図で付けられたんだろう?)

ルミナリエ(Luminarie,2005)・・(名詞)イルミネーション、無数の灯火(ルミナリアの複数形)

ルミノーザ(Luminosa,2014)・・(形容詞)明るい、光を発する。明白な、明瞭な、煌めく

ルーチェ(Luce,2009)・・(名詞)光

ルーチェディルーナ(Luce di luna,2019)・・(名詞)月明り

ルーチェデラヴィタ(Luce della vita,2017)・・(名詞句)人生の光

ルーチェデルソーレ(Luce del sole,2009)・・(名詞句)太陽の光

ルーチェドーロ(Luce d'oro,2018)・・(名詞句)金の光

ルーナクレシェンテ(Luna crescente,2013)・・(名詞句)三日月

レヴァンツォ(Levanzo,2019)・・(地名)シチリア島の西側15kmにある5.6㎢の小さな島。エメラルドグリーンの海が旅行者を魅了する。また白い石灰岩で構成され多数の洞窟が連なっていて独特の景色を見せる(Wiki

レヴァンテ(Levante,2015)・・(名詞)東、東方

レガルメンテ(Regalmente,2004)・・(副詞)豪華に、堂々と

レガーミ(Legami,2019)・・(名詞)絆、縁

レガーリデルソーレ(Regali del sole,2020)・・(名詞句)太陽の贈り物

レコルダーレ(Recoldare,2016)・・(動詞)記録する、録画する

レジスタ(Regista,2015)・・(職業)演出家

レジネッタ(Reginetta,2005)・・(職業)女王

レッジャードロ(Leggiadro,2018)・・(形容詞)優美な、しとやかな(音楽用語)

レッジョエミリア(Reggio Emilia,2018)・・(地名)イタリア北部エミリオ=ロマーニャ州の内陸に位置する都市。六角形の歴史的中心地やエミリア街道などで有名(Wiki

レッチェ(Lecce,2017)・・(地名)イタリア南東部プッリャ州の南東、サレント半島の付け根(ブーツの踵の部分)に位置する都市。美しい教会や邸宅が立ち並び、南イタリアフィレンツェとも言われる(薩摩の小京都「知覧」みたいなもんだろうか)(Wiki

レデントーレ(Redentore,2011)・・(属性)贖い主、救世主(定冠詞Ilを付けると、ヴェネチアカトリック教会のことを指すようになる(Wiki))

レミニシェンザ(Reminiscenza,2017)・・(名詞)記憶、改装、追憶

ロゼヴィヴァーチェ(Rose vivace,2018)・・(名詞句)ペレニアルローズ(バラの一種。直訳すると生き生きとしたピンク)

ロタツィオーネ(Rotazione,2017)・・(名詞)回転

ロマニスタ(Romanista,2000)・・(名詞)ローマ(サッカークラブ)サポーター

ロマンチカ(Romancica,2009)・・(形容詞)ロマンチシズムの、ロマン主義の、感傷癖のある、夢のような

ロンバルディア(Lombardia,2012)・・(地名)イタリア共和国北西部に位置する州。州都はミラノ。右隣にあるヴェネト州とともにイタリアの経済・財政を支える豊かな地域(Wiki

ローザグランデ(Rosa grande,2007)・・(名詞句)大きな薔薇

ローザルーナ(Rosa luna,2015)・・(名詞句)バラ色の月

 

※固有名詞も足すことにしましたが、まだ全然充足していません。県と都市(コムーネ)の名称がかぶるときは、都市の説明を優先しています。

※他に、コイスキャーレドキャーレって馬がいたんだけど、イタリア語ではなくて、三河方言でそれぞれ、黙っとけ、退けという意味らしい(思わずこんな動詞あったかと調べてしまった)

 

 

 


・・おまけとして、各カテゴリーで使われずに空いてる単語を置いておきます(2021年5月現在)。審査に通るかどうかは分かりませんが、馬主の皆さん、どんどん使ってやってください。

 

①副詞・音楽用語

アッレグラメンテ(Allegramente)・・快活に、速く(言いにくいか)

アモレヴォルメンテ(Amorevolmente)・・愛を込めて

アモロザメンテ(Amorosamente)・・愛情を込めて、優しく

アラッビアタメンテjArrabbiatamente)・・猛々しく、怒り狂って(「怒りんぼ風パスタ」スパゲティ・アラビアータの副詞)

アマビルメンテ(Amabilmente)・・愛想よく、感じよく、心地よく

アマラメンテ(Amaramente)・・辛い思いで、辛らつに(馬名には向かないか)

アルモニオザメンテ(Armoniosamente)・・耳に快く、調和をとって

アンピアメンテ(Ampiamente)・・ゆったりと、豊かに

インペリオザメンテ(Imperiosamente)・・堂々と、誇り高く

ヴィアヴィア(Via via)・・少しずつ、徐々に

ヴィヴィダメンテ(Vividamente)・・鮮やかに、鮮明に

ヴィゴロザメンテ(Vigorosamente)・・力強く、生き生きと

ヴェローチェメンテ(Velocemente)・・速く

エザッタメンテ(Esattamente)・・正確に、まさに

エストレマメンテ(Estremamente)・・非常に、極端に

エレガンテメンテ(Elegantemente)・・優雅に、優美に

エロイカメンテ(Eroicamente)・・英雄的に、雄々しく

オルゴリオザメンテ(Orgogliosamente)・・威風堂々と、誇り高く(フィエールマン(Fièrement(フランス語))のイタリア語訳)

ガランテメンテ(Galantemente)・・優雅に、優美に

ラツィオザメンテ(Graziosamente)・・優雅に、優しく

グラトゥイタメンテ(Gratuitamente)・・無料で、タダで(意味不明ですね)

グラデヴォルメンテ(Gradevolmente)・・心地よく、感じよく

グラドゥアルメンテ(Gradualmente)・・次第に、少しずつ(大器晩成を期待するタイプに)

ジェネロザメンテ(Generosamente)・・寛大に、勇敢に、気前よく

ジョイオザメンテ(Gioisamente)・・高らかに、楽しそうに

シクラメンテ(Sicuramente)・・確かに、当然

スペチャルメンテ(Specialmente)・・特別に、とりわけ

ゼロザメンテ(Zelosamente)・・発狂的に、激しく

プラトゥット(Soprattutto)・・特に、何よりも

チェルタメンテ(Certamente)・・その通り、確かに

デリカタメンテ(Delicatamente)・・精巧に、そっと、優雅に

デリツィオザメンテ(Deliziosamente)・・気持ちよく、魅力的に、美味そうに

ドラスティカメンテ(Drasticamente)・・急激に、極端に

フェストザメンテ(Festosamente)・・陽気に、祭りのように

ブルスカメンテ(Bruscamente)・・強く、荒々しく

プロフォンダメンテ(Profondamente)・・深く、極度に

ラルガメンテ(Largamente)・・大きく、ゆったりと

リリカメンテ(Liricamente)・・抒情的に、感激して

ルッソーザメンテ(Lussosamente)・・豪華に、豪奢に

レッジェルメンテ(Leggermente)・・気楽に、気軽に

 

②形容詞

インクレディービレ(Incredibile)・・信じられない!

 

③動詞

(一人称複数の活用も載せておきます。基本的には語幹の部分(不定形のare,ere,ireを除いた部分)に「ィアーモ(iamo)」を付ける形で、勧誘、呼びかけに使うイメージです。)

 アッグラツィアーレ(Aggraziare)・優雅にする、魅惑させる⇒アッグラツィアーモ(Aggraziamo)

アッベッリーレ(Abbellire)・・美しくする、磨きをかける⇒アッベッリアーモ(Abbelliamo)

アドルナーレ(Adornare)・・美しくする、美化する⇒アドルニアーモ(Adorniamo)

インべッリーレ(Imbellire)・・美しくする、磨きをかける⇒インベッリアーモ(Imbelliamo)

カヴァルカーレ(Cavalcare)・・乗る、乗馬する⇒カヴァルキアーモ(Cavalchiamo)

コレーレ(Correre)・・走る、疾走する⇒コリアーモ(Corriamo)

コロボラーレ(Corroborare)・・元気づける⇒コロボリアーモ(Corroboriamo)

シンティラーレ(Scintillare)・・輝く、光る⇒シンティリアーモ(Scintilliamo)

スカラーレ(Scalare)・・登る、よじ登る⇒スカリアーモ(Scaliamo)

スプレンデーレ(Splendere)・・光る、輝かせる⇒スプレンディアーモ(Splendiamo)

ソニャーレ(Sognare)・・夢に見る、夢想する⇒ソニアーモ(Sogniamo)

リウシーレ(Riuscire)・・成功する、実現する⇒リウシアーモ(Riusciamo)

リフルジェレ(Rifulgere)・・輝く、煌めく⇒リフルジェリアーモ(Rifulgeriamo)

レアリッツァーレ(Realizzare)・・実現する、成し遂げる⇒レアリッツィアーモ(Realizziamo)

 

 

職業・属性を表す名詞

カルチョ関連

アルビトロ(Arbitro)・・レフェリー

インテリスタ(Interista)・・インテル(サッカークラブ)サポーター

テッピスタ(Teppista)・・フーリガン

フィージコ(Fisico)・・物理学者、スポーツドクター

フィオレンティーノ(Fiorentino)・・フィオレンティーナ(サッカークラブ)サポーター

フィジオテラピスタ(Fisioterapista)・・理学療法士

ユベンティーノ(Juventino)・・ユベントス(サッカークラブ)サポーター

 

表現者関連

アットリーチェ(Attrice)・・女優。アットーレ(Attore)の女性形

ヴィオリニスタ(Violinista)・・バイオリニスト

キタリスタ(Chitarrista)・・ギタリスト(rが重なっているので、リの部分は舌を巻きます。)

コンポジトーレ(Compositore)・・作曲家

ジョコリエーレ(Giocoliere)・・手品師

スクリットーレ(Scrittore)・・作家

ドゥラマトゥルゴ(Drammaturgo)・・脚本家

バレリーノ(Ballerino)・・ダンサー(男性)

ピアニスタ(Pianista)・・ピアニスト

ムジカンテ、ムジチスタ(Musicante,Musicista)・・音楽家

レアリッザトーレ(Realizzatore)・・監督

 

学者関連

エコノミスタ(Economista)・・経済学者

コスモーロゴ(Cosmologo)・・天文学者

ジェオーロゴ(Geologo)・・地質学者

シェンティーフィコ(Scientifico)・・科学者

ジュリスタ(Giurista)・・法学者

ビオーロゴ(Biologo)・・生物学者

フィローゾフォ(Filosofo)・・哲学者

プシコーロゴ(Psicologo)・・心理学者

ボターニコ(Botanico)・・植物学者

 

職人関連 

インジェニエーレ(Ingegnere)・・エンジニア

カポクオーコ(Capocuoco)・・料理長

カルツォライオ(Calzolaio)・・靴職人

カルペンティエレ(Carpentiere)・・大工

パスタイオ(Pastaio)・・パスタ職人

パスティッチェーレ(Pasticcere)・・デザート職人

ピッツァイオーロ(Pizzaiolo)・・ピザ職人

 

その他職業関連

カラビニエーレ(Carabiniere)・・憲兵

ネグロマンテ(Negromante)・・霊媒

ピロータ(Pilota)・・騎手、パイロット

プロフェッソーレ(Professore)・・先生、教授

ペスカトーレ(Pescatore)・・漁師

ポリツィオット(Poliziotto)・・警察

ポンピエーレ(Pompiere)・・消防士

メルカンテ(Mercante)・・商人

メーディコ(Medico)・・医者

 

その他属性

キアッキェローネ(Chiacchierone)・・おしゃべり

ジェンティルオーモ(Gentiluomo)・・紳士(ジェンティルドンナと対になる)

ショッコ(Sciocco)・・馬鹿、間抜け(この種の言葉は何十もある・・)

バッボナターレ(Babbo Natale)・・サンタクロース

ミリアルダーリオ(Milliardario)・・億万長者

 

 

⑤抽象名詞

アミチツィア(Amicizia)・・友情

インプリタ(Impurita)・・不浄

オピニオーネ(Opinione)・・意見

カラッテリスティカ(Caratteristica)・・特徴

カンツォーネ(Canzone)・・歌

キアッキエラ(Chiacchiera)・・おしゃべり

クアリタ(Qualità)・・品質

クレシータ(Crescita)・・成長

クレデンツァ(Credenza)・・信念

スコッピオ(Scoppio)・・爆発

チンチン(Cin Cin)・・乾杯(審査通るわけない)

ディニタ(Dignità)・・尊厳

パルティコラリタ(Particolarità)・・特質、特性

フィドゥーチア(Fiduchia)・・信頼

フェーデ(Fede)・・信仰

ペルセヴェランツァ(Perseveranza)・・執念

ベネヴォレンツァ(Benevolenza)・・慈悲

マレディツィオーネ(Maledizione)・・呪い

ランコーレ(Rancore)・・怨念

リコノシェンツァ(Riconoscneza)・・感謝

ゾルジメント(Risorgimento)・・復活(ルネッサンス