とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。通訳案内士資格に挑戦中。口述試験も終わりました。

時間をどうやって作るか

amazonから貿易実務のハンドブック到着。

貿易実務ハンドブック―「貿易実務検定」B・C級試験オフィシャル・テキスト

貿易実務ハンドブック―「貿易実務検定」B・C級試験オフィシャル・テキスト



マケプレに送料込み800円でほぼ新品のステータスで
出品されていた掘り出し物。
定価3200円だから、ピカピカの外装をみて
得したぜーって喜んで本をめくったら、
ポツポツと数ページだけ大嫌いなマーカーが引いてありやがる・・


やられた。そんなの書いてなかったじゃん。
でもこれくらいの単価で、これくらいのマーカーに
文句言うのもなぁ。甘いかなぁ。はぁ。


で、問題はいつどれくらい勉強していくか。
通勤中は精読中の英文を復習がてら細々と聞いてるし、
昼休みは15分ブツブツ瞬間英作文をやってるし、
夜は60分〜70分くらいACADEMICの精読をしている。


英語は減らしたくない。何だかんだでやってて楽しいし。
朝は弱いから起きるのは難しい。
夜に貿易実務のために別に時間を割り当てるのは
心の負荷を考えると辛い。


試験は11月だし、休日に週1で30分くらいずつ
タラタラやるのも手だな。
勉強方法として、家のOpenofficePowerpoint
このハンドブックをレジュメにまとめるというのは良さそう。
職場で貿易について説明会をするその日を目指してという事で。