とにかくフランス語を勉強する

フランス語に加えてイタリア語もダラダラ勉強しているダメリーマンの記録。

馬名でフランス語単語を覚える

4月にイタリア語の馬の名前を調べた()のが面白かったので、フランス語の馬名もひたすらに並べてみました。アイウエオ順です。

競馬に興味のないフランス語学習者の方も、単語チェックリストとして使ってください(どうやって??)。2022年8月13日現在で2521頭収録しています。

 

※1 まだまだたくさん確認漏れがあります。(現状、見つけては追加している)

※2 冠名付きの馬は含みません(ヴィクトワール「ピサ」とか、「フサイチコンコルドとか)。文法的にフランス語として成り立つものだけ。発音の変わらない性数の登録違いは許容しています。

※3 JRA・地方登録馬を含みますが、60年代以前の登録馬および、海外の登録馬は含みません。そこまでカウントするとキリがないため。

※4 カタカナの当て方が独特な馬もいますが、馬主さんの選択なので大目に見てください。

※5 ★はGⅠ競争の勝利馬、☆はGⅡ、GⅢ競争の勝利馬(いずれも海外、交流競走含む)を指します。

 

アヴァリス(Avarice,2000)、アバリス(1982)・・(名詞)守銭奴、けち、しみったれ(凄い名前だ)

アヴァンギャルド(Avant-garde,2012)、アバンギャルド(1998)、ラバンガルド(L'avant-garde,2007)・・(名詞)前衛、先端(芸術分野において革新的で、従来の価値観に対して挑戦的な表現においても良く使われる)(Wiki

アヴァンスマン(Avancement,2013)・・(名詞)昇格、進展

アヴァンセ(Avancer,2007)・・(動詞)前進する、進展する、進む、前に出す、持ち出す、役に立つ、前払いする

アヴァンタージュ(Avantage,2007)・・(名詞)優位、優勢、利点、長所、特権、利益

アヴァンデセール(Avant dessert,2013)・・(名詞句)二品構成のデザートを提供するときの最初に提供するデザート。マカロンジュレなど軽いものが多い。直訳すると「デザートの前に」。その後にグランデセール(Grand dessert)と呼ばれるメインのデザートが出される。

アヴァンローブ(Avant l’aube,2017)・・(副詞句)夜明け前に

アヴァール(Avare,2011)・・(形容詞)ケチな、守銭奴の(名詞)欲張り、ケチ、守銭奴(劇作家モリエールの同名小説が有名)

アヴィオンドール(Avion d’or,2020)・・(名詞句)黄金の飛行機

アヴィニョン(Avignon,2007)、アヴィニヨン(2020)・・(地名)フランス南東部のコミューン。14世紀に教皇クレメンス5世がフランス国王フィリップ4世の圧力に屈して教皇庁を同地に移した故事「アヴィニョン捕囚(教皇のバビロン捕囚)」と、それに引き続く「教会大分裂(シスマ)」で有名(Wiki

アヴェニュードール(Avenue d'or,2006)・・(名詞句)黄金の並木道

アヴェーヌモン(Avènement,2012)・・(名詞)到来、出現、勃興、即位、降臨

アヴォカ(Avocat,2009)・・(名詞)弁護士、アボカド

アヴォワール(Avoir,1999)・・(動詞)持つ、所有する(他多数)

アヴェカムール(Avec amour,2007)・・(副詞句)愛と共に、愛をもって

アヴェクトワ(Avec toi,2011)・・(副詞句)あなたと一緒に

アヴォロンティ(A volonté,2018)・・(副詞句)好きなように、御意のままに

アヴグラン(Aveuglant,2017)・・(形容詞)眩しい、明白な、目をくらませる

アエリアン(Aérien,2020)・・(形容詞)空気の、大気の、空の、航空の

アエロトラン(Aérotrain,2013)・・(名詞)フランスで1960~70年代にかけて実験された空気浮上式鉄道のこと。圧縮空気の静圧で浮上して走行するものだったが、技術的な制約を解決できず実用化できなかった(Wiki

アエロプラーヌ(Aéroplane,1985)・・(名詞)飛行機(飛行機の創成期に使われていた単語だが、1920年頃にはアヴィオン(Avion)という単語にとって代わられ、現在では殆ど用いられない。)

アエロリット(Aérolite,2010)・・(名詞)石質隕石ケイ酸塩で生成される岩石っぽい隕石のこと。橄欖石、輝石などを成分に持つ。昔は隕石全般も指したが、現在はメテオリット(Météorite)という単語を使うことが多い。)

アクイーユ(Accueil,2013)・・(名詞)応接、出迎え、もてなし

アクイール(Accueillir,2018)・・(動詞)接待する、迎える

アクセレラン(Accélérant,2004)・・(形容詞)加速させる(音楽用語で次第に早くという意味)

アグランディール(Agrandir,2010)・・(動詞)大きくする、拡張する

アグリューム(Agrumes,2016)・・(名詞)柑橘類(食用にするミカン類の総称)

アグレアブル(Agréable,2004)・・(形容詞)気持ちの良い、心地よい

アコルダージュ(Accordage,2012)・・(名詞)調律(動詞形のAccorderには音合わせをするという意味がある)

アコルドエール(Accordeur,2017)・・(名詞)調律師

アシュランス(Assurance,2014)・・(名詞)自信、確信、保証、保険、保険料、無畏

アジュール(Azur,2019)・・(名詞)青、紺青、紺碧

アスドゥクール(As de cœur,2005)・・(名詞句)ハートのエース

アタンドリール(Attendrir,2013)・・(動詞)心を動かす、和らげる、柔らかくする

アッシュドール(Hache d’or,2016)・・(名詞句)金の斧

アディシオン(Addition,2010)・・(名詞)付加、添加、累積、添加物、足し算、勘定

アティロン(Attirant,2008)・・(形容詞)魅力的な、心を奪う

アテザムール(À tes amours,2017)・・(成句)2回続けてくしゃみをした人にかける言葉(直訳すると「あなたの愛に」)

アテスウェイ(À tes souhaits,2012)・・(成句)1回くしゃみをした人にかける言葉(直訳すると「あなたの願い事が叶いますように」)

アトゥ(Atout,2017)・・(名詞)切り札、資産、武器

アドゥシール(Adoucir,2016)・・(動詞)和らげる、穏やかにする、緩和する

アドゥール(Adour,2019)・・(地名)フランス南西部を流れる川。ピレネー山脈に発し、ガスコーニュ地方を横切ってビスケー湾に注ぐ。ガスコーニュ語で「源」「水の流れ」を意味する言葉(Wiki

アドミラトゥール(Admirateur,2003)・・(名詞)称賛者、ファン

アドラシオン(Adoration,1997)・・(名詞)熱愛、崇拝

アドロワ(Adroit,2001)・・(形容詞)巧みな、器用な

アナンジュパス(Un ange passe,2009)・・(成句)天使が通り過ぎる

アニエール(Asnières,2012)・・(地名)セーヌ川左岸、パリ郊外北西のコミューン。都市化進む(Wiki

アニマトゥール(Animateur,2010)・・(名詞)リーダー、司会者

アバランシュ(Avalanche,2003)・・(名詞)雪崩、大量

アバンチュリエ(Aventurier,2017)・・(名詞)冒険家、策士、山師、志願兵、海賊(怪盗ルパンが自称したらしい)

アバンチュール(Aventure,2008)・・(名詞)冒険、意外な出来事

アバンゲール(Avant-guerre,1996)・・(名詞)戦前、戦前派(一般的には第一次世界大戦前の芸術思潮である自然主義・現実主義・印象主義をさす。対義語はアプレゲール。)

アバンセーヌ(Avant-scène,1986)・・(名詞)貴賓席、前桟敷(直訳すると「舞台前」

アビアシオン(Aviation,2006)・・(名詞)飛行、航空

アビエント(A bientôt,1998)・・(成句)じゃまた、近いうちに(また近々に会うことが決まっている相手に言う別れの挨拶。普通の別れでさよならのニュアンスを出す場合はオルヴォワール(Au Revoir!)を、長い別れだとアデュー(Adieu!)を使う)

アフェクシオン(Affection,2012)・・(名詞)愛情、思慕

アブニール(Avenir,2011)、ラヴェニール(L'avenir,2006)・・(名詞)未来、将来

アフランシール(Affranchir,2016)・・(動詞)解放する、自由にする

アプリヴォワゼ(Apprivoiser,2005)・・(動詞)飼い慣らす、手なずける(星の王子さまでは非常に重要なキーワードとして出る。覚えておきたい)

アプレザンレーヴAprès un rêve,2006)・・(副詞句)夢の後で(母馬のレーヴドスカー(オスカーの夢)に着想を得て名付けられたもの)

アプレラプリュイAprès la pluie,2017)・・(副詞句)雨の後で、雨上がりに

アプレレクールAprès les cours,2008)・・(成句)放課後

アプロディッセ(Applaudissez,1998)・・(動詞)拍手喝采せよ(命令法2人称複数形)

アプロディール(Applaudir,2006)・・(動詞)称賛する、拍手する

アプロフォンディ(Approfondi,2018)・(形容詞)徹底的な、深い、深められた

アプレロンデAprès l'ondée,2019)・・(名詞句)にわか雨の後、雨上がり(ゲランの香水のブランド)

アベックフォルス(Avec force,2017)・・(副詞句)力を込めて

アベックプレジール(Avec plaisir,2008)・・(副詞句)喜んで、どういたしまして

アベックモア(Avec moi,2012)・・(副詞句)私と共に

アペリティフ(Apéritif,2003)・・(名詞)食前酒(食欲を増進させたり、出席者の会話を弾ませるきっかけに飲む酒のこと。話し言葉ではアペロ(Apéro)と略す。また食後に飲む酒はディジェスティフ(Digestif)と言う(Wiki))

アボワールボンバン(Avoir bon vent,2005)・・(成句)追い風を受ける

アボートルサンテ(A votre santé,1988)・・(成句)乾杯!(乾杯するときのかけ声。略して「サンテ!(Santé!)」ともいう。直訳すると「あなたの健康に」)

アマデトワール(Amas d’étoiles,2017)・・(名詞句)星屑

アマファソン(A ma façon,2007)・・(副詞句)自分なりに、私のやり方で

アマリージュ(Amarrage,1995)・・(名詞)停泊、係留

アミアン(Amien,1994)・・(地名)フランス北部のコミューン。大聖堂、水上庭園などで賑わう。歴史的には英仏間の休戦を定めたアミアンの和約の舞台として有名(Wiki

アムルーズ(Amoureuse,2016)・・(名詞)恋人、愛好家(形容詞)恋している、惚れっぽい、恋の

アムール(Amour,2014)、アモール(1991)、アマル(1981)・・(名詞)愛、慈愛、愛情

アムールエテルネル(Amour éternel,2007)・・(名詞句)永遠の愛

アムールドランジュ(Amour de l’ange,2014)・・(名詞句)天使の愛

アムールピュール(Amour pur,1980)・・(名詞句)純粋な愛

アムールブラン(Amour blanc,2013)・・(名詞句)白い愛

アムールプロフォン(Amour profond,2011)・・(名詞句)深い愛

アムールプロープル(Amour-propre,1997)・・(名詞)自尊、自尊心、虚栄心、うぬぼれ

アムールマルルー(Amour malheureux,2018)・・(名詞句)片思い、悲恋

アムールロゼ(Amour rosé,1994)・・(名詞句)バラ色の愛

アメリ(Amélie,2010)・・(人名)2001年に公開された映画「アメリ(原題:Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain)」のヒロインの名前。映画は日本でも大ヒットし、21世紀初頭のフランス語学習ブームのきっかけにもなった(※個人の感想です)。

アラヴォートル(À la votre!,2007)・・(成句)乾杯!(アヴォートルサンテ(À votre santé!)の異形。所有代名詞化したもの。)

アラキュイジーヌ(Á la cuisine,1995)・・(副詞句)台所では、料理においては

アラボワール(À la voile,2000)・・(副詞句)帆を広げて、出航して(Tour de France À la voile(トゥール・ド・フランス・ア・ラ・ボワール)などヨットレースの愛称にも使われる)

アラモード(Á la mode,2001)、アラーモード(2012)・・(形容詞句)流行の、現代風の(日本では横浜のホテルニューグランド発祥のプリンアラモードの影響で、菓子や果物の上にアイスを載せるもののイメージが強い(Wiki))

アリアージュ(Alliage,2020)・・(名詞句)合金、寄せ集め、混合物、不純物

アリエール(Arrière,2017)・・(副詞)後方に、後ろへ

アリコルージュ(Haricot rouge,2016)・・(名詞句)小豆(直訳すると赤い豆だけど)

アリュシナシオン(Hallucination,2019)・・(名詞)幻覚、錯覚、幻影

アリストヴェール(Aristo verre,2018)・・(名詞句)高貴な鏡

アルヴェロン(Arveyron,2010)・・(地名)モンブランの氷河を源流とする小さな河川。4.5kmのち、本流のアルヴ川に注ぐ(Wiki

アルカンシエル(Arc-en-ciel,2011)、アルカンシェル(2004)、アルカンシェール(1994)・・(名詞)虹

アルザス(Alsace,2015)・・(地名)フランスの東端に存在したドイツ、スイスと国境を接する地域圏の名前。現在はグラン=テスト地域圏と呼ぶ。地域柄、隣国の影響が強く、ドイツ語系の方言、アルザス語の話者も多い。中心都市はストラスブールWiki

アルジャントゥイユ(Argenteuil,2014)・・(地名)パリ郊外のコミューン。印象派の画家が様々なモチーフとしたことで有名(Wiki

アルシュヴェーク(Archevêque,1997)・・(名詞)大司教カトリック)、大主教ギリシア正教)、大監督(プロテスタント)(高位の聖職だが、この上には府主教、首座主教枢機卿、高位大主教、総主教、教皇が横たわる。教会での出世も大変(Wiki))

アルジョンブラン(Argent blanc,2017)・・(名詞句)白銀

アルダントヌイ(Ardente nuit,2005)・・(名詞句)燃えるような夜

アルディエス(Hardiesse,2009)・・(名詞)大胆さ、果敢さ、奔放さ、斬新さ

アルデュール(Ardeur,2008)、アルドゥール(2001)・・(名詞)熱意、激しさ

アルデンヌ(Ardennes,2002)・・(地名)ベルギー南東部、ルクセンブルク、およびフランス北東部にまたがる地域名。フランスではアルデンヌ県、およびそれを含むシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏の名にも用いられる(Wiki

アルドゥマン(Ardûment,2018)・・(副詞)激しく、難儀に、険しく

アルムマット(Arme mate,2019)・・(名詞句)艶のない武器

アルル(Arles,1999)・・(地名)フランス南部の地中海に面したコミューン。ローマ遺跡群が世界遺産として登録されている。ゴッホの四連絵画「アルルの女」、ドーデの小説及びそれをモチーフにしたビゼー組曲アルルの女」など芸術モチーフも多い(Wiki

アレアンサンブル(Aller ensemble,2017)・・(成句)一緒に行く

アレデシーニュ(Allée des Cygnes,1998)・・(名所)セーヌ川河畔に設けられた緑の長方形の広場。自由の女神像がある。直訳すると「白鳥の散歩道」。

アレデラヴァン(Aller de l’avant,2018)・・(成句)前に進む、前進する

アレレブルー(Allez les bleus!,2018)・・(成句)頑張れフランス代表!(サッカーフランス代表ラグビーフランス代表はそのユニフォームの色から、青の複数形の「レブルー」と呼ばれる。)

アロンジェ(Allongé,2014)・・(形容詞)両腕と片足を一直線に伸ばしたバレエのポーズの事。直訳すると「長々と伸びた」「横たわった」。

アローマンシュ(Arromanches,2019)・・(名詞)フランス海軍の航空母艦第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦でフランス軍が上陸したセーヌ湾に面したコミューンに因む(Wiki

アンヴァリッド(Invalides,2000)・・(名所)ルイ14世が建設したパリの歴史的建造物の一つ。旧・軍病院としての博物館の役割の他、現在も病院として機能している。廃兵院もしくは癈兵院とも書く(Wiki

アンガルド(En garde,1997)・・(副詞句)フェンシング用語で「構え」の意味。この合図でマスクを着用し、スタートラインに前に出す足の爪先を付けて構える。 直訳すると「保護して」「監視して」

アングラン(Un grain,2018)・・(名詞)種子、穀物、豆

アンクランダイユ(Un clin d’œil,2010)・・(成句)瞬く間、瞬時、ウインク、目配せ

アングルティール(Engloutir,2015)・・(動詞)飲み込む

アングレーム(Angoulême,2015)・・(地名)フランス西部のコミューン。ボルドーの東北、シャラント川の湾曲部に位置する。毎年、ヨーロッパ最大規模の国際漫画祭が開かれることでも有名(Wiki

アンクロワ(En croix,2019)・・(副詞句)十字に、交差して(脚を交差させる動作に用いるバレエ用語)

アンクール(Un coeur,2016)・・(名詞)(一つの)心

アンコール(Encore,2,009)・・(副詞)まだ、なお、相変わらず、また、再び、もう1度(ちなみにフランス語で音楽会やコンサートでアンコールを求める場合は「ビス!ビス!(Bis!Bis!)」という)

アンコールプリュ(Encore plus,2015)・・(副詞句)前よりもっと(より正確にはアンコールプリュス。一般的に副詞で使うときはプリュスと読む)

アンサンブル(Ensemble,2007)・・(副詞)一緒に、ともに、まとめて、協力して、同時に(名詞)全体、相和、統一、グループ(音楽用語だと、2人以上が同時に演奏する意味で用いられ、合奏、重奏、合唱、重唱、あるいはそれらの団体の意味にも用いられる

アンジェリーブル(Ange libre,2016)・・(名詞句)自由な天使

アンシェルブルー(En ciel bleu,2007)・・(副詞句)青空へ

アンジェルージュ(Ange rouge,2006)・・(名詞句)赤い天使

アンシェンヌヴィル(Ancienne ville,2015)・・(名詞句)古代都市

アンシャルム(Un charme,2018)・・(名詞)魅力、魔法(おまじないの意味も)

アンシャンタン(En chantant,2008)・(副詞句)歌いながら

アンシャンテ(Enchantée,2018)・・(名詞)初めまして(自己紹介するときの挨拶。フランス語のオーラルの教科書には大体出てくる)

アンシャンレジーム(Ancien régime,2006)・・(名詞句)フランス革命以前のブルボン朝、特に16-18世紀の絶対王政期のフランスの社会・政治体制。フランス革命の勃発で崩壊し、ナポレオン以降の王政復古も7月革命で打倒された。直訳すると「旧体制」(Wiki

アンジュ(Ange,1999)・・(名詞)天使

アンジュエ(Enjoué,2010)・・(形容詞)陽気な、明るい、快活な(音楽用語)

アンジュクレール(Ange clair,2018)・・(名詞句)澄んだ天使

アンジュシャルマン(Ange charmant,2014)・・(名詞句)魅力的な天使

アンジュシュエット(Ange chouette,2011)・・(名詞句)素敵な天使

アンジュデュバン(Ange du vent,2011)・・(名詞句)風の天使

アンジュデトワール(Ange d’étoile,2012)・・(名詞句)星の天使

アンジュドゥロール(Ange de l’or,2013)・・(名詞句)金色の天使

アンジュドボヌール(Ange de bonheur,2011)・・(名詞句)幸せの天使

アンジュドーレ(Ange doré,2017)・・(名詞句)金色の天使

アンジュノワール(Ange noir,2015)・・(名詞句)黒い天使

アンジュブラン(Ange blanc,2018)・・(名詞句)白い天使(ロワール地方の白ワインの名前)

アンジュプレドトワ(Ange près de toi,2014)・・(名詞句)君のそばにいる天使

アンジュマリッシュ(Ange malicieux,2018)・・(名詞句)いたずら天使

アンジュミニョン(Ange mignon,2016)・・(名詞句)可愛い天使

アンスーリール(Un sourire,2010)・・(名詞)微笑、ほほえみ

アンセラン(En serrant,2018)・・(副詞句)次第に早く(音楽用語)

アンセーニュ(Enseigne,2018)・・(名詞)装身具、記章、看板、軍旗、旗、目印(公式では宝石や金細工を組み合わせたブローチで帽子につける物、ハットバッジとある)

アンソランス(Insolence,2016)・・(名詞)無礼、横柄

アンソルスレール(Ensorceler,2019)・・(動詞)魔法をかける、魅惑する

アンディアブル(Un diable,2007)・・(名詞)いたずらっ子、わんぱく小僧

アンディジェン(Indigène,2020)・・(名詞)原住民、現地人、土着民(形容詞)原住民の、現地人の、土着民の(アフリカ、アジアの植民地に言及するときに使う)

アンティークブーケ(Antique bouquet,2017)・・(名詞句)少し色褪せて落ち着いた感じの古風なブーケ。ビオラアジサイなどを入れるのがトレンド。

アンティーブ(Antibes,2018)・・(地名)フランス南東部の地中海に面したコミューン。ニースとカンヌの間に位置し、ピカソ美術館(行きたい・・)や南に迫り出したアンティーブ岬などで有名(Wiki

アンドゥオール(En dehors,1999)・・(副詞句)バレエ用語で股関節を外旋させて脚全体を外に回す動作のこと。直訳すると「外側で」。母スターバレリーナ、半姉グランパドドゥとバレー用語が続く。

アンドゥトロア(Un deux trois,1990)・・(名詞)1,2,3

アントラン(Entrain,2004)・・(名詞)元気、快活、活発

アントルヴォー(Entrevaux,2017)・・(地名)フランス南西部のアルプ=ド=オート=プロヴァンス県にあるコミューン。アルプスの谷に位置し、山の上にそびえたつ城砦が有名(Wiki

アントルシャ(Entrechat,2015)・・(名詞)バレエの技法の1つ。両足で踏み切って垂直に跳躍し、滞空中に両足を交差させる(打つ)動きを行い、両足あるいは片足で着地する(Wiki

アントルシャカトル(Entrechat quatre,2006)・・(名詞句)バレエの技法の1つ。両足で踏み切って垂直に跳躍し、滞空中に両足を4回交差させる(打つ)動きを行い、両足あるいは片足で着地する(動画見るとかなりしんどそう。動画はこちら())

アントルシャディス(Entrechat dix,2005)・・(名詞句)バレエの技法の1つ。両足で踏み切って垂直に跳躍し、滞空中に両足を10回交差させる(打つ)動きを行い、両足あるいは片足で着地する(本当にできるのかは知らない)

アントルドゥメール(Entre-deux-mers,2017)・・(名詞)ボルドーワインの品種の1つ。直訳すると「2つの海の間」。海に見立てたガロンヌ川とドルドーニュ川が合流してジロンド川になる部分の上流、二つの川に挟まれた三角地帯で作られるため(Wiki

アントルメ(Entremets,2015)・・(名詞)デザート(狭義ではチーズと果物の間に出される甘いデザートを指す。直訳すると「料理の間」)

アントルメグラッセ(Entremets Glacés,2020)・・(名詞句)アイスケーキ、もしくはアイスクリームでつくったデコレーションケーキのこと。フルーツやチョコを用いた色鮮やかで涼しげなものが多くパティシエの妙技が楽しめる。直訳すると「冷たいデザート」。

アントルラッセ(Entrelacé,2016)・・(形容詞)組み合わせた、絡み合った(バレエの技の名前で、足を振り上げながら垂直に跳躍し、ピークで身体の回転と足の入れ替えを行いながら着地し、跳躍した足を後ろに振り上げるもの(説明下手ですいません))

アンナヴァン(En avant,2001)・・(副詞句)バレーの動作。腕でアーチを作り、みぞおちの高さまで上げる。直訳すると「前方へ」

アンネフェ(En effet,2014)・・(副詞句)すなわち、したがって、もちろん(話を順接の方向にまとめる時に多用する)

アンノートル(Un autre,2014)・・(名詞)もう1つの、別の、新しい、際立った(お代わりするときにも使われる)

アンバサドゥール(Ambassadeur,2009)・・(名詞)大使、使節

アンバラージュ(Emballage,2016)・・(名詞)包装、梱包(公式には「熱中させる」とあるが、その意味での名詞化はアンバルマン(Emballement)が近い)

アンバンション(Invention,1997)・・(名詞)発明、考案、創意、工夫、作り事、架空の話、思いつき

アンビュスカード(Embuscade,1993)・・(名詞)伏兵、待ち伏せ

アンファンテリブル(Enfant terrible,1994)・・(名詞句)全く遠慮がなく、その発言によって両親や他人を困惑させる一方、非常に型破りで、人目を引き、ある場合には攻撃的であったり反抗的な子供の事を指す。直訳すると「恐ろしい子供」(Wiki

アンファンドディユ(Enfant de Dieu,2017)・・(名詞句)神の子

アンファンユニーク(Enfant unique,2007)・・(名詞句)一人っ子

アンフィニ(Infini,2018)・・(名詞)無限、無限大(形容詞)無限の、果てしない

アンフィニドール(Infini d’or,2018)・・(名詞句)無限の黄金

アンフィニフォルス(Infini force,2016)・・(名詞句)無限の力

アンフィニマン(Infiniment,2016)・・(副詞)無限に、際限なく、甚だしく

アンフィルージュ(Un fil rouge,2007)・・(名詞句)赤い糸(日本語では見えない結びつきを示すが、フランス語だと話を通じて繰り返し登場しその筋道となる要素やテーマを指す言葉になる)

アンブシュール(Embouchure,2016)・・(名詞)河口、開き口

アンブラッスマン(Embrassement,2016)・・(名詞)抱擁、キス

アンブラスモア(Embrasse-moi,1994)・・(成句)私を抱きしめて

アンブラッセ(Embrasser,2006)・・(動詞)接吻する、抱きしめる、包括する

アンブラッセモワ(Embrassez-moi,2013)・・(成句)私を抱きしめて、キスして(Vous(尊称)に向かって言ってるので、Tuに向かって言っているアンブラスモアに比べると丁寧で恭しい)

アンプリエール(En prière,2012)・・(副詞句)祈って、祈願して

アンプレヴー(Imprevu,2006)・・(名詞)思いがけなさ、意外性、不測の事態(形容詞)思いがけない、意外な、不慮の

アンペラトリス(Impératrice,2007)・・(名詞)皇后、女性

アンベリール(Embellir,2001)・・(動詞)美化する、美しくする

アンボワーズ(Amboise,2012)・・(地名)フランス中西部のロワール渓谷沿いにあるコミューン及びそこに聳える城の名前。同じ渓谷に点在するブロワシャンボールシュヴェルニーシュノンソーヴィランドリー等と一緒に世界遺産を構成する(Wiki

アンポルタン(Important,2015)・・(名詞)重要な事、大切な点

アンメテオール(Un météore,2009)・・(名詞)流星、大気現象

アンリキャトル(Henri Quatre,2011)・・(人名)アンリ4世。フランス王でブルボン朝の始祖。1598年にナントの勅令を発布してカトリックユグノーとの国内融和に努め、40年近くにわたる内戦を終結させた(1553-1610)(Wiki

アンレール(En l'air,2010)・・(副詞句)空中で(バレエ用語でトゥールアンレール(Tour en l’airのように何か他の動作と組み合わせて使われるのが普通)

アーク(Arc,1986)・・(名詞)弓、弓型、弓状、アーチ

アークデトリオンフ(Arc de triomphe,2019)・・(名詞句)凱旋の門(定冠詞を付けてL'arc de triompheにすると、パリの凱旋門のことになる)

アージュドールÂge d’or,2008)・・(名詞句)黄金の時代

アーズドール(Hase d’or,2003)・・(名詞句)金の野ウサギ

アーブル(Arbre,2011)・・(名詞)木、樹木

アーブルチム(Arbre ultime,2019)・・(名詞句)究極の樹木(片仮名にした時のデフォルメの仕方が独特ですね)

アーブルルージュ(Arbre rouge,2016)・・(名詞句)赤い木

アールドヴィーヴル(Art de vivre,2018)・・(名詞句)暮らしの技法、生き方の美学(人生を主体的に選択する態を表す。公式は「自分らしく生きる」)

アールドソレイユ(Art de soleil,2000)・・(名詞句)日の光の芸術(太陽を意味するソレイユ(Soleil)は唯一無二なもので定冠詞がつくので、本来的にはアールデュソレイユ(Art du soleil)になる?)

アールブリュット(Art brut,2012)・・(名詞句)生の芸術

アームブランシュ(Âme blanche,2020)・・(名詞句)純粋な魂

イストワール(Histoire,2001)・・(名詞)歴史、物語

イデアル(Idéal,2017)・・(形容詞)理想的な、申し分のない、観念的な(名詞)理想、理想的人物

イデアルモルソー(Idéal morceau,2009)・・(名詞句)理想の一片

イプノーズ(Hypnose,2019)・・(名詞)催眠状態、夢幻状態、陶酔

イマージュ(Image,2017)・・(名詞)像、映像、姿

イリゼ(Irisé,2001)・・(形容詞)虹色の、虹色を帯びた

イルデパン(Île des Pins,2000)・・(地名)南太平洋の仏領ニューカレドニア本島の南東に浮かぶ島。現実離れした美しい風景とともに「天国に一番近い島」という呼び名で有名。直訳すると「松島」(Wiki

イルデレーヴ(Île de rêve,2018)・・(名詞句)夢の島

イルドフランス(Île-de-France,2009)・・(地名)首都パリを中心とした、1200万人以上の人口を包括する巨大都市圏。日本の首都圏に相当(Wiki

イルドゥボーテ(Île de Beauté,2000)・・(名詞句)美しい島。コルシカ島自体を表す表現だが、そこで生産されるワインのブランド名としても有名。

イルドレ(Île de ré, 2007)・・(地名)レ島。冗談みたいな名前だが、フランス西部大西洋岸の都市ラ・ロシェルと橋で全長2.9㎞の橋で結ばれる。フランス有数のリゾート地(Wiki

イルドロール(Île de l'or,2006)・・(名詞句)黄金の島

イルネージュ(Il neige,1999)・・(成句)雪が降る

イルフェソレイユ(Il fait soleil,2016)・・(成句)晴れている

イルフェボー(Il fait beau,1993)・・(成句)天気がいい

ヴァガボンド(Vagabond,2013)・・(名詞)風来坊(語尾のドを読んでいるのが英語的なのでここに載せるのは微妙かもしれないけど・・)

ヴァサヴォワール(Va savoir,2002)・・(成句)2001年公開のフランス映画。カンヌ映画祭でバルムドール(最優秀作品賞)を受賞。ネットの評価は全体的に高め。邦題は「恋ごころ」

ヴァノワーズ(Vanoise,2016)・・(名所)フランス南東部のアルプス山脈にある国立公園。景観を楽しむトレッキングで人気(Wiki

ウアラネージュ(Œufs à la neige,2016)・・(名詞句)メレンゲを焼いてアングレーズソースに浮かべたデザート(Œufs à la neige — Wikipédia、直訳すると「雪卵」)

ヴァランシエンヌ(Valenciennes,2019)、ヴァランシェンヌ(2012)・・(地名)フランス北部ノール県のコミューン。ベルギー国境のすぐそばに位置する。何かあるみたい(適当)(Wiki

ヴァリアシオン(Variation,2009)・・(名詞)変化、変異、ソロダンス(バレエの)

ヴァルスノワール(Valse noire,2008)・・(名詞)黒ワルツ(ごめんなさい、意味がよく分からなかったので直訳を載せておきます)

ヴァルディゼール (Val-d'Isère,2016)・・(地名)フランス南東部サヴォワ県のコミューン。アルプスに位置し、スキーリゾートとして有名(Wiki

ヴァルドマルヌ(Val-de-Marne,2019)・・(地名)パリを取り囲む立地にある県。バラ園で有名(Wiki

ヴァルドワーズ(Val-d'Oise,2016)・・(地名)パリ北部の県名。県としては最小規模だが大規模な都市化が進み人口は100万超。国際空港もある(Wiki

ヴァルール(Valeur,2013)・・(名詞)価値、値打ち

ヴァレノワール(Valet noir,2000)・・(名詞)ブラックジャック。ヴァレ(Valet)本来は従僕、従者の意味だがトランプではジャック(J)を意味する。ちなみにQはダーム(Dame)Kはロワ(Roi)と言う。

ヴァレーニュ(Varaignes,2020)・・(地名)フランス南西部内陸のドルドーニュ県に位置するコミューン。ヴェレーニュ城などの文化遺産に恵まれるが、街は過疎で人口は400人を割る(Wiki

ヴァロワール(Valoir,2018)・・(動詞)価値のある

ヴァン(Vent,2012)・・(名詞)風、大気、空気、形勢、雲行き、風向き、方位、方向

ヴァンヴェール(Vent vert,2010)・・(名詞句)緑の風(ホワイトラム、ライムシトロンリキュール、パッションフルーツリキュール、ブルーキュラソー、ライムジュースなどを配合したカクテル)

ヴァンエボン(Vent est bon,2006)・・(成句)風は吹いている(成句として成立させるには定冠詞付けてルヴァンエボンにする。船乗りが言うのかな?)

ヴァンカトル(Vingt-quatre,1989)・・(名詞)24

ヴァンクル(Vaincre,2013)・・(動詞)負かす、打ち破る、克服する、征服する(活用が少し独特で、直接法現在はJe vaincs/Tu vaincs/Il vainc/Nous vainquons/Vous vainquez/Ils vainquentと活用する)

ヴァンクール(Vainqueur,2003)・・(名詞)勝利者、征服者

ヴァンサンカン(Vingt-cinq ans,1989)・・(名詞)25歳

ヴァンクレール(Vent clair,2012)・・(名詞句)清らかな風

ヴァンセンヌ Vincennes,2009)・・(名所)パリ東部に広がる森。元々は王の狩猟馬だったが徐々に整備が進み、現在は森林地帯・競馬場・自転車競技場・城などを併せ持つ。競馬場では、繋駕速歩競走及び騎乗速歩競走という日本では馴染みの薄いカテゴリーのレースが行われる(Wiki

ヴァンタリエル(Vent arrière,2004)・・(名詞句)追い風

ヴァンダンジュ(Vendange,2009)・・(名詞句)ブドウの収穫(ブドウだけのための専用の単語があるのがフランスらしい)

ヴァンダンジュ(Vent d’ange,2019)・・(名詞句)天使の風

ヴァンティーヌ(Vantaine,1993)・・(名詞)20、約20

ヴァンデスプワール(Vent d'espoir,2018)・・(名詞句)希望の風

ヴァンデミエール(Vendémiaire,2011)・・(暦)葡萄月(9~10月)

ヴァンデリオン(Vent de lion,2017)・・(名詞句)ライオンの風

ヴァンドゥメール(Vent de mer,2017)・・(名詞句)海風(海に定冠詞を付けて、ヴァンドゥラメールにした方がフランス語に近い感じはする)

ヴァンドギャルド(Vin de garde,2017)・・(名詞句)ワインの一種で長期熟成したワインのこと。直訳すると守護のワイン。

ヴァンドデセール(Vin de dessert,2012)・・(名詞句)デザートワイン

ヴァンドノワール(Vin de noir,1998)・・(名詞句)黒いワイン

ヴァンドラン(Vent de lin,2020)・・(名詞句)亜麻色の風(亜麻色とは、亜麻を紡いだ糸の色のような黄色がかった薄茶色のこと。栗毛の本馬を形容するための表現)

ヴァンドランス(Vent de Reims,2010)・・(名詞句)ランスの風

ヴァンドリオン(Vent de Lyon,2001)・・(名詞句)リヨンの風

ヴァンドレーヌ(Vin de reine,1990)・・(名詞句)王妃のワイン

ヴァントーズ(Vantôse,2011)・・(暦)風月(2~3月)

ヴァンドーム(Vendôme,1989)・・(地名)フランス北中部圏、ロワール=エ=シェール県のコミューン。ヴァンドーム伯領の本拠地として中世からの歴史を持ち様々な文化的建造物を持つ(Wiki)(その他、パリ1区西側に同名の四角い広場がある)

ヴァンドール(Vent d’or,2019)・・(名詞句)金の風

ヴァンヌ(Vannes,2018)・・(地名)フランス西部のコミューン、ブルターニュ地域圏。フランス歴史と芸術の街に登録されている(Wiki

ヴァンヌーヴォー(Vent nouveau,2009)、ヴォンヌヴォー(2020)・・(名詞句)新しい風

ヴァンフォール(Vent fort,2016)・・(名詞句)強風

ヴァンブラン(Vent blanc,2009)・・(名詞句)白い風

ヴァンブリュレ(Vin brulé,1999)・・(名詞句)蒸留されたワイン。ブランデーの事。コニャック地方でワインを蒸留したものを「ヴァン・ブリュレ」と呼ぶ。直訳すると「焼きワイン」。

ヴァンブルー(Vent bleu,2006)・・(名詞句)青い風

ヴァンフレ(Vent frais,2015)・・(名詞句)さわやかな風

ヴァンポルタン(Vent portant,2002)・・(名詞句)追い風

ヴィヴァン(Vivant,2018)・・(形容詞)生き生きとした、活力に満ちた

ヴィヴルヴォン(Vive le vent,2007)・・(成句)ジングルベル(歌の動画()。直訳すると「風バンザイ!」)

ヴィエノワズリー(Viennoiserie,2018)・・(名詞)ウィーン発祥で、19世紀以降にパリで流行した様々なペースト菓子の総称。パンやシュークリームの製法に似るが、材料の脂肪分が多く甘いため実際はペイストリーに近い。直訳すると「ウィーン(風)のもの」(Wiki

ヴィエルジュ(Vierge,1997)・・(名詞)処女、生娘(定冠詞をつけてLa Viergeとすると聖母の意味になる)

ヴィエンヌ(Vienne,2020)・・(地名)フランス中部、ミルヴァシュ高原からリモージュを通り、ロアール川に注ぐ河川の名前。オート=ヴィエンヌ県とヴィエンヌ県の名前の由来になっており、363㎞の長さを誇る。流域にはワイン農場も多い(Wiki

ヴィクトワール(Victoire,2005)・・(名詞)勝利、栄光

ヴィクトールドパリ(Victoire de Paris,2019)・・(名詞句)パリの勝利

ヴィグルズマン(Vigoureusement,2018)・・(副詞)力強く、たくましく

ヴィサージュVisage,2010)・・(名詞)顔、顔立ち

ヴィジオネール(Visionnaire,2011)・・(名詞)幻を見るもの、夢想家

ヴィジタンディーヌ(Vigitandine,2004)・・(名詞)ドイツとの国境に近いロレーヌ地方の郷土菓子。菓子を作り始めた修道会の名前がルーツだが今はフィナンシエと呼ばれることが多い。似た菓子のマドレーヌは全卵を使うのに対し、こちらは卵白のみを使うのが特徴(Wiki

ヴィシーソワーズ(Vichyssoise,1987)・・(名詞)冷たいポロネギ風味のジャガイモのポタージュ。スープを考案したルイ・ディアがフランスのヴィシー出身だったためにこの名が付けられた。直訳すると「ヴィシーの」「ヴィシーの人」。英語でも定着している(Wiki

ヴィゼ(Visée,2004)・・(名詞)照準、ねらい

ヴィニュロン(Vigneron,2019)・・(名詞)ブドウ栽培者、ブドウ園経営者

ヴィヴ(Vive,2015)・・(形容詞)生き生きとした、活発な、利発な、激しい、新鮮な、鋭い(女性形)

ヴィランドリー(Villandry,2016)・・(名所)ロワール渓谷にあるルネサンス様式の城名。世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に含まれる(Wiki

ヴィルチュオーズ(Virtuoses,2019)・・(名詞)名手、名人、達人、名演奏家(楽器、演奏関係で良く使われる。ラテン語のVirtuōsus(徳の備わった)が、イタリアの音楽用語Virtuosoとして技術的長所を示す言葉に変化してフランス語に入ったもの)

ヴィルヌーヴ(Villeneuve,2011)・・(地名)フランスで非常にポピュラーな地名。派生形含め80以上のコミューンで用いられる。また、姓としても非常に多い。直訳すると「新町」。(日本でも新町で調べたらたくさんあった(Wiki))

ヴィルヌーヴダスク(Villeneuve d’ascq,2006)・・(地名)ノール県のリール都市圏、ベルギー国境に近接したコミューン。1970年に3つのコミューンが合併して成立。直訳すると「アスクの新都市」で、綴りの珍しいアスクは「トネリコ」の樹のフラマン語を語源とする説が有力(Wiki

ヴィルフランシュ(Villefranche,2012)・・(地名)フランス南西、ニース東部のコミューン。コートダジュール屈指の高級リゾート地として有名。正式名称はVillefranche-sur-Mer(ヴィルフランシュ=シュル=メール)(Wiki

ヴィレーヌ(Vilaine,2018)・・(地名)ヴィレーヌ川。全長200kmほどの大河で、フランス西部流域を流れる。レンヌを通じて大西洋まで流れ出る(Wiki

ヴィーヴル(Vouivre,2013)・・(名詞)(伝説上の)大蛇、おろち(もともとはGuivreの異形)

ヴィーヴルサヴィ(Vivre sa vie,2015)・・(成句)我が道を行く

ヴェズレー(Vézelay,2020)・・(地名)フランス中部ヨンヌ県のコミューン。丘の上のサント・マドレーヌ聖堂は、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の起点の一つで世界遺産に登録されている(Wiki

ヴェゼール(Vézère,2012)・・(地名)フランス南西部を流れる211kmの長さの河川の名前。流域にはラスコー洞窟の壁画、クロマニョン洞窟、ムスティエ岩陰遺跡群など様々な先史時代の遺跡があり、世界遺産に登録されている(Wiki

ヴェリタブル(Véritable,2014)・・(形容詞)本当の、真実の

ヴェリテ(Vérité,2012)・・(名詞)真実、真理

ヴェルサイユVersailles,2001)、ベルサイユ(2011)・・(地名)パリの南西20kmにあるコミューン。フランス首都圏の一角を占める。ルイ14世が造営したヴェルサイユ宮殿の所在地として有名で、その桁違いの大きさの建物と庭園は絶対王政の象徴とされる(Wiki

ヴェルジョワーズ(Vergeoise,2011)・・(名詞)粗糖(サトウキビの絞り汁を下処理した後に結晶させ、遠心分離機を用いてシロップ部分を分離させ残った結晶のこと。独特の風味がある。英語ではブラウンシュガーと言う)(Wiki

ヴェルテュ(Vertu,2009)・・(名詞)徳、美徳

ヴェルラヴニール(Vers l’avenir,2014)・・(副詞句)将来に向けて

ヴェールアンレーヴ(Vers un rêve,2019)・・(副詞句)夢に向かって

ヴェールギャラン(Vert galant,2004)・・(名詞)女たらし、森の中の盗賊

ヴェールクレール(Vert claire,2018)・・(形容詞句)明るい緑色の、萌黄色の

ヴェールダンス(Vert danse,2018)・・(名詞句)濃い緑

ヴェールフォンセ(Vert foncé,2010)・・(形容詞句)深緑色の

ヴェールランス(Vers Reims,2019)・・(副詞句)ランスに向かって(この町のノートルダム大聖堂で代々の王が即位を行ってきた。百年戦争ジャンヌ・ダルクがオルレアン解放した後にシャルル7世の戴冠式を導いたのは有名(Wiki))

ヴォアラ(Voila,2016)・・(間投詞)ほらね、ごらんなさい

ヴァウジラール(Vaugirad,2015)・・(名詞)パリ中心部の6区と15区に跨る市内最長の通りの名前。ラテン地区からポルト=ド=ヴェルサイユまでの4.3kmを結ぶ。道中は殆ど一方通行になっていて意外と狭い(Wiki

ヴォラーヌ(Volane,2019)・・(地名)フランス南東部を流れるローヌ川の支流の川の名前(Wiki

ヴォルスパシアル(Vol spatial,2019)・・(名詞句)宇宙飛行

ヴォルドニュイ(Vol de nuit,2010)・・(名詞句)夜間飛行(サン=テグジュペリが1931年に発表した小説。黎明期の航空業界で働く者たちの尊厳と勇気を切々と描いた不朽の名作。絶対読むべし(Wiki))

ヴォレダンルシエル(Voler dans le ciel,2015)・・(動詞句)空高く舞う(母馬の名前がピンクパピヨンであることからの連想と思われる)

ヴァレーブランシュ(Vallée blanche,2000)・・(地名)フランス南東部、イタリア、スイスとの国境に跨る最高峰モンブランのオート=サヴォワ地方側にある氷河。直訳すると「白い渓谷」(Wiki

ヴォロンティエ(Volontiers,2017)・・(副詞)喜んで、心から

ヴォワドアンジェ(Voix d’ange,2018)・・(名詞句)天使の声

ヴォワルドール(Voile d’or,2014)・・(名詞句)金のベール

ヴォンタリエール(Vent arrière,2018)・・(名詞句)追い風

ヴォージュ(Vosges,2013)・・(地名)フランス北東部にある県の名前。県庁はエピナル。同名の山脈で有名。パリのバスティーユ地区にも同名の広場がある(Wiki

ヴォートルエロー(Votre héros,2017)・・(名詞句)貴方の英雄

ヴォールヴィコント(Vaux-le-Vicomte,2017)・・(名所)パリ郊外のマンシーにある17世紀創建のバロック様式の城(Wiki

ヴゼットジョリー(Vous êtes jolie,2014)・・(成句)あなたは美しい(フランスシャンソン界の巨人、シャルル・トレネの作品の1つでもある。詩の中で手を変え品を変えひたすら相手を口説き続ける)

ヴゼットマシェリ(Vous êtes ma chérie,2020)・・(成句)あなたは最愛の子

ヴレ(Vrai,2013)・・(名詞)本物、本当(形容詞)本物の、本当の

ヴレクール(Vrai cœur,2011)・・(名詞句)真心、本当の気持ち

ウーヴリール(Ouvrir,2014)・・(動詞)開く、開ける、開放する

ウールーズ(Heureuse,2012)・・(形容詞)幸福な、幸せな(女性形)

ヴレロワ(Vrai roi,2010)・・(名詞句)真の王

エイグレット(Aigrette,2013)・・(名詞)白鷺(転じて、ターバンや帽子、金や銀、真珠製の頭飾りに付ける羽根付の飾りものなど、宝石など豪華な宝飾を表す意味でも使われる(Wiki))

エヴァイエ(Éveillé,2015)・・(形容詞)活発な、目を覚ました

エヴァンジル(Évangile,1998)・・(名詞)福音、新約聖書聖典

エオリエンヌ(Éolienne,2020)・・(名詞)風の運動エネルギーを機械的エネルギーに変換する装置(一般的には、電気を作る風力発電機を指すが、水を直接汲み上げる「風力ポンプ」の意味も含む)

エクサンプロバンスAix-en-province,1999)・・(地名)フランス南部プロヴァンス地方、ブーシュ=デュ=ローヌ県のコミューン。学術・芸術都市として同地域の観光拠点となっている。 とにかくセザンヌで有名(Wiki

エグジジェ(Exigé,1999)・・(形容詞)是非必要な、要求された

エグジステ(Exister,2017)・・(動詞)存在する、実存する、生きる、重要である、価値がある

エクセレンフレール(Excellent frère,2010)・・(名詞句)優秀な弟

エクラ(Éclat,2012)・・(名詞)破片、かけら、輝き、華々しさ、鮮やかさ、大音響

エクラエテルネル(Éclat éternel,2002)・・(名詞句)永遠の輝き

エクラサンザレ(Éclat sans arrêt,2018)・・(名詞句)絶え間ない輝き

エクラタン(Éclatant,2017)・・(形容詞)輝いている、色鮮やかな、顕著な

エクラタント(Éclatante,2014)・・(形容詞)輝いている、色鮮やかな、顕著な(女性形)

エクラドレーヴ(Éclat de rêve,2012)・・(名詞句)夢の輝き

エクラドール(Éclat d'or,1999)・・(名詞句)金の輝き

エクラノーブル(Éclat noble,2019)・・(名詞句)高貴な輝き

エクラミレネール(Éclat millénaire,2013)・・(名詞句)千年の輝き

エクランドール(Écrin d’or,2018)・・(名詞句)金の宝石箱

エクリヴァン(Écrivain,2016)・・(名詞)作家、名文家(珍しく男女同形だが、女性専用のエクリヴェーヌ(Écrivaine)も普通に使われるようになってきた。)

エクリチュール(Écriture,2004)・・(名詞)文字、書体、書き方

エクリリストワール(Écris l'histoire,2019)・・(成句)歴史を記せ

エクレアダムールÉclair d'amour,2014)・・(名詞句)愛の稲妻(昼メロのタイトルみたい)

エクレアブルーÉclair bleu,2012)、エクレールブル(1983)・・(名詞句)青い稲妻(ご存じ林田健司の名曲だが、画像検索しても天体に輝く青い稲妻のイメージしか出てこない)

エクレラージュ(Éclairage,1999)・・(名詞)照明、見方

エクレルシー(Éclaircie,2018)・・(名詞)晴れ間、雲の切れ間(転じて、事態の好転を意味することも多い)

エクレレÉclairé,2016)・・(形容詞)共用のある、見識のある、晴れやかな、採光の良い

エクレールÉclair,2012)、レクレール(L'éclair,2017)・・(名詞)稲妻、電光、きらめき、輝き、天啓、一瞬

エクレールヴィオレÉclair violet,2003)・・(名詞句)紫の稲妻

エクレールノワールÉclair noir,2013)・・(名詞句)黒い稲妻

エクレールブランÉclair blanc,2004)・・(名詞句)白い稲妻

エクレールブリアンÉclair,brillant,2019)・・(名詞句)輝く稲妻

エクロジオン(Éclosion,2013)・・(名詞)開花、孵化、誕生、出現

エクロール(Éclore,2019)・・(動詞)咲く、孵化する、出現する

エコセーズ(Écossaise,1984)・・(名詞)スコットランド舞曲(通常は4分の2拍子で作曲される。ベートーヴェンシューベルトショパンはいずれもピアノのためのエコセーズを残している。 「スコットランド」「スコットランドの」という意味もある(Wiki))

エコールドパリ(École de Paris,1998)、エコールドゥパリス(1999)・・(名詞句)パリ派。1920年代を中心にパリで活動し、出身国も画風もさまざまな画家たちの総称。ローランサンモディリアーニシャガール、スーティン、パスキン、キスリング、レオナールフジダなど様々な大物を輩出した。

エシャルプ(Écharpe,2017)・・(名詞)スカーフ、マフラー、肩掛

エスティバル(Estival,2006)・・(形容詞)夏の、夏特有の

エスティマトゥール(Estimateur,2002)・・(名詞)鑑定人、評価者

エスピオナージュ(Espionnage,1996)・・(名詞)スパイ行為、諜報活動

エスピヨン(Espion,1998)・・(名詞)スパイ

エスプリジョリー(Esprit jolie,2005)・・(名詞句)可愛い心

エスプリドゥルミエ(Esprits de lumière,2014)・・(名詞句)光の天使

エスプリドパリ(Esprit de Paris,2010)・・(名詞句)パリの心

エスプリヌーヴォー(Esprit nouveau,2006)・・(名詞句)新しい精神(建築家のル・コルビュジエとオザンファンが創刊した雑誌の名前。「住宅は住むための機械である」の言葉は有名。)

エスプリフランセ(Esprit français,2002)・・(名詞句)フランス人気質

エスプリラージュ(Esprit large,1998)・・(名詞句)柔軟な精神

エスペランス(Espérance,1995)、レスペランス(L'espérance,2012)、レスペラース(1989)・・(名詞)希望、期待

エスポワール(Espoir,2016)・・(名詞)期待、希望、ホープ

エタンダール(Étendard,2009)・・(名詞)軍旗、旗印、象徴

エッフェル(Eiffel,2010)・・(人名)技師、構造家、建設業者。一般にはエッフェル塔を設計した人物として知られるが、気象学と航空力学の研究発展に寄与したことでも知られる(1832-1923)(Wiki

エテ(Été,2013)・・(名詞)夏、夏季

エティエンヌ(Étienne,2019)・・(名詞)ゾラの小説「ジェルミナル」に登場する主人公の名前。(母のジェルヴェーズは同じく「居酒屋」に登場。母の母の名はそのままジェルミナル。脳を焼かれる小説なので是非読んでほしいです)

エテルニテ(Éternité,2015)・・(名詞)永遠、永久

エテルネル(Éternel,2020)・・(形容詞)永遠の、永久の、永続的な、果てしない

エトランドル(Étreindre,2012)・・(動詞)締め付ける、抱き締める、つかむ、把握する

エトルアンフルール(Étre en fleur,2010)・・(成句)花盛りの、咲き誇った

エトルタ(Étretat,2016)・・(地名)フランス北部、セーヌ=マリティーム県のコミューン。風雨にさらされてできた自然のアーチを含む断崖でよく知られ、モーパッサンの「女の一生」、ルブランの「奇岩城」の舞台になった(Wiki

エトルディーニュ(Être digne,2014)・・(成句)権威ある、価値ある

エトレーヌ(Étrenne,2004)・・(名詞)お年玉(複数形で)、使い初め、祝儀、心づけ(12月31日や1月1日に家族やお世話になった人に日ごろの感謝を込めてプレゼントする習慣のこと。古代ローマを起源とする(Wiki))

エトワルデュノール(Étoile du nord,1984)・・(名詞句)北の星(定冠詞をつけてレトワールデュノールにすると「北極星」の意味になる。かつてパリーアムステルダム間を結んだ特急列車の名前としても使われた)

エトワール(Étoile,2016)、ユヌエトワール(Une étoile,2017)、レゼトワール(Les étoiles,2010)・(名詞)星、スター、星型

エトワールドシネマ(Étoile de cinéma,2002)・・(名詞句)シネマの星(主役級の看板女優のことを表現するのに使われる)

エトワールドパリ(Étoile de Paris,2015)・・(名詞句)パリの星

エトワールドール(Étoile d'or,2006)・・(名詞句)金の星

エトワールブルー(Étoile bleue,1998)・・(名詞句)青い星

エナルク(Énarque,1980)・・(名詞)フランスのエリート養成(ENA)の卒業生。マクロン政権下で廃止され、他のグランゼコールと共に、2022年1月に新設の「国立公務学院」(Institut national du service public、INSP)へ統合された(Wiki

エバンタイユドール(Éventail d’or,2017)・・(名詞句)黄金の扇(バラの一種)

エピキュール(Épicure,2017)・・(名詞)美食家、食通

エピセアローム(Épicé arôme,2009)・・(名詞句)スパイシーな香り

エピューレ(Épuré,2014)・・(形容詞)純化された、洗練された

エフェルヴェソンス(Effervescence,2015)・・(名詞)興奮、熱狂、高揚

エフォール(Effort,2007)・・(名詞)努力、尽力、頑張り

エプルシャージュ(Épluchage,2020)・・(名詞)皮むき、除草、掃除、選果、あら探し

エフルラージュ(Effleurage,2016)・・(名詞)摩耗作業(「花に触れるように」と公式にあるけど、その意味での表現はエフルールマン(Effleurement)が近い気がします。)

エポワス(Époisses,2008)・・(地名)フランス中東部の小さなコミューン。ウォッシュチーズ(熟成過程で塩水やマール、ワインやブランデーなどさまざまな液体を定期的に吹き付けながら熟成させるもの)で有名(Wiki

エマーブル(Aimable,2014)・・(形容詞)愛らしい、親切な

エミュー(Ému,2020)・・(形容詞)心を動かされた、感動した、興奮した(エムヴォワール(Émouvoir)の過去分詞)

エムヴォワール(Émouvoir,2008)・・(動詞)感動させる、興奮させる、乱す、動揺させる

エメイヴェイモン(Émerveillement,2020)・・(名詞)感嘆、驚嘆

エメルヴェイエ(Émerveiller,2017)・・(動詞)感嘆させる

エメルボヌール(Aimer le bonheur,2010)・・(成句)幸せを愛する

エラデゼール(Ella a des ailes,1998)・・(成句)彼女は翼がある

エランヴィタール(Élan vital,2017)、エランビタール(2003)・・(名詞句)生の躍動。『創造的進化』に用いられたベルグソンの自然哲学の主要概念で。生物が内的衝動によって進化する生命の躍進力。「精神的エネルギー」の語も同義(自分で何書いてるか分かってない)

エランドール(Élan d'or,2008)・・(名詞句)黄金の飛翔

エラーブル(Erable,2016)・・(名詞)カエデ、紅葉

エリタージュ(Héritage,2010)・・(名詞)遺産、相続

エリティエール(Héritière,2014)・・(名詞)後継者、相続者(女性形)

エルダンジュ(Aile d’ange,2000)・・(名詞句)天使の翼(Aileが単数形なので羽根が一つの扱い)

エルデュクラージュ(Ailes du courage,2014)、エールドクラージュ(Aile de courage,2005)・・(名詞句)勇気の翼

エルデリュミエール(Ailes de lumière,2016)・・(名詞句)光の翼

エルドール(Aile d’or,2009)・・(名詞句)金の翼

エルブダムール(Herbe d’amours,2012)・・(名詞句)忘れな草

エルブランシュ(Ailes blanches,2013)、レゼルブランシュ(Les ailes blanches,2012)・・(名詞句)白い翼

エルメーム(Elle-même,2017)・(名詞)彼女自身

エレヴァージュ(Élevage,2016)・・(名詞)飼育、牧畜、熟成

エレスペール(Elle est super,2013)・・(成句)彼女は素晴らしい(Superは男女同形で使われる)

エレノワール(Elle est noire,1992)・・(成句)彼女は黒い

エレベル(Elle est blle,2016)・・(成句)彼女は美しい

エレボアブランシュHellébore blanche,2018)・・(名詞句)クリスマスローズ。別名雪起こし、寒芍薬(カンシャクヤク)の和名も持つ。多くの品種は、クリスマスのころではなく春に開花し、夏に休眠状態になる(Wiki

エンジェヌー(Ingénue,2011)・・(名詞)純情な少女、無邪気な少女

エーグルドゥース(Aigre-douce,2003)・・(形容詞)甘酸っぱい(形容詞の酸っぱい+甘いをそのまま重ねただけ)

エーメ(Aimer,2014)・・(動詞)愛する、愛好する

エール(Aile,2014)、ラエール(La aile,2019)、レゼール(Les ailes,2018)・・(名詞)翼、翅(はね)

エールヴィフ(Ailes vifs,2015)・・(名詞句)鮮やかな翼

エールオンレールAir en l’air,2017)・・(名詞句)空中の動き(公式にはバレエ用語とあるが、調べても出てこない)

エールジョリー(Ailes jolies,2016)・・(名詞句)かわいい翼

エールデュレーヴ(Aile du rêve,2013)・・(名詞句)夢の翼

エールドクラージュ(Aile de courage,2005)・・(名詞句)勇気の翼

エールドランジュ(Ailes de l’ange,2010)・・(名詞句)天使の翼

エールドレーヌ(Aile de reine,2017)・・(名詞句)王妃の翼

エールブラーヴ(Ailes braves,2014)・・(名詞句)勇敢な翼

オグマンテ(Augemantez,2015)・・(動詞)だんだん強く(音楽用語。オグマンテ(Augmanter)の2人称複数命令形)

オゼイユ(Oseille,2019)・・(名詞)スイバ、スカンポ

オソレイユAu soleil,2009)・・(副詞句)太陽に、日なたに

オヌール(Honneur,2018)・・(名詞)名誉、信義、栄光

オネットーム(Honnête homme,1999)・・(名詞句)17世紀フランスにおいて模索された理想の人間像。パスカル、メレなどが言及した(直訳すると「正直者」だが、語義としては「紳士」とか「教養人」の方が近い)

オノラビリテ(Honorabilité,2002)・・(名詞)高潔さ、信望、名声

オノマトペ(Onomatopée,2018)・(名詞)擬声、擬音、擬声語、擬音語

オフィシエ(Officier,2010)・・(名詞)レジオンドヌール勲章4番目のランク(オフィサー、役員)

オブジェダート(Objet d'art,2019)・・(名詞句)芸術品

オプティミストゥ(Optimiste,2019)・・(形容詞)楽天的な、楽天主義の(名詞)楽天主義者、楽天

オブデュモンドAu bout du monde,2018)・・(成句)世界の終わり

オフリール(Offrir,2013)・・(動詞)贈る、与える、提供する

オペラバスティーユOpéra Bastille,2011)・・(名所)パレガルニエと並んで有名な、パリのオペラ劇場。バスティーユ広場の西側にある。最新式の設備と音響に特色(Wiki

オマージュ(Hommage,2018)・・(名詞)尊敬、賛辞

オランジュ(Orange,1986)・・(名詞)オレンジ、橙

オランジュシュクレ(Orange sucrée,2020)・・(名詞句)甘いオレンジ

オランジュドール(Orange d’or,2010)・・(名詞句)金色のオレンジ

オランジュバトー(Orange bateau,2012)・・(名詞句)オレンジ色の船

オランジュリーOrangerie,1999)、オランジュリ(1992)・・(名所)パリにある印象派時代以降の作品を集めた美術館。テュイルリー広場内にある(Wiki

オラージュ(Orage,2010)・・(名詞)雷雨、嵐

オルクドール(Orque d’or,2016)・・(名詞句)金色の鯱

オルゲイユ(Orgueil,2010)・・(名詞)1864年に隕石群が落下したフランス南西部にあるコミューンの名前。複数ある破片の中で最大のものは14kgあり、オルゲイユ隕石(Météorite d'Orgueil)としてその名を残す(Wiki

オルセー(Orsay,2002)・・(名所)美術館で有名。印象派絵画を多数所有する(Wiki

オルダージュ(Hors d’age,2016)・・(形容詞句)歳・年月を超えた(ノルマンディー地方のブランデーの種類)

オルディネール(Ordinaire,2018)・・(形容詞)普通の、通常の、いつもの、例の

オルファン(Or fin,2014)・・(名詞句)純金(オルフェーヴル(金細工師)の妹として期待されて付けられた名前)

オルフェーヴル(Orfèvre,2008)・・(名詞)金細工師(父のステイゴールドと、母のオリエンタルアートからの連想で付けられたもの)

オルレアン(Orléans,2001)・・(地名)フランス中部のコミューン。歴史的にはジャンヌ=ダルクによる解放劇で有名(Wiki

オルロージュ(Horloge,2019)・・(名詞)掛け時計(腕時計はMontreという)

オワゾードール(Oiseau d’or,2015)・・(名詞句)黄金の鳥

オンヴァガニエ(On va gagner,2018)・・(成句)勝とう、勝つぞ(チームスポーツで合言葉のように掛け合ったりする)

オンヴァダンセ(On va danser,1997)・・(成句)踊ろう、踊ります

オンヴァプリエ(On va prier,2001)・・(成句)祈ろう、祈ります

オンクーラン(En courant,2018)・・(副詞句)走って、駆け込んで

オーヴィレール(Hautvillers,2013)・・(名所)フランス北部マルヌ県にあるオーヴィレールにある修道院の名前。650年創建と伝えられる非常に古い歴史を持ち、またシャンパンの発展とも大きな関りを持つ。

オーヴェルニュ(Auvergne,2016)・・(地名)フランスの中南部のかつての地域圏の名前。首府はクレルモンフェランWiki

オーヴェール(Auvers,2012)・・パリ近郊の小さなコミューン。ゴッホが終の棲家を持ち、自ら命を絶った地として有名(Wiki

オーシャンゼリゼ(Aux Champs-Elysées,2009)・・(名詞句)1969年にジョー・ダッサンが発表したシャンゼリゼ通りをモチーフにした有名な楽曲の日本向けタイトル名。フランスでのタイトルは「Les Champs-Élysées」。原曲が異なるモチーフに向けたイギリスのバンドのものであることはあまり知られていない(Wiki

オーシュペール(Eau super,2009)・・(名詞句)素晴らしい水

オーセロワ(Auxerrois,2006)・・(名詞)オーセール南部と南東部にまたがるワイン製造区画。ワイン界ではポピュラーなブランドらしい。

オートゥイユ(Auteuil,2019)・・(地名)パリ西部にある地区の名前。ブローニュの森とセーヌ河に挟まれている。地区内に障害競走専門の競馬場がある(Wiki

オードゥジュール(Haut du jour,2001)・・(名詞)昼時、正午時(登録上はHaut de jour)

オードゥメール(Eau de mer,2019)・・(名詞句)海水

オードヴィ(Eau de vie,2020)・・(名詞句)ブランデー(直訳すると「生命の水」。ブランデーが不老長寿のために錬金術師によって開発されたことによる。ウイスキーやスピリッツも語源を辿ると意味は同じ)

オートキュイジーヌ(Haute cuisine,2006)・・(名詞句)高級料理(複雑な味付けと手の込んだ飾り付けが特徴で、主にレストランやホテルなどのコース料理として提供される(Wiki))

オードシエール(Eau de ciel,1998)・・(名詞句)天の水(よく香水の商品名に使われるよう)

オートルフィーユ(Autre fille,2016)・・(名詞句)他の娘

オーパキャマラードAu pas camarade,2016)・・(成句)進め仲間たちよ(あの例の「クラリネットをこわしちゃった」という歌で最後発狂した時に出てくる文句。原作フランス語の歌の名前は"J'ai perdu le do de ma clarinette"(クラリネットのドを失った)歌はこちら())

オーブシュプレーム(Aube suprème,2003)・・(名詞句)最高の夜明け

オーブルージュ(Aube rouge,2014)・・(名詞句)赤色の夜明け

オーベルヴィリエ(Auberbilliers,2003)・・(地名)パリの北、サン=ドニ県のコミューン。騎馬オペラ劇団ジンガロの劇場がある(Wiki

オーベルジュ(Auberge,2003)・・(名詞)旅籠(郷土料理を提供するレストラン付きのホテル。大体少規模で田舎にある家族経営のものが殆ど(Wiki))

オーベルジーヌ(Aubergine,2012)・・(名詞)ナス、ナスビ

オールピュール(Or pur,2001)・・(名詞句)純金

カヴァイヨン(Cavaillon,2015)・・(地名)フランス南部、ヴォクリューズ県のコミューン。アヴィニョン、アルル、エクサンプロヴァンスの結節点にある(Wiki

カヴァリエ(Cavalier,2006)・・(名詞)騎手、馬に乗る人

カヴァリエール(Cavalière,2011)・・(名詞)騎手、馬に乗る人(女性形)

カシュカシュ(Cache-cache,2009)・・(名詞)隠れんぼ

カシュクール(Cache-cœur,1991)・・(名詞)胸元が着物のように打ち合わせになった女性用の上衣。 ワンピースからブラウス、ハーフトップなど、様々な総丈の前あきで打ち合わせを持つ女性用上衣に広く使われている。直訳すると「胸隠し」(Wiki

カスクドール(Casque d’or,2007)・・(名詞句)肉体の冠(バラの品種名としての登録だが1952年のフランスの犯罪映画として知られる肉体の冠は日本輸入時の意訳。直訳すると「黄金の冠」)

カデナ(Cadenas,2014)・・(名詞)南京錠(古プロヴァンス語で、戸口用の鎖を意味するCadenatから派生したもの)

カドデュソレイユ(Cadeau du soleil,2007)・・(名詞句)太陽の贈り物

カドーダンジュ(Cadeau d’ange,2017)・・(名詞句)天使の贈り物

カドーディヴァン(Cadeau divin,2010)・・(名詞句)神の贈り物

カドーパルフェ(Cadeaux parfaits,2005)・・(名詞句)完璧な贈り物

カドリーユ(Quadrille,2010)・・(名詞)(18~19世紀に流行した)舞曲

カトルジュール(Quatre jours,2016)・・(名詞句)4日間(例年5月上旬に北部のダンケルクを中心に開催される4日間の自転車レースの呼び名。近年は実際には6日間行われることが多い(Wiki))

カトルショセット(Quatre chausettes,2018)・・(名詞句)4つの靴下(足元が揃って白い、いわゆる四白の特徴から)

ガニアン(Gagnant,2017)、ガニオン(2009)・・(名詞)勝者、当選者、勝ち馬

ガニエ(Gagner,2013)・・(動詞)勝つ、稼ぐ、獲得する

ガニエルプレミア(Gagner le premier,2000)・・(動詞句)一番になる

カニグー(Canigou,2019)・・(地名)フランス南東部ピレネー山脈東部の山。カタルーニャの象徴として有名な山で、頂上にはカタルーニャ国旗で飾られた十字架がたてられている(Wiki

カニフ(Canif,2019)・・(名詞)ポケットナイフ、ペンナイフ

カヌレ(Cannelé,2015)・・(名詞)ボルドー地方伝統の焼き菓子。型に入れて焼くのが特徴でパリッとした表面と内側のしっとりした食感を併せ持つ。直訳すると「溝の付いた」「刻みの入った」。Caneléとも綴る(Wiki

カヌレドボルドー(Cannelé de Bordeaux,2019)・・(名詞句)カヌレの正式名称。同地方伝統の菓子であることによる。

カノンドールCanon d’or,2020)・・(名詞句)黄金の大砲

カフェオレ(Café au lait,2011)・・(名詞句)カフェオレ(濃く淹れたコーヒーと温かい牛乳を、基本的には同量程度入れたもののこと。フランスで好まれるコーヒーの飲み方(Wiki))

カフェドフランス(Café de France,1991)・・(名詞句)フランスのカフェ

カフェドパリ(Café de Paris,2005)・・(名詞句)パリのカフェ(今や韓国のカフェチェーンの名前として有名に)

カフェドラペ(Café de la paix,2016)・・(名詞句)パリの中心、オペラ・ガルニエのすぐそばにあるカフェの名前。フローベールユーゴー等の文豪が常連として足を運んだ。直訳すると「平和のカフェ」。

カフェノワール(Café noir,2020)・・(名詞句)ブラックコーヒー

カラン(Câlin,2015)・・(名詞)抱擁、愛撫(形容詞もあるが名詞の意味で登録)

カランドリエ(Calendrier,2015)・・(名詞)暦、日程、カレンダー

ガラージュ(Garage,2009)・・(名詞)車庫、ガレージ、修理工場

ガリゲット(Gariguette,2013)・・(名詞)フランスで栽培されるイチゴの品種。70年代に品種改良で作られ、早熟、上品な甘み、ほのかな匂い、少し長めの果実という特性がある。

カリヨン(Carillon,1999)・・(名詞句)カリヨン(教会の塔につるされ、鍵盤又は時計仕掛けで奏でられる1組の鐘。本来は3~8個の組鐘であったが、30~50個からなる大規模なものもある(Wiki))

カルヴァドス(Calvados,2019)・・(名詞)フランス北部ノルマンディー地方で作られるリンゴの蒸留酒のこと。同地域内カルヴァドス県で作られたものが広がり、そのまま品名になり、地域独占名称品となった。アルコール度数は40~45度程度(Wiki

カルカソンヌCarcassonne,2006)・・(地名)フランス南部の城塞で有名なコミューン。高く聳え立つ城壁及びその内部は世界遺産に登録され、今も古代ローマ期のものが一部残っている(Wiki

ガルガンチュア(Gargantua,2013)・・(人名)フランソワ・ラブレールネッサンス期に著した物語「ガルガンチュアとパンタグリュエル」に登場する巨人。転じて、色々な創作物に登場する巨人の名前のテンプレートになった。

ガルソンヌ(Garçonne,1983)、ギャルソンヌ(2001)・・(名詞)男のような娘

カルチェ(Quartier,2005)・・(名詞)地区、町、界隈、4分の1,一切れ

カルチェラタン(Quartier latin,1997)・・(名所)パリ中央部にあるセーヌ川左岸の地区の名前。ソルボンヌ大学などの学生街、サンジェルマン大通りなどで有名。直訳すると「ラテン地区」(Wiki

ガルディアン(Gardien,2009)・・(名詞)番人、監視人

ガルデルスリール(Garder le sourire,2011)・・(成句)微笑を絶やさない

カルトゥーシュ(Cartouche,2019)・・(名詞)象形文字を囲む長円形の飾り枠でファラオの名前を取り囲む曲線のこと。フランス語本来の意味では「弾薬」「薬莢」の事を示すが、それと形が似ていたため名付けられたと思われる(Wiki

カルトデュモンド(Carte du monde,2014)・・(名詞句)世界地図

カルトナージュ(Cartonnage,2019)・・(名詞)厚紙を使用して箱や小物入れなどを作るフランス生まれの伝統工芸。(厚紙はカルトン(Carton)と呼ぶ)

カルトブランシュ(Culte blanche,2000)・・(名詞句)白の信仰

カルネドボヤージュ(Carnets de voyage,2019)・・(名詞句)旅行記(ボヤージュは英語読み。ヴォワイヤージュの方が近い)

カルムパシオン(Calme passion,2013)・・(名詞句)静かな情熱(カクテルの名前にもあるらしい)

ガレットデロワ(Galette des rois,2017)・・(名詞句)王のお菓子(公現祭の日に食べるフランスのお菓子の名前。中にフェーヴ(fève、ソラマメの意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っていて、当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれる。)(Wiki

ガロシェ(Galocher,2016)・・(動詞)フレンチキスする(初めて知った。手持ちの辞書には全く載っていなかった)

カロンセギュール(Calon-segur,2004)・・(名詞)ジロンド県のワイン産地で有名なコミューン、サンテステフの最北にある名門ワイナリー。ハートのラベルで有名。

ガロンヌ(Garonne,2013)・・(地名)ピレネー山脈からフランス南西部を流れる大河でフランス5大河川の1つ(Wiki

カンティーユ(Cannetille,2018)・・(名詞)金・銀の刺繍糸(及び、それを細い金属線を籐細工のように螺旋状に巻く工芸の手法)

カンテサンス(Quintessence,2014)・・(名詞)本質、神髄、精髄、成果、エキス、エッセンス

カンヌ(Cannes,2012)・・(地名)フランス南東部のコミューン。地中海を臨むリゾート地として高い知名度と根強い人気を誇る。毎年5月に開かれる映画祭はベルリン、ヴェネチアと並ぶ三大映画祭の一つとして世界的に有名(Wiki

カンパニュール(Campanule,2019)・・(名詞)桔梗(花言葉は永遠の愛)

カーヴェドロワ(Cave de roi,2015)・・(名詞句)王の蔵

カーン(Caen,2001)・・(地名)フランス北西部カルヴォスドス県の県庁所在地のコミューン。ノルマンディー地方を代表する城下町。カーン城などに中世の雰囲気を色濃く残す(Wiki

ギエム(Guillem,2014)・・(人名)フランス人バレリーナシルヴィ・ギエムのこと。その類稀な運動神経でバレエ界を席巻。19歳にしてパリ・オペラ座バレエ団のエトワールに昇進するも1988年にロイヤル・バレエ団に電撃移籍。2015年末に引退。(1965-)(Wiki

キャスノワゼット(Casse-noisette,2016)・・(名詞)チャイコフスキーが作曲したバレエ音楽および、それを用いたバレエ作品。日本名は「くるみ割り人形」。チャイコフスキーが手掛けた最後のバレエ音楽であり、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」と共に「3大バレエ」とも呼ばれる(Wiki

キャトルキャール(Quatre-quarts,2005)・・(名詞)フランスの家庭風パウンドケーキ。直訳すると「4分の4」。卵、小麦粉、砂糖、バターを4分の1ずつ使うため(Wiki

キャトルセゾン(Quatre saisons,1999)・・(名詞句)四季

キャトルフィーユ(Quatre filles,2009)・・(名詞)4人の娘

キャトルマン(Quatre mains,2005)・・(名詞句)連弾(直訳すると4つの手だから)

キャトルレーヴ(Quatre rêves,2018)・・(名詞)4つの夢

キャヴァリエブラン(Cavalier blanc,2018)・・(名詞)白い騎手

キャプリーヌ(Capeline,1980)・・(名詞)つばの広い帽子帽、頭巾

キャラメリゼ(Carameliser,2009)・・(動詞)キャラメル状にする

ギャラン(Galant,2020)・・(形容詞)色っぽい、優雅な、上品な、凛々しい

ギャランスルー(Galant seul,1991)・・(名詞句)孤独な色男

ギャリエノワール(Guerrier noir,2018)・・(名詞句)黒い戦士

ギャルソニエール(Garçonnière.2009)・・(形容詞)男の子のような、おてんばな

ギャルソンマンクェ(Garçon manqué,2000)・・(名詞句)おてんば娘(直訳すると「出来損ないの男の子」=男の子のような女の子=おてんばというロジック)

ギュイエンヌ(Guyennne,2010)・・(地名)フランス南西部の地域圏の古い呼称。アキテーヌ地方の古い名前アクイタニアから派生し、アグイダーナ⇒アギュイエンヌ⇒ギュイエンヌと訛ってきたもの。現在は使われない(Wiki

キュイーヴル(Cuivre,2015)・・(名詞)銅、銅製品、銅色(3位になってほしいわけでなく、赤橙色の馬体を指しての言葉らしい)

キュビズム(Cubisme,2019)・・(名詞)立体派(20世紀初頭にパブロ・ピカソジョルジュ・ブラックによって始められたあらゆる対象を幾何学的図形に還元して描く芸術運動。色々な角度から見た物の形を一つの画面に収める。 (Wiki))

キュールエキュール(Cœur et cœur,2008)・・(名詞句)心と心

キュールエソレイユ(Cœur et soleil,2014)・・(名詞句)心と太陽

グアドループ(Guadeloupe,2018)・・(地名)カリブ海に浮かぶ島々で、フランス海外県の1つを構成する。蝶が羽を広げた形をとり、島内は密林と火山で構成される。人口は40万ほど、面積は東京都より少し小さいくらい(Wiki

クチュリエール(Couturier,2010)・・(名詞)服飾デザイナー

グットドディユ(Gouttes de Dieu,2013)・・(名詞句)神の雫

クラヴァシュドール(Cravache d'or,2017)・・(名詞句)金の鞭

グラヴィテ(Gravité,2018)・・(名詞)真面目さ、重大さ、重力

グラヴィル(Graville,2018)・・(名所)ルアーブルにある非常に有名な修道院。1000年近い歴史を持ち、境内には多くの宗教絵画を抱える(Wiki

グラサージュGlaçage,2019)・・(名詞)艶出し、糖衣がけ

グラスアラバニーユ(Glace à la vanille,2019)・・(名詞句)バニラアイス

グラスピレ(Glace pilée,2018)・・(名詞句)かき氷(直訳すると砕かれた氷)

グラットシエル(Gratte-ciel,2014)・・(名詞)摩天楼

グランアクトゥール(Grand acteur,1998)・・(名詞句)偉大な役者

グランアルブル(Grand arbre,2007)・・(名詞句)大木

グランヴァン(Grand vin,2009)・・(名詞句)偉大なワイン

グランヴェフール(Grand Véfour,1999)・・(名所)パリにある1784年創業のレストラン。ヴェフールは当初のカフェからレストランに業態変更したときのオーナーの名前に因む。ミシュラン2つ星を誇る(以前は3つ星だった)(Wiki

グランウブロ(Grand hublot,2014)・・(名詞句)大きな円窓

グランエクレール(Grand éclair,2004)・・(名詞句)偉大な稲妻

グランエスポワール(Grand espoir,2016)・・(名詞句)大きな希望

グランエソール(Grand essor,2016)・・(名詞句)大きな飛翔

グランオフィシエ(Grand officer,2018)・・(名詞句)レジオンドヌール勲章2番目のランク

グランオマージュ(Grand hommage,2003)・・(名詞句)大いなる尊敬

グランカマラード(Grand camarade,2012)・・(名詞句)偉大な仲間

グランクラージュ(Grand courage,1997)・・(名詞句)大いなる勇気

グランクリュ(Grand cru,2016)・・(名詞句)(ワインの)最高級品

グランクルシェ(Grand coursier,1991)・・(名詞句)偉大な召使、使い走り

グランクロワ(Grand croix,2017)・・(名詞句)レジオンドヌール勲章最上位のランク

グランクール(Grand cœur,2018)・・(名詞句)大きな心

グランココ(Grand coco,2008)・(名詞句)大きなヤシの実

グランサンク(Grand cinq,2008)・・(名所)パリ1区のヴァンドーム広場とラペー通りに店舗を構える五大宝飾店のこと。ヴァンクリーフ&アーペル、ショーメ、ブシュロン、メレリオ・ディ・メレー、モーブッサンの5つ。直訳すると「五強」(Wiki

グランサーブル(Grand sabre,2013)・・(名詞句)偉大なサーブル、刀

グランシェフ(Grand chef,2012)・・(名詞句)偉大なリーダー

グランシェーヌ(Grand chêne,2015)・・(名詞句)大きなコナラの木

グランシェール(Grand ciel,1994)・・(名詞句)大きな空

グランシャリオ(Grand charriot,2012)・・(名詞句)北斗七星(直訳すると「大荷車座」。別にはグランドキャスロール(Grand casserole)とも呼ばれ、直訳すると「大鍋座」になる。

グランシャルム(Grand charme,2009)・・(名詞句)高貴な魅力

グランシャール(Grand char,2014)・・(名詞句)偉大な戦車

グランジュテ(Grande Jeté,2020)・・(名詞句)大きくジュテの動作をすること。片足を投げ出して、その方向に軸足で高く跳躍し、投げ出した足で着地する。バレエ用語。

グランシュマン(Grand chemin,2015)・・(名詞句)大きな道

グランスクセー(Grand succès,1995)・・(名詞句)大成功

グランスーリール(Grand sourire,2005)・・(名詞句)高貴な微笑み

グランゼコール(Grandes Écoles,2015)・・(名詞句)フランスのエリート養成用の高等教育機関。学歴社会のフランスにおけるエリート階層への第一のパスポートとして機能している(Wiki

グランセリュール(Grand cellule,2014)・・(名詞句)偉大な細胞

グランソレイユ(Grand Soleil,2011)・・(名詞句)大きな太陽

グランダルメ(Grande armée,2020)・・(名詞句)ナポレオンが19世紀初頭に編成したフランス軍を中核とする多国籍の部隊の名称。その編成と戦術の最新性でヨーロッパを席巻した。日本では一般的に「大陸軍」と略される(Wiki

グランダーム(Grande dame,2017)・・(名詞句)偉大な女性、大御所

グランディール(Grandir,2016)・・(動詞)成長する、育つ

グランデエス(Grande déesse,2016)・・(名詞句)偉大な女神

グランデジール(Grand désir,1994)・・(名詞句)大きな欲望

グランドアルシュ(Grande arche,2001)・・(名詞句)偉大な方舟、偉大なアーチ(パリのラ・デファンス地区にある高層ビルの名前としても有名(Wiki))

グランドヴィテス(Grande vitesse,2001)・・(名詞句)超高速(超高速鉄道のTGVはTrain à Grande Vitesseの頭文字から取られたもの)

グランドウルス(Grande Ourse,2000)・・(名詞句)おおくま座(北天の星座として有名)

グランドゥール(Grandeur,2005)・・(名詞)重大さ、偉大さ

グランドピルエット(Grande pirouette,2015)・・(名詞句)その場から移動せず片足で大きくスピンをする回転技(バレエ用語)

グランドリビエール(Grande rivière,2011)・・(名詞句)大河

グランパシフィーク(Grand Pacifique,2011)・・(名詞句)大きな太平洋

グランドパッション(Grande passion,1999)・・(名詞句)大きな情熱

グランパラディ(Grand paradis,2017)・・(名詞句)大いなる天国

グランドレーヌ(Grande reine,1993)・・(名詞句)偉大な王妃

グランパティシエ(Grand patissier,2001)・・(名詞句)偉大な菓子職人

グランパドゥシャ(Grand pas de chat,2019)・・(名詞句)大きな猫のステップ。脚を前後に大きく開いて跳び上がる(バレエ用語)

グランパドドゥ(Grand pas de deux,1997)・・(名詞句)バレエで定式化した4曲構成の踊り。パドドゥは男女2人によって演じられるバレエのステップのことで、直訳すると2人の踊り。

グランバトー(Grand bateau,1997)・・(名詞句)大きな船

グランバル(Grand bal,2017)・・(名詞句)大舞踏会(一般的にはウィーンの宮廷で開かれる王侯貴族のものを指す)

グランパルトネール(Grand partnaire,2016)・・(名詞句)偉大なパートナー、相棒

グランパルファン(Grand parfum,2013)、グランパルファム(1996)・・偉大な、最上級の香水

グランパルフェ(Grand parfait,1995)・・大きなパフェ

グランパレ(Grand palais,2011)・・(名所)パリ中心にある巨大宮殿。美術館、博物館、大規模展示場用に併用される(Wiki

グランバロン(Grand baron,2017)・・(名詞句)偉大な男爵

グランバン(Grand vent,1995)・・(名詞句)強い風

グランビジュー(Grand bijou,2011)・・(名詞句)大きな宝石(転じて珠玉の作品的な意味も含む)

グランビスキュイ(Grand biscuit,2012)・・(名詞句)大きなビスケット

グランフルール(Grand fleur,2015)・・(名詞句)大きな花

グランフォーブル(Grand faubourg,2020)・・(地名)パリ南西のコミューン、シャルトルの中心広場から更に南西を走る300mほどの通りの名前。(ストリートビューをみたけど特に何もありません)

グランプレジール(Grand plaisir,2019)・・(名詞句)大きな喜び

グランボンシャンス(Grand bonne chance,1999)・・(名詞句)大きな絶好の機会(呼びかけで、超頑張れみたいな言い方としても使える)

グランマリアージュ(Grand mariage,2017)・・(名詞句)大結婚式

グランメテオール(Grand météore,2017)・・(名詞句)大きな流星

グランメートル(Grand maître,1992)・・(名詞句)チャンピオン、グランドマスター

グランメール(Grand mer,2003)・・(名詞句)大きな海

グランユニヴェール(Grand univers,2013)・・(名詞句)大宇宙

グランリュー(Grand-Lieu,2020)・・(地名)グランリュー湖のこと。ナントの南西に位置し、正式名称はラック=ド=グランリュー(Lac de Grand-Lieu)。土地の傾斜が非常に緩やかで水深が浅く、表面積が非常に変動しやすい(Wiki

グランレーブ(Grand rêve,2011)、グランレーヴ(2003)・・(名詞句)大きな夢

グランロワイヤル(Grand royal,2002)・・(名詞句)偉大な王室

クラージュドールCourage d’or,2010)・・(名詞句)黄金の勇気

クリスタラン(Cristallin,1999)・・(形容詞)結晶の、透明な

クリスタルダムール(Cristal d’amour,2020)・・(名詞句)愛の結晶

クリダーム(Cri d’âme,2020)・・(名詞句)魂の叫び(父馬ハーツクライをフランス語に訳したもの。)

グリッサード(Glissade,2016)・・(名詞)滑ること、過ち、ダンスステップ

クリデュクール(Cris du cœur,2014)・・(名詞句)心の叫び(同じく父親ハーツクライ をフランス語に訳したもの)

クリテリウムCriterium,2003)・・(名詞)選抜競技(競馬のレース名にもあるが、一般的には町中の周回コースで行われる自転車の都市型ロードレースの事を指す。色々な形状の公道を周回するため、スリリングなレース展開を間近で何度も見られるのが特色(Wiki))

クリニエルドゥオル(Crinière d’or,2006)・・(名詞句)金のたてがみ

クリニャンクール(Clignanncourt,2011)・・(名所)パリの代表的な蚤の市が開かれる地区。店舗形式でオーナーが決まっているのに特色(Wiki

グリモワール(Grimoire,2019)・・(名詞)魔術書、難解な著作

クルシエ(Coursier,2014)・・(名詞)召使、使い走り、軍馬

クルトメッシュ(Courte mèche,2010)・・(名詞句)短い前髪

グルノイユジョーヌ(Grenouille jaune)・・(名詞)黄色いカエル(モウドクフキヤガエルのことだろうか(Wiki))

グルノーブル(Grenoble,2001)・・(地名)フランス南東部イゼール県の県庁所在地のコミューン。アルプスの玄関口にあり、周辺に多くのスキー場が点在する。1968年に冬季五輪が開催されたことでも有名(Wiki

グルモン(Gourmond,2011)・・(形容詞)(甘い香りのする香水の系統名としても良く使われている)食い道楽の、食いしん坊の、貪欲な、

クルワザード(Croisade,2002)・・(名詞)十字軍(中世に西欧カトリック諸国が、聖地エルサレムイスラム教諸国から奪還することを目的に派遣した遠征軍のこと。英語だとクルサードという)

グルートン(Glouton,2019)・・(名詞)大食家、貪り食う人、貪欲な人

クルールデュヴァン(Couleurs du vent,2019)・・(名詞句)風の色

クルールドソレイユ(Couleur du soleil,2019)・・(名詞句)太陽の色

クレアシオン(Créacion,2005)・・(名詞)創造、万物

クレアチュール(Créature,2013)・・(名詞)創造物、産物、人間

クレアトゥール(Créateur,2017)・・(名詞)創造主、創始者

クレドラネージュ(Crêt de la neige,2017)・・(名所)フランス、スイスの国境に位置するジュラ山脈の最高到達点。直訳すると「雪の尾根」(Wiki

クレドゥボヌール(Clef du bonheur,2017)・・(名詞句)幸せの鍵

クレドール(Clef d’or,2016)・・(名詞句)金の鍵

グレナディエ(Grenadier,2018)・・(名詞)ザクロ(の木)(擲弾兵の意味もある)

クレプスキュール(Crepscule,2005)・・(名詞)夕暮れ、黄昏

クレメダンジュ(Crémet d'Anjou,2020)、クレームダンジュ(Crème d'ange,2013)・・(名詞句)レアチーズケーキのこと。日本のよりも、ふわふわで独特な触感が楽しめる。直訳すると「アンジュー地方のクリーム」。語尾のスペルをAngeとすると「天使のクリーム」という意味になるが本来は誤用。ただしかなり広まっている)

クレヨンルージュ(Crayon rouge,2003)・・(名詞句)赤いクレヨン

クレルモンフェラン(Clermont-Ferrand,2010)・・(地名)フランス中央高地のコミューンで、ピュイ=ド=ドーム県の県都。クレルモン市(Clermont)とモンフェラン市(Montferrand)の合併によって発足した。ミシュランの本社がある(Wiki

クレープシュゼット(Crêpe Suzette,2004)・・(名詞句)フランスの菓子。熱いカラメルソースを掛けたクレープ、オレンジジュース、すりおろしたオレンジの皮、さらにフランベしたリキュールで作る。シュゼットは人名と思われるがルーツは諸説ある(Wiki

クレームブリュレ(Crème brulée,2000)・・(名詞句)デザートの名前。カスタードの上面には、砂糖をグリルやバーナーで焦がした硬いカラメルの層が乗せたもの。直訳すると「焦がしクリーム」(Wiki

クレールアヴニール(Clair avenir,2019)・・(名詞句)明るい将来

クレールソレイユ(Clair Soleil,2014)・・(名詞句)明るい太陽

クレールドリュヌ(Clair de lune,2014)・・(名詞句)月光

クレールフォルム(Claire forme,2018)・・(名詞句)明るい面影

クレールプリュネル(Claire prunelle,2018)・・(名詞句)明るい瞳

グロオルロージュ(Gros-horloge,2016)・・(名所)ルーアンのグロ・オルロージュ通りをまたぐルネサンス様式のアーチの上に置かれた14世紀の天文時計のこと。非常に絢爛豪華な作りになっている(Wiki

グログラン(Gros grain,2015)・・(名詞句)うねりのある平織りの織物の総称。(直訳すると、「粗い粒々」「粗いざらつき」。先頭にàをつけて「きめが粗い」などの形容詞的に使う用法が多い)

クロシェノワール(Cloche noire,2019)・・(名詞句)黒い鈴

クロシュ(Cloche,2019)・・(名詞)鐘、釣鐘

グロスヴァーグ(Grosse vague,2010)・・(名詞句)大波

クロックマダム(Croque-madame,2010)・・(名詞)フランスのバーやカフェなどで軽食として提供されるトーストの一種。クロックムッシュの上面に目玉焼きを盛り付けたもの(Wiki

クロックムッシュ(Croque-monsieur,2015)・・(名詞)1910年にフランスのオペラ座近くのカフェで作られたホットサンドイッチの一種。カフェやバーで軽食として提供される。マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」にも登場することで有名(Wiki

クロパラントゥ(Cros parantoux,2018)・・(地名) ヴォーヌ=ロマネのブドウ園。超高級ワインの製造で有名。

グロリユーノワール(Glorieux noir,2018)・・(名詞句)光り輝く黒

クロワ(Croix,2017)、ラクロワ(La croix,2012)・・(名詞)十字架、十文字

クロワゼ(Croisée,2016)・・(名詞)従事、交差、窓枠(十字の)(バレエ用語で右足前なら左斜め前、左足前なら右斜め前を向いたポジションのことをいう)

クロワッサン(Croissant,2010)・・(名詞)三日月、クロワッサン

クロワドフェール(Croix de fer,2017)・・(地名)サヴォワ県に位置する峠。ツール・ド・フランスで通過する峠として有名。直訳すると「鉄の十字架」

クロワラモー(Croix-Rameau,2007)・・(地名)ブルゴーニュ地方のコート・ド・ニュイ小区にあるヴォーヌ・ロマネのプルミエ・クリュという最高格付に分類されるクリマ(ワイン畑)。

クロワルース(Croix-rousse,2017)・・(地名)①フランスとイタリアの国境にそびえるアルプス山脈にある山の名前。標高3565m(3571mという説も)。②リヨン近郊にある丘陵地帯の名前。直訳すると「赤十字

クロワール(Croire,1997)・・(動詞)考える、信じる

グロンディオーズ(Grandiose,2010)・・(形容詞)雄大な、壮大な

クロンドローリエ(Couronne de lauriers,2007)・・(名詞句)月桂冠月桂樹の葉の付いた枝をリング状に編んだ冠のこと。古代ギリシャやローマの競技会においては勝利の象徴として用いられた(Wiki))

クロンヌ(Couronne,2014)、クーロン(1990)・・(名詞)王冠、冠、宝冠、花輪

クロンヌデトワール(Couronne d’étoiles,2015)・・(名詞句)星の冠

クロンヌドスリジェ(Couronne de cerisier,2012)・・(名詞句)サクラの冠

クロンヌドフルール(Couronne de fleurs,2012)・・(名詞句)花の冠

クロンヌドラレーヌ(Couronne de la reine,2019)・・(名詞句)王妃の冠

クロンヌドール(Couronne d’or,2009)・・(名詞句)黄金の冠

クロンブリオント(Couronne brillante,2010)・・(名詞句)輝かしい冠

クローデル(Claudel,2010)・・(人名)カミーユ・クローデル。彫刻家。ロダンの弟子として様々な作品を残すが、ロダンとの不倫関係に病み、晩年は精神病棟で寂しく没した。ちなみに弟のポールは外交官で、日本赴任時に京都日仏学館(現:アンスティチュ=フランセ関西-京都)の設立を推進した。(1864-1943)(Wiki

クー(Cœur,2019)・・(名詞)心、気分、恋愛、やさしさ、道徳、良心、本心、意欲、熱意、勇気、心臓、胸、核心、要点

クーヴェルチュール(Couverture,2004)・・(名詞)毛布、掛け布団、カバー、覆い、屋根、供給率、普及率、完全報道、庇護、保証、口実、うわべ、仮面、防衛体制(色々な意味に使われる。本馬の場合は2月14日バレンタインデー生まれで、クーヴェルチュール・チョコレートにちなんだものらしい(Wiki))

クーカーニョ(Coucagno,2000)・・(名詞)祭り、楽しみ、享楽(正確には南フランスのプロヴァンス語(何となくスペイン語っぽいのはそのためかな)。現代フランス語ではコカーニュ(Cocagne)と言う。)

グーテデロワ(Goûter de roi,2007)・・(名詞句)王のおやつ(最近よく見るやつ)

クードボル(Coup de bol,2008)・・(名詞句)思いがけない幸運

クードラパン(Queue du lapin,2013)・・(名詞句)ウサギの尻尾

クープデュモンド(Coupe du monde,2014)・・(名詞句)ワールドカップ(通常はサッカーのワールドカップを指すことが多い。正式にはLe Coupe du monde de football。本馬はパティスリーの技術を競う世界大会のことを指して名づけられた(Wiki

クープドゥフランス(Coupe de France,2018)・・(名詞句)フランスサッカー連盟主催のフランスのサッカーカップ戦。日本では天皇杯に相当する。オープントーナメント制で、決勝戦サンドニスタッドドフランス(本馬の母の名前)で行われる(Wiki

クープラン(Couperin,2018)・・(人名)フランソワ・クープランバロック時代の作曲家。クラヴサン曲集で有名。他、国王にオルガニストとして仕えたほか、王室礼拝堂用の宗教音楽も手がけた(1668-1733)(Wiki

クーラクー(Cœur à cœur,2019)・・(名詞句)心と心

クーリュ(Couru,2014)・・(形容詞)行われた、盛況の、評判の、分かり切った

クールアンフルール(Cœur en fleur,2006)・・(名詞句)花の心

クールヴァイヤン(Cœur vaillant,2018)・・(名詞句)勇敢な心

クールクラージュ(Cœur courageux,2007)・・(名詞句)勇敢な心

クールドゥブルス(Cours de bourse,2011)・・(名詞句)株式市場

クールドリオン(Cœur de lion,2005)・・(名詞句)ライオンの心

クールドレーヌ(Cœur de reine,2019)・・(名詞句)女王の心

クールドール(cœur d'or,2003)・・(名詞句)黄金の心

クールベ(Courbet,2014)・・(人名)画家。民衆の実際の生活をきく、生きた新しい写実主義を提唱する。世界最初の個展を開催したことでも知られる。パリコミューンに参加したかどでスイスに亡命して客死(1819-1877)(Wiki

クールミラボー(Cours mirabeau,2020)・・(地名)フランス南部、地中海沿いのコミューン、エクサンプロヴァンス中心部の大通りの一つ。1789年に当地で第三身分の代表に選ばれたミラボー(1749-1791)にちなんで命名された(Wiki

クーレクー(Cœur et cœur,2017)、キュールエキュール(2008)・・(名詞句)心と心

クーロゼ(Cœur rosé,2014)・・(名詞句)ピンク色のハート

ケルシャンス(Quelle chance!,2011)・・(成句)なんてついてるんだ!(対象者の幸運な出来事に相槌や賛意、羨望を示すために用いる)

ケルボヌール(Quel bonheur!,2018)・・(成句)なんて幸せなんだ!(対象者の幸せな出来事に相槌や賛意、羨望を示すために用いる。ケルシャンスの娘)

ココティエ(Cocotiers,2013)・・(名所)ニューカレドニアの首都ヌメアにある広場の名前。昔、ココヤシが植えられていたためこの名前がついた(Wiki

コサージュ(Corsage,1999)・・(名詞)ブラウス、胴着

ゴダール(Godard,2010)・・(人名)映画監督。ヌーヴェルヴァーグの旗手として独創的なカメラワークや大胆な編集技法によって映像表現の世界に革命をもたらした。代表作「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」など。(1930-)(Wiki

コニャック(Cognac,2018)・・(名詞)フランス西部のシャラント=マリティーム県のコミューン、コニャックを製造地域とするブランデーの一種。白ワイン用のブドウを2年以上熟成させた上でアルコール度数40%に希釈する(Wiki

コマンドゥール(Commandeur,2006)・・(名詞)レジオンドヌール勲章3番目のランク(司令官、指揮官)

コリエドール(Collier d’or,2014)・・(名詞句)金の首飾り

コリーヌ(Colline,2009)・・(名詞)丘、丘陵

コリーヌヴェルト(Colline verte,2015)・・(名詞句)緑の丘(山梨産の白ワインの名前らしい)

コルドゥアン(Cordouan,2020)・・(地名)フランス西岸、大西洋のジロンド河口の入り口に位置する岩場と砂浜の浅瀬の高原の名前。1611年に竣工したフランス最古の同名の灯台が有名で現在も稼働しており、世界遺産に登録されている(Wiki

コルドンブルー(Cordon bleu,2007)・・(名詞句)肉を薄く叩き、ハムまたはプロシュートとスイスチーズ等のチーズを包み、油で揚げるか焼いた肉のカツレツのこと。直訳すると「青いリボン」で腕のいい料理人を示す言葉でもあり、同名の料理学校もある(Wiki

コルドンルージュ(Cordon rouge,2019)・・(名詞句)赤いリボン。スパークリングワインの名前として有名。

コルベイユ(Corbeille,2019)・・(名詞)かご、花かご(普通、取っ手のないものを指す)

コルボノワール(Corbeau noir,2012)・・(名詞句)黒いカラス(黒くないカラスっているのかな)

コルマール(Colmar,2009)・・(名詞)フランス東端内陸部のコミューンにしてオー=ラン県の県庁所在地。ドイツとの国境付近に位置する。普仏戦争でドイツ領になった後、第一次大戦後にフランス領に再度編入された(Wiki

コロリアージュ(Coloriage,2014)・・(名詞)塗り絵、彩色

コロンドール(Colombe d’or,2017)・・(名詞句)金の鳩

コロンバージュ(Colombage,2020)・・(名詞)木組み(Colombe=木柱より派生した言葉)

コロンブ(Colombes,2009)・・(地名)パリ北西部近郊にあるコミューン。名前は柱を意味する古フランス語の"colonne"に由来。名前の由来はフランス革命中に破壊されるまでコロンブに存在した古代のドルイド崇拝に使用された巨石記念物柱、あるいはガロ・ローマ文化村遺跡のアトリウム柱のどちらかに遡ると推測される(Wiki

コンシェルジュ(Concierge,2002)・・(名詞)管理人、守衛

コンシェルジュリー(Conciergerie,2001)・・(名所)シテ島西側にあるかつての牢獄で、現在はパリ司法宮の一部。尖り屋根の3つの塔を持つ(Wiki

コンスヴァール(Concevoir,2006)・・(動詞)思いつく、着想する、理解する

コンステラシオン(Constellation,2006)・・(名詞)巨星の一群、そうそうたる顔ぶれ、星座、星空

コンセプシオン(Conception,2019)・・(名詞)着想、想像、概念

コンソラトゥール(Consolateur,2016)・・(名詞)慰める人

コントゥール(Conteur,2018)・・(名詞)語り手、物語作者

コントディヴェール(Contes d’hiver,2019)・・(名詞句)冬物語

コンバートル(Combattre,2000)・・(動詞)戦う、戦争する

コンピエーニュ(Compiègne,2018)・・(地名)パリから数十キロ北西の所にあるコミューン。ジャンヌダルクが捕らえられた包囲戦で有名(Wiki

コンフィアンス(Confiance,2018)・・(名詞)信頼、自信

コンフィチュール(Confiture,1999)・・(名詞)ジャム

コンフェッシオン(Confession,2012)・・(名詞)自白、白状、告白

コートダジュール(Côte d'azur,2005)・・(地名)フランス南東部のニース、カンヌ、モナコなどの地域を含む地中海に面した海岸。夏季休暇期間中にたくさんの観光客を迎える。直訳すると「紺碧の海岸」(Wiki

コートダルジャン(Côte d'argent,2018)・・(地名)フランス西南部のガスコーニュ地方に延々と広がる海岸。強い波が押し寄せるためサーファーに人気(Wiki

コートデュローヌ(Côte du Rhone,2007)・・(地名)ローヌ河畔のワインの原産地名称。ローヌは南フランスを代表するワインの生産地で、フランスの中でもボルドーに次ぐ生産量を誇る(Wiki

コートドゥルション(Côtes-du-Roussillon,1997)・・(地名)フランス最南部スペイン国境に近いピレネー=ゾリアンタル県にあるワイン産地。北部カタルーニャ文化圏に位置する。Wikiによるとワインは安く大味で価格相応とあり厳しい(Wiki

コートドール(Côte-d'or,1997)・・(地名)フランス東部ブルゴーニュ地方の県名でワインの生産地で、ヴォーヌ=ロマネやボーヌなどの産地を含む。直訳すると「黄金丘県」(Wiki

サヴァ(Ça va,2018)・・(成句)元気だ、上手くいく(疑問形だと挨拶に。日本だと元気?みたいな感じなんでしょう。フランス人は本当によく使う)

サヴァビアン(Ça va bien,2018)・・(成句)元気だ

サヴァーレ(Ca va aller,2010)・・(成句)きっと上手くいく、大丈夫だ(Vaは近接未来の助動詞的な利用、Allerは物事がうまく運ぶという意味で用いられている)

サヴォアフェール(Savoir-faire,2015)・・(名詞)ノウハウ、能力

サヴォワールエメ(Savoir aimer,2016)・・(動詞句)愛せる、愛することを知る

サクレクール(Sacré-cœur,2005)・・(名所)フランス各地に存在する教会堂の名前。特にモンマルトルにあるものが有名(Wiki

サジェス(Sagesse,2018)・・(名詞)賢明さ、思慮分別、慎重さ

サブルドール(Sable d’or,2018)・・(名詞句)金の砂

サラザン(Sarrasin,2013)・・(名詞)蕎麦(元々は中世ヨーロッパにおいてイスラム教徒を意味したサラセン人の意味であったが、黒味がかった蕎麦の粒の色がサラセン人を連想させたことから、そのまま蕎麦を表す名詞になった)

サラバンド(Sarabande,2004)・・(名詞)3拍子によるゆったりとしたテンポの荘重な舞曲。母馬の名前のオンヴァダンセ(踊ろう)からの連想で付けられたもの(Wiki

サリュダムール(Salut d'amour,2012)・・(名詞句)愛の挨拶

サルセル(Sarcelles,2019)・・(地名)パリ北方15km程の場所に位置するイル=ド=フランス地域のコミューン。1960年代に集合住宅が多数作られ、ベッドタウンとして急激に人口が増加した(Wiki

サルトルーヴィル(Sartrouville,2020)・・(地名)パリ北西15km程の場所にあるイル=ド=フランス地域、セーヌ川沿いに存在するコミューン。かつてはワイン栽培が盛んだったが、現在はベッドダウンとしての役割が大きい(Wiki

サルール(Ça roule,2003)・・(成句)すべて順調

サリュダムール(Salut d’amour,2012)・・(名詞句)愛の挨拶

サンアディユ(Sans adieu,2002)・・(副詞句)また近いうちに、さよならは言わないで

サンヴァレリアン(Saint-Valérien,2010)・・(地名)ヴァンデ県、ヨンヌ県、カナダケベック州にあるコミューンの名前。

サンヴァンサン(Saint-vincent,2007)・・(地名)イタリアのコムーネ名。イタリアの最北西部ヴァッレ・アオスタ州内、フランスとの国境に位置し、フランス語も公用語として用いられる特殊な地域事情がある。領域は殆どアルプスの山中にある(Wiki)。

サンヴィヴァン(Saint-Vivant,2012)・・(名詞)ブルゴーニュ地方のワイン畑及び、そこで生産される特級赤ワインの名称。正式にはラ・ロマネ・サン・ヴィヴァンと呼ぶ。一帯のワイン畑は世界遺産に登録されている(Wiki

サンエクレール(Saint éclair,1981)・・(名詞句)聖なる光(画像を検索するとエクレアの写真ばかり出るので、究極のエクレアみたいな意味で使われているのかもしれない)

サンカントネール(Cinquantenaire,1998)・・(名詞)50周年、50代の人

サンクエトワール(Cinq étoiles,2015)・・(名詞句)5つ星

サンクテュエール(Sanctuaire,2017)・・(名詞)聖域、聖堂

サンクビジュー(Cinq bijoux,2016)・・(名詞句)5つの宝石

サンクフィーユ(Cinq feuilles,2019)・・(名詞句)5つ葉のクローバー

サンクボヌール(Cinq bonheurs,2012)・・(名詞句)5つの幸せ

サンクメダイユ(Cinq médailles,2020)・・(名詞句)5つのメダル(馬主の公式によると、5つとは皐月賞、ダービー、菊花賞ジャパンカップ有馬記念のことで、血統背景から考えれば、これらのタイトル奪取は最低限といえるとのこと。意欲的ですね)

サンクロワ(Sainte-croix,2013)・・(地名)フランス・サンヴィクトワール山の北東にある湖。その湖水の碧さは、エメラルドブルーともトルコブルーとも呼ばれる。

サンゴタール(Saint-Gothard,2003)・・(地名)ゴッタルド峠。スイス中南部に横たわる。近世までは難所であったが現在はゴッタルド鉄道トンネルを通じて交通の要衝となっている。

サンサルドス(Saint-Sardos,2016)・・(地名)フランス南西部のコミューン。英仏百年戦争の前哨戦のサンサルドス戦争で有名(Wiki

サンジェルヴェ(Saint-Gervais,2014)・・(地名)フランスの地名として非常にポピュラー。パリの地名にもあるが、フランスのコミューンだけで5つ存在する。名前は暴君ネロに殺害され聖人となったサンジェルヴェに因む(Wiki

サンジャンドリュズ(Saint-Jean-de-Luz,2013)・・(地名)フランス南西部の果て、ピレネー・アトランティック県に属するコミューン。独特の形をした入り江、植物園などが有名。フランス領バスク地方を構成する。

サンジュリアン(Saint-julien,2015)・・(地名)フランス南西部のコミューン。ボルドー近郊のワインの産地として有名(Wiki

サンシール(Saint-Cyr,2014)・・(地名)一般的にはヴェルサイユ西側にあるコミューン、サンシールエコールの事を指す。地名は、4世紀にキリスト教徒迫害で殉教したタルススの聖クリオス(Cyr de tarse)に因む(Wiki

サンセリテ(Sincérité,2014)・・(名詞)誠実、真摯、率直

サンセルマン(Sincèrement,2009)・・(副詞)率直に、心から、本気で

サンソヴール(Saint-saveur,1996)・・(地名)有名なのはケベックのスキーリゾート、フランス西端フィニステール県のコミューンであるが、フランス語圏のありとあらゆる地名に使われ、同名のコミューンだけで11個存在する。直訳すると「救世主」の意でイエスのことを指す(Wiki

サンタジュリア(Santa-Giulia,2020)・・(地名)コルシカ島南東部のコミューン、ポルトヴェッキオにある砂浜の名前。リゾート地。

サンタドレス(Sainte-Addresse,2004)・・(地名)フランス北部、ノルマンディー地域圏、ルアーブルに隣接する海沿いの小さなコミューン。第一次大戦中は暫定的にベルギーの首都になった(Wiki

サンタムール(Saint-Amour,1996)・・(名詞)ボジョレーワインの1つ。 フランス東部、ブルゴーニュワインで有名なロワール県の北端で生産される。直訳すると「聖なる愛」。

サンタントワーヌ(Saint-Antoine,1984)・・(地名)キリスト教の聖人大アントニオスやパドヴァのアントニオ(いずれもフランス語ではアントワーヌとなる)にちなんだフランス語の地名。 ジェール県、ドゥー県に同名のコミューンがある(Wiki

サンテ(Santé,2019)、ソンテ(2019)・・(名詞)乾杯、健康(乾杯の挨拶は、元々はÀ votre santé(あなたの健康のため!)と言ってたのが、短くなってSanté!(健康!)になったらしい)

サンテスプリ(Saint-esprit,1982)・・(名詞)聖霊(人間と交信したり、人間に働きかけたりする神の代理人または、神の一形態を指す。)

サンテックス(Saint ex,2020)・・(人名)アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの愛称。20世紀前半の小説家。「夜間飛行」「星の王子さま」「人間の土地」などの名作を残す。操縦士でもあったが偵察飛行中に撃墜され死去(1900-1944)(Wiki

サンテティエンヌ(Saint-Étienne,2018)・・(地名)フランス中南東部のコミューンにしてロワール県の県庁所在地。熱狂的なファンを持つサッカークラブが有名(Wiki

サンテミリオン(Saint-Émilion,2007)・・(地名)フランス南西部、ボルドー近郊のワインの産地として有名。サン=テミリオンと区切る。産駒にもサンジュリアンポムロールアントルドゥメールとワインにちなんだ名前が並ぶ(Wiki

サンテレーズ(Saint-teresse,2010)・・(人名)カルメル会修道女。若くして結核で逝去するも、その自叙伝により人気を集め死後わずか28年で列聖され、さらに女性聖人として3人目の「協会博士」の称号を得るに至る(1873-1897)(Wiki

サンテローズ(Sainte-rose,2017)・・(地名)カリブ海に浮かぶ西インド諸島にある、フランスの海外県グアドループの西北に位置するコミューン。母馬の名前の由来になったマンビアビーチがある(Wiki

サントゥスタッシュ(Saint-Eustache,2019)・・(名所)パリのレアル地区にあるルネッサンス様式の教会。ステンドグラスと8000本のパイプを持つパイプオルガンが有名(Wiki

サントウワ(Sans toi,1982)・・(副詞句)あなたなしに

サントシャペル(Sainte chapelle,2005)・・(名所)パリ中心部、シテ島にあるゴシック建築の教会堂。ルイ9世が1248年に建設した、ゴシック建築最盛期の頂点ともいえる傑作(受け売り)。直訳すると「聖なる礼拝堂」(Wiki

サントノーレ(Saint-Honore,2012)・・(名詞)デコレーションしたシュークリームのような菓子で、フランスでは特別な機会に供される。語源は、発案者の店がパリのサントノーレ通りにあったためという説もあるが、定かでない(Wiki

サントマリー(Saintes-Maries,2017)・・(地名)フランス南部のブーシュ=デュ=ローヌ県にあるコミューン、サント=マリー=ド=ラ=メールのこと。直訳すると「海の聖マリアたち」となるが、ナザレのイエスが磔にされた後、マリア・ヤコベとマリア・サロメがこの地に逃れ住み着いた伝説に因む(Wiki

サンドリオン(Cendrillon,2003)・・(名詞)シンデレラ(原作者のシャルル・ペローはフランス人であり、シンデレラはあくまでも英語訳。ちなみにイタリア語は「チェネレントーラ」、ドイツ語は「アシェンプテル」となる。直訳すると「灰かぶり」)

サントワマミー(Sans toi ma mie,2007)、サントアマミー(2018)・・(名詞句)ベルギーの歌手サルヴァトール・アダモが1962年に発表した楽曲で大ヒットした。日本では越路吹雪が艶っぽくカバーしている(動画)(Wiki

サンパティーク(Sympathique,2019)・・(形容詞)気持ちの良い、感じの良い(フランス人は略してSympa(サンパ)と使うことが多い。人や行為、雰囲気など、使用範囲が非常に広く頻度も高い。言うに事欠いたらサンパサンパ言えば良い(極論))

サンパレーユ(Sans pareil)・・(形容詞句)比類のない、無二の

サンピエール(Saint-Pierre,1988)・・(地名)フランスの至る所に点在するコミューンの名前。苗字を持つものも非常に多い。大元は1世紀の殉教者聖ピエールに因る。

サンフィアクル(Saint-Fiacre,2012)・・(地名)フランスに3か所ほど存在するコミューンの名前。地名はアイルランド出身の3人の聖人から取られた。

サンフロランタン(Saint-Florentin,2010)・・(名所)パリ8区の通りの名前。繁華街にあり、昔からエリートや上流社会の人々の交流の場でもあった (Wiki

サンブロンシェ(Sans broncher,2001)・・(副詞句)よどみなく、失敗せずに、おとなしく、不平も言わずに

サンフローラン(Saint-florant,2008)・(名所)コルシカ島北部のコミューン。港と浜辺とコルシカワインが楽しめることで有名なリゾート地。

サンベルナール(Saint-Bernard,2004)・・(名所)スイス・イタリアの国境にあるアルプス山脈の峠であるグランサンベルナール峠(Col du Grand-Saint-Bernard)のこと。標高2469m。名前は当地で旅行者の救護にあたり後に列聖された聖ベルナールに由来する(Wiki

サンモリッツ(Saint-Moritz,2010)・・(地名)スイス東部有数のスキーリゾート。ドイツ語読みだとザンクトモリッツ、ロマンシュ語読みだとサンムレッツァンと言う。1928年、48年の2回冬季オリンピックが開かれたことでも有名(Wiki

サンリヴァル(Sans rival,2015)・・(形容詞句)無敵、比類のない

サンルイ(Saint Louis,1981)・・(人名)一般的には聖王の称号を持つルイ9世の事を指す。内政に力を入れ長期の平和を保ったため、彼の治世の間、フランス王国は繁栄した。国内外を問わず、争いを収めるよう努力したためヨーロッパの調停者と呼ばれ、高潔で敬虔な人格から理想のキリスト教王と評価されている(1214-1270)(Wiki

サンローラン(Saint Laurent,2002)・・(名詞)「モードの帝王」との異名を持つイブ・サンローランと、ピエール・ベルジェによって創設された世界的高級ファッションブランド。プレタポルテとメイクアップラインの二大展開を行っている(Wiki

サージュ(Sage,2016)・・(形容詞)賢明な、賢い

サーブルノワール(Sable noir,2014)・・(名詞句)黒い剣

シアージュ(Sillage,2010)・・(名詞)航跡、通った跡

ジヴェルニー(Giverny,2009)・・(地名)フランス北部のコミューン。クロード・モネが晩年を過ごし、名作「睡蓮」のモチーフが今も残る(Wiki

ジェステミニョン(Geste mignon,2018)・・(名詞句)可愛い仕草

ジェドゥラシャンス(J'ai de la chance,2017)・・(成句)運がいい

シェドゥーヴル(Chef-d’œuvre,2016)、シェドゥーブル(1997)・・(名詞)傑作、代表作品(父のオルフェーヴル(金細工師)から連想されたらしい)

ジェトライ(Je t’aurai,2019)・・(成句)君を捕まえてやる

ジェニアル(Génial,2014)・・(形容詞)天才的な、素晴らしい

ジェネクラージュ(Gène courageux,2010)・・(名詞句)勇敢な遺伝子

シェノン(Chaînon,2017)・・(名詞)環、一要素

ジェラペッシュ(J’ai la pêche,2017)・・(成句)元気です(直訳すると、私は桃を持っているになる。他にも果物系の表現は多い。)

シェリュスドパリ(Cirrus de Paris,2012)・・(名詞句)パリの巻き雲

シェリール(Chérir,2000)・・(動詞)慈しむ、大切にする、拘る

シエル(Ciel,2019)・・(名詞)空、天、神、摂理

ジェルヴェーズGervaise,2012)・・(名詞)ゾラの小説「居酒屋」に登場する主人公の女性の名前。(母の名前ジェルミナル(同じくゾラの小説)からの連想?ちなみに息子のエティエンヌがジェルミナルの主人公になる)

シェルエメール(Ciel et mer,2008)・・(名詞句)空と海

シエルクレール(Ciel clair,2015)・・(名詞句)澄み切った空

シェルダジュール(Ciel d’azur,2009)・・(名詞句)紺碧の空(早稲田大学の応援歌として有名)

シエルデトワール(Ciel d’étoiles,2004)・・(名詞句)星空

シエルドゥレーヴ(Ciel de rêve,2018)・・(名詞句)夢の空

ジェルブドール(Gerbes d’or,2012)・・(名詞句)金の花束

シエルブラン(Ciel blanc,2014)・・(名詞句)白い空

シエルブルー(Ciel bleu,2018),シエルブリュ(2009)・・(名詞句)青空

ジェルブロワ(Gerberoy,2019)・・(地名)フランス北部ノルマンディーにある人口88人の非常に小さなコミューン。薔薇で有名な村だが数々の血なまぐさい戦争の歴史を併せ持つ。フランス語には珍しくoyの綴りを持つ(Wiki

シェルブール(Cherbourg,2010)・・(地名)フランス西北、イギリス海峡に突き出た所に位置するコミューン。シェルブールの雨傘というミュージカル映画の舞台でも有名。2016年に合併してシェルブール=アン=コタンタン(餡子担担)という名称になった(Wiki

ジェルミナシオン(Germination,2014)・・(名詞)発芽、芽生え

ジェルミナル(Germinal,2000)・・(暦)芽月(3~4月)(エミール・ゾラによる炭鉱労働者達の蜂起を描いた1885年刊行の同名の小説が有名。フランス語学習者は絶対に読むべし(Wiki))

シェーヴルフォイユ(Chèvrefeuille,2018)・・(名詞)スイカズラヒョウタンボク(直訳すると「ヤギの葉」。好物なのだろうか)

シェーブルドール(Chèvre d'or,2017)・・(名詞句)黄金の山羊

シェール(Chère,2011)・・(名詞)大事な人、愛しい人

ジゼル(Giselle,1982)・・(名詞)1841年にフランスで初演されたバレエ作品。ジゼルとアルブレヒトの悲恋を描く。NHKラジオのまいにちフランス語応用編で1年の長きにわたって解説されフランス語学習者にはお馴染み(Wiki

ジタン(Gitanes,1992)・・(名詞)ロマ(女性形)(以前はシプシーと訳していた。世界各地で移動生活する少数民族の意で音楽や踊りを好む。フランス紙巻きたばこの商品名としても有名。パッケージには扇を持ったジプシー女性のシルエットが描かれる(Wiki))

ジダン(Zidane,2002)・・(人名)ジネディーヌ・ジダン。サッカー選手としてクラブ、代表、個人それぞれで目ぼしいタイトルをすべて獲得し、また監督としても成功を収めている。2006ワールドカップ決勝でマテラッティに頭突きをして退場し、そのまま引退したのはあまりにも有名(1972-)(Wiki

シトローネ(Citronné,2000)・(形容詞)レモンの香りのする、レモン味の

シトロンCitron,2013)・・(名詞)レモン、レモンの実

シネマトグラフ(Cinématographe,2017)・・(名詞)世界初のモノクロ映写機兼撮影機(1895年にフランスのリュミエール兄弟が開発した。ギリシャ語で「運動」を意味する「kinematos (κινηματικός)」と、「記録」を意味する「graphein (γραφίνη)」を組み合わせた言葉(Wiki))

シフルマン(Sifflement,2016)・・(名詞)口笛、鋭い音

シャコンヌ(Chaconne,1985)・・(名詞)16世紀末にカリブのスペイン領で生まれ、船乗りたちによってスペインに伝えられた3拍子の軽快な舞曲。17世紀初頭に他のヨーロッパ諸国に移植され、高貴な性格の舞踊となった。パッサカリアとよく似ているとされる(Wiki

シャソヴァージュ(Chat sauvage,2013)・・(名詞句)野生の猫

シャテーヌ(Châtaigne,2015)・・(形容詞)栗色の(名詞)栗、げんこつ

ジャドブッファンJas de bouffan,2019)・・(名所)エクサンプロヴァンスにある18世紀の邸宅ポール・セザンヌ(1839-1906)の実家のある地区名で、実家の別称。還暦までここに住み、たくさんの名作を生み出した(Wiki

シャトリエ(Chatrier,2013)・・(名詞)全仏オープンが行われるローランギャロスにあるセンターコートの名前。国際テニス連盟会長としてテニス界の発展に尽くしたフィリップ・シャトリエ(Philippe Chatrier(1928-2000))の功績を記念して、その名前を冠したもの。

シャトレーヌ(Châtelaine,2013)・・(名詞)女城主、留め具(腰・ベルトに用いるもので18世紀に大流行した)

シャトロー(Château,1991)・・(名詞)城、城館、宮殿(シャトーで良い気はするけども)

シャトワイエー(Chatoyer,2018)・・(動詞)輝く、人目を惹く、光線の加減で違った色に輝く、玉虫色に輝く

シャトン(Chaton,2015)・・(名詞)子猫

シャトーノワール(Château noir,2005)・・(名詞句)黒い城(セザンヌの名画『サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール』より)

シャトーブリアン(Chateaubriand,2012)、シャトーブリヤン(2001)・・(名詞句)生のひれ肉(テンダーロイン)の中で中央部の最も太い部分のこと。脂肪が少なく、肉質に優れた最高級のステーキとして提供される(Wiki

シャトーラフィット(Château Lafite,2004)・・(名詞句)メドック地区ポーイヤック村にある著名なボルドーワインのシャトーの名称、および同シャトーが生産する赤ワインの銘柄の名称。正確にはシャトー・ラフィット・ロートシルトと呼ぶ(Wiki

ジャドール(J'adore,2004)・・(成句)大好き

シャトールージュ(Château rouge,2011)・・(名詞句)赤い城

シャノワール(Chat noir,2019)・・(名詞句)黒猫(パリ18区(モンマルトル)にあった文芸キャバレーの名前。フランスでは幸運の象徴でもある)

シャペロンルージュ(Chaperon rouge,2003)・・(名詞句)赤頭巾ちゃん

ジャポニズム(Japonisme,2018)・・(名詞)日本趣味(19世紀にヨーロッパで流行した芸術分野を中心とする日本趣味のこと(Wiki))

ジャメヴ(Jamais vu,2016)・・(名詞句)未視感(見慣れているはずの光景や物事が、まるで未体験の事柄であるかのように感じられること。デジャヴの逆) 

シャランジュ(Challenge,2005)・・(名詞)対抗戦、挑戦

シャリオドール(Chariot d’or,2013)・・(名詞句)黄金の馬車

シャリテ(Charité,1998)・・(名詞)隣人愛、思いやり

ジャルジェ(Jarjayes,2017)・・(地名)フランス南西部オート=アルプ県に位置する農村のコミューン。語源はオック語で、ソラマメ、ベッチの生えている土地のことを指す(Wiki

ジャルダン(Jardin,2004)・・(名詞)庭、庭園、花園、果樹園、菜園(スクエア(Square)は、小規模の公園、パルク(Parc)は大希望な公演、城館などに属す広い庭園を指す)
ジャルダンヴェール(Jardin vert,2014)・・(名詞句)緑の庭園

ジャルダンスクレ(Jardin secret,2010)・・(名詞句)秘密の庭園

ジャルダンデフルー(Jardin des fleurs,2004)・・(名詞句)花の庭園

ジャルダンドゥモネ(Jardin de Monet,2005)・・(名詞句)モネの庭園(19世紀の印象派絵画の大家クロード・モネがジヴェルニーの家に造成した庭園や、それをモチーフに生み出した様々な名作は非常に有名)

ジャルダンドゥロゼ(Jardin de rosé,2006)・・(名詞句)バラ色の庭

ジャルディナージュ(Jardinage,2011)・・(名詞)家庭園芸、庭いじり

シャルドネ(Chardonnay,2017)・・(名詞)白ワイン用ブドウの品種の名前。その栽培の分布は世界規模に及ぶ。名前はブルゴーニュの村から取られたもの(Wiki

シャルトル(Chartres,2006)・・(地名)フランス北中部のコミューンでウール=エ=ロワール県の県庁所在地。街の中心に鎮座するノートルダム大聖堂は「シャルトル・ブルー」で有名(Wiki

シャルニエール(Charnières,2008)・・(地名)ブルゴーニュ地方の葡萄畑の区画名(名詞で使われると、蝶番とか転回点という意味があるらしい)

シャルマン(Charmant,2005)・・(形容詞)魅力的な

シャルマンウイユ(Charmant œil,2012)・・(名詞句)魅力的な目

シャルマンリッシュ(Charmant riche,2013)・・(名詞句)魅力的な金持ち

シャルム(Charme,1988)・・(名詞)魅力、人を引き付ける力、色香

シャルムダムール(Charme d’amour,2016)・・(名詞句)愛の魅力

シャルムドール(Charme d’or,2019)・・(名詞句)黄金の魅力

シャルムーズ(Charmeuse,2002)・・(名詞)魅惑する人(形容詞)魅惑的な(女性形)

シャルムール(Charmeur,1997)・・(名詞)魅惑する人(形容詞)魅惑的な

シャルルマーニュ(Charlemagne,2015)・・(人名)フランク王。生涯の大半を征服に費やしフランク王国の版図を西欧一帯に広げた。その死後に帝国は分割され、現在のフランス、ドイツの始祖になったとみなされている。日本ではドイツ語読みの「カール大帝」として知られる(742?-814)(Wiki

ジャルーズ(Jalousie,2013)・・(名詞)嫉妬、妬み、そねみ、羨望(片仮名に沿ってJalouseにすると女性形の形容詞として「嫉妬深い」「嫉んだ」みたいな意味になる)

シャルール(Chaleur,2018)・・(名詞)暑さ、熱意

シャロンヌ(Charonne,2014)・・(地名)一般的にはセーヌ河の支流の短い河川、もしくはパリ20区東側にある区画、もしくはそこから11区に繋がる通りのことを指す。

シヤンクレール(Chant clair,1984)・・(名詞)澄んだ歌

シャンゼリゼー(Champs-Élysées,1999)・・(地名)フランスの首都パリの幹線街路の一つ。凱旋門のあるド=ゴール広場からコンコルド広場に至る長さ1880m、幅70mの直線の道で、両側にはマロニエプラタナスなどの並木が続き、一部は車道の両側が散歩用の公園になっており、劇場、ホテル、高級商店、レストラン、カフェーなどが連なる(説明はコトバンクから丸ごと取りました)

シャンソニエール(Chansonnière,1989)・・(名詞)シャンソン歌手、漫談家

シャンソン(Chanson,2008)・・(名詞)歌、歌謡、曲、歌

シャンソンダムール(Chanson d’amour,1993)・・(名詞句)愛の歌(英語でムード歌謡的な同名の歌があるよう())

ジャンダルム(Gendarme,2015)・・(名所)アルプスのアイガー氷壁の絶壁の通称。元々は憲兵、番兵の意味で、立ち塞がる物の意味から転用された(Wiki

シャンダローム(Chant d’arômes,2019)・・(名詞句)香りたちの賛歌(フランスの化粧品メーカーゲラン(Guerlain)の香水ブランド名)

シャンタンエドゥー(Chantante et doux,2016)・・(副詞句)歌うようにやさしく(音楽用語)

シャンテ(Chantez,2016)・・(動詞)歌いなさい(Chanterの命令法2人称複数)

シャンティ(Chantilly,2011)・・(地名)フランス北部のパリ北部、競馬場で有名(Wiki

ジャンティオム(Gentilhomme,2014)・・(名詞)貴族、武官、紳士

ジャンティーユ(Gentille,2005)・・(形容詞)親切な、素敵な

シャンデトワール(Champ d’étoiles,2018)・・(名詞句)星の領域

シャンデフレーズ(Champ des fraises,2016)・・(名詞句)イチゴ畑(母馬のフラゴリーノ(イチゴの果肉入りのリキュール)という名前から着想を得たもの)

シャンデュヴァン(Chant du vent,2020)・・(名詞句)風の歌

シャンテューズ(Chanteuse,2015)・・(名詞)女性歌手(以前は主に劇場、酒場、カフェなどで歌う職業歌手のことを指したが、現在は芸能方面含め幅広く使われる)

シャンテリー(Chantilly,2017)・・(名詞)ホイップクリーム

シャンデル(Chandelle,2020)・・(名詞)ろうそく

シャンドゥリエ(Chandelier,2008)・・(名詞)燭台、支柱

シャンドゥレール(2020)、シャンドルール(Chandeleur,2005)・・(名詞句)聖燭祭。イエス・キリスト聖母マリアと夫ヨセフによって神殿に連れて来られた際の出来事を記念して祝う。またフランスの各家庭ではクレープが食される。 2月2日(Wiki

シャンドマルス(Champs-de-Mars,2019)、シャンドゥマルス(2005)・・(地名)パリのほぼ中央に位置する巨大な公園で幾度か国際博覧会の会場となった。セーヌ川河畔にある(Wiki

ジャンヌダルク(Jeanne d’Arc,1987)・・(人名)軍人。神のお告げにより目覚め、百年戦争で劣勢だったフランスを勝勢に導くも、最後は魔女裁判で火刑に処される。今でもフランスの国民的ヒロイン(1412-1431)(Wiki

ジャンバルジャン(Jean Valjean,2004)・・(人名)フランスの小説家ユーゴーの小説レ・ミゼラブルの主人公。パンを盗んだ罪で19年投獄されるも(以下略)(Wiki

シャンパンルージュ(Champagne rouge,2010)・・(地名)赤いシャンパン(シャンパンとはブドウから作られるスパークリングワインのことで白、黒、ピンクなど色々なものがあるが赤色のものは珍しい)

シャンパーニュ(Champagne,2011)・・(地名)フランス北西部のかつての州の名前。主な都市はトロワ(Troyes)や、ランス(Reims)など。古フランス語のカンパーニュ(Campagne、田舎)に由来する(Wiki

シャンピオナ(Championnat,2010)・・(名詞)チャンピオンシップ、選手権の試合

シャンブル(Chambre,2018)・・(名詞)部屋、寝室、議院

シャンブルドット(Chamabre d’hôtes,2016)・・(名詞句)一般家庭のゲストルームを宿泊に提供する形の宿泊設備のこと。イギリスで言うB&B、日本で言う民泊(Wiki

シャンプルミー(Champlemy,2018)・・(地名)フランス中部ニエーブル県にあるコミューン。人口わずか300人程度の長閑な田舎で過疎化が進む(Wiki見ても紹介すべき内容もなくて・・)

シャンブレ(Chambrer,2007)・・(動詞)ワインを室温にならす(冷え過ぎ、あるいは温まり過ぎたワインを味わうための最適な温度にすること。こういう動詞があるのがフランス語っぽい)

シャンボール(Chambord,2013)・・(名所)フランス北中部のコミューンとそこに聳える城の名前。フランソワ1世により創建。世界遺産シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に含まれる。とにかくデカい(Wiki

シャーマンクール(Charmant cœur,1989)・・(名詞句)魅力的な心

シュアンス(Chance,1980)・・(名詞)可能性、見込、成算、幸運、僥倖

ジュアンテルディ(Jeux interdits,2014)・・(名詞句)禁じられた遊び(1952年公開のフランス映画。戦災孤児の子の儚い運命を描く(Wiki))

シュヴァリエ(Chevalier,2011)・・(名詞)レジオンドヌール勲章5番目のランクの騎士、高位貴族

シュヴァリエール(Chevalière,2019)・・(名詞)(女性の)騎士

シュヴァルグラン(Cheval grand,2012)・・(名詞句)偉大な馬

シュヴァルダムール(Cheval d’amour,2015)・・(名詞句)愛の馬

シュヴァルドール(Cheval d’or,2003)・・(名詞句)黄金の馬

シュヴァルノーブル(Cheval noble,2014)・・(名詞句)気高い馬

シュヴァルミニョン(Cheval mignon,2014)・・(名詞句)可愛い馬

シュヴァルマラン(Cheval marin,2018)・・(名詞)タツノオトシゴ

シュヴィル(Cheville,2020)・・(名詞)踝、釘、ボルト、楔、鉤

ジュヴェビアン(Je vais bien,2007)・・(成句)元気だ、調子がいい(最初の挨拶で元気ですか(Comment allez-vous?)と聞かれて、機械的に言い返すイメージが強い)

シュヴェルニー(Cheverny,2013)、シュベルニー(1999)・・(名所)フランス北中部あるコミューンとそこに聳える城の名前。世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に含まれる(Wiki

ジュヴゼーム(Je vous aime,2019)・・(成句)あなたを愛しています(ヴ(Vous)は2人称の尊称なので、ジュテームより他人行儀で恭しい)

シュヴノアール(Cheveux noirs,2017)・・(名詞)黒髪

シュヴルーズ(Chevereuse,2020)・・(地名)パリ南西郊外、イル=ド=フランス地域圏、イヴリーヌ県のコミューン。パリ都市圏の端にあたる閑静な土地柄。マドレーヌ城などが有名(Wiki

ジュウール(Joueur,1984)・・(名詞)プレイヤー、遊戯者、演奏者、ギャンブラー

ジュエアトゥー(Jouer atout,2014)・・(成句)切り札を出す

シュエット(Chouette,2013)・・(名詞)フクロウ(形容詞)すてきな、かっこいい、優しい(間投詞)しめた、やった(形容詞のポジティブな意味は、幸運の象徴としての、名詞のフクロウの意味から派生するらしい)

シュエットヌーベル(Chouette nouvelle,2014)・・(名詞句)素敵な知らせ

ジュエド(Jouer de,2013)・・(成句)~を演奏する、操る、利用する

ジュエドゥボヌール(Jouer de bonheur,2001)・・(成句)強運に恵まれる、ついている

シュクルダール(Sucre d’art,2014)・・(名詞句)飴細工、砂糖細工

シュシュ(Chouchou,2013)・・(名詞)お気に入り、秘蔵っ子、目をかけている子

シュシュダムール(Chouchou d’amour,2017)・・(名詞句)愛しの子(女性形はシュシュット(Chouchoutte)だが、シュシュ(Chouchou)を使うこともある)

シュケット(Chouquette,2014)・・(名詞)一口大の小さなシューにあられ糖をまぶして焼いたサクサクの食感の菓子。中には何も入っていない

ジュストコル(Justaucorps,2018)・・(名詞)レオタード、ボディーシャツ、膝丈コート(王に謁見できる貴族が着用したコート)。直訳すると「体にフィットした」。

ジュセトゥ(Je sais tout,2005)・・(成句)私は全てを知る

ジュタドール(Je t’adore,2012)・・(成句)私はあなたが大好きです(ジュテーム(Je t’aime)に比べると、恋愛感情のニュアンスはなく人間として崇拝する意味合いが強くなる)

ジュテ(Jeté,2006)・・(名詞)ジュテ(片足を投げ出しその方向に飛ぶステップ、バレエ用語)

ジュティアン(Je tiens,2014)・・(成句)掴む

ジュテミルフー(Jeter mille feux,2006)・・(動詞句)燦然と輝く(直訳すると「1000の炎を投げつける」)

ジュテーム(Je t’aime,2011)、ジユテーム(1985)・・(成句)君を愛している

ジュドヴァーグ(Jeux de vagues,2018)・・(名詞句)波の戯れ(ドビュッシーの楽曲の名前で有名。その壮大な旋律は必聴。())

ジュトゥヴ(Je te veux,2013)・・(成句)エリック・サティが1900年に作曲したシャンソン。現代でも非常にポピュラーで、CMなどでもよく流れているので聞いたことある人も多いはず(動画)。直訳すると「君が欲しい」(Wiki

ジュドポーム(Jeu de paume,2009)・・(名詞句)パリのコンコルド広場にある国立美術館の名前。大元はテニスの元となったスポーツのことで、英語名は「リアルテニス」(Wiki

ジュドランジュ(Jus d'orange,2000)・・(名詞句)オレンジジュース

ジュドー(Jeux d’eau,2020)・・(名詞句)組噴水、水の戯れ(モーリス・ラヴェルピアノ曲の名前で有名。流れるような旋律は必聴。())

ジュニエーブル(Genièvre,2014)・・(名詞)セイヨウビャクシン、ネズの実

ジュヌドラゴン(Jeune dragon,2007)・・(名詞句)若い竜

ジュネス(Jeuness,2017)・・(名詞)若さ、青春

ジュネスドール(Jeuness d’or,2017)・・(名詞句)黄金の青春

シュノンソー(Chenonceau,2013)・・(名所)フランス中心部のシュノンソーにある城の名前。代々、女性が城主だったため「6人の女の城」とも呼ばれる。世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に含まれる(Wiki

シュバリエサージュ(Chevalier sage,2017)・・(名詞句)賢明な騎士

シュバリエブラン(Chevalier blanc,2012)・・(名詞句)白い騎士

シュバルブラン(Cheval blanc,1997)・・(名詞句)白い馬

ジュパンスアトワ(Je pense á toi,2019)・・(成句)私はあなたを想う

ジュピテリアン(Jupitérien,1995)・・(形容詞)威圧的な、傲然とした(元々の語源の「ユピテル」はローマ神話における神々の王、最高神を指す。神々しい態度が強めの態度を示す意味に転化した?)

シュブリームSublime,2016)・・(形容詞)崇高な、高尚な、卓越した、見事な(名詞)崇高、気高さ

ジュブリーユ(Je brille,2014)・・(成句)私は輝く

シュフルール(Chou-fleur,2002)・・(名詞)カリフラワー(直訳すると「可愛い花」)

シュプレーム(Suprême,2014)・・(形容詞)最高の、最高位の、至高の、最後の

シュペリユール(Supérieur,2000)・・(形容詞)より優れた、上質の、上の

シュペルブ(Superbe,2019)・・(形容詞)非常に美しい、見事な、立派な

シュペルミエール(Super lumière,2013)・・(名詞句)最高の光

ジュマペール(Je m’appelle,2001)・・(成句)私は~という名前です(後ろに補語を補わないと文として成り立たない)

ジュマンドール(Jument d'or,2017)・・(名詞句)黄金の雌犬

ジュムスヴィアン(Je me souviens,2016)・・(成句)私は思い出す、覚えている(カナダ・ケベック州の公式標語(Devise)で、紋章やナンバープレートにまで入れられているが、何故この言葉が適用されたのかは定かでない(Wiki))

ジュリエンヌ(Julienne,2019)・・(名詞)(ニンジン、カブ、セロリなどの)千切り、千切り野菜入りコンソメスープ(ジャン=ジュリアンというシェフが考案したメニューのため、この名前が残る)

ジュルヴィアン(Je reviens,2016)、ジュールヴィアン(2005)・・(成句)私は戻ってきます

シュルヴィーヴル(Survivre,2005)・・(動詞)生き残る、長生きする

シュルプリーズ(Surprise,2018)・・(名詞)驚き、驚愕、思いがけないもの

シュルルヴァン(Sur le vent,2017)・・(副詞句)風に乗って

シュルレアリスト(Surréaliste,2018)・・(名詞)超現実主義者(ブルトンが始めた1920年代に始めた新思潮の参加者。思考の解放、想像力の復権、夢や狂気や超常現象の再検討を重視した(らしい))

シュレンヌ(Suresnes,2018)・・(地名)セーヌ川左岸の、東側をパリに隣接するコミューン。ロンシャン競馬場セーヌ川を隔てて目と鼻の先にあり、春にはシュレンヌ賞というリステッドレースも行われる(府中競馬場で行う稲城特別みたいなもの?)(Wiki

ジュレーヴ(Je rêve,2020)・・(成句)私は夢見る

ジュローズ(Joues roses,2014)・・(名詞句)バラ色の頬

ジュンヌフィーユ(Jeune fille,2012)、ジューンフィル(2010)・・(名詞句)少女、女の子

ジューヴルエール(J'ouvre aile,2010)・・(成句)翼を広げる

ジューヌエコール(Jeune école,2014)・・(名詞句)青年学派(昔のフランス海軍の思潮)

ジューヌノーブル(Jeune noble,2011)・・(名詞句)若い貴族

ジューヌフルール(Jeune fleur,2010)・・(名詞句)若い花

シューラヴァーグ(Sur la vague,2018)・・(副詞句)波の上で

ジュールエニュイ(Jour et nuit,1998)・・(副詞句)昼も夜も、休むことなく、絶え間なく

ジュールドネージュ(Jour de neige,2014)・・(名詞句)雪の日

ジュールドミュゲ(Jour de muguets,2015)・・(名詞句)スズランの日(5月1日。幸せの花として知られるスズランをお世話になった人などに送る。同馬の誕生日は3月16日だけど・・)

ジュールポレール(Jour polaire,2013)・・(名詞句)白夜(太陽が沈まない日のこと。北欧諸国、グリーンランド、ロシア北部、カナダ北部、アメリカ合衆国アラスカ州、南半球では南極大陸の大部分で観測される。直訳すると「極の日」)

ジョア(Joie,2014)・・(名詞)喜び、歓喜、楽しみ、享楽

ショコラChocolat,2013)、ルショコラ(Le chocolat,2019)・・(名詞)チョコレート、ココア

ショコラオランジュChocolat orange,2011)・・(名詞句)オレンジのチョコレート(砂糖漬けされたオレンジピールを甘いチョコレートで包んだチョコレート。今や、クロワッサン、アイス、ポップコーン、カヌレなど、色々なものとコラボしたものが作られている)

ショコラグラッセChocolat glacé,2003)・・(名詞句)チョコレートアイス(この言い方も普通にあるが、グラスオーショコラ(Glace au chocolat)と言う方が多い)

ショコラシュクレChocolat sucré,2013)・・(名詞句)砂糖入りチョコ(調べたけど良く分かりませんでした)

ショコラティエ(Chocolatier,2007)・・(名詞)チョコレート職人

ショコラティエール(Chocolatière,2017)・・(名詞)チョコレート職人(女性形)

ショコラドボンボンChocolat de bonbon,2014)・・(名詞句)チョコレートの殻で具を包んだ菓子。元々アーモンドを包んだものをボンボンと呼んでいたが、今は何でもボンボンと呼ぶ。チョコで包む場合、ボンボンドショコラ(Bonbon de chocolat)あるいはボンボンオーショコラ(Bonbons au chocolat)の呼び方が一般的(Wiki))

ショコラトリー(Chocolaterie,2015)・・(名詞)チョコレート職人

ショコラノワールChocolat noir,2018)・・(名詞句)ビターチョコレート

ショコラブランChocolat blanc,2012)・・(名詞句)ホワイトチョコレート

ジョリヴィザージュ(Joli visage,2014)・・(名詞句)可愛い顔

ジョリエス(Joliesse,2019)・・(名詞)美しさ、可愛さ、可憐さ

ジョリガーニャント(Jolie gagnante,2013)・・(名詞句)美しい勝利者(女性形)

ジョリクール(Jolis cœurs,2004)・・(名詞句)綺麗な心

ジョリコール(Joli corps,1992)・・(名詞句)綺麗な身体

ジョリズレジュルタ(Jolies résultats,2010)・・(名詞句)大層な結果

ジョリダム(Jolie dame,2020)・・(名詞句)可愛い婦人

ジョリファム(Jolie femme,2010)・・(名詞句)可愛い女性

ジョリプリュネル(Jolie prunelle,2010)・・(名詞句)可愛い瞳

ジョリブロンド(Jolie blonde,1999)・・(名詞句)可愛い金髪

ジョリルミエール(Jolie lumière,2015)・・(名詞句)綺麗な光

ジョリレーヌ(Jolie reine,1994)・・(名詞句)綺麗な王妃

ジョリー(Jolie,2014)・・(形容詞)綺麗な、可愛らしい、気の利いた、大層な(女性形)

ジョリーヴォア(Jolie voix,2002)・・(名詞句)綺麗な声

ジョリーソワレ(Jolie soirée,2000)・・(名詞句)綺麗な夜会

ジョリーノエル(Joli Noël,2002)・・(名詞句)綺麗なクリスマス

ジョリーフィーユ(Jolie fille,2019)、ジョリフィーユ(2014)・・(名詞句)可愛い娘

ジョリーフォコン(Joli faucon,1981)・・(名詞句)綺麗なハヤブサ

ジョリーフルール(Joli fleur,2010)・・(名詞句)綺麗な花

ジョリーリュバン(Joli ruban,2015)・・(名詞句)綺麗なリボン

ジョルジュサンク(George V,2013)・・(地名)パリ8区にある凱旋門へ続く通りの名前。イギリスのジョージ5世にちなむ(Wiki

ジョワイユ(Joyeux,2014)・・(形容詞)嬉しい、陽気な

ショワサージュ(Choix sage,2004)・・(名詞句)賢明な選択

ジョワドヴィーヴル(Joie de vivre,2009)・・(名詞句)生きる喜び(ピカソ第二次世界大戦後に、平和が訪れたことへの祝福の意味を込めて描いた絵画のタイトルして有名。絵画())

ショワドゥロワ(Choix droit,2014)・・(名詞句)正しい選択

ジョングルール(Jongleur,2009)・・(名詞)大道芸人、曲芸師

ジョンブドール(Jambes d’or,2012)・・(名詞句)黄金の脚

ジョンブリアン(Jaune brillant,2013)・・(名詞句)輝かしい黄色(JISの色彩規格では「あざやかな黄」とされ、一般的には絵の具で使われる。16進表記では#FFDC00)

ジョーヌヴェール(Jaune vert,2019)・・(名詞句)黄緑色

ジョーヌドール(Jaune d’or,2010)・・(名詞句)黄金

シルトプレ(S'il te plaît,2019)・・(成句)お願いします、どうぞ(英語でいうプリーズ。シルヴプレ(S'il vous plaît)と違って、普段Tuを使いあう親しい間柄で使う。直訳すると「もし、君がそれを気に入るのならば」)

ジルブラス(Gil Blas,2018)・・(名詞句)19世紀末から20世紀はじめにパリで発行された定期文芸誌。1879年11月に彫刻家のオーギュスタン=アレクサンドル・デュモンが創刊した。誌名はアラン=ルネ・ルサージュの小説「ジル・ブラース物語」(Histoire de Gil Blas de Santillane)からとられている(Wiki

シルブロン(Cils Blancs,2018)・・(名詞句)白いまつげ

シルミーヌ(S'illumine,2018)・・(動詞)自分を輝かせる(Illuminerを再帰動詞化し直説法現在形の3人称単数に活用させたもの)

ジロンド(Gironde,2004)・・(地名)フランス南西部にある県。県としてはフランス最大の大きさを誇り、領域内にボルドー、メリニャック、ペサックなど有数のワイン生産地を含む(Wiki

ジーヴル(Givre,2014)・・(名詞)霧氷、樹氷、霜(検索してもカラーコンタクトのブランドの情報しか出てこない)

スヴニールデジール(Souvenirs des îles,2020)・・(名詞句)島々の記憶

スタッドドフランス(Stade de France,2013)・・(名所)パリ郊外のサンドニにある最大8万人収容の総合運動競技場。サッカー、ラグビーの代表戦が行われる(Wiki

スタンダール(Standhal,1995)・・(人名)小説家。「赤と黒」「恋愛論」「パルムの僧院」などを残し、19世紀後半のリアリズム文学、自然主義文学の端緒を開いたものとして評価される(1783-1842)(Wiki

ストキャスティーク(Stochastique,2019)・・(形容詞)確率的な、偶然量を含んだ

ストラスブール(Strasbourgh,2006)・・(地名)フランス北東部グラン・テスト地域圏の首府にして交通の要衝にある。欧州議会の所在地。語源はアルザス語で「街道の街」(Wiki

スプランドゥール(Splendeur,1998)・・(名詞)豪華、華麗

スペシャリテ(Spécialité,2011)・・(名詞)専門知識、得意分野、名物

スラージュマン(Soulagement,2015)・・(名詞)安堵、安らぎ、苦痛緩和

スリエ(Souriez,2007)・・(動詞)微笑みなさい(Sourireの命令法2人称複数形)

スリジエ(Cerisier,2017)、スリジェ(2004)・・(名詞)サクラ、桜材

スリーズロワイヤル(Cerise royale,2019)・・(名詞句)王のサクランボ

スリールサンセール(Sourire sincère,2019)・・(名詞句)心からの微笑み(母親がスリールドランジュ(天使の微笑み))

スリールドランジュ(Sourire de l’ange,2011)・・(名詞句)天使の微笑み

スームジュール(Sur mesure,2012)・・(成句)オーダーメイドの、格好の

スーブルソー(Soubresaut,2007)・・(名詞)馬の不意の飛躍、跳ね(転じてバレエ用語として、脚をとじて、つま先をそろえ、垂直に跳び、着地する動きを指す。語源がプロヴァンス語の、Sobre上に+Saut跳ぶ、なので分かりやすい。)

スーラリュンヌ(Sous la lune,2014)・・(副詞句)月明かりの下に

スーリエドヴェール(Soulier de verre,2017)・・(名詞句)ガラスの靴

スーリーズ(Cerise,2013)・・(名詞)サクランボ

スーリール(Sourire,2011)・・(名詞)微笑、微笑み(動詞)微笑を浮かべる、にっこり笑う

スーリールダンジュ(Sourire d’ange,2019)、スリールドランジュ(Sourire de l'ange,2011)・・(名詞句)天使の微笑み

スールアンジェリク(Sœur Angélique,2001)・・(名詞句)天使の姉妹、天使のような姉妹

スールマカロン(Sœurs Macarons,2015)・・(名詞句)修道女のマカロン。ナンシーで作られるマカロンの愛称。表面はかなり固く中は柔らかいのが特徴。同名を冠した店もありお土産の定番になっているとか。

セクシオンドール(Section d’or,2016)・・(名詞句)黄金比

セコンビアン(C’est combin,1983)・・(成句)いくらですか(語尾に?を伴う)

セザムウーヴルトワ(Sésame,ouvre-toi,2019)・・(成句)開けゴマ(イスラム世界に伝わっている物語の「アリババと40人の盗賊」の話の中に出てくる洞穴の入口を開くための魔法の合言葉)

セシボン(C’est si bon,2019)・・(成句)素敵だ、素晴らしい

セシャルマン(C'est charmant,2013)・・(成句)魅力的ですね

セゾンデフルール(Saison des fleurs,2018)・・(名詞句)開花の時期

セットクルール(Sept couleurs,2010)・・(名詞句)七色

セドゥラマジー(C'est de la magie,2015)・・(成句)それは魔法によるものだ

セナリスト(Scenariste,2018)・・(名詞)脚本家

セパヌイール(S'épanouir,2015)・・(動詞)開く、咲く、開花する

セパージュ(Cépage,2001)・・(名詞)ブドウ品種、ブドウの苗木

セプティエーム(Septième,2012)・・(名詞)7番目

セプドール(Cep d'or,2009)・・(名詞句)黄金の葡萄の木

セミニョン(C'est mignon,2010)・・(成句)可愛いですね

セモア(C'est moi,1990)・・(成句)それは私です

セラヴィー(C'est la vie,2018)、セラヴィ(2008)、セラビイ(1981)・・(成句)それが人生(落ち込んでいる友人を諭したり、達観したフリをしたりする時など色々なシチュエーションで使う)

セリメーヌ(Célimène,1985)・・モリエールの戯曲「人間嫌い(Le Misanthrope)」に登場する男たちを誑かすコケティッシュな未亡人の名前(Wiki

セリユーズ(Sérieuse,2016)・・(形容詞)真面目な、真剣な

セルヴァン(Cervin,2018)・・(地名)(地名)スイスとの国境にそびえたつ4000m級の山の名前。ドイツ語でマッターホルン、イタリア語でチェルヴィーノと言う。

セルヴォ(Cerveau,2018)・・(名詞)脳、知性の優れた人、中心人物

セルピエ(C’est le pied,1999)・・(成句)凄く良いです(直訳すると「それは足(片足)です)

セルプランタン(C’est le printemps,2016)・・(成句)春です

セルメールSelmer,2012)・・(人名)クラリネット奏者にして楽器メーカーアンリ・セルメール・パリの創始者。現在でもサクソンフォン、クラリネット、マウスピースなどを生産している。日本人には英語読みの「セルマー」の愛称の方が馴染み深い。(1858-1941)(Wiki

セルレーヴ(C'est le rêve,1981)・・(成句)夢です

セレブレ(Célébrer,2009)・・(動詞)挙行する、祝う、褒めたたえる

センティラシオン(Scintillation,2008)・・(名詞)輝き、煌めき(宝石、星など煌めくものに使われる)

セーヴル(Sèvres,2012)・・(地名)パリ西部近郊、オー=ド=セーヌ県のコミューン。磁器生産で有名で豊かな彩色を駆使したロココ様式の絵画表現による装飾が有名。専用の国立陶芸美術館を有す(Wiki

セーヌドゥレーヴ(Scène de rêve,2020)・・(名詞句)夢の舞台

セーヌドパリ(Seine de Paris,2008)・・(名詞句)パリのセーヌ川

ソトーグラシオ(Sauteur glaciaux,2008)・・(名詞句)優雅な跳躍者

ソムリエ(Sommelier,2020)・・(名詞)レストランで客の要望に応えてワインを選ぶ手助けをするワイン専門の給仕人。フランス、イタリアでは専用の国家資格がランクごとに存在する(Wiki

ソムリエール(Sommelière,1997)・・(名詞)ソムリエ(女性形)

ソムリエドヌール(Sommelier d'honneur,2013)・・(名詞句)名誉ソムリエ(協会の広告塔としての著名人に付与されるソムリエ資格)

ソラネル(Solennel,2019)・・(形容詞)盛大な、荘厳な、正式な

ソルシエール(Sorcière,2019)・・(名詞)魔女

ソルティレージュ(Sortilège,1998)・・(名詞)魔力、呪文、呪い、妖術

ソレイユ(Soleil,1997)・・(名詞)太陽、日光

ソレイユアルダン(Soleil ardent,2009)・・(名詞句)燃える太陽

ソレイユドゥアルル(Soleil de Arles,2017)・・(名詞句)アルルの太陽

ソレイユドパリ(Soleil de Paris,2014)・・(名詞句)パリの太陽(パリ派の大家マルク・シャガールの同名の絵がある(Wiki))

ソレイユドール(Soleil d’or,2001)・・(名詞句)黄金の太陽(フランスの育種家ペルネ-デュシェが20世紀初頭に作り出したバラの品種。山吹色がかった独特の色合いが特徴)

ソレイユブラン(Soleil blanc,2020)・・(名詞句)白い太陽

ソレイユロワイヤル(Soleil royal,2013)・・(名詞句)1669年建造のフランスの軍艦。バロック様式による装飾の美しさと最先端の性能を誇ったが、1692年にイングランド=オランダの連合艦隊に沈められる。直訳すると「王室の太陽」。

ソワール(Soir,2008)・・(名詞)夕方

ゾンブラーズ(S'embrase,2019)・・(動詞)火がつく、真っ赤に染まる、燃え上がる(s'embraserの一人称、三人称直説法現在)

タイユスヴェルト(Taille svelte,2016)・・(名詞句)すらりとした体つき

ダコール(D'accord,2008)・・(成句)了解、分かりました、OK(使う人は本当によく使うイメージ)

タピヴェール(Tapis vert,1996)・・(名詞句)緑の絨毯

タピルージュ(Tapis rouge,2006)・・(名詞句)赤い絨毯、レッドカーペット

タピー(Tapis,1994)・・(名詞)絨毯、敷物、カーペット、織り模様のある重い布地

ダムドミステル(Dame de mystère,2013)・・(名詞句)神秘の貴婦人

ダルタニアン(D'Artagnan,1996)・・(人名)(1615?-1673)実在の人物であるが、アレクサンドル・デュマ・ペールの『三銃士』を始めとする『ダルタニャン物語』で描かれた創作上の人物として有名。史実では仏蘭戦争で戦死している(Wiki

タルトオポム(Tarte aux pommes,2011)・・(名詞句)りんごのタルト(フランスの家庭で作るお菓子の定番)

タルトタタン(Tarte titin,2012)・・(名詞句)型の中にバターと砂糖で炒めた(キャラメリゼ)リンゴを敷きつめ、その上からタルト生地をかぶせて焼いた菓子。ひっくり返してリンゴの部分を上にして食べる。ラモット=ボーヴロンという街にあるホテル「タタン」で初めて作られたため、この名が付いた(Wiki

タルトリンツァー(Tarte linzer,2014)・・(名詞句)アルザス地方名物のタルト(アーモンドやクルミの粉末とシナモンやナツメグなどの香辛料を入れた生地の間にアカスグリ(レッドカラント)ジャムをはさみ、格子模様を付けて焼いた丸いケーキ )

タルトレット(Tartelette,2008)・・(名詞)1人用の小さいタルト(letteは意味を小さくする接尾語)

ダンケルクDunkerque,2010)・・(地名)フランス本土最北端のコミューン。ベルギー国境から10キロの地点に位置する。港湾都市としては、ルセイユ、ルアーブルに次ぐ規模を誇る。第二次大戦初期の激戦、ダンケルクの戦いで有名(Wiki

ダンザンレーヴ(Dans un rêve,2020)・・(副詞句)夢の中で

ダンスデミルリトン(Danse des mirlitons,2019)・・(名詞句)葦笛の踊り(チャイコフスキーの有名な楽曲(曲)。聞いたことある人も多いはず。ミルリトンというのは両端に玉ねぎの皮、薄紙などを張った葦の横笛のこと)

ダンスドゥソワ(Danse de soie,1991)・・(名詞句)絹の踊り(古代中国の舞踏である帗舞(読み方知らない)に相当する言い方)

ダンスノワール(Danse noir,1998)・・(名詞句)漆黒の踊り

ダンスールクレール(Danseur clair,2011)・・(名詞句)明るい踊り手

ダンスールノーブル(Danseur noble,1999)・・(名詞句)高貴な踊り手(クラシック・バレエロマンティック・バレエなどの古典バレエの舞台において、主役級のバレリーナのパートナーを務める男性舞踊手を指す用語(Wiki))

ダンソンラローズ(Dansons la Rose,2020)・・(名詞句)イヴ・モンタンの歌うスロー・バラードな楽曲の名前(直訳すると「バラを踊ろう」。もとはピカルディーの薔薇(Rose of Picardy)というイギリスの楽曲)

タンタシオン(Tentation,2019)・・(名詞)誘惑、欲望、魅力

タンドゥル(Tendre,2016)・・(形容詞)優しい、柔らかい、若い

タンドルマン(Tendrement,2015)・・(副詞)優しく、愛を込めて

ダンルヴァン(Dans le vent,2001)・・(副詞句)風の中で、流行に乗って

ダンルモンド(Dans le monde,2013)・・(副詞句)世界で

ダームドゥラック(Dame du lac,2009)・・(名詞句)湖の貴婦人

ダームブランシュ(Dame blanche,2010)・・(名詞句)白い貴婦人

ツールドコルス(Tour de Corse,2007)・・(名詞句)1956年からフランスのコルシカ島で開催されているラリー競争のこと。かつては島を1周するラリーだったため「ツール(周回)」という名が付くが現在は島を転戦しながら巡るスタイルになっている(Wiki

ツールドフォース(Tour de force,2016)・・(名詞句)力技、離れ業、力作

ツールドフランスTour de France,1987)・・(名詞句)毎年7月にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車のロードレース。直訳すると「フランス一周」(Wiki

ツールプルミエ(Tour premier,1991)・・(名詞句)第1ラウンド

ディアデム(Diadème,2012)・・(名詞)王冠、帝冠、王位の威光

ディアブルノワール(Diable noir,2016)・・(名詞句)黒い悪魔

ディアブルルージュ(Diable rouge,2013)・・(名詞句)赤い悪魔(サッカーベルギー代表の愛称)

ディアマン(Diamant,2004)・・(名詞)ダイヤモンド

ディアマンノワール(Diamant noir,1999)・・(名詞句)黒いダイヤモンド

ディアマンテール(Diamantaire,2018)・・(名詞)ダイヤ細工師

ディヴィナシオン(Divination,2017)・・(名詞)占い術、占い、予言、先見の明、予感

ティエドゥール(Tiédeur,2018)・・(名詞)生暖かさ、心地よさ

ディオジェーヌ(Diogène,2010)・・(名詞)フランスのロケット開発構想名(と公式にあるけどググっても清掃業者の名前としか出てきません)

ディガジェ(Dégager,2007)・・(動詞)救出する、引き出す

ティグルTigre,2019)・・(名詞)虎

ディジョン(Dijon,2014)・・(地名)フランス中東部、ブルゴーニュ地方のコミューン。ワイン生産地であり、またゴシック調からアールデコ調までの多彩な建物様式でも知られる(Wiki

ディゼトワール(Dix étoiles,2013)・・(名詞句)10個の星

ディパッセ(Dépasser,2019)・・(動詞)追い抜く、超える

ディベルティール(Divertir,2018)・・(動詞)楽しませる、慰める

ディマンシュ(Dimanche,2005)・・(名詞)日曜日

ディメンシオン(Dimension,2014)・・(名詞)大きさ、寸法、次元

ティラール(Tireur,2014)・・(名詞)狙撃手

ティルリール(Tirelire,1999)・・(名詞)貯金箱(豚の形をした陶器か磁器のものが多く、一旦お金を入れてしまうと入れ物を叩き割らないと戻ってこない(Wiki))

ディレクシオン(Direction,2007)・・(名詞)方角、方針

デヴァスタシオン(Dévastation,2012)・・(名詞)蹂躙、荒廃させること、大被害、惨状

デエスデュヴァン(Déesse du vin,2019)・・(名詞句)ワインの女神

デカンタージュ(Décantage,2004)・・(名詞)上澄みの写し取り、明確化

デコラシオン(Décoration,2019)・・(名詞)勲章、装飾、飾りつけ

デジャヴ(Déjá vu,2008)、デジャブー(1989)・・(成句)既視感(「確かに見た覚えがあるが、いつ、どこでのことか思い出せない」というような違和感。ジャメヴ(未視感)の逆)

デゼル(Des ailes,2017)、レゼール(Les ailes,2018)・・(名詞)翼、翅

デセール(Dessert,2006)・・(名詞)デザート、追加、おまけ

デパール(Départ,2007)・・(名詞)出発、発射、始まり、辞職、スタート(今いる位置や状況から離れる意味で広く使われる)

デビュタント(Débutante,1988)・・(名詞)初心者、入門者、新人、新米、未経験者(女性形)

デフィ(Défi,2014)・・(名詞)挑戦、決闘の申込、反逆、反抗、試練、脅威

デフィニール(Définir,2013)・・(動詞)定義する、明示する、明確にする

デュヌラルテ(D'une rareté,2004)・・(副詞句)類まれな

デュボンタン(Du bon temps,2017)・・(名詞句)楽しい時間、良い時間(Duは部分冠詞で不可算名詞を修飾する)

デュース(Douce,2015)・・(形容詞)甘い、甘口の、柔らかい、心地よい、穏やかな、楽しい、大人しい、優しい(女性形)

デュードヴァン(Dieu de vin,2017)・・(名詞句)ワインの神、酒の神(Vinに定冠詞を付けてDieu du vin(デューデュヴァン)にした方が現用の表現には近い)

デュードメール(Dieu de mer,2019)・・(名詞句)海の神

デュールマン(Durement,2013)・・(副詞)激しく、一生懸命に(ドゥラメンテのフランス語版、デュルマンの方が近いと思う)

デューン(Dune,2005)・・(名詞)砂丘

デリカテス(Delicatesse,2019)・・(名詞)洗練、繊細、緻密、慎み深さ、脆さ

デリスブラン(Delice blanc,2018)・・(名詞句)白い喜び

テリーヌ(Terrine,2015)・・(名詞)土鍋、耐熱性容器および、それにそれを使った料理(一般的にはバターや豚の背脂を敷き、挽肉やすり潰したレバー、魚肉のすり身、切った野菜、香辛料などを混ぜたものを詰めてオーブンで焼いたものを指す(Wiki))

デリール(Délire,2008)・・(名詞)錯乱、逆上、熱狂

デルニエアトゥー(Dernier atout,2012)・・(名詞句)最後の切り札

デルニエエトワール(Dernière étoile,2017)・・(名詞句)最後の星(Dernier Etoileで登録されているけど、女性名詞なので勝手に直しました)

デルニエオール(Dernier or,2015)・・(名詞句)最後の金(オルフェーヴルの全妹で母オリエンタルアートの最後の産駒ということで名づけられた名前)

デルニエリアリテ(Dernier réalité,2015)・・(名詞句)最後の現実

デルニエール(Dernière,2012)・・(名詞)末っ子、最後の人(母馬の最後の産駒だからと思われる。女性形だけど牡馬)

テルヌーヴ(Terre neuve,2012)・・(名詞句)新しい大地

テルミドール(Thermidor,2011)・・(暦)熱月(7~8月、ジャコバン派独裁に対するクーデター「テルミドール9日のクーデター」で知られる)

テロワール(Terroir,2016)・・(名詞)耕作適地、ブドウ産地、郷土、田舎、地方(「土地」を意味するフランス語terreから派生した言葉で、ワイン、コーヒー、茶などの品種における、生育地の地理、地勢、気候による特徴を指す語。日本語に相当する言葉がない(Wiki))

テンダンス(Tendance,2019)・・(名詞)流行、トレンド、傾向

テールデトワール(Terre d’étoiles,2019)・・(名詞句)星々の大地

テールドラヴェリテ(Terre de la vérité,2012)・・(名詞句)真実の大地

トゥヴァビエン(Tout va bien,2010)・・(成句)全て上手くいく、大丈夫(ネガティブになっている人を宥めるときに使うイメージ)

ドゥヴァンスマン(Devancement,2020)・・(名詞)先行、凌駕(空間的なことに使う)

ドゥジエムシャンス(Deuxième chance,2005)・・(名詞句)2回目の機会

トゥシャン(Touchant,2019)・・(形容詞)感動的な、心に触れる、衝撃的な、的を得た

ドゥスール(Douceur,2013)・・(名詞)甘み、柔らかさ、穏やかさ

ドゥフレーシュ(Deux flèches,2013)・・(名詞句)二本の矢(二の矢だとDeuxième flècheになる)

ドゥボンヌール(De bonne heure,2006)・・(副詞句)朝早く、早い時期から

ドゥムーラン(Deux moulins,2020)・・(名詞句)映画「アメリ」で登場するカフェデドゥウーランのこと。母馬「アメリ」からの連想。直訳すると「2つの風車」。キャバレーであるムーラン・ルージュの飾り風車とパリで唯一の風車ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットを指す。

ドゥモワゼル(Demoiselle,2011)・・(名詞)独身女性、未婚女性、娘、~嬢(ダーム(Dame)に対して未婚を強調するための古風な言い方)

ドゥラリュール(De l’allure,2013)・・(成句)品のある、魅力的な

トゥルヴァーユ(Trouvaille,2010)・・(名詞)掘り出し物、発見

トゥルヴェール(Trouvère,2003)・・(名詞)吟遊詩人(中世の北フランスで活躍し、古フランス語による詩の創作とフランス文学の基礎作りに貢献したとされる)

トゥルティエール(Tourterelle,2017)・・(名詞)ハト、コキジバト

トゥルーヴィル(Trouville,2017)・・(地名)フランス北部のノルマンディー地域のコミューン。競馬場のあるドーヴィルに隣接。(母のレディドーヴィルから連想したらしい)

トゥレゼクラ(Tous les éclats,2010)・・(名詞句)すべての輝き

ドゥーアール(Deux arts,2013)・・(名詞句)2つの技術、2つの習い事(本来は語尾と語頭をつなげてドゥーザールと読む)

ドゥーヴル(Double,2014)・・(形容詞)二倍の

トゥーシェ(Touche,2014)・・(名詞)フェンシングで突きのこと。(動詞トゥーシェ(Toucher)の名詞形であり、本来的にはボタン、スイッチ、タッチ、文体など様々な意味を持つ)

ドゥフレーシュ(Deux flèches,2020)・・(名詞句)2本の矢

ドゥムーラン(Doux moulins,2020)・・(名詞句)2つの風車(映画「アメリ」の舞台となったカフェの名前。母馬名アメリに由来する)

トウーラムール(Tout l’amour,2002)・・(名詞句)すべての愛

トゥールアンレール(Tours en l’air,2018)、トゥールザンレール(2006)・・(名詞)バレエ用語で、ジャンプしながら空中でクルクルと回転する(宙返りではない)動作のこと。

トゥールエッフェル(Tour Eiffel,2013)・・(名所)パリの象徴的な名所となっているエッフェル塔のこと。高さ324m。名前は設計者、建築者のギュスターヴ・エッフェルに因む(Wiki

トゥールドマジ(Tour de magie,2017)・・(名詞句)魔法、手品

トゥールナージュ(Tournage,2016)・・(名詞)撮影、轆轤かけ

トゥールマレー(Tourmalet,2015)・・(地名)ピレネー山脈の中央にある峠の名前。ツール・ド・フランスでは山岳ステージ定番の難所として高頻度で登場する。トゥールマレーを制する者はツールを制するという人もいる(Wiki

トゥールモンド(Tout le monde,2010)・・(副詞句)皆で、世界中

トゥールーズ(Toulouse,2001)・・(地名)フランス南部のコミューン。オクシタニー地域圏の首府にして、パリ、マルセイユ、リヨンに次ぐ人口を誇る。エアバス本社の所在地であり、航空宇宙産業、ラグビー文化なども有名(Wiki

トゥーレドゥー(Tous les deux,2011)・・(名詞句)2人とも、どららも

トゥーレーヌ(Touraine,2018)・・(地名)フランス中西部の古城めぐりで有名なロワール地方を代表する代表的なワイン生産地の一つ。かつては県の名前だったが現在は地方名としてその名を残す(Wiki

ドゴール(De Gaulle,2016)・・(人名)大統領。第二次大戦後に臨時政府首相から大統領となり、核武装NATO脱退など独自政策を展開(1890-1970)(Wiki

ドニュDos nu,2007)・・(名詞句)背中の美しさを強調する大きく開いたデザインのドレスのこと。直訳すると「むき出しの背中」。検索してみると()露出はかなり大胆。

トネール(Tonnerre,2017)・・(名詞)雷、雷鳴

ドビュッシーDebussy,2007)・・(人名)作曲家。「月の光」「海」「夜想曲」など、従来の旋律や和音生成の概念にとらわれない作品を残し、印象主義音楽のジャンルを確立した(1862-1918)(Wiki

トライゾン(Trahison,2017)・・(名詞)裏切り、背くこと、歪曲

ドラクロワ(Delacroix,2006)・・(名詞)フランスのロマン主義を代表する画家。7月革命をモチーフにした「民主を導く自由の女神」などが有名(1798-1863)(Wiki

トランキリテ(Tranquillité,2019)・・(名詞)静けさ、平安、平静(母馬の名がシャルール(熱さ、熱意)。反面教師で付けたんだろうか)

トランドネージュ(Train de neige,2009)・・(名詞句)スキー列車

トランプルイユ(Trompe l'œil,2007)・・(名詞句)騙し絵

トリオンフ(Triomphe,2014)・・(名詞)勝利、大成功、十八番、凱旋式

トリンオファトゥー(Triomphateur,1998)・・(名詞)勝者、成功者

トリオンファルマン(Triomphalement,2020)・・(副詞)勝ち誇って、意気揚々と、熱狂的に

トリコロール(Tricolore,2018)・・(名詞)三色旗、フランス代表(本来の「3色の」と言う形容詞の意味は稀にしか使われない)

トリテール(Tourtereau,1982)・・(名詞)キジバトの雛、若いカップルたち(比喩的な表現)

トルサード(Torsade,2009)・・(名詞)螺旋状に撚ったもの、撚り合わせ

トルバドール(Troubadour,1981)・・(名詞)中世のオック語抒情詩の詩人、作曲家、歌手のこと。リムーザン、ギュイエンヌ、プロヴァンス、さらに、カタルーニャアラゴン王国ガリシア、イタリアで活躍した(Wiki

トルベルボヌール(Trouver le bonheur,2016)・・(動詞句)幸せを見つける

トレヴィト(Très vite,2017)、トレヴィット(1989)・・(形容詞句)非常に速い

トレヴィフ(Très vif,2013)・・(形容詞句)非常に活発な

トレサイーユ(Tressaillir,2018)・・(動詞)全身が震える、身震いする

トレサンセール(Très sincère,2014)・・(形容詞句)非常に誠実な

ドレサージュ(Dressage,2015)・・(名詞)動物の調教、訓練、しつけ、建立(公式にある、美しく飾るという意味は辞書にはないみたい)

トレシャルマント(Très charmante,1991)・・(形容詞句)非常に魅力的な(女性形)

トレゾアTresor,2017)・・(名詞)宝、宝物、財宝、貴重なもの

トレトレジョリ(Très très joli,2000)・・(形容詞句)すっごく可愛い、めっちゃ可愛い

トレトレビアン(Très très bien,1999)・・(形容詞句)すっごく良い、めっちゃくちゃ良い

トレビアン(Très bien,1994)・・(形容詞句)非常に良い

トレフォール(Très fort,1998)・・(形容詞句)非常に強い

トレブランシュ(Très blanche,2020)・・(形容詞句)非常に白い(女性形)

トレフルブラン(Trèfle blanc,2017)・・(名詞句)シロツメクサ、クローバー

トレボウソレイユ(Très beau soleil,2017)・・(名詞句)非常に美しい太陽

トレミエール(Tremiere,2016)・・(名詞)タチアオイ

トレンブラン(Tremblant,2018)・・(形容詞)震える、身震いする

トロアアンジェ(Trois anges,2005)・・(名詞句)3人の天使(天使は人扱いで良いのかな)

トロワエスポワール(Trois espoirs,2016)・・(名詞句)3つの希望

トロワシャルム(Trois charmes,2017)・・(名詞句)3つの魅力

トロワショセット(Trois chausettes,2005)・・(名詞句)3つの靴下(三白の肢からの発想)

トロワスール(Trois sœurs,2019)・・(名詞句)三姉妹

トロワティーグル(Trois tigres,1989)・・(名詞句)三匹の虎

トロワゼトワル(Trois étoiles,2015)・・(名詞句)3つの星

トロワフィーユ(Trois filles,2017)・・(名詞句)3人の娘

トロワプレジール(Trois plaisirs,2007)・・(名詞句)3つの喜び

トロワボヌール(Trois bonheurs,2010)・・(名詞句)3つの幸せ

トロワマルス(Trois mars,2017)、ルトロワマルス(Le trois mars,1989)・・(名詞句)3月3日

トロワリヴィエール(Trois-Rivières,2007)・・(地名)カナダのケベック州にある都市。多分寒い。直訳すると「3本の川」(Wiki

トワエモア(Toi et moi,2012)・・(名詞句)あなたと私

ドーファン(Dauphin,2015)・・(名詞)長子、王太子

ナポレオン(Napoléon,2012)・・(人名)一般的にはナポレオン・ボナパルトのこと。フランス革命後の混乱を収拾、軍事独裁政権を樹立しヨーロッパの大半を勢力下に置くものの対仏大同盟との戦いに敗北し、百日天下による一時的復権を経て、南大西洋の英領セントヘレナにて没した(1769-1821)(Wiki

ナミュール(Namur,2019)・・(地名)ベルギーの南部を占めるワロン地域(フランス語圏)の州、その州都の名前。フランス国境に位置し、製造業、交通の要衝として栄える(Wiki

ナラトゥリス(Narratrice,2015)・・(名詞)語り手、ナレーター(女性形)(母馬のイストワール(物語、歴史)から連想したものと思われる)

ナント(Nantes,2001)・・(地名)フランス西部のコミューンで、フランス第6の都市。大西洋の玄関口に位置する。歴史的に「ナントの勅令」で有名(Wiki

ニヴォーズ(Nivôse,2011)・・(暦)雪月(12~1月)

ニュアージュドール(Nuage d’or,2012)・・(名詞)黄金の雲

ニュイブランシュ(Nuit blanche,2000)・・(名詞句)白夜(パリで毎年10月の第一土曜日に開催されている、一夜限りの現代アートの祭典の名前)

ヌヴェールネージュ(Nouvelle neige,1998)・・(名詞句)新雪

ヌーベルバーグ(Nouvelle vague 2008)、ヌーヴェルヴァーグ(1989)・・(名詞句)新しい波(1950年代末に始まったフランスの映画運動。ゴダールトリュフォーなどを輩出)

ヌーヴェルダンス(Nouvelle danse,2013)、ヌーベルダンス(1992)・・(名詞句)新しい踊り

ヌーヴェルミシオン(Nouvelle mission,2011)・・(名詞句)新しい挑戦

ヌーヴェルモード(Nouvelle mode,2013)・・(名詞句)新しい流行

ヌーヴェルリュンヌ(Nouvelle lune,2010)・・(名詞句)新月

ヌーヴェルレーヌ(Nouvelle reine,2012)・・(名詞句)新しい王妃

ヌーヴォレーヴ(Nouveau rêve,2019)・・(名詞句)新しい夢

ヌーヴォーデフィ(Nouveau défi,1996)・・(名詞句)新しい挑戦

ヌーヴォーマリエ(Nouveau marié,1991)・・(名詞句)新郎

ヌーヴォーロジェ(Nouveau rosier,2017)・・(名詞句)新しいバラ

ヌーシャテル(Neuchâtel,2019)・・(地名)スイスの西端の都市。フランス語圏で、人的・物的交流が西隣のフランスと深く親近感も強い。アンドレ・ジッドの「田園交響楽」の舞台にも登場する。フランス語単語に含めるか迷ったが入れてみる(Wiki

ヌーブリエパ(N’oubliez pas,1990)・・(成句)忘れないで下さい(本来は、何を忘れてほしくないのか目的語を伴うことが多い)

ヌーベルアヴニール(Nouvel avenir,2018)・・(名詞句)新たな未来(登録上はNouvelle avenirとある)

ヌーベルアージュ(Nouvel âge,2019)・・(名詞句)新しい世代、年(登録上はNouvelle ageとある)

ヌーベルフォルス(Nouvelle force,2015)・・(名詞句)新しい力

ヌーベルマリエ(Nouvelle mariée,2013)・・(名詞句)新しい花嫁

ヌーベルムール(Nouvelle meule,2015)・・(名詞句)新しい砥石、グラインダー

ヌーボロマン(Nouveau roman,1992)・・(名詞句)新しい小説

ヌーボーテ(Nouveauté,2008)・・(名詞)新しさ、斬新さ、新機軸、新製品

ネイジュ(Neige,2017)・・(名詞)雪、雪山、冬、コカイン(隠語)

ネビュルーズ(Nébuleuse,2020)・・(名詞)星雲、混沌・漠然としたもの

ネージュダムール(Neige d’amour,2017)・・(名詞句)愛の雪

ネージュドール(Neige d’or,2012)・・(名詞句)金の雪

ネージュプドルーズ(Neige poudreuse,2019)・・(名詞句)粉雪

ノストラダムスNostradamus,2015)・・(人名)難解な予言書を残したことで有名。五島勉MMR(マガジンミステリーリポート)を通じて、20世紀末期の日本の少年少女を恐怖のどん底に突き落とした(1503-1566)(Wiki

ノルマンディー(Normandie,2007)・・(地名)フランス北部の地域圏。カーン、ルーアンルアーブルなどの都市を含む(Wiki

ノワールアンジュNoir ange,2011)・・(名詞句)黒い天使

ノワールエルージュNoir et rouge,2007)・・(名詞句)黒と赤

ノワールギャルソンNoir garçon,2012)・・(名詞句)黒い少年

ノワールシャルマンNoir charmant,2008)・・(名詞句)魅力的な黒

ノワールシャンヴルNoir chanvre,2004)・・(名詞句)黒い麻

ノワールドゥジェNoir de jais,2018)・・(名詞句)漆黒

ノワールビジューNoir bijou,2010)・・(名詞句)黒い宝石

ノワールランスNoir lance,2019)・・(名詞句)黒い槍

ノンブルアン(Nombre un,2014)・・(名詞句)数字の1(公式にあるナンバーワンという意味とは若干異なり、その場合はルプルミエ(Le premier)を使うのが普通)

ノンブルドール(Nombre d’or,2013)・・(名詞句)黄金数(絵画,彫刻,建築などの美学において構図に美感を与えるとされる黄金分割の比率を意味するもの(Wiki

ノートゥルレーヴ(Notre rêve,2015)、ノートルレーヴ(2002)・・(名詞句)私たちの夢

ノートルアンジュ(Notre ange,2007)・・(名詞句)私たちの天使

ノートルエトワール(Notre étoile,1996)・・(名詞句)私たちの星

ノートルスウェ(Notre souhait,2013)・・(名詞句)私たちの望み

ノートルダム(Notre-Dame,2006)・・(名詞)イエス・キリストの母である聖母マリアのことを指し、カトリック教会やカトリック系の学校、また地名や人名などにこの名を冠するものは多数存在する。直訳すると「私たちの貴婦人」(Wiki

ノートルプロメス(Notre promesse,2019)・・(名詞句)私たちの約束

ノートルリアン(Notre lien,2014)・・(名詞句)私たちの絆、私たちの関係

ノーブルヴィサージ(Noble visage,2012)・・(名詞句)高貴な顔立ち

バカロレア(Baccalaureat,1987)・・(名詞句)フランスの国民教育省が管理する高等学校教育の修了認定国家試験。通称はバック(Bac)という。筆記は記述問題が多いが口頭試験もあり、日本の高認試験とは概念が全く異なる。近年は90%近い受験者が合格しており、以前ほど学力を担保しなくなったとの声も(Wiki

パシオンノーブル(Passion noble,1998)・・(名詞句)高貴な情熱

パシオンルージュ(Passion rouge,2008)・・(名詞句)赤い情熱

バシュラール(Bachelard,2008)・・(人名)科学哲学者、文学批評家。科学的認識論などに新しい知見を示した(1884-1962)(Wiki

パスカルPascal,2017)・・(人名)哲学、物理学、数学などに実績を残した早熟の天才。「人間は考える葦である」などの名言を残す(1623-1662)(Wiki

バスティア(Bastia,2020)・・(地名)コルシカ島北部のコミューンで、オート=コルス県(コルシカ島北半分)の県庁所在地。島ではアジャクシオに次ぐ人口を誇る。フランス領になる前はジェノヴァ共和国の領土だった(Wiki

バスティーユ(Bastille,2000)・・(名所)パリ西部の広場を中心とした地区の名前。フランス革命の発端となった牢獄があった場所として有名(Wiki

パストゥール(Pasteur,2015)・・(人名)生化学者。「近代細菌学の開祖」として有名。ワクチン、低温殺菌法を開発(1822-1895)(Wiki

パスパルトゥー(Passe-partout,2009)・・(名詞)親鍵、マスターキー、問題を一挙に解決する名案

パスピエ(Passe-pied,2006)・・(名詞)17世紀に流行した8分の3拍子の活発な舞曲、花壇の通り道、堰の上の歩道

パスレル(Passerelle,2012)・・(名詞)歩道橋、架け橋

パッショノン(Passionant,2014)・・(形容詞)熱中させる、非常に面白い

パッセ(Passé,2015)・・(名詞)バレエで片方の足が軸足の膝を通過する動き、過去、昔、経歴

パッドゥラパン(Patte de lapin,2018)・・(名詞句)ウサギの足(幸運を呼ぶアイテムとして知られる)

パットブランシュ(Patte blanche,2006)・・(名詞句)白い足

パティシエール(Pâtissière,2016)・・(名詞)菓子職人(女性形)

パティスリー(Pâtisserie,1989)・・(名詞)菓子屋、ケーキ屋、菓子、ケーキ、パイ、タルト

バデレール(Badelaire,2000)・・(名詞)短剣、鎌形刀、反り刀(大航海時代以降、西欧で使われた幅の広い湾曲したショートサーベル。短いのは船上での戦闘を想定してのものと言われる)

パドゥヴァルス(Pas de valse,2017)・・(名詞句)バレエ用語でワルツステップのこと。アンドゥトロワの3拍子で優雅かつ軽やかにステップを踏む(母馬アンレールからの連想)

パドゥシャ(Pas de chat,2017)・・(名詞句)猫のステップ(バレエ用語で少し前方に跳躍するステップ。軽やかな脚の運びが猫を連想させる)

パドゥバスク(Pas de basque,2016)・・(名詞句)バスク地方のステップ(バレエ用語)

パドカトル(Pas de quatre,2010)・・(名詞句)四人のダンス(バレエ用語)

パドクロア(Pas de croix,2016)・・(名詞句)クロスステップ(バレエ用語)

パドシス(Pas de six,2017)・・(名詞句)6人のステップ(バレエ用語。一番有名なのは眠れる森の美女のオープニングの妖精たちの踊りらしい)

パドシュバル(Pas de cheval,2011)・・(名詞句)馬のステップ(バレエ用語)

バドドゥ(Pas de deux,2011)、パドドゥー(1996)・・(名詞句)2人のステップ(バレエ用語。男女のペアで踊る見せ場となる)

パドトロワ(Pas de trois,2000)・・(名詞句)3人のステップ(バレエ用語)

パドパピヨン(Pas de papillon,2012)・・(名詞句)蝶のステップ(バレエ用語)

パドブレ(Pas de bourrée,2012)・・(名詞句)詰め物のステップ(バレエ用語。つま先立ちのルルベの状態で足を交互に動かすステップ)

パトリヨティスム(Patriotisme,2014)・・(名詞)愛国心、祖国愛

パトロナ(Patronnat,2015)・・(名詞)経営者

パトロネージュ(Patronnage,2009)・・(名詞)保護、後援、支援、賛助、奨励(芸術活動に対して用いる)

バトーデュシエル(Bateau du ciel,2017)・・(名詞句)天空の船、宙船

バトードラムール(Bateau de l’amour,2015)・・(名詞句)愛の船

バトードール(Bateau d’or,2007)・・(名詞句)黄金の船(ゴールドシップをフランス語にしたもの。イタリア語だとバルカドーロ)

バトーブラン(Bateau blanc,2017)・・(名詞句)白い船

バトームーシュ(Bateau-mouche,1996)・・(名詞)フランスのパリ、セーヌ川沿いの街並みを楽しむための観光客向け遊覧船。直訳すると「ハエの船」という意味になる。 この名前は、当初ボートがリヨンの Mouche 地区に位置する艇庫で製造されていたことに由来する(Wiki

パナシュPanache,2019)・・(名詞)華々しさ、威厳(羽飾りの意味も)

パナシュドールPanache d’or,2011)・・(名詞句)黄金の羽飾り

ババルダージュ(Bavardage,2017)・・(名詞)おしゃべり、雑談(ババアのおしゃべりババルダージュと覚える)

パバーヌ(Pavane,1993)・・(名詞)16世紀のヨーロッパに普及した舞踏のこと。ゆったりと定式化されたところに特徴があるが、17世紀には他のダイナミックで動きのある舞踏に取って代わられたとみられる(動画)(Wiki

パピヨナージュ(Papillonage,2016)・・(名詞)ひらひら舞う、心変わり、羽化

パフェムリ(Parfumerie,2017)・・(名詞)香水店、化粧品店、香水類、化粧品

パラヴィオン(Par avion,2013)、パールアヴィオン(2000)・・(副詞句)航空便で

パラディ(Paradis,2020)・・(名詞)天国、理想郷、楽園、至福、安楽

パラプリュイ(Parapluie,2011)・・(名詞)雨傘、庇護(Para(~を防ぐもの)+Pluie(雨)から。直訳すると「雨除け」)

バリオラージュ(Bariolage,2014)・・(名詞)不調和、不統一(バイオリンの演奏法の意味も)

パリサンジェルマン(Paris Saint-Germain,2003)・・(名詞)パリに本拠地を置くフットボールクラブの通称。PSGとも略す。2011年のカタール資本による買収後、急速に強化が進む(Wiki

パリジェンヌ(Parisienne,2001)・・(名詞)パリ娘

パリジャン(Parisien,1991)・・(名詞)パリっ子

パリゼット(Parisette,1989)・・(名詞)ツクバネソウ

パリブレスト(Paris brest,2002)・・(名詞句)リング状のパイ・シュークリームの一種(Wiki

パリュール(Parure,2010)・・(名詞)装い、装身具一式

パルクリール(Parcourir,2014)・・(動詞)走る、駆け抜ける

パルタージュ(Partage,2019)・・(名詞)分割、分配、共有、分担、分裂、対立、運命(実はフランス語初心者を悩ませる多義語の1つ)

パルチザンヌ(Partisane,1998)・・(名詞)支持者、信奉者、味方、党員(女性形。稀な形)

パルティキュリエ(Particulier,2020)・・(形容詞)特別な、独特の、独自の、特有の、特徴的な、固有の、個人の、個々の(多義語なので、慣れるまではフランス語学習者が解釈に頭を悩ませる形容詞の1つ)

パルティシオン(Partition,2001)・・(名詞)分割、楽譜(音楽作品)

パルティール(Partir,2011)・・(動詞)出発する、発つ

パルトネール(Partenaire,2014)・・(名詞)パートナー、相棒

バルトランス(Val-Thorens,2014)・・(名所)アルプスのサヴォワにあるゲレンデとスノーパークがある有名なスキーリゾート(Wiki

パルファン(Parfum,2012)・・(名詞)芳香、香り

パルファンデュロワ(Parfum du roi,2012)・・(名詞句)王の香り

パルファンドゥー(Parfum doux,2001)・・(名詞句)甘い香り

パルファンドパリ(Parfum de Paris,1999)・・(名詞句)パリの香り(宝塚歌劇に同名の作品があったらしい)

パルファンドレテ(Parfum de l’été,1995)・・(名詞句)夏の香り

パルフェ(Parfait,1999)・・(形容詞)完全な、見事な(名詞)パフェ(細長いグラスにアイスクリーム、生クリーム、チョコソース、果物などを詰めた冷菓)

パルフェアンジェ(Parfait ange,2016)・・(名詞句)非の打ち所のない天使

パルフェグラッセ(Parfait Gracé,2019)・・(名詞句)パルフェグラッセリキュール類で香りをつけ、生クリーム、砂糖、卵等を混ぜて凍らせたフランスの氷菓

パルフェタムール(Parfait amour,1993)、パルフェダムール(Parfait d’amour,2013)・・(名詞句)フランス起源のリキュール。柑橘類にスミレなどで味付けしたもので、その蠱惑的な甘い香りで18~19世紀に流行した。直訳すると「完全なる愛」(Wiki

パルフェット(Parfaite,2014)・・(形容詞)完全な、見事な(女性形)

パルフェドール(Parfait d’or,2017)・・(名詞句)完全な金

パルフュメ(Parfumer,2020)・・(動詞)芳香で満たす、香水をつける

バルブランシュ(Balle blanche,2012)・・(名詞句)白い弾丸

バルマスケ(Bal masqué,2012)・・(名詞句)仮面舞踏会(マスカレードと同義)

バルミュゼット(Bal-musette,2019)・・(名詞)バルミュゼット(ミュゼットスタイルのダンスを披露する人気の高い舞踏会。ミュゼットという名前は、当時パリの舞踏会、特にオーヴェルニュのカフェで使われていたバグパイプの一種であるミュゼットに由来する)

パルラーテ(Parlate,1991)・・(動詞)語る、話す(パルラーレ(Parlare)の2人称複数形。命令形としても使われ、その場合は「語ってください」という意味になる)

パルール(Parure,2004)・・(名詞)装身具セット、アクセサリーセット、装い、身支度

バレエブラン(Ballet blanc,2001)・・(名詞句)白いバレエ(古典バレエおいて女性ダンサーたちが白いコスチュームを着用して踊る作品及びその場面を指す用語)

パレガルニエ(Palais garnier,2000)・・(名所)1875年設立のバロック様式の劇場。世界トップクラスのオペラ、バレエを観劇できる(Wiki

パレデナシオン(Palais des Nations,1995)・・(名所)スイス・ジュネーブに現存するかつての国際連盟の本部の建物で、現在は国際連合の事務局(本部ではない)の1つとして機能している。直訳すると「万国の宮殿」(Wiki

パレドジュスティス(Palais de Justice,2018)・・(名所)フランスパリ1区のシテ島にある古い建物。カペー朝のシテ宮殿に起源を持つ。破毀院、パリ控訴院、パリ重罪院、パリ大審裁判所、検察局及び弁護士会など複数の主要司法機関が置かれている。 日本語訳は「パリ司法宮」(Wiki

パレドルーブル(Palais du Louvre,1992)・・(名所)パリ1区にある世界遺産の宮殿。セーヌ川右岸に位置する。増改築を繰り返しながら歴史を経て城塞、王宮、政庁として利用され、現在は主に美術館の展示場所として用いられる(Wiki

パレブラン(Palais blanc,1987)・・(名詞句)白い宮殿(検索すると、マラケシュ富山市の宿泊施設が出てくるけど多分関係ないだろう)

バロネ(Ballonné,2017)・・(名詞)バレエ用語で片足を蹴り上げながらもう一方の足で踏み切る跳躍のこと。直訳すると、形容詞で「風船のように膨れた」「膨張した」の意味を持つことに由来する。

バロンデッセ(Ballon d’essai,2017)・・(名詞句)観測気球

バロンドール(Ballon d’or,2011)・・(名詞句)金のボール(当該年度に世界で一番活躍したサッカー選手に送られる栄誉ある賞の名前。フランスのサッカー専門誌「フランスフットボール」が創設。受賞者には金色のサッカーボールを模したトロフィーが贈られる(Wiki) )

バロンブルー(Ballon bleu,2017)・・(名詞句)青い風船(カルティエの腕時計ブランドとして有名)

バロンルージュ(Ballon rouge,2008)・・(名詞句)赤い風船

パンドル(Peindre,2006)・・(動詞)塗る、塗装する、描く

バンドールロゼ(Bandol rosé,2019)・・(名詞句)南仏コートダジュール地域圏に位置するバンドール地方のロゼワインの名前(日本だと黒霧島みたいなもの?)

バンローゼ(Vin rosé,2003)・・(名詞句)ロゼワイン(ピンク色ワイン。フルーティで飲みやすいものが多い(Wiki)。真っ赤でないという意味で穏健左派というセカンドミーニングを持つ。)

バーグアンノール(Bague en or,2017)・・(名詞句)金の指輪

バールデュヴァン(Bar du vin,2020)・・(名詞句)ワインバー

ビアン(Bien,1996)・・(副詞)よく、順調に、上手に、美しく、親切に、非常に(形容詞)良い、誠実な、美しい、健康な(名詞)善、駅、財産、財

ビアンフェ(Bien fait,2017)・・(成句)上出来、かっこいい

ピエス(Pièce,2018)・・(名詞)作品、劇、書類、硬貨、コイン、部品、断片、区画、部屋(多義語で使用頻度高い。読解には文脈を読む必要あり、初心者にとっては重要単語の1つ)

ピエスドール(Pièce d’or,2014)・・(名詞句)金貨

ピエドール(Pieds d’or,2019)・・(名詞句)黄金の足

ピエールドリュヌ(Pierre de lune,2011)・・(名詞句)月長石、ムーンストーン(6月の誕生石。乳白色、半透明で、カットされた曲面から青色の 閃光を放つ。宝石として利用される(Wiki

ピオニエ(Pionnier,2014)・・(名詞)開拓者、開墾者

ピオレドール(Piolet d’or,2015)・・(名詞句)金のピッケル(優秀な登山家に贈られる国際的な登山界の賞名)(Wiki

ピカルディー(Picardie,2006)・・(地名)フランス北部、ベルギー国境にかつて存在した地域圏名。州都はアミアン。現在は近隣の県と合併し、ノール=パ・ド・カレー=ピカルディー地域圏になっている(Wiki

ビクトワールイゾレ(Victoire isolée,2008)・・(名詞句)稀な勝利、孤独な勝利

ビザージュミニョンVisage mignon,2016)・・(名詞句)可愛い顔

ビジュノワール(Bijou noir,2019)・・(名詞句)黒い宝石(山梨産の赤ワイン用ブドウの品種名でもある)

ビジュー(Bijou,1988)・・(名詞)宝石、宝物

ビジューティエ(Bijoutier,2003)・・(名詞)宝石商、宝石細工師

ビジューブリアン(Bijou brillant,2002)・・(名詞句)輝く宝石

ビジューミニョン(Bijoux mignons,2012)・・(名詞句)可愛いアクセサリー(登録上はBijoux mignon)

ピノブラン(Pinot blanc,2007)・・(名詞句)白ワイン用ぶどうの品種。特級銘柄でこそないが、評価は非常に高く、ハーブあるいは柑橘系のさわやかな香りと、強い酸味、適度な苦みなどがあり、かなりコクのあるワインになる。主にフランス最東部のアルザス地方で栽培される(Wiki

ビヤンシュール(Bien sûr,2009)、ビアンシュール(2000)・・(成句)もちろん、当然(フランス人も人によっては使うイメージ。英語のオフコースにあたる)

ビュヴォン(Buvons,2018)・・(動詞)飲もう、乾杯(動詞Boire(飲む)の直説法現在一人称複数。主語を省くと勧誘表現になる。)

ビュトンドール(Bouton d'or,2012)・・(名詞句)金のボタン

ピュリフィアン(Purifiant,2017)・・(形容詞)清めの、浄化の

ピュールアムール(Pur amour,1999)・・(名詞句)純粋な愛

ファヴール(Faveur,2014)・・(名詞)好意、恩恵

ファキュルテ(Faculté,2018)・・(名詞)学部、大学、能力、才能、権利

ファサード(Façade,2005)・・(名詞)正面、外観

ファスファール(Phosphore,1999)・・(名詞)輝くもの、発光体(リンから派生した意味)

ファタリテ(Fatalité,2016)・・(名詞)運命、宿命

プアプー(Peu à peu,1998)・・(副詞)少しずつ、徐々に

ファムイデアル(Femme idéal,1994)・・(名詞句)理想の女性

ファムスパーブ(Femme superbe,2019)・・(名詞句)絶世の美女

ファムファタル(Femme fatale,2016)・・(名詞句)宿命の女(男を滅亡させる魔性の女を表すのによく使われる(Wiki))

ファレーズ(Falaise,2017)・・(名詞)断崖、絶壁、急斜面、崖(ノルマンディー方言でFalisa(岸壁)から伝わったものらしい)

ファンウワーズ(Fin heureuse,2019)・・(名詞句)幸せな結末、ハッピーエンド

ファンデシエークル(Fin de siècle,1997)・・(名詞句)世紀末(一般的には19世紀末の象徴主義モダニズムデカダン主義、アール・ヌーヴォーなどのフランスの文化芸術運動と結び付けて使われる言葉(Wiki))

フィエゾン(Feuillaison,2017)・・(名詞)展葉(辞書載ってないけどワイン用語で有名らしい)

フィエット(Filette,1987)・・(名詞)少女、小娘(娘を意味するフィーユ(Fille)の語尾に、小ささ、少なさを強調する指小辞エット(ette)をつけて、小ささ、可愛さを強調した単語になる)

フィエルテ(Fierté,2012)・・(名詞)誇り、自信

フィエール(Fière,2015)・・(形容詞)誇り高い、勇敢な

フィエールマン(Fièrement,2015)・・(副詞)誇り高く、堂々と(音楽用語)

フィガロ(Figaro,1995)・・(名詞)ボーマルシェの戯曲3部作「セビリアの理髪師」「フィガロの結婚」「罪ある母」の主人公として登場する従僕のこと。反権力的で、辛辣な風刺と機知の持ち主として有名。

フィデル(Fidèle,2019)・・(形容詞)忠実な、誠実な、固執した

フィニステール(Finistère,2017)・・(地名)フランス本土最西端、ヘキサゴンの突起部にある県の名前。県都カンペールだが、一番人口が多いコミューンはブレスト。ブルトン語が多く話される(Wiki

フィネス(Finesse,2014)・・(名詞)洗練、上品、技巧、権謀術数

フィルドール(Fil d’or,2003)・・(名詞句)黄金の糸

フィユタージュ(Feuilletage,2014)・・(名詞)パイ生地の折込・折畳、もしくはパイ生地そのもの、葉状構造

フィルムフランセ(Film français,2014)・・(名詞句)フランス映画

フィルードヴォン(Fille du vent,1989)・・(名詞句)風の娘

フィレール(Filer,2013)・・(動詞)紡ぐ、織る

フィロンルージュ(Filon rouge,2006)・・(名詞句)赤い幸運

フィーユ(Feuille,2005)・・(名詞)葉、紙片、書類、文書

フィーユダムール(Fille d'amour,2013)・・(名詞句)愛しの娘

フィーユドゥレーヴ(Fille de rêve,2001)・・(名詞句)憧れの娘

フィーユドー(Feuille d’or,2016)・・(名詞句)金箔(Feuilleには、元々の「葉っぱ」の意味から転じて、書類、紙片、薄片の意味がある)

フィーユダムール(Fille d’amour,2013)・・(名詞句)愛しの娘

フィーユドトネール(Fille de tonnerre,2014)・・(名詞句)雷鳴のような娘

フィーユドノワール(Fille de noir,2003)・・(名詞句)黒の娘

フィーユブルー(Feuille bleue,2009)・・(名詞句)青い葉(公式だとFeuille bleuだったけど、勝手に直してます)

フィーユレヴーズ(Fille reveuse,2017)・・(名詞句)夢見る少女

プヴォワール(Pouvoir,2010)・・(動詞)出来る、可能である

フェイブルネージュ(Faible neige,2010)・・(名詞句)小雪

フェスティブドパリ(Festive de Paris,2012)・・(形容詞句)パリの祭りの(Festiveを名詞的に使う用法は調べても殆ど見つからなかったので形容詞句として載せておきます)

フェストネ(Festonné,1998)・・(形容詞)波形の、花綱装飾の、波形模様の(刺繍などに使われるギザギザした波形の縁取りのこと)

フェダムール(Fée d'amour,2010)・・(名詞句)愛の妖精

フェッテ(Fouetté,2019)・・(名詞)フェッテ(バレエ用語で、上げた片足を後方に振ることで、軸足を中心に連続的に回転する動きのこと。直訳すると「泡立てた、鞭打たれた」(動詞Fouetter(鞭打つ)の過去分詞))

フェットデメール(Fête des mères,2018)・・(名詞句)母の日(スペイン語だとディアデラマドレ

フェデフルール(Fée des fleurs,2019)・・(名詞句)花の妖精

フェドゥネージュ(Fée de neige,2008)、フェデネージュ(Fée des neiges,2017)・・(名詞句)雪の妖精(英語で言うスノーフェアリーのこと)

フェドゥラフォレ(Fée de la forêt,2014)・・(名詞句)森の妖精

フェノメーヌ(Phénomène,2019)・・(名詞)現象、驚くべき人物

フェノワール(Fée noire,2016)・・(名詞)黒い妖精(登録はFee noirだけど勝手に直しました)

フェブランシェ(Fée blanche,2020)・・(名詞句)白い妖精

フェリシタシオン(Félicitations,2016)・・(名詞)祝辞、賛辞、おめでとう(フランスで一番ポピュラーな祝い言葉の一つ)

フェルデバーグ(Faire des vagues,1999)・・(成句)波を立てる、事を荒立てる

フェルべール(Ferveur,2004)・・(名詞)熱心、熱意

フェロニエール(Ferronnière,2000)・・(名詞)女性の額を飾る宝飾の装身具。本来は金物商の女性形の意味で、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画「美しき金物商」(La belle ferronière())から採られたという説もある(フランス語のWikiでは否定されている)

フェーヴ(Fève,2002)・・(名詞)そら豆(1月6日の公現祭で振舞われるガレット(丸く平たいケーキ)に1つ密かに含まれ、当たった人がその日の主役となる行事から、当たりくじ的な意味も含む)

フェートギャラント(Fête galante,2010)・・(名詞句)雅宴画(18世紀に流行した野外に集い、会話、音楽、ダンスなどを楽しむ人々の情景を描く作品のこと)

フェートグランド(Fête grande,2010)・・(名詞句)最大の饗宴

フェートデュヴァン(Fête du vin,2000)・・(名詞句)ワインの祭り、ブドウの収穫祭(ちなみにワインの本場のボルドーの祭りの名前はFête le Vin(フェットゥルヴァン)という)

フェールアシュバル(Fer á cheval,2017)・・(名詞)馬蹄(西洋では幸運を呼ぶアイテムと見なされる)

フェールアンレーヴ(Faire un rêve,2002)・・(成句)夢を見る

フェールクークー(Faire coucou,2005)・・(成句)いないいないばあ

フェールデュビアン(Faire du bien,2015)・・(成句)善行を施す、人をいい気持にする

フェールボー(Faire beau,2009)・・(成句)晴れる、天気がいい

フォルス(Force,2013)・・(名詞)力、体力、活力、精力、能力、力量、気力、有機、知力、腕前、技量、強さ、頑丈さ、強度、濃度、度数、難度、効力、効果、性能、影響力、重み、力強さ、強み、長所、利点、武力、戦力、兵力、軍事力、軍隊、部隊、全能

フォルスデュノール(Force du nord,1992)・・(名詞句)北の力

フォルスドラージュ(Force de l'âge,1991)・・(名詞句)働き盛り

フォルテヴァーク(Forte vague,2007)・・(名詞句)高波

フォルテファム(Forte femme,2018)・・(名詞句)強い女性

フォレノワール(Forêt noire,2019)・・(名詞句)黒い森(チョコ生地にサクランボを乗せたドイツ由来のケーキの名前)

フォンテーヌ(Fontaine,2017)、フォンティーヌ(1981)・・(名詞)泉、噴水、源、給水器

フォンテーヌブロー(Fontainebleau,2008)・・(地名)パリ郊外のコミューン及び、その同名のフランス最大の王宮と王室の狩猟場となった森林。パリジャンの週末の安息の場所として有名。世界遺産に登録されている(Wiki

フォントネー(Fonteney,2010)・・(名所)フランス東部モンバールにあるシトー会最古の修道院のこと。現在は私有地。ロマネスク様式のシンプルな作りで、然の風景を模した庭園などが評価され、世界遺産に登録されている(Wiki

フォーヴィスム(Fauvisme,2018)・・(名詞)野獣派。20世紀初頭の絵画運動の名称。ルネッサンス以降の伝統である写実主義と決別し、目に映る色彩ではなく心が感じる色彩を表現することを重視した(Wiki

フォースマジュール(Force majeure,2013)・・(名詞句)不可抗力

フォールロワ(Fort roi,2019)・・(名詞句)強き王

ブザンソン(Besançon,2010)・・(地名)フランス東部のコミューンにしてドゥー県の県庁所在地。地場産業の高級時計製造や黄色ワインなどで有名(Wiki

プチ(Petit,1988)・・(形容詞)小さい、小柄な、些細な

プチアンファン(Petit enfant,1984)・・(名詞句)小さい子供

プチヴェルド(Petit verdot,2001)・・(名詞句)赤ワイン用のブドウの品種の名前。黒紫のような濃い色合いから「黒ワイン」とも呼ばれ、主にボルドーワインのブレンド用に用いられる(Wiki

プチヴェール(Petit vert,2013)・・(名詞句)小さな緑(アブラナの品種)

プチシャリオ(Petit chariot,1993)・・(名詞句)小さい荷車

プチットマドレーヌ(Petite madelaine,2013)・・(名詞句)小さなマドレーヌ

プチテアートル(Petit Thêatre,2012)・・(名詞句)小さな劇場

プチティラン(Petit tyran,2016)・・(名詞句)暴れん坊

プチプレリュード(Petit prélude,2001)・・(名詞句)小さな前兆、前奏曲

プチブーケ(Petit bouquet,2012)・・(名詞句)小さな花束

プチポワン(Petit point,2016)・・(名詞句)小さい点(一般的には18世紀のウィーンで編み出された刺繍の技法を指す。拡大鏡を使用して手刺繡で布地の裏に多く糸を渡して刺す(Wiki))

プチマロン(Petit marron,2014)・・(名詞句)小さい栗

プチモンド(Petit monde,1999)・・(名詞句)小さい世界

プチモンブラン(Petit mont blanc,2005)・・(地名)アルプスのモンブラン連邦に連なる山の1つ。直訳すると「小さいモンブラン(白山)」だが、標高は2,680mもあって全然小さくない(Wiki

プティアノンス(Petit annonce,2010)・・(名詞句)小さな知らせ

プティアムール(Petit amour,1995)・・(名詞句)小さな愛

プティアンジュ(Petit ange,2019)・・(名詞句)小さな天使

プティシュシュ(Petit chouchou,2017)・・(名詞句)可愛いお気に入り(プティ(小さい)+シュー(キャベツ)を重複させて可愛さを強調した表現。キャベツ自体が葉の多さから多産を象徴するようになり、可愛い子を表す表現になった説がある)

プティソレイユ(Petit soleil,2014)・・(名詞句)小さい太陽

プティットコピーヌ(Petite copine,2011)・・(名詞句)小さい恋人

プティットファム(Petite femme,2015)・・(名詞句)小さい女性

プティットフィーユ(Petitefille,2016)・・(名詞)孫娘

プティトプランサス(Petite princesse,1997)・・(名詞句)小さなお姫様、王妃

プティフルール(Petit fleur,2017)、プチフルール(2010)・・(名詞句)小さい花

プティフール(Petits fours,2005)・・(名詞句)小さなお菓子(一口大のエクレア、タルトレットなどを総称した言葉)

プティフーレ(Petit fourré,1994)・・(名詞句)小さな茂み

プティポア(Petit pois,1983)・・(名詞句)グリンピース

プティボヌール(Petit bonheur,2012)・・(名詞句)小さな幸せ

プティリュシオル(Petite luciole,2016)・・(名詞句)小さな蛍

ブトンドール(Bouton d’or,2020)、ビュトンドール(2012)・・(名詞句)金のボタン

ブラゾン(Blason,2010)・・(名詞)紋章、紋章学(フランク語のBlasjan(燃える、輝き)もしくは、Blazen(膨らませる:盾の中央に丸い膨らみがあることから)のどちらかが語源とされる)

ブラゾンダムール(Blason d'amour,2016)・・(名詞句)愛の紋章

ブラゾンドゥリス(Blason de lis,2012)・・(名詞句)ユリの紋章(曾祖母の名牝ロジータの名前が百合の品種名であることに由来する)

ブラッスリー(Brasserie,2020)・・(名詞)大きなカフェレストラン、パブ(ビストロ、レストラン、カフェとの区分はかなり曖昧(Wiki))、ビール醸造

フラテルニテ(Fraternité,2016)・・(名詞)友愛、同胞愛(フランスを代表する三大スローガンの1つ。他にリベルテ(自由)はいたが、エガリテ(平等)は見つからない)

ブラマンジェ(Blanc-manger,2000)・・(名詞)牛乳にアーモンド、米、ココナッツなどを混ぜてゼラチンで固めた冷菓。象牙色の白さが特徴でパンナコッタに似る。古フランス語で直訳すると「白い食べ物」(Wiki

フラムドグロワールFlamme de gloire,2010)・・(名詞句)栄光の炎

フラムドパシオンFlamme de passion,2003)・・(名詞句)情熱の炎

フラムドールFlamme d’or,2007)・・(名詞句)金色の炎

フラムルージュFlamme rouge,2014)・・(名詞句)赤い炎(自転車ロードレースにおけるゴールまで残り1kmを示すアーチ型の指標)

ブランアマン(Blanc amant,2009)・・(名詞句)白い恋人

ブランヴィサージュ(Blanc visage,2015)・・(名詞句)白い顔

ブランエクラ(Blanc éclat,2014)・・(名詞句)白い輝き

ブランオラージュ(Blanc orage,2014)・・(名詞句)白い嵐

ブランカムネージュ(Blanc comme neige,1999)・・(形容詞句)雪のように白い、純白な、純粋無垢な

ブランギャルソン(Blanc garçon,1995)・・(名詞句)白い少年

ブランクロワ(Blanc croix,2015)・・(名詞句)白い十字架

フランコフォニー(Francophonie,2005)・・(名詞)フランス語の話者の人々で構成される言語共同体を指す概念および、その国際機関のこと。西アフリカ以外でも参加している国は多い。2年に1回サミットが開かれる(Wiki

ブランシェトワール(Blanche étoile,2011)・・(名詞句)白い星

ブランシェール(Blancheur,2008)・・(名詞)白、白さ、白色

ブランジェリー(Boulangerie,1998)・・(名詞)パン屋、パン製造業

ブランシェール(Blancheur,2008)・・(名詞)白さ、白色、無垢

ブランシュ(Blanche,2014)・・(形容詞)(女性形)白い、無色の、何もない

ブランシュネージュ(Blanche neige,2002)・・(名詞句)白雪姫(英語ではスノーホワイト、イタリア語でビアンカネーヴェ、スペイン語ブランカニエヴェスと呼ぶ)

プランスシャルマン(Prince charmant,2013)・・(名詞句)魅力的な王子さま

プランスデトワール(Prince d’étoile,2008)・・(名詞句)星の王子さま

プランソレイユ(Plein soleil,2013)・・(名詞句)太陽がいっぱい(1960年公開のフランス映画。屈折した青年の完全犯罪(とその破滅の暗示)を描く。アラン・ドロンを世界的なスターに押し上げた(Wiki))

プランタニエ(Printanier,2008)・・(形容詞)春の、春らしい

プランタニエール(Printanière,2019)・・(形容詞)春の、春らしい(女性形)

ブランダムール(Brin d’amour,2009)・・(名詞句)少しの愛

ブランダルジャン(Blanc d’argent,2012)・・(名詞句)銀白色

プランタンヴェール(Printemps vert,2016)・・(名詞句)緑の春

ブランディス(Blandices,1997)・・(名詞)魅惑、誘惑

プランデスポーワル(Plein d’espoir,2000)・・(名詞句)希望いっぱい

プランドルアンテ(Prendre un thé,2017)・・(成句)お茶を一杯飲む

プランドール(Plein d’or,2011)・・(名詞句)沢山の金

ブランピュール(Blanc pur,2000)・・(名詞句)純白

ブランフィル(Blanc fil,2008)・・(名詞句)白い糸

フランベルジュ(Flamberge,2019)、フランベルジェ(2009)・・(名詞)長剣(17,18世紀に使われた決闘用のもので細身で軽い。中世武勲詩のルノー・ド・モントーバンの剣の名前がそのまま語源となる)

ブランボヌール(Blanc bonheur,2013)・・(名詞句)白い幸福

フランボワイヤン(Flamboyant,2008)・・(名詞)カエンボク(アフリカの高木で熱帯各地で観賞用に栽培されるもの)(形容詞)燃え上がる、はてな、煌びやかな

ブランメイユール(Blanc meilleur,2018)・・(名詞句)より良い白

ブランメジェール(Blanc mégère,2014)・・(名詞句)白いじゃじゃ馬

ブランモンストル(Blanc monstre,2015)・・(名詞句)白い怪物

ブラーヴ(Brave,2020)・・(形容詞)勇猛な、勇敢な

ブラーヴロワ(Brave roi,2013)・・(名詞句)勇敢な王

プラージュ(Plage,2006)・・(名詞)浜辺、渚

フラーズダルム(Phrase d’armes,2018)・・(名詞句)剣と剣の旋律(フェンシング用語で、突撃の際に行われる攻撃、防御、反攻の一連の動作を指す(Wiki))

ブラーブサージュ(Brave sage,2018)・・(名詞句)勇敢な賢者

プリヴィエレジェ(Privilégié,2020)・・(形容詞)恵まれた、幸運な、才能に恵まれた、優遇された、特権を与えられた

プリエ(Prier,2009)・・(動詞)祈る、祈願する、懇願する

プリエール(Prière,2018)、ラプリエール(La prière,2011)・・(名詞)祈り、祈祷

プリカジュール(Plique-à-jour,2016)・・(名詞句)エナメル細工の技法の名前

ブリズデロートンヌ(Brise de l'automne,2005)・・(名詞句)秋のそよ風

プリミエラムール(Premier amour,2016)・・(名詞句)初恋

プリミエール(Première,2007)・・(名詞)主役女優

プルミエールマルク(Première marque,1999)・・(名詞句)一級ブランド

プリムール(Primeur,2007)・・(名詞)出来立て、真新しさ、(早生の)青果、ワインの先物買い

フリメール(Frimaire,2011)・・(暦)霜月(11~12月)

プリュイ(Pluie,2018)・・(名詞)雨、雨水

プリュヴィオーズ(Pluviose,2011)・・(暦)雨月(1~2月)

プリュキエール(Plus qu’hier,2009)・・(副詞句)昨日より多く

フリュクティドール(Fructidor,2011)・・(暦)実月(8~9月)

プリュネル(Prunelle,2002)・・(名詞)瞳、まなざし、プラムの実(瞳という意味はプラムの意味からそのまま派生した説がある)

プリュム(Plume,2009)・・(名詞)羽、ペン

プリュムドール(Plume d'or,2010)・・(名詞句)黄金の羽

ブリュメール(Brumaire,2000)・・(暦)霧月(10~11月)

ブリューオラージュ(Bleu orage,1998)・・(名詞句)青い嵐

ブリュードロア(Bleu-de-roi,2003)・・(名詞)王者の青(青系の色区分で薄い青色を示すのに使われる)

ブリーズドゥース(Brise douce,2015)・・(名詞句)心地よいそよ風

ブリーズドメール(Brise de mer,2013)・・(名詞句)潮風(この句では海(Mer)に定冠詞を付けない方が正しいらしい)

ブルヴェール(Bleu vert,2018)・・(名詞句)青緑

フルグラン(Fulgurant,2010)・・(形容詞)閃光を放つ、きらめく、衝撃的な

プルクワパ(Pourquoi pas?,2016)・・(成句)勿論良いですよ(提案に同意するときに良く使う。直訳すると、どうしていけないの?みたいな意味になる)

ブルゴーニュ(Bourgogne,2000)・・(地名)フランス中東部の旧地域圏。ワイン、農耕作物でも有名(Wiki

ブルシェル(Bleu ciel,200)・・(名詞句)空の青

ブルジュオン(Bourgeon,2010)・・(名詞)芽、つぼみ、芽生え

ブルトンクール(Brûle ton cœur,2019)・・(成句)心を燃やせ

フルネーズ(Fournaise,2018)・・(地名)インド洋、フランスの海外県レユニオン島南東部に位置する楯状火山。ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズのこと。標高は2,631mだが、その火口で目に見えているのは一部分で、火道の海底からの高さは6,000mにもなる。直訳すると「地獄の大釜の尖峰」(Wiki

プルムアンシエル(Plume en ciel,2007)・・(名詞句)空駆ける羽根

プルミエ(Premier,2002)・・(形容詞)最初の、第一の

プルミエアムール(Premie amour,2007)・・(名詞句)初恋

プルミエエクレール(Premier éclair,2006)・・(名詞句)第一の閃光

プルミエエトワール(Première étoile,2014)・・(名詞句)一番星

プルミエグラン(Premier grand,2014)・・(名詞句)初の大物

プルミエクリュ(Premier cru,2010)・・(名詞句)(ワインの)一級品(Cruはブドウ園のこと。ただしボルドーではシャトー、ブルゴーニュではクリマと独自に呼ばれる。面白いですね)

プルミエダンスール(Premier danseur,2007)・・(名詞句)バレエ団で主役を演じる男性ダンサーの呼称(女性ダンサーはプルミエールダンスーズと言う。英語だとプリンシパルを使うのが普通)

プルミエデマンシュ(Premier dimanche,2009)・・(名詞句)第一日曜日

プルミエプリ(Premier prix,2012)、プリミエプリ(1995)・・(名詞句)一等賞・・(名詞句)一等賞

プルミエブーケ(Premier bouquet,2006)・・(名詞句)最初の花束

プルミエレーヴ(Premier rêve,2020)・・(名詞句)最初の夢、初夢

プルミエロール(Premier plan,2018)・・(名詞句)主役(父親のスクリーンヒーローから取られたもの)

プルミエールクラス(Première classe,2000)・・(名詞句)(飛行機などの)ファーストクラス

プルミエールマルク(Première marque,2000)・・(名詞句)極上のブランド

フルラージュ(Fleurage,2011)・・(名詞)花模様、花柄(花の古語表現の意味も)

ブルーアンジュ(Bleu ange,2010)・・(名詞句)青の天使

プルーヴドメリト(Preuve de mérite,2003)・・(名詞句)資質、能力の証明

ブルーエルージュ(Bleu et rouge,2003)・・(名詞句)青と赤

ブルークレール(Bleu claire,2017)・・(名詞句)鮮やかな青、澄み渡った青

ブルードラメール(Bleu de la mer,2000)・・(名詞句)海の青

ブルーブルイヤール(Bleu brouillard,2015)・・(名詞句)青い霧(青系の色の区分の中で使われている)

ブルーモンターニュ(Bleu montagne,2018)・・(名詞句)青い山

フルーリール(Fleurir,1999)、フルリール(1992)・・(動詞)花をつける、咲く、開花する、栄える、最盛期になる、花で飾る、花を供える

フルール(Fleur,2020)・・(名詞)花、花形飾り、花模様

フルールドセリジェ(Fleurs de cerisier,2009)・・(名詞句)サクラの花

フルールデシャン(Fleur des champs,2020)・・(名詞句)野の花

フルールドシュクル(Fleur du sucre,2009)・・(名詞句)砂糖細工の花

フルールドネージュ(Fleur de neige,2017)・・(名詞句)雪の花

フルールドフルール(Fleur de fleur,1991)・・(名詞句)花の花(意味は成り立ってないけどフランス語サイトで何例か使用例あるので入れておきます)

フルールドロカイユ(Fleur de rocaille,1997)・・(名詞句)岩間の花(フランスの化粧品ブランド、キャロンの香水としても有名)

フルールフレーシュ(Fleur fraîche,1996)・・(名詞句)新鮮な花

ブルールミエール(Bleu lumière,2004)・・(名詞句)青い光

ブルーロワイヤル(Bleu royal,2019)・・(名詞句)王室の青、高貴な青

フレイエ(Frayer,2019)・・(動詞)道を開く、つける、こすりつける

ブレヴァン(Brevent,2011)・・(地名)フランス東部オート=サヴォワ県にそびえたつ標高2525mの山岳。モンブランを臨む絶景でよく知られる。スキー場としても有名(Wiki

プレヴォール(Prevoir,2019)・・(動詞)予想する、予測する、将来を見通す、するつもりでいる

プレサンティール(Pressentir,2005)・・(動詞)予感する、感じ取る

フレジュス(Frejus,2000)・・(地名)フランス南東部の地中海に面したコミューン。カンヌとサントロペの間に位置し、海岸リゾートの1つとして人気がある。元々は『ユリウスの市場』を意味し、ローマ植民地Forum Juliiから派生したものと言われる(Wiki

プレジール(Plaisir,2010)、ルプレジール(Le plaisir,2016)・・(名詞)楽しみ、気晴らし

プレジールダムール(Plaisir d’amour,1999)・・(名詞句)愛の歓び

プレタポルテ(Prêt-a-porter,2007)・・(名詞)既製服(従来のオートクチュールと異なり、特定の個人客向けではなく、一般客向けに工場で一括して生産された服のこと。20世紀中盤に一般的になった)

プレトゥール(Préteur,2002)・・(名詞)法務官

プレドマンシュ(Pré de Manche,2010)・・(地名)フランス中東部に存在するワイン畑の区画の名前。直訳すると「マンシュの牧草地」

プレファイユ(Préfailles,2013)・・(地名)フランス西部ロワール地域のコミューン。大西洋に面した海のリゾートとして有名。

プレリアル(Plareal,2009)・・(暦)牧月(5~6月)

プレンデトワール(Plein d’étoiles,2002)・・(名詞句)満天の星

プレンフルール(Pleine fleur,2016)・・(名詞句)花いっぱい

フレーズデボワ(Fraises des bois,2010)・・(名詞句)野イチゴ(直訳すると「森のイチゴ」)

プレーヌリュヌ(Pleine lune,2009)、プランリュンヌ(1996)・・(名詞句)満月

フレールデュタン(Fleur du temps,1993)・・(名詞句)時の花

フレールドリラ(Fleur de lilas,1997)・・(名詞句)リラの花

プロヴァンス(Provence,2003)・・(地名)フランス南東部を占める地域名。ニース、マルセイユトゥーロンアヴィニョンなどの都市を含む。独自の文化を持ち、オック語の方言であるプロヴァンス語の話者も多い。食文化としてはニンニク、トマト、ハーブ、魚介類、山羊肉などを使った料理が多い(Wiki

ブロシェ(Brochet,2004)・・(名詞)ノーザンパイク(カワカマス属の断水魚。クールブイヨンで煮た青味仕上げなどが有名)

プロネルクール(Prenez le cœur,2015)・・(成句)心臓を鷲掴みにしなさい

フロマージュブラン(Fromage blanc,2003)・・(名詞句)白いチーズ(フランス北部からベルギーで作られるフレッシュチーズのこと(Wiki))

プロムナード(Promenade,2014)、ラプロムナード(La promenade,2012)・・(名詞)散歩、そぞろ歩き、散歩道

フロリール(Florir,2016)・・(動詞)栄える、花が咲く、開花する

フロレアル(Floréal,2008)・・(暦)花月(4~5月)

フロレゾン(Floraison,1996)、フルーレゾン(1988)・・(名詞)開花、最盛期、輩出

ブロワ(Blois,2013)・・(名所)フランス中西部にあるコミューンとその同名の城の名前。14世紀末にルイ12世が即位して以来100年間、王宮として栄えた。世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷 」に含まれる(Wiki

ブロンシェダーム(Blanche dame,2011)・・(名詞句)眠れない貴婦人(ダームブランシュという言い方が普通)

ブローニュ(Boulogne,2017)・・(名所)パリ郊外の森の名前。ロンシャン競馬場、テニスコート、遊園地などを併設する(Wiki

ブーケ(Bouquet,1999)・・(名詞)花束、束、木立

ブーケダムール(Bouquet d’amour,2007)・・(名詞句)愛の花束

ブーケドフルール(Bouquet d'fleur,2018)、ブーケドゥフレール(1993)・・(名詞句)花束

ブーケドレーヌ(Bouquet de reine,2003)・・(名詞句)女王の花

ブーケパルフェ(Bouquet parfait,2008)・・(名詞句)薔薇の品種名。白と淡いピンクを基調とした色合いが特徴。直訳すると「申し分のない花束」

ブーケブラン(Bouquet blanc,1997)・・(名詞句)白い花束

ブーケルージュ(Bouquet rouge,2017)・・(名詞句)赤い花束

フーダムール(Fou d’amour,2016)・・(名詞句)狂おしいほどの愛

フードゥル(Foudre,2020)・・(名詞)雷、激怒、制裁

フードゥルブラン(Foudre blanc,2015)・・(名詞句)白い稲妻

ブートニエール(Boutonnière,2018)、ブートニア(2008)・・(名詞)男性がボタン穴の刺繍に用いる花飾り

ブールアネージュ(Boule à neige,2018)・・(名詞句)雪のドーム(小さいドーム状の観賞用フランス土産。水に浸された容器をひっくり返すと、雪に見立てた白い粒々が舞う様子が見られる(Wiki))

プールヴィル(Pourville,2016)・・(地名)モネが絵画のモチーフとした海岸、断崖。フランス北部ノルマンディー地方のセーヌ=マリティーム県のディエップに程近い場所にある。

プールトゥジュール(Pour toujours,2007)・・(成句)永久に、永遠に

プールマシェール(Pour ma chère,2009)・・(副詞句)私の大切な人へ

プールモワ(Pour moi,1988)・・(副詞句)私のために(2011年の英国ダービー馬と同じ名前)

プールルメリット(Pour le mérite,2007)・・(名詞句)1740年にフリードリヒ2世によって制定されたプロイセン王国の勲章。当時の王国の宮廷はフランス語が公用語だったため。直訳すると「功績に対して」という副詞句になる(Wiki

ペイザージュ(Paysage,2013)・・(名詞)風景、景色、景観、状況

ペイデュソレイユ(Pays du soleil,2007)・・(名詞句)太陽の国、故郷(日光、日差しがいつも降り注ぐという意味)

ペイドゥレーヴ(Pays de rêve,2014)・・(名詞句)夢の国

ペイドメルヴェイユ(Pays de merveilles,2014)・・(名詞句)不思議の国(ルイス・キャロルの小説「不思議の国のアリス」の仏題、Les Aventures d'Alice au pays des merveillesから取られたと思われる)

ペイバスク(Pays basque,2018)・・(地名)スペインとフランスにまたがるバスク地方の総称。フランス領の中心都市はバイヨンヌビアリッツなど。独自の文化、言語(非常な難解で有名)を持つ(Wiki

ベヴィアーモ(Beviamo,2018)・・(動詞)飲み明かそう(飲む(Bere)の直説法現在形一人称複数)

ペガーズ(Pégase,2014)・・(名詞)天馬、ペガサス(ぺルセルスがメドゥーサの首を切り落としたとき流れた血から生まれたものとされる)

ベゼドランジュ(Baiser de l’ange,2019)・・(名詞句)天使のキス

ペッシュドール(Pêche d'or,2006)・・(名詞句)黄金の桃

ベデザンジュ(Baie des anges,2017)・・(地名)フランス南西部のニースにある地中海に面した海岸の名前。直訳すると「天使達の湾」になるが、名前の由来は不明(Wiki)。

ベネディクシオン(Bénédiction,2007)・・(名詞)加護、祝福

ベベ(Bébé,2020)・・(名詞)赤ん坊、乳児

ベリエドール(Bélier d’or,2018)・・(名詞句)黄金の雄羊

ペリグー(Périgueux,2007)・・(地名)フランス南西部ヌーヴェル・アキテーヌ地域圏のコミューン。フォアグラ、トリュフの産地として知られ、ソース・ペリグーと言う名のトリュフソースでも有名(Wiki

ベルアヴェニュー(Belle avenue,1992)・・(名詞句)美しい並木道

ベルアヴニール(Bel avenir,2019)・・(名詞句)輝かしい未来

ベルアクトリス(Belle actrice,2019)・・(名詞句)美しい女優

ベルアミイ(Belle amie,2005)・・(名詞句)美しい女友達

ベルアラベスク(Belle arabesque,1983)・・(名詞句)美しいアラベスク(壁面装飾、曲線の体系、バレエの姿勢、音楽のジャンル、色々な用途が考えられる)

ベルアンジュ(Bel ange,2017)・・(名詞句)美しい天使

ベルアンブル(Bel ambre,2017)・・(名詞句)美しい琥珀

ベルアーシュ(Belle arche,2015)・・(名詞句)美しい方舟

ベルアーム(Belle âme,2007)・・(名詞句)美しい魂、心の気高い人

ベルイシス(Belle isis,2006)・・(名詞句)バラの品種名。淡桃色。イシスは古代エジプトの女神のこと

ベルイルアンメール(Belle-Île-en-Mer,2019)・・(地名)フランス西部・モルビアン県に属するブルターニュ沿岸の島。ブルターニュ最大の島で、キブロン半島から14キロメートル沖合に浮かぶ。 直訳すると「海中美島」(Wiki

ベルヴィクトワール(Belle victoire,2007)・・(名詞句)美しい勝利

ベルヴィザージュ(Bel visage,2013)・・(名詞句)美しい顔

ベルヴィー(Belle vie,2018)・・(名詞句)美しい人生

ベルヴィーナ(Belle vina,1999)・・(名詞句)美しいヴィーナ(インド古来の弦楽器、竿の両側に共鳴体として瓢箪が付くのが特徴)

ベルヴォワ(Belle voix,2016)・・(名詞句)美しい声

ベルエキップ(Belle équipe,2006)・・(名詞句)美しい仲間、美しいチーム

ベルエトワール(Belle étoile,2003)・・(名詞句)美しい空

ベルエポック(Belle époque,2018)・・(名詞句)美しい時代(パリが繁栄を謳歌した、主に19世紀末から(第一次世界大戦勃発(1914年)までの時代、及びその文化を回顧して用いられる言葉(Wiki))

ベルエール(Belle aile,2007)・・(名詞句)美しい翼

ベルオロール(Belle aurore,2018)・・(名詞句)美しい夜明け

ベルクレアシオン(Belle création,2017)・・(名詞句)美しい創造物

ベルクール(Belle cœur,1989)・・(名詞句)美しい心

ベルクール(Belle cour,2013)・・(名詞句)美しい庭

ベルサンテ(Belle santé,1998)・・(名詞句)著しい健康

ベルシャンブル(Belle chambre,2020)・・(名詞句)美しい部屋

ベルジュネス(Belle jeunesse,2016)・・(名詞句)美青年、美しい青春、美しい若さ

ベルジュルネ(Belle journée,2016)・・(名詞句)美しい日

ベルジュール(Bel jour,2003)・・(名詞句)美しい日

ベルジルウェット(Belle girouette,2018)・・(名詞句)美しい風見鶏

ベルシルエット(Belle silouette,2012)・・(名詞句)美しい影絵、シルエット

ベルスール(Belles sœurs,2016)・・(名詞句)美しい姉妹

ペルセPercée,2020)・・(名詞)貫通路、驚異的な成功、敵陣突破

ペルセヴェラン(Persévérant,1994)・・(形容詞)辛抱強い、根気のある

ベルセゾン(Belle saison,1991)・・(名詞句)美しい季節

ベルゼール(Belles ailes,2018)・・(名詞句)美しい翼(ベルエールの複数形。翼は普通2つあるので複数形で使う方が現用っぽい)

ペルソナリテ(Personnalité,2013)・・(名詞)人格、個性、名士

ペルソナージュ(Personnage,2000)・・(名詞)大人物、配役

ベルダム(Belle dame,2014)・・(名詞句)美しい婦人

ベルディマンシュ(Bel dimanche,2001)・・(名詞句)美しい日曜日(登録上はBelle dimancheだけど直しました)

ベルデイル(Belle des iles,2001)・・(名詞句)島の美女

ベルディーヴァ(Belle diva,2012)・・(名詞句)美しい歌姫、花形女優(ディーヴァ(Diva)は、元々ラテン語で「女神」を意味し、イタリア語でそれが歌姫、プリマドンナ、女優なども指すようになり、フランス語でも同じ意味で使われるようになった)

ベルティーグル(Bel tigre,2013)・・(名詞句)美しい虎

ベルデジュール(Belle-de-jour,2016)・・(名詞)昼顔(1967年にヴェネツィア映画祭で金獅子賞を獲得した映画の名前。昼顔は昼に働く娼婦のメタファーとして用いられる(Wiki))

ベルトゥジュール(Belle toujours,2019)・・(形容詞句)永遠に美しい

ベルネージュ(Belle neige,2003)・・(名詞句)美しい雪

ベルノート(Belle note,2015)・・(名詞句)美しい音色

ベルバラード(Belle ballade,2004)・・(名詞句)美しいバラード

ベルバーグ(Belle bague,2017)・・(名詞句)美しい指輪

ベルビュー(Belle vue,2014)・・(名詞句)美しい景観(スペイン語にするとブエナビスタになる)

ベルファム(Belle femme,2006)・・(名詞句)美しい婦人

ベルフィギュール(Belle figure,2001)・・(名詞句)美しい顔(ベルビザージュと同じ意味だが、ビザージュは美醜の観点で比較する時によく使う)

ベルフォンテーヌ(Belle fontaine,1994)・・(名詞句)美しい泉、噴水

ベルプラージュ(Belle plage,2011)・・(名詞句)美しい浜辺

ベルプリュネル(Belles prunelles,2020)・・(名詞句)美しい瞳(瞳は2つなので普通は複数形で使う)

ベルフルール(Belle fleur,2001)・・(名詞句)美しい花

ベルフロレゾン(Belle floraison,2015)・・(名詞句)美しい開花

ペルペテュエル(Perpétuel,2019)・・(形容詞)永久の、不滅の、終わりのない、終身の

ベルベデール(Belvédère,2018)・・(名詞)展望台、見晴らし台、高台(語源は同一スペルのイタリア語だけど、読み方からフランス語にカテゴライズする)

ペルマナント(Permanente,2019)・・(形容詞)永久的な、永続的な(女性形)

ベルマリエ(Belle mariée,2019)・・(名詞句)美しい花嫁

ベルミュール(Belle mûre,2010)・・(名詞句)美しい桑の実

ベルメモワール(Belle mémoire,2016)・・(名詞句)美しい思い出

ベルメール(Belle mer,2012)・・(名詞句)美しい海

ベルラピエル(Belle rapière,2009)・・(名詞句)美しい長剣(ラピエル(Rapière)は決闘に使う細身の長剣のこと)

ペルランドール(Pélerin d'or,2015)・・(名詞句)黄金の隼

ベルリエゾン(Belle liaison,2020)・・(名詞句)美しい絆

ペルリナージュ(Pèlerinage,2017)・・(名詞)巡礼、旅

ペルル(Perle,2000)・・(名詞)真珠、パール、飾り玉

ペルルデジャルダン(Perle des jardins,2005)・・(名詞句)フランス原産の薔薇の品種。ホワイトクリーム色の淡い色合いが特徴。直訳すると「庭園の真珠」

ペルルドゥロゼ(Perle de rosée,2016)・・(名詞句)露の真珠

ペルルドール(Perle d’or,2017)・・(名詞句)フランス原産のポリアンサ系のバラの品種。アプリコットピンクの花を咲かせる。直訳すると「黄金の真珠」

ペルルノワール(Perle noire,2004)、ラペールノアール(La perle noire,2015)・・(名詞句)黒真珠

ペルルフィーヌ(Perle fine,2009)・・(名詞句)最上の真珠

ベルルミエール(Belle lumière,2011)・・(名詞句)美しい光

ベルローズ(Belle rose,2014)・・(名詞句)美しいバラ

ベロム(Bel homme,2010)・・(名詞句)美男子

ポアンカレ(Pointcaré,2016)・・(人名)フランスの数学者、理論物理学者、科学哲学者。位相幾何学の分野では、トポロジー概念の発見や、ポアンカレ予想などの業績を残した(1854-1912)(Wiki

ボウパラディ(Beau paradis,2011)・・(名詞句)美しい楽園

ボザール(Beaux arts,2000)・・(名詞句)美術

ポステューム(Posthume,1998)・・(形容詞)死後の、死後に生まれた、死後出版の

ポタジェ(Potager,2017)・・(名詞)家庭菜園、野菜畑(言葉は、中世にポタージュ(スープ)を作るための野菜を栽培した農園に由来するが、徐々に果樹、野菜、ハーブ、草花などの混植が体系化され、見た目の美しさも重視されるようになった)

ボタニーク(Botanique,2014)・・(名詞)植物学(母がジャルダン(庭園)と言う名前が付いたことからの連想と思われる)

ポタージュクレール(Potage clair,2008)・・(名詞句)澄んだスープ(ブイヨンとコンソメスープの事を指す。それに対し、つなぎを使ったとろみのあるスープをポタージュリエ(Potage lié)という(Wiki))

ポッシビリテ(Possibilité,2017)、ポシビリテ(2007)・・(名詞)可能性、見込

ボナパルティズム(Bonapartisme,2016)・・(名詞)ナポレオン1世、3世の統治に典型的に示された統治形態(ワンマン体制、独裁)を信奉し、その一族を再びフランス皇帝に据えようとする運動(Wiki

ボナパルト(Bonaparte,2014)・・(名詞)ナポレオンの苗字。コルシカ出身ゆえに元々はブオナパルテというイタリア風の綴りだったが、軍での出世を重ねるにつれ、フランス風のボナパルトに改名し、署名も改めたもの。

ボナペティ(Bon appetit,2019)・・(成句)たっぷり召し上がれ

ボヌール(Bonheur,2014)・・(名詞)幸福、幸せ、幸運、運、つき、僥倖、見事さ

ボヌールアヴ(Bonheur à vous,2016)・・(成句)幸せをあなたに

ボネルージュ(Bonnet rouge,2004)・・(名詞句)赤い帽子(フランス革命の時に革命軍側が着用した赤い自由帽のこと)

ボムール(Beaux mœurs,1989)・・(名詞句)美しい風俗

ポルタヴィオン(Porte-avions,2014)・・(名詞)航空母艦(直訳すると「飛行機を乗せるもの」)

ポルテシャンス(Porter chance,2011)・・(成句)幸運をもたらす

ポルテボヌール(Porter bonheur,1996)、ポルトボナール(2012)・・(成句)幸福をもたらす

ポルト(Porte,2010)・・(名詞)出入口、門、戸口、ドア

ポルトヴェッキオ(Porto-Vecchio,2018)・・(地名)コルシカ島東岸のコミューン。島内ではアジャクシオバスティアに次ぐ第3の都市であり、塩田とリゾートで有名。語源はイタリア語で「古い港」を意味する(Wiki

ポルトドレーヴ(Porte du rêve,2013)・・(名詞句)夢の扉

ポルトドートウィユ(Porte d'Auteuil,2012)・・(名所)ロンシャン競馬場ローランギャロステニスクラブの最寄り駅。無料バスが出る(Wiki

ポルトドール(Porte d’or,2020)・・(名詞句)金の扉(母馬の名はレクレドール(金の鍵))

ポルトフォイユ(Portefeuille,2013)・・(名詞)財布、札入れ

ポルトボヌール(Porte-bonheur,2002)・・(名詞)お守り、幸福のマスコット(直訳すると「幸福を呼ぶもの」)

ポルトルージュ(Porte rouge,2007)・・(名詞句)赤い扉

ボルドー(Bordeaux,2013)・・(地名)フランス南西部最大のコミューンにして、ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏の首府。言わずと知れたボルドーワインの産地として有名(Wiki

ボワスリジエ(Bois cerisier,2013)・・(名詞句)サクラ材(木肌は緻密で、品質は重硬で加工性に優れ、高級家具、楽器、版画などに使われてきた)

ポワティエ(Poitiers,2010)・・(地名)フランス西部の要衝にあるコミューン。フランク王国成立時や百年戦争時の古戦場としてその名を残す(Wiki

ポワドサントゥール(Pois de senteur,2010)・・(名詞)スイートピー(直訳すると「香りの豆」)

ボワレット(Voilette,2011)・・(名詞)ベール(夫人帽につける小さい網状のもの。ヴォワル(Voile、ベール)の語尾に縮小辞のetteを付ける)

ポワンキュルミナン(Point culminant,2020)・・(名詞句)頂点、最高峰

ポワンテュ(Pointu,2019)・・(形容詞)尖った、鋭い、声が甲高い、最先端の

ポムロール(Pomerol,2015)・・(地名)ボルドーワインの産地の1つ。村内の「シャトー・ペトリュス」は、現在もっとも高価なブランドの1つになっている(Wiki)。

ボンヴィヴァン(Bon vivant,1999)・・(名詞句)楽天家、享楽主義者、美食家

ボンカマラード(Bon camarade,2009)・・(名詞句)良い仲間、同僚

ボンクラージュ(Bon courage,2019)・・(成句)頑張れ!しっかり!

ボンサンス(Bon sens,1991)・・(名詞句)分別、良識、常識

ボンサンテ(Bonne santé,2016)・・(名詞句)健康

ボンシュマン(Bon chemin,2017)・・(名詞句)良い道筋

ボンジュールBonjour,2006)・・(名詞)おはよう、こんにちは

ボンセジュール(Bon sejour,2011)・・(名詞句)幸せな滞在

ボンテアトル(Bon théâtre,2013)・・(名詞句)良い劇場

ボンディマンシュ(Bon dimanche,2016)・・(成句)良い日曜日を(お過ごしください)

ボンディール(Bondir,2004)・・(動詞)跳ねる、弾む

ポンデザムール(Pont des amours,2010)・・(名詞句)フランス南東部のアヌシー湖畔、ヴァッセ運河の入り口にある歩道橋。恋人同士が橋の真ん中でキスをすると一生結ばれるという伝説から「愛の橋(直訳)」と呼ばれるようになった(Wiki

ポンデザール(Pont des arts,2015)・・(名所)パリのセーヌ川に架けられた鉄製の橋。直訳すると「芸術橋」(Wiki

ポンデュガール(Pont du gard,2002)・・(名所)フランス南部・ガール県のガルドン川に架かる水道橋である。ユゼスからニームへ水を運ぶための水路の途中にあり、古代ローマ時代、西暦50年頃建設された(Wiki

ポンドゥレーヴ(Pont de rêve,2010)・・(名詞句)夢の橋

ボンナヴァン(Bon en avant,2013)・・(名詞句)躍進(中国の大躍進政策のことをグランボンナヴァン(Grand Bond en avant)という)

ボンナキュイ(Bon accueil,2015)・・(名詞句)おもてなし

ボンニデー(Bonne idée,2013)・・(名詞句)良い考え

ボンヌヴェル(Bonne nouvelle,2012)・・(名詞句)良い知らせ

ボンヌシャンス(Bonne chance,2017)・・(成句)幸運を祈る

ボンヌジュルネ(Bonne journée,2012)・・(成句)良い一日を

ボンヌマール(Bonnes-mares,2003)・・(地名)モレ・サン・ドニ村とシャンボール・ミュジニー村にまたがる特級畑ワインの特級畑

ボンネット(Bonnet,2015)・・(名詞)(女性・子供用の)帽子

ボンバルドマン(Bombardement,2008)・・(名詞)砲撃、爆撃

ボンフェム(Bonne femme,1996)・・(名詞句)良妻(転じて家庭料理、田舎風料理の意味を併せ持つ)

ボンボニエール(Bonbonnière,2010)・・(名詞)菓子入れ(元々はボンボン(Bonbon、糖衣菓子・砂糖菓子)を入れる菓子器を指す語だったが記念品としての性格が生じて、装飾性の高いものが生み出され、またここから転じて祝い事に贈られる小物を指すようになった(Wiki))

ボンボワイヤージュ(Bon voyage,2002)・・(成句)良い旅を

ポンポンルージュ(Pompon rouge,2017)・・(名詞句)赤い房飾り(フランスの縁起物。水兵のベレー帽についている赤いポンポンのこと)

ボンマリアージュ(Bon mariage,2016)・・(名詞句)楽しい結婚

ボンマルシェ(Bon marché,2013)・・(名詞句)お買い得

ボンモマン(Bons moments,2017)・・(名詞句)良いひと時

ボンルット(Bonne route,2015)・・(成句)良い旅を

ボーギャルソン(Beau garçon,2013)・・(名詞句)美少年

ボージェスト(Beau geste,2011)・・(名詞句)美しい仕草

ボーシエル(Beau ciel,2013)・・(名詞句)美しい空

ボーシュヴァル(Beau cheval,2007)・・(名詞句)美しい馬

ボージョレー(Beaujolais,1982)・・(地名)リヨンの北に位置する地区の名前で、ワインの産地として有名(Wiki

ボーセジュール(Beau séjour,2006)・・(名詞句)美しい住処(ボルドーのワイン製造ブランド(シャトー)の名前)

ボーソレイユ(Beau soleil,2006)・・(名詞句)美しい太陽

ボートルサンテ(Votre santé,1997)・・(名詞句)あなたの健康(最初にÁを付けると、乾杯!の意味になる)

ボーノワール(Beau noir,2013)・・(名詞句)美しい黒

ボーパラディ(Beau paradis,2011)・・(名詞句)美しい楽園

ボーパルファム(Beau parfum,2014)・・(名詞句)美しい香水

ボープランタン(Beau printemps,2011)・・(名詞句)美しい春

ボーマタン(Beau matin,2005)・・(名詞句)美しい朝

ボーマルシェ(Beaumarchais,2020)・・(人名)18世紀の劇作家。「セビリアの理髪師」「フィガロの結婚」「罪ある母」からなるフィガロ3部作を残した(1732-1799)(Wiki

ボーマンド(Beau monde,2003)・・(名詞句)美しい世界

ボーメック(Beau mec,2004)・・(名詞句)美しい野郎(メックという単語は、父親のバブルガムフェローからの連想と思われる)

ボーリヴァージュ(Beau rivage,2016)、ボーリヴァージ(2003)、ボウリバージュ(1991)・・(名詞句)美しい海岸、岸辺(F1モナコGPが行われるモンテカルロ市街地コースの2コーナーの愛称。ほぼ直線の緩やかなコーナーであるため、アクセル全開で迫力ある走行が見られる)

マイヨアポア(Maillot à pois,2018)・・(名詞句)水玉のゼッケン(ツールドフランスで山岳賞を獲得した選手が着用を許される栄誉あるゼッケン。白地に赤い水玉模様のジャージで、正式名称はマイヨブランアポワルージュ(Maillot blanc à poirs rouge)(Wiki))

マイヨヴェール(Maillot vert,2015)、マイヨベール(2001)・・(名詞句)緑色のゼッケン(ツールドフランスでポイント賞の選手が着用を許される栄誉あるゼッケン)

マイヨジョンヌ(Maillot jaune,1990)・・(名詞句)黄色いゼッケン(ツールドフランスで総合ランクトップの選手が着用を許される栄誉あるゼッケン)

マイヨブラン(Maillot blanc,2016)・・(名詞句)白いゼッケン(ツールドフランスで25歳以下の総合ランクトップの選手が着用を許される栄誉あるゼッケン)

マカオンドール(Machaon d’or,2018)・・(名詞句)黄金のアゲハ蝶

マカオンブラン(Machaon blanc,2017)・・(名詞句)白いアゲハ蝶

マカロンドナンシー(Macaron de Nancy,2006)・・(名詞句)ナンシーというコミューンで作られる名物のマカロンのこと。表面はかなり固く中は柔らかいのが特徴。スールマカロン(修道女のマカロン)ともいう。

マキアージュ(Maquillage,2019)・・(名詞)化粧、メイク、偽造

マキシマムドパリ(Maximum de Paris,2012)・(名詞句)パリの最大、極限(あまり使わない言い方だと思う)

マシェール(Ma chère,2014)・・(名詞句)私の大切な人

マジストラル(Magistral,2016)・・(形容詞)見事な、大した、先生の

マジョリテ(Majorité,1999)・・(名詞)大多数、大半、成年

マダムポンパドール(Madame Pompadour,1989)・・(名詞句)ルイ15世の公妾。 ブルジョワ階層からその美貌と機知で伸し上がり、君主の側近、友人として影響力を持ち続けた。コンコルド広場の設営やセーヴル陶器工場の創設の奨励も彼女の功績とされる(1721-1764)(Wiki

マックロウ(Maquereau,1997)・・(名詞)鯖、女たらし、ジゴロ

マドモアゼル(Mademoiselle,2015)・・(名詞)・・お嬢さん(未婚女性を指す敬称として使われてきたが、昨今のポリティカルコレクトネスの流れから、マダムで統一する流れになりつつある)

マドモワゼルドパリ(Mademoiselle de Paris,2001)・・(名詞句)パリのお嬢さん

マトラッセ(Matlassé,2015)・・(名詞)キルティング生地(形容詞)詰め物をした、キルティング

マニフィック(Magnifique,2018)・・(形容詞)見事な、素晴らしい、非常に美しい

マノワール(Manoir,2010)・・(名詞)館、邸宅、屋敷(領地に囲まれ、代々引き継がれた建物を意味する。シャトー(Château)と異なり、普通塔や天守閣は存在しない)

マプティット(Ma petite,2010)・・(名詞句)私の可愛い女の子

マリアジュダムール(Mariage d’amour,1994)・・(名詞句)恋愛結婚

マリアージュ(Mariage,2005)・・(名詞)結婚、結婚式

マリスドランジュ(Malice de l’ange,2017)・・(名詞句)天使のいたずら

マリヨンヌ(Marions-nous,2019)・・(成句)結婚しよう(結婚する(Se marier)の命令法2人称現在形)

マルキーズ(Marquise,2016)・・(名詞)貴婦人、侯爵夫人

マルクデラポム(Marque de la pomme,2013)・・(名詞句)リンゴのマーク

マルクパージュ(Marque-page,2020)・・(名詞)(本のページに挟む)栞

マルクプレンヌ(Marques pleines,2011)・・(名詞句)満点

マルシュロレーヌ(Marche lorraine,2016)・・ロレーヌ行進曲(1892年にルイ・ガンヌが作曲したフランスの愛国歌)

マルセイユ(Marseille,2015)・・(地名)フランス南部のコミューン、人口はパリに次いで2位。地中海を臨む最大の港湾都市にして、南フランスにおける貿易・商業・工業の一大中心地。ペタング、ブイヤベースなどが有名(Wiki

マルダムール(Mal d’amour,1996)・・(名詞句)恋煩い

マルティニーク(Martinique,2007)・・(地名)フランスの海外県の1つで、本土から遠く離れたカリブ海西インド諸島に浮かぶ島。面積は札幌市とほぼ同じだが人口は40万人ほど。野生動物など独特の生態系を持つ。

マルトロワ(Martroi,2015)・・(地名)(同名のコミューンもあるがここでは)オルレアンにあるジャンヌダルク銅像が立つ広場の名前。

マルルットゥ(Ma louloutte,2019)・・(名詞句)私の愛しい子(くだけた言い方。英語だとマイハニーが近い)

マレオット(Marée haute,2008)・・(名詞句)満潮

マントゥノン(Maitenant,2018)・・(副詞)今、今では、今すぐに、今後は、さて

マントン(Menton,2014)・・(地名)フランス南西部のコミューン。地中海沿岸に位置しイタリアのコムーネであるヴェンティミリアと国境を形成する。モナコも近い。特産品のレモンでもよく知られる(Wiki

ミエルドール(Miel d’or,2018)・・(名詞句)黄金のはちみつ

ミティーク(Mythique,2005)・・(形容詞)神話の、神話的な、架空の

ミトロジー(Mythologie,2016)・・(名詞)神話、伝説

ミニアチュール(Miniature,2020)・・(名詞)ミニチュア、模型、細密画、装飾文字(同じ綴りで英単語としても流用されているが、その場合の発音はミニアチュアーに近い)

ミニョネット(Mignonnette,2010)・・(形容詞)可愛らしい、ちょっと素敵な(ミニョン(Mignon、可愛い)に指小辞のetteを付けてより小さく可愛らしいものであることを示す。名詞としては、可愛い娘、砂利、粗びき胡椒などの意味もある)

ミニョン(Mignon,2019)、ミノン(2009)・・(形容詞)可愛い、小さい、可憐な

ミニョンヌ(Mignonne,2015)・・(形容詞)可愛い、小さい、可憐な(女性形)

ミュゲドボヌール(Muguet de bonheur,2000)・・(名詞句)幸福のスズラン

ミュゲロワイヤル(Muguet royal,1985)・・(名詞句)国王のスズラン、素晴らしいスズラン

ミュルザンヌ(Mulsanne,2007)・・(地名)フランス中西部サルト県のコミューン。ルマン24のサルトサーキットの南東部にほんの少しだけ接しており、ヴィラージュ・ドゥ・ミュルザンヌ(Virage de mulsanne)というコーナーを形成している(Wiki

ミュルミューレ(Murmure,2014)・・(動詞)囁く、呟く

ミラージュMirage,2016)・・(名詞)蜃気楼、幻想

ミルサジェス(Mille sagesses,2003)・・(名詞句)たくさんの知恵

ミルニュイ(Mille nuits,2019)・・(名詞句)千の夜(千夜一夜物語はレミルエユヌニュイ(Les Mille et Une Nuits)と表す)

ミルフィーユ(Mille-feuille,1994)・・(名詞)フランス発祥の菓子で、四角く広げた小麦粉生地に平らにしたバターを乗せ、何回も折りたたんで焼き上げ、チョコやクリームと絡める。直訳すると「千枚の葉」になる(Wiki

ミルフルール(Mille fleurs,2005)・・(名詞句)たくさんの花(Mille-fleursだとタペストリー等に用いられる千花模様の事を指す)

ミルレーヴ(Mille rêves,2020)・・(名詞句)たくさんの夢

ムジェーヴ(Mugève,2007)・・(地名)フランス南東部、オート=サヴォワ県のコミューン。人口3千人ほどだが、イタリア、スイスの国境に近いスキーリゾートとして有名(Wiki

ムジック(Musique,2018)・・(名詞)音楽、楽譜、楽団

ムスカテール(Mousquetaire,2008)・・(名詞)近衛騎兵、マスケット銃兵(17,18世紀頃に存在した新しい騎兵集団のこと。アレクサンドル・デュマの三銃士で有名になった)

ムッシュ(Monsieur,2007)・・(名詞)~氏、~さん(男性に対する敬称)

ムーランアジュール(Moulin azur,2017)・・(名詞句)紺碧の風車

ムーランアルザン(Moulin alezan,2019)・・(名詞句)栗毛色の風車

ムーランアンディゴ(Moulin andigo,2017)・・(名詞句)藍色の風車

ムーランヴェール(Moulin vert,2004)・・(名詞句)緑の風車小屋

ムーランシャタン(Moulin Châtain,2019)・・(名詞句)栗色の風車

ムーランジョンヌ(Moulin jaune,2020)・・(名詞句)黄色い風車

ムーランドール(Moulin d’or,2020)・・(名詞句)黄金の風

ムーランナヴァン(Moulin-à-vent,2015)・・(名詞)ワイン生産で有名なボジョレー地区の中の畑の1つ。付近を一望できる丘の上にある300年以上経つ歴史的建造物の風車から名付けられた。直訳すると「風車」(Wiki

ムーランノワール(Moulin noir,2016)・・(名詞句)黒い風車

ムーランブラン(Moulin blanc,2016)・・(名詞句)白い風車

ムーランブルー(Moulin bleu,2020)・・(名詞句)青い風車

ムーランルージュ(Moulin Rouge,2002)・・(名所)パリのモンマルトルにある伝説的キャバレー。直訳すると「赤い風車」という意味で、実際に屋根の上に赤い風車がある(Wiki

メサジェ(Messager,2003)・・(名詞)使者、伝達者

メジェール(Mégère,1997)・・(名詞)メガイラ。ギリシャ神話の復讐の女神の一人。直訳すると「性悪女」、「ヒステリックな女」、「意地悪女」だが、多分その意味でない(Wiki

メゾンドブルボン(Maison de Bourbon,2007)・・(名詞句)ブルボン家。ヨーロッパの王家で、フランス王家カペー家の支流の一つ。かつてのフランス王家、また現在のスペイン王家であり、さらに両シチリア王国など現在のイタリアの一部を治めていた家系もある。現在のルクセンブルク大公家も男系ではブルボン家の後裔(Wiki

メゾンドール(Maison d'or,1988)・・(名詞句)黄金の家

メゾンブランシュ(Maison blanche,1989)・・(名詞句)白い館

メダイユドール(Médaille d'or,2003)・・(名詞句)金メダル

メタヤージュ(Métayage,2007)・・(名詞)分益小作制、定率小作制

メテオールブラン(Météore blanc,1990)・・(名詞句)白い彗星

メランジュール(Mélangeur,2010)・・(名詞)混ぜ合わせる人、攪拌する人(直感的にミキサーと訳したくなるが、その意味の場合はメランジューズ(Méangeuse)と女性形を使う)

メリヴェイユ(Merveille,2019)・・(名詞)驚嘆、素晴らしいもの

メモラーブル(Mémorable,2018)・・(形容詞)記憶すべき、忘れがたい

メルシー(Merci,2010)・・(名詞)有難う、感謝します

メルドオール(Mer d’or,2012)・・(名詞句)黄金の海

メートルダール(Maître d'art,2013)・・(名詞句)芸術の匠(フランスの伝統工芸の最高技能者に授与される称号。日本の人間国宝に相当する(Wiki))

メールジュノール(Mer du nord,1981)・・(名詞句)北の海

メールデソレ(Mer désolée,2016)・・(名詞句)荒涼とした海

メールドグラース(Mer de Glace,2015)・・(名所)アルプス山脈モンブラン北壁にある同国最大の氷河。直訳すると「氷の海」(Wiki

メールブランシュ(Mer blanche,1994)・・(名詞句)白い海

メールブルー(Mer bleue,2019)・・(名詞句)青い海

モナムルーズ(Mon amoureuse,2012)・・(名詞句)私の愛しの彼女

モナムールフィーユ(Mon amour fille,2008)・・(名詞句)私の愛する娘(フランス語には本来、名詞を並べる用法はなくこの場合、愛を意味するアムール(Amour)が形容詞的に使われている)

モナンジュ(Mon ange,2008)・・(名詞句)私の天使(赤ん坊の呼び方としてよく使われる)

モナンファン(Mon enfant,1985)・・(名詞句)私の子供

モネ(Monet,2019)・・(人名)画家。フランス印象派を代表し「印象・日の出」「睡蓮」などの名画を残した(1840-1926)(Wiki

モリエール(Molière,1999)・・(人名)劇作家。鋭い風刺を効かせた数多くの優れた喜劇を制作し、フランス古典喜劇を完成させた(1622-1673)(Wiki

モルレー(Morlaix,2019)・・(地名)フランス本土中西部の果てのコミューン。調べたけど何が有名か良く分からない(Wiki

モワルー(Moelleux,2018)・・(形容詞)柔らかい、快い

モンアムール(Mon amours,2015)、モナムール(2002)・・(名詞句)私の愛する人、私の愛

モンヴァントゥ(Mont Ventoux,2015)・・(名所)フランス南部、コートダジュール近くの山。風が強く吹き荒れる。専用の自転車道を持ちツールドフランスの舞台としても有名(Wiki

モンヴェール(Mon vert,2003)・・(名詞句)私の緑

モンオール(Mon or,2016)・・(名詞句)私の金

モンキャドー(Mon cadeau,2018)・・(名詞句)私のプレゼント

モングラン(Mon grand,2016)・・(名詞句)私の大きな存在

モンサンミシェル(Mont Saint-Michel,2004)・・(名所)砂地にそそり立つ城塞のような修道院。8世紀創建。聖地として多くの巡礼者が集うが近年は世界遺産としてあまたの観光客が訪れる。名物のふわふわオムレツもよく知られる(Wiki

モンシェリー(Mon chéri,1999)・・(名詞句)愛しの君

モンシェル(Mon cher,2011)・・(名詞句)愛しの君(手紙の序文に書く言葉)

モンシュヴァル(Mon cheval,2019)・・(名詞句)私の馬

モンシュバリエ(Mon chevalier,2014)・・(名詞句)私の騎士

モンストール(Monstre,2009)・・(名詞)怪物、怪獣

モンスリール(Mon sourire,2015)・・(名詞句)私の笑顔

モンスールデジール(Mon seul desir,2013)・・(名詞句)我が唯一つの望み(一般的には、クリュニー国立中世美術館収蔵の傑作六連タペストリー「貴婦人と一角獣」の中の一つ、Á mon seul desirとして有名。必見(Wiki))

モンセルバン(Mont Cervin,2006)・・(地名)アルプスに属する4,478mの山。日本ではドイツ語名のマッターホルンがよく知られる。鋭角にそびえたつフォルムが美しい。

モンタルジー(Montargis,2016)・・(地名)フランス中部北側、ロワレ県のコミューン。ガチーナのヴェネツィアとも呼ばれ、ブリッジの回路を通じた運河沿いの橋の風景などが有名(Wiki

モンタージュ(Montage,2010)・・(名詞)フィルム編集、組立、企画

モンターニュドール(Montagne d'or,2002)・・(名詞句)黄金の山

モンド(Monde,1989)・・(名詞)世界、地球、宇宙、天地万物、社会、世の中

モンドアルジェンテ(Monde argenté,2012)・・(名詞句)銀世界

モンドヌーヴォー(Monde nouveau,2016)・・(名詞句)新しい世界

モントルイユ(Montreuil,2015)・・(地名)国内には幾つか同名の地名があるが、代表的なのはパリ郊外のコミューン。蚤の市で有名(Wiki

モントルルシュマン(Montre le chemin,2012)・・(成句)手本を示す

モントレゾール(Mon trésor,2001)・・(名詞句)私の宝(Montrésorだとランス中西部にあるルネサンス様式の古城の名前、もしくはそれが所在するコミューン名になる(Wiki))

モンドール(Mont d’or,2013)・・(名詞句)スイス、フランスで製造されるチーズの名前。ジュラ山脈の高地で放牧される牛の牛乳から作られる。柔らかく、独特の芳香を持つ。直訳すると「金の山」(Wiki

モンネトワール(Mon étoile,1986)・・(名詞句)私の星

モンパスタン(Mon passe-temps,2017)・・(名詞)私の気晴らし

モンパルナス(Montparnasse,2015)・・(地名)パリ14区に所在する地区の名前。1920年代には芸術、流行の発信基地として栄えた。現在でも地名としては世界的な知名度を誇る(Wiki

モンファボリ(Mon favori,2018)・・(名詞句)私のお気に入り

モンファロン(Mont faron,2015)・・(名所)フランス南部地中海にあるトゥーロン港に面した584mの山。頂上からは壮大な景色が楽しめる(Wiki

モンプティクール(Mon petit cœur,2003)・・(名詞句)私の愛しい人

モンブラン(Mont Blanc,2010)・・(名所)イタリアとの国境にあるヨーロッパアルプスの最高峰。標高4,807m。ただしヨーロッパのカテゴリーではロシアのエルブルス山(5,642m)にその地位を譲る(Wiki

モンプランス(Mon prince,2015)・・(名詞句)私の王子様

モンプレジール(Mon plaisir,2010)・・(名詞句)私の歓び

モンフレール(Mon frère,2003)・・(名詞句)私の兄弟

モンペルデュ(Mont Perdu,2016)・・(地名)ピレネー山脈の中心、フランスとスペインにまたがる山。標高3,348m。直訳すると「失われた山」で、フランス側から目視が困難な立地であることに由来する。山地一帯で世界遺産に登録されている(Wiki

モンマジュール(Montmajour,2015)・・(名所)ゴッホの絵「モンマジュールの夕暮れ(Coucher de soleil à Montmajour)」のモチーフとなった修道院の名前。アルルに現存する。(父マツリダゴッホから取った名前と思われる)(Wiki

モンマルトル(Montmartre,2012)・・(名所)フランスの首都パリで一番高い丘(標高130メートル)。元々はこの丘を含む一帯のコミューンを形成していたが、1860年にその一部がパリに併合されてセーヌ川右岸のパリ18区となり、パリ有数の観光名所となった。

モンラッシェ(Montrachet,2011)・・(名詞)フランスブルゴーニュ地方産辛口の白ワインの銘柄。生産量が非常に少なく、世界で最も貴重な白ワインの1つとして知られる(Wiki

モンルージュ(Montrouge,2004)・・(地名)パリの南西に隣接し都市圏を構成する都市。直訳すると赤い山。

モンレーブ(Mon rêve,1994)・・(名詞句)私の夢

ユッセ(Usse,2013)・・(名所)フランス中西部のロワール渓谷沿いにある城の1つ。シャルル・ペローが『眠れる森の美女』の作品を書いた場所であり、物語の舞台のモデルとなった。世界遺産シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に含まれる(Wiki

ユナリオンス(Une alliance,2015)・・(名詞)同名、連合、結束、結び付き、調和(公式的には、結婚指輪の意味。アノーダリアンス(Anneau d’alliamceとも)

ユニヴェール(Univers,2009)、リュニヴェール(L'univers,2015)・・(名詞)宇宙、万有

ユニルドール(Une île d'or,2014)・・(名詞句)黄金の島

ユヌエトワール(Une étoile,2017)・・(名詞句)星

ユノートルベル(Une autre belle,2016)・・(名詞句)もう一人の美女

ユペール(Huppert,2018)・・(人名)女優。イザベル・ユペールカトリーヌ・ドヌーヴと並ぶフランス映画界の大物。本当に色んな映画によく出てる(1953-)(Wiki

ユンヌフルール(Une fleur,1993)・・(名詞)一輪の花

ユンヌペルル(Une perle,2007)・・(名詞)真珠

ユーヌベルファム(Une belle femme,2011)・・(名詞句)美しい女性

ラヴァルス(La valse,2009)・・(名詞)モーリス・ラヴェルの発表した管弦楽曲の名前。直訳すると「ワルツ」(Wiki

ラヴィ(La vie,2014)・・(名詞)生命、人生、生涯、生計、生活、生気

ラヴィアージュ(La Vierge,2011)・・(名詞)聖母マリア

ラヴィアンクレール(La vie en claire,2008)・・(名詞句)明るい人生、生活

ラヴィアンブルー(La vie en bleu,1994)・・(名詞句)青い人生、生活

ラヴィアンフルール(La vie en fleurs,2010)・・(名詞句)花のある人生、生活

ラヴィアンレーヴ(La vie en rêve,2016)・・(名詞句)夢のような人生、生活

ラヴィアージュ(La vierge,2011)・・(名詞)処女、聖母マリア、乙女座

ラヴィエベール(La vie est belle,2013)、ラヴィエベル(1997)・・(成句)人生は美しい

ラヴィクトワール(La victoire,2011)・・(名詞)戦勝、勝利

ラヴィサン(Ravissant,2004)・・(形容詞)うっとりさせる、恍惚とさせる

ラヴィスタ(La vista,2006)・・(名詞)景観、視界、視力、姿

ラヴィソント(Ravissante,2014)・・(形容詞)うっとりさせる、恍惚とさせる(女性形)

ラヴィッスマン(Ravissement,2016)・・(名詞)恍惚、有頂天

ラヴィテス(La vitesse,2016)・・(名詞)速さ、速度

ラヴィドール(La vie d’or,2008)・・(名詞句)黄金の人生

ラヴィネルージュ(La vigne rouge,2018)・・(名詞句)赤い葡萄畑(ゴッホの生前に売れた唯一の絵画の名前(Wiki))

ラヴィベル(La vie belle,2012)・・(名詞句)美しい人生

ラヴィレット(La Villette,2013)・・(名所)パリにある市内最大の公園。面積は55ha(大きすぎる)。ナポレオン3世によって建設された食肉処理場の跡地をミッテラン大統領時代に再開発したもの(Wiki

ラヴィール(Ravir,2001)・・(動詞)心を奪う、魅了する

ラヴェニール(L'avenir,2006)・・(名詞)将来、未来、前途、運命、将来性、後世

ラヴォアドゥース(La voix douce,2017)・・(名詞句)心地よい声

ラクラルテ(La clarté,2011)・・(名詞)光、透明さ、明晰

ラグランドセーヌ(La grand scène,2008)・・(名詞句)大舞台

ラグランダルシュ(La grande arche,2014)・・(名所)新凱旋門(パリ近郊のラ・デファンス地区)にある超高層ビルWiki))

ラグランドセーヌ(La grande scène,2008)・・(名詞句)大舞台

ラグルーラ(Lagrula,2013)・・(人名)天文学者の名前。リヨン、キト、アルジェの各天文台で勤め、小惑星リュミエール」を発見した(1870-1941)(Wiki

ラクープ(La coupe,1997)・・(名詞)優勝杯、グラス、盃

ラコンコルド(La Concorde,2016)・・(名所)コンコルド広場(パリのシャンゼリゼ通りの東側終点に当たる大広場。ルイ15世広場、革命広場を経て今の名前に。名詞としての意味は和合、融合、一致など)

ラコンタール(Raconteur,2019)・・(名詞)語る人、話好きな人(コントゥール(Conteur)の方が良く使われるみたい)

ラコンテ(Raconter,2019)・・(動詞)物語る、描写する

ラジェドール(L'âge d’or,2018)・・(名刺句)黄金時代

ラシャンスダムール(La chance d’amour,2018)・・(名詞句)バラの品種の名前。薄いオレンジの淡い色合いに特徴がある。直訳すると「愛の幸運」

ラシンティランテ(La scintillante,2009)・・(名詞句)きらめき(きらめくを意味するサンティエ(Scintiller)という動詞の現在分詞の女性形に、定冠詞をつけて名詞化したもの。「イン」の発音はフランス語になく、ラサンティランテの発音の方が実態に近い)

ラスール(La seule,2019)・・(名詞)ただ一人の人、ただ一つのもの、唯一の人(もの)

ラセーヌ(La Seine,2007)・・(地名)セーヌ川。全長780km。フランスではロワール川に続いて第二の長さを誇る。ディジョンの北西30kmの海抜471mの地点に源を発し北西に向かい、パリを流れ、蛇行しながらル・アーヴルとオンフルールの間のセーヌ湾に注ぐ(Wiki

ラソワ(La soie,2008)・・(名詞)絹、絹織物

ラソワドール(La soie d’or,2015)・・(名詞句)黄金の絹

ラタンドレス(La tendresse,2013)・・(名詞)優しさ、愛情

ラターシュ(La tâche,2006)・・(名詞)仕事、任務

ラダームブランシェ(La dame blanche,2012)・・(名詞句)白い貴婦人

ラデファンス(La Défense,2000)・・(名所)1958年に建設が始まったパリ西側郊外の新開発地区。前衛的な建物も多い(Wiki

ラテール(La terre,2017)・・(名詞)地球、地面、陸

ラトワール(La toile,2020)・・(名詞)(薄地の亜麻・木綿の)布地、平織物

ラナチュール(La nature,2012)・・(名詞)自然、景観、本性

ラバニーユ(La vanille,2012)・(名詞)バニラ

ラバヤデール(La bayadère,2000)・・(名詞)舞姫、巫女

ラパレット(La palette,1993)・・(名詞)パレット、色彩群、へら

ラバレンヌ(La baleine,2020)・・(名詞)クジラ

ラパンセソバージュ(La pensée sauvage,2017)・・(名詞句)野生の思考

ラパンLapin,2019)・・(名詞)うさぎ(転じて、ずる賢い男、大胆な男を指す意味もある)

ラパンアジルLapin agile,1998)・・(名詞句)素早いウサギ(パリ18区モンマルトルにある歌声喫茶として有名(Wiki

ラバンガルド(L'avant-garde,2007)・・(名詞)前衛、先端、アバンギャルド

ラパンドネージュLapin de neige,2019)・・(名詞句)雪うさぎ

ラパンノワールLapin noir,2013)・・(名詞句)黒うさぎ

ラパンラピッドLapin rapide,2020)・・(名詞句)素早いうさぎ

ラパンルージュLapin rouge,2012)・・(名詞句)赤兎馬(直訳すると赤うさぎ)

ラパージュ(La page,2009)・・(名詞)ページ、紙面、出来事、時代

ラパールデザンジュ(La part des anges,2018)・・(名詞句)天使の分け前(ワインやブランデー、ウィスキーなど、その製造工程で熟成を要する酒類において、熟成中に水分・アルコール分が蒸発し、最終的な製造量が目減りすること)

ラビアンローズ(La vie en rose,2006)・・(名詞句)バラ色の人生(エディット・ピアフの楽曲が有名。動画())

ラピエサージュ(Rapiéçage,2014)・・(名詞)継ぎ接ぎ、パッチワーク

ラビエル(Ravière,1986)・・(名詞)カブ畑(カブ類を総称した言葉、ラーヴ(Rave)の集合体の意)

ラビゴット(Ravigote,2014)・・(名詞)酢、食用油、野菜のみじん切りをベースとしたソースの一種。派生元の動詞ラヴィゴテ(ravigoter)は「元気づける」の意味で使われるので、直訳すると「元気ソース」みたいな意味になる(Wiki

ラピュセル(La pucelle,2000)・・(名詞)聖乙女、処女

ラピュルテ(La puruté,2014)・・(名詞)純粋、無垢

ラファイエット(Lafayette,1997)・・(人名)軍人、政治家。貴族出身だが自由主義者アメリカ独立戦争(​アメリカ独立革命)に従軍して名声を得た(受け売り)(1757-1834)(Wiki

ラファミーユ(La famille,2003)・・(名詞)家族、家庭、世帯、親戚、血族、名門、家系、集団、一門

ラフィナール(La finale,2004)・・(名詞)決勝戦

ラフィンクロンヌ(La fin couronne,2017)・・(成句)仕上げが仕事に栄冠を与える(フランスの諺。クロンヌは動詞Couronner(栄冠を与える、最後を飾る)の直説法現在三人称単数。)

ラフェリシテ(La félicité,2016)・・(名詞)至福、喜び

ラフォルジュルネ(La folle journée,2007)・・(名詞句)フランスのナントで年に一度開催されるフランス最大級のクラシック音楽の祭典。日本でも東京で毎年GWに行われる。直訳すると「熱狂の日」。

ラプザントゥール(La pesanteur,2011)・・(名詞)重力、重さ

ラプスドール(La pousse d’or,2008)・・(名詞句)黄金の新芽(フランス中央部のコートドール県のヴォルネ村にある有名なワイナリーの名前)

ラプティウルス(La petite ourse,2010)・・(名詞)こぐま座

ラプリュベル(La plus belle,2016)・・(形容詞句)最も美しい、一番美しい

ラプルーズ(La pelouse,2013)・・(名詞)芝生、芝地、芝、芝馬場、芝生席

ラベ(La baie,2005)・・(名詞)腕、開口、窓、ドア(フランス語で一番短い馬名の1つ)

ラペルドゥリデュ(L’appel de rideau,2014)・・(名詞句)カーテンコール(音楽、演劇、ショーなどで終幕後に観客が拍手喝采し、いったん退場した出演者を舞台に呼び戻すこと)

ラベルフィーユ(La belle fille,2005)・・(名詞句)美人

ラペーシュ(La pêche,2016)・・(名詞句)桃

ラペールノアール(La perle noire,2015)・・(名詞句)黒真珠

ラボンダンス(L'abondance,2017)・・(名詞)豊作、豊かさ、富裕

ラマルセイエーズ(La marseillaise,2016)・・(名詞)フランス国歌。元はフランス革命の際の革命歌で、マルセイユの連盟兵(義勇兵)が隊歌として歌い広まった。血生臭く、どぎつい歌詞が特徴(動画)(Wiki

ラマレ(La marée,2013)・・(名詞)潮、潮汐、海の幸

ラマージュ(Ramage,1998)・・(名詞)唐草文様、鳥のさえずり

ラミティエ(L'amitié,2009)・・(名詞)友情、仲間

ラミユール(La mûre,1987)・・(名詞)桑、キイチゴの実

ラムーレブルー(L'amour est bleu,2010)・・(成句)恋はみずいろ(ヴィッキー・レアンドロス1967年に歌い大ヒットした曲。サビの「小室、小室聞くー」の空耳で有名(歌

ラメール(La mer,2009)・・(名詞)海、海洋

ラモレイエ(Lamorlaye,2001)・・(地名)パリ北部のシャンティイ競馬場の近くにあるコミューン。ユリの森など豊かな自然を残す(Wiki

ラモンターニュ(La montagne,2011)・・(名詞)山、山岳、山地、高地

ラモントゥル(La montre,2012)・・(名詞)腕時計、懐中時計

ラモントルドール(La montre d’or,2014)・・(名詞句)黄金の腕時計

ラリュエル(La ruelle,2019)・・(名詞)小道、小路(道を示す単語リュー(rue)に比べると小幅な道を示す)

ラリュヌブランシュ(La lune blanche,2019)・・(名詞句)白い月

ラリュール(L'allure,2014)・・(名詞)様子、振舞、速さ

ラルク(L'arc,2013)・・(名詞)弓、弓形、アーチ

ラルシュドゥノア(L'arche de Noé,2014)・・(名詞句)ノアの方舟旧約聖書に登場する神ヤハウェが邪悪な人間を滅ぼすため起こした大洪水にあって、主が善良なる人であったノアとその一族だけを例外として救うためノアに命じて箱船を造らせたもの(Wiki))

ラルシュドール(L'arche d’or,2009)・・(名詞)金の弓、金のアーチ

ラルジュール(Largeur,2017)・・(名詞)幅、太さ、広さ、寛大さ

ラルブルドヴィ(L'arvre de vie,2011)・・(名詞句)命の木(古代から版画、彫刻、絵画、刺繍など、様々な装飾に用いられてきた(Wiki))

ラルムドランジュ(Larmes de l'ange,2015)・・(名詞句)天使の涙

ラルムドレザン(Larmes de raisin,2014)・・(名詞句)ブドウの涙(ブドウからワインが生成される過程を詩的に表現したもの)

ラルムドール(Larme d’or,2015)・・(名詞句)金色の涙

ラレゾン(La raison,2014)・・(名詞)理性、分別、正気、反案力、理由、原因、事由、論拠、言い分、口実、道理、良識

ラロワイヤル(La royale,2018)・・(名詞)ルイ14世の命によって1690年に建造された大型戦艦の名前(のはずなんだけど、検索してもあまり出てこない)

ランガージュ(Lanagage,2011)・・(名詞)言語、言葉、言語活動(母のエクリチュールからの発想らしい)

ラングドック(Languedoc,2015)・・(地名)南フランスの古い地域圏の名前。現在はルーションと合わせたワイン生産地として有名。語源はラテン語の「Linguae Occitanae」をフランス語に翻訳し縮めたもので、「オック語(圏)」を意味する(Wiki

ラングロワ(Langrois,2018)・・(地名)ゴッホの名作「アルルの跳ね橋」のモデルになった橋の名前。1930年に建て替えられたため絵のモチーフは現存しない(Wiki

ランコントル(Rencontre,2019)・・(名詞)出会い、遭遇、会見、試合、決闘

ランス(Reims,2016)・・(地名)フランス北部マルヌ県のコミューン。ジャンヌ・ダルクがシャルル7世を戴冠式に導いたノートルダム大聖堂などで有名。近年はパリからのアクセスが改善し観光客が増えたという。日本人はランス(Lens)という都市と混同しやすいが全くの別都市なので注意(Wiki

ランスマン(Lancement,2015)・・(名詞)発射、開始、着手

ランデブー(Rendez-vous,2008)・・(名詞)約束、予定、待ち合わせ

ランドロワ(L'Indrois,2011)・・(地名)ロワール河の支流の河川の名前(母名のモントレゾール城に沿って流れていることから名づけられたもの)

ランドネ(Randonnée,2015)・・(名詞)長歩き、小旅行

ランパデール(Lampadaire,2019)・・(名詞)街灯、フロアスタンド

ランブイエ(Rembouillet,2008)・・(地名)パリ南西50kmほどの所にあるコミューン。ランブイエ城は大統領別邸として外交にも利用される。第1回の先進国首脳会議(サミット)が開かれた場所として有名(Wiki

ランフォルセ(Renforcer,2006)・・(動詞)強くする、強固にする(音楽用語でますます強く)

ランプルール(L'empereur,2014)、ランペルール(2007)・・(名詞)皇帝、帝王

ランポルテ(Remporter,2013)・・(動詞)勝ち取る、勝利する

ラールブル(L'heure bleue,2019)、ルールブルー(2012)・・(名詞句)青い時間(昼と夜の間に、空が昼のスカイブルーよりも濃い青色でほぼ完全に埋め尽くされる僅か数分程度の時間帯のこと。別に第一次大戦前のパリを指す意味でも使われる)

リアン(Lien,2012)、ルリアン(Le lien,2017)・・(名詞)絆、繋がり

ラールプールラール(L'art pour l'art,1997)・・(名詞句)芸術のための芸術(19世紀初頭にフランスで用いられ始めた用語。芸芸術それ自身の価値は、「真の」芸術である限りにおいて、いかなる教訓的・道徳的・実用的な機能とも切り離されたものであることを示す。かっこいい(Wiki))

リアンデュソン(Lien du sang,2018)・・(名詞句)血縁

リヴァロ(Livarot,2010)・・(名詞)フランスノルマンディー地方で生産される、牛乳を原料とした刺激臭を発するウォッシュタイプのチーズ。名称は同名のコミューンの名前に由来する(Wiki

リヴァージュ(Rivage,2017)・・(名詞)海岸、浜辺、湖岸

リヴィエール(Rivière,2011)・・(名詞)川、~の流れ

リヴェール(L'hiver,2017)・・(名詞)冬、冬季

リヴゴーシュRive gauche,2012)・・(名詞句)パリを流れるセーヌ川南側地域のこと。パリ5~7区、13~15区が相当する。知識人、ミュージシャン、芸術家、教員・学生(ラテン地区など)が集中する文化地区でもある。直訳すると「左岸」。反対側はリヴドロワトゥ(右岸)という(Wiki

リヴザルト(Rivesaltes,2005)・・(地名)フランス南部の地中海に面したコミューン。名前は『高い岸辺』を意味するラテン語Ripis Altisに由来する。同名の甘口ワインの産地として有名(Wiki

リオレ(Riz au lait,2019)・・(名詞)ミルク粥、ライスプディング。米をミルクで煮て作るもので、主食としても、甘い味付けを加えたデザートとしても食される(Wiki

リオンドール(Lion d'or,2017)・・(名詞句)黄金のライオン

リコシェ(Ricochet,2020)・・(名詞)跳ね返り、影響、波及、水切り、跳ねること

リシュリュー(Richelieu,2014)・・(人名)宰相。ルイ13世の宰相として、王権の拡大に努めつつフランスの近代化に貢献した。アカデミー・フランセーズの創設者でもある。(1585-1642)(Wiki

リジョンヌ(Lys Jaune,2017)・・(名詞句)黄色い百合

リスグラシュー(Lys gracieux,2014)・・(名詞句)優美な百合(グラシューは人の外観や所作の優雅さを示す表現で、花とは通常組み合わせない。ただし1597年の本(Roque de Clermont en Beauvoisis)に遡る由緒ある表現ではあるらしい)

リセ(Lycée,1995)・・(名詞)フランスの後期中等教育機関。日本の高等学校に相当する。大まかには、3年制のバカロレア取得コース(普通コース、技術コースに大別)と、2年制の職業適性証取得コースがある(Wiki

リセエンヌ(Lycéenne,2013)・・(名詞)リセ(フランスの後期中等教育課程)の女生徒。日本で言う女子高生。男子高生はリセアン(Lycéen)と呼ぶ。

リビエールブルー(Rivière bleue,2010)・・(地名)ニューカレドニア島本島の南部にある国立公園。赤い土、緑の山並み、色濃い青い川のコントラストの中で、何千種もの在来植物や、国鳥カグーなどを見ることができる。直訳すると「青い河」(Wiki

リブラン(Lys blanc,2015)・・(名詞句)白ユリ、マドンナ・リリー

リブレドバンクLivret de banque,2012)・・(名詞句)貯金通帳

リベラシオン(Liberation,2015)・・(名詞)解放、自由化、釈放(La Liberationで1944年のフランスの国土解放の意味に。また同名の日刊紙も存在する。)

リベリュール(Libellule,2015)・・(名詞)トンボ

リベルテ(Liberté,2011)・・(名詞)自由、解放

リムーザン(Liimousin,2009)・・(地名)フランス風南部にかつて存在した地域圏の名前。名物は果物入りカスタードプディングのような洋菓子であるクラフティ(Wiki

リモージュ(Limoges,2017)・・(地名)フランス中部のヌーヴェル=アキテーヌ地域圏、オート=ヴィエンヌ県のコミューン。リモージュ磁器(白色薄手の素地に釉をかけ、その上に落着いた上絵を描く)で有名(Wiki

リヤンドキャトル(Lien de quatre,2017)・・(名詞句)4人の絆

リヤンドファミユ(Lien de famille,2010)・・(名詞句)家族の絆

リヤンドメテオール(Lien de météore,2020)・・(名詞句)流星の絆

リヤンドール(Lien d'or,2015)・・(名詞句)金の絆(対義語は金の切れ目が縁の切れ目だろうか)

リュイザン(Luisant,2014)・・(形容詞)光る、輝く、光沢のある

リュウールドレ(Lueur dorée,2018)・・(名詞句)黄金の輝き(栗毛馬の毛並みを黄金に見立てたらしい)

リュクサンブール(Luxembourg,2011)・・(名所)パリ中央にある公園。四季折々の自然の美しさ、飾られる彫像の多さで有名(Wiki

リュクス(Luxe,2005)、ルクス(1999)・・(名詞)贅沢、豪華

リュクスール(Luxueux,2006)・・(形容詞)贅沢な、豪華な

リュシオル(Luciole,2006)・・(名詞)ホタル

リュタン(Lutin,2019)・・(名詞)小妖精、小鬼、小悪魔、いたずらっ子、わんぱく小僧

リュドゥラペ(Rue de la paix,2009)・・(地名)パリ1区2区にまたがるファッションストリート。カルティエやデュヴェルロワなどの名店が並ぶ。1806年にナポレオンの命によって作られた。直訳すると「平和通り」(Wiki

リュナティク(Lunatique,2012)・・(名詞)むら気な人、気まぐれ者(形容詞)むら気な、気まぐれな(ラテン語の形容詞Lunaticus「月の影響を受けた」という言葉がルーツ。月は馬もおかしくするらしい)

リュヌダムール(Lune d’amour,2019)・・(名詞句)愛の月

リュヌドミエル(Lune de miel,2016)・・(名詞句)ハネムー

リュヌルージュ(Lune rouge,2015)・・(名詞句)赤い月

リュネット(Lunette,2014)・・(名詞)望遠鏡(複数だと眼鏡の意味になる)

リュバンスリーズ(Ruban cerise,2020)・・(名詞句)さくらんぼ色のリボン

リュバンドール(Ruban d’or,1994)・・(名詞句)金のリボン

リュバンリュージュ(Ruban rouge,1986)・・(名詞句)赤いリボン

リュベロン(Luberon,2010)・・(地名)南仏プロヴァンス地方の山麓。美しい景観が保たれている小さな村が点在する。近年は知名度が急上昇し、フランスらしさを味わう観光地として特に有名になった(Wiki

リュミエール(Lumière,2018)・・(名詞)光、灯、灯火

リュミエールドール(Lumière d'or,2014)・・(名詞句)金色の光

リュミエールノワル(Lumière noire,2019)・・(名詞句)黒い光

リュンヌ(Lune,2007)・・(名詞)月

リュンヌドネージュ(Lune de neige,2018)・・(名詞句)雪月(陰暦12月の異称)

リュードマン(Rudement,2017)・・(副詞)荒々しく、激しく

リルダヴァル(L'île d'Aval,2007)・・(名詞句)伝説の島アヴァロン島と考えられているブルターニュ地方の半島北部に突き出たところにある島名。400m×200m程の規模で驚くほど小さい。

リルドゥセルマン(L'île du serment,2018)・・(名詞句)誓いの島(ピーターメイ(Peter May)の同名の小説より引用)

リーヴル(Livre,2016)・・(名詞)本、書物(女性名詞で単位を示す意味もある。計量単位としては1リーヴル≒500グラムであり、また通貨単位としても使われていた。)

ルアンジュ(Le ange,2012)・・(名詞)天使(本来はランジュと縮約する)

ルアーブル(Le Havre,2001)・・(地名)フランス北西部のコミューン。大西洋岸に位置する都市の中では最大規模を誇る。第二次世界大戦後に再建された大規模な都市の街並みは世界遺産に登録されている(Wiki

ルアージュRouage,2002)・・(名詞)歯車、仕組、機構

ルイドール(Louis d’or,2008)・・(名詞句)17,18世紀にルイ13世~16世によって発行された金貨。22金で統一され流通量も多かったことから、現在もアンティークコインとして普通に取引されている。

ルヴァン(Le vent,2017)・・(名詞)風

ルヴァンヴェール(Le vent vert,2018)・・(名詞句)緑の風

ルヴァンクレール(Le vent clair,2005)・・(名詞句)透き通った風

ルヴァンシュ(Revanche,2004)・・(名詞)復讐、報復

ルヴァンスレーヴ(Le vent se lève,2015)・・(成句)風立ちぬポール・ヴァレリーの詩から取られたもの。« Le vent se lève! il faut tenter de vivre! »のフレーズはあまりにも有名。 「風立ちぬ、いざ生きめやも」と訳したのは堀辰雄

ルヴァンドヴェール(Le vent de vert,2006)・・(名詞)緑の風

ルヴァンノワール(Le vin noir,2018)・・(名詞句)黒ワイン(マルベックというブドウ品種から造られるワインのこと)

ルヴィオロヌー(Le violoneux,1989)・・(名詞)バイオリン弾き(オッフェンバックオペレッタの作品名として有名)

ルヴィーヴル(Revivre,2017)・・(動詞)生き返る、甦る

ルヴェソンヴェール(Lever son verre,2011)・・(成句)乾杯(直訳すると「グラスを上げよ」)

ルヴェデュソレイユ(Lever du soleil,2011)・・(名詞)日の出

ルヴェリエ(Le Verrier,1988)・・(名詞)小惑星の名前(もとは海王星の存在予測をしたフランスの天文学者の名前に因む(Wiki))

ルヴェルソー(Le Verseau,2017)・・(名詞)水瓶座(星座。水を注ぐもの(Verser+Eau)が語源。英語だとAquarius)

ルヴェルディ(Reverdy,2019)・・(人名)フランスの詩人、ピエール・ルヴェルディのこと。キュビズムの詩人にしてシュルレアリズムの先駆者(1893-1960)(Wiki

ルヴェルリドー(Lever le rideau,2020)・・(成句)幕を上げる

ルヴォワール(Revoir,2014)・・(名詞)再会(動詞でもあるけど名詞の意味で登録。ジャパンカップで隣のゲート同士だったハーツクライ(父馬)とリュヌドール(母馬)が配合され本馬が生まれた事に因む。面白い発想ですね)

ルエヴェルロール(Ruée vers l'or,2014)・・(名詞句)ゴールドラッシュ

ルガールカルム(Regard calme,2016)・・(名詞句)穏やかな眼差し

ルクク(Le coucou,2018)・・(名詞)カッコウ、ラッパスイセン、鳩時計

ルクドゥフードル(Le coup de foudre,2009)・・(名詞句)一目惚れ(直訳すると「雷の一撃」)

ルグラン(Le grand,1996)・・(名詞句)偉人、巨人

ルグランシェクル(Le grand siècle,2013)・・(名詞句)ルイ14世の統治していた時代(1661-1715)のこと。ルイ13世まで含める場合もある。王権が伸長し、ヨーロッパでのフランスの影響力が増した時代の総称。直訳すると「偉大な世紀」。

ルグランパントル(Le grand peintre,2012)・・(名詞句)偉大な画家(父のマツリダゴッホから連想したものと思われる)

ルグランフリソン(Le grand frisson,2013)・・(名詞句)凄まじい戦慄

ルグランブルー(Le grand bleu,2019)・・(名詞句)雄大な青い海、偉大なる青(一般的にハリュック・ベンソンの映画「グラン・ブルー」のことを指す)

ルクラージュ(Le courage,2004)・・(名詞)勇気、熱意

ルグリエール(Le guerrier,1993)・・(名詞)戦士、軍人

ルクール(Le cœur,2004)・・(名詞)心臓、心

ルクールロゼ(Le cœur rosé,2008)・・(名詞)ピンクのハート

ルコリエ(Le collier,2018)・・(名詞)首飾り、ネックレス

ルコルセール(Le Corsaire,2018)・・(名詞)アドルフ・アダンの作曲したバレエ音楽、およびそれを用いたバレエ作品の名前。現在はプティパの振付版による公演が多い。直訳すると「海賊」(Wiki

ルコンセール(Le concert,2015)・・(名詞)演奏会、音楽会

ルコントブルー(Le conte bleu,2017)・・(名詞句)おとぎ話、夢物語(Bleuという形容詞を調べても挙げられた意味が出てこない。。)

ルコンポゼ(Recomposer,2012)・・(動詞)再構成する、練り直す

ルザンク(Le zinc,2010)・・(名詞)バーカウンター、亜鉛

ルジェラン(Le gérant,1997)・・(名詞)管理人、支配人

ルシエルクレール(Le ciel claire,2008)・・(名詞句)晴れた空

ルシエルブルー(Le ciel bleu,2001)・・(名詞句)美しい空

ルシック(Rustique,1984)・・(形容詞)田舎調の、素朴な、民芸調の

ルシャドール(Le chat d’or,2019)・・(名詞句)黄金の猫

ルシャリーブル(Le chat libre,2018)・・(名詞句)気ままな猫

ルシュクル(Le sucre,2006)・・(名詞)砂糖、角砂糖

ルシュー(Reçu,1995)・・形容詞)受け取られた、合格した、認められた(名詞)領収書、受取

ルシランセドール(Le silence est d’or,2011)・・(成句)沈黙は金なり

ルシルフ(Le sylphe,2006)・・(名詞)風の精、空気の精

ルスキーユ(Rusquille,2019)・・(名詞)フランス、スペインをまたぐカタルーニャ地方の伝統的なビスケット。リング状で柔らかく砕けにくい生地を砂糖でコーティングし、砂糖、アニス、レモン、バニラ、メレンゲ、刻んだアーモンドなどのフレーバーを塗す(Wiki

ルゼル(Le zèle,1998)・・(名詞)熱意、情熱(ギリシャ語の熱意や激情、競争心、対抗意識が擬人化された、ギリシア神話の神ゼーロス(Ζῆλος)が、ラテン語でゼルスになり、フランス語でゼルに変化したとされる)

ルソルティール(Ressortir,2020)・・(動詞)際立つ、目立つ、再び外出する、再度出る、あらわになる、に属する

ルソンデュレーヴ(Le son du rêve,2014)・・(名詞句)夢の音

ルタピヴォラン(Le tapis volant,2018)・・(名詞句)空飛ぶ絨毯

ルタンデスリーズ(Le temps des cerises,2009)・・(名詞句)サクランボの季節

ルタンティール(Retentir,2001)・・(動詞)鳴り響く、響き渡る

ルタンデュボヌール(Le temps du bonheur,2014)・・(名詞句)幸せな時

ルタンフィル(Le temps file,1998)・・(名詞句)光陰矢の如し

ルタンブル(Le timbre,2016)・・(名詞)切手、少子、音色、呼鈴

ルタンメルヴェイユ(Le temps merveilleux,2015)・・(名詞句)素敵な時間

ルティレ(Retiré,2018)・・(形容詞)収縮した、縮んだ、引退した、引籠った(バレエ用語で、片脚の膝を曲げてつま先をもう一方の脚の膝あたりにつけたポジションのこと。足を縮めるのでこの言い方)

ルテリブル(Le Terrible,2019)・・(名詞)フランス海軍の大型駆逐艦。1930年代から60年代にかけて活躍。巡航速度45ノットは今も駆逐艦の世界最速記録としてギネスレコードに残る。直訳すると「恐怖」(Wiki

ルトラセ(Retracer,2020)・・(動詞)生き生きと語る、再び描く、思い起こさせる

ルトロヴァイユ(Retrouvailles,2017)・・(名詞)再会、仲直り

ルドロージエ(Rue de roisiers,2013)・・(名詞句)ロジエ通り(パリ4区にある300m余りの長さの通りの名前。1230年に遡る歴史を持つ。直訳すると「バラの木々の通り」(Wiki))

ルトンセラン(Le temps serain,2016)・・(名詞句)穏やかな天気

ルネッサンス(Renaissance,1997)・・(名詞)14~15世紀のイタリアの諸都市で勃興しヨーロッパ各地に伝播した古代文化復興のための運動のこと。言葉自体は19世紀半ばにフランスの歴史家ミシュレが用いて広がったもので原義は「再生」「復活」など(Wiki

ルノン(Renom,1999)・・(名詞)名声、評判

ルノンキュール(Renoncule,2012)・・(名詞)キンポウゲ、ラナンキュラス

ルパンスール(Le penseur,2016)・・(名詞)考える人、思想家

ルビジュー(Le bijou,2018)・・(名詞)宝石、宝飾日隠、珠玉の作品

ルフォール(L'œuf d'or,2013)・・(名詞句)金の卵

ルプソワール(Ropoussoir,2005)・・(名詞)(遠近・対象の効果を生じさせる)前景のアクセント、引き立て役、醜い女

ルブタン(Louboutin,2018)・・(人名)クリスチャン・ルブタン。高級婦人靴のデザイナーとして同名のブランドを持つ。ハイヒールを専門に取り扱い裏地が赤くデザインされているのが特徴(1964-)(Wiki

ルブラン(Le blanc,2008)・・(名詞)白、白人、王党派

ルブランシャトー(Le blanc château,1996)・・(名詞句)白い城

ルプランドル(Reprendre,2019)・・(動詞)取り返す、回復する、再開する、

ルプリュフォール(Le plus fort,2016)・・(名詞句)最強

ルプリーズ(Reprise,2001)・・(名詞)取戻し、立直り、再開

ルフレ(Reflet,2012)・・(名詞)反射、光沢、艶、反映

ルベリエ(Le bélier,2016)・・(名詞)牡羊座、牡羊

ルベルアージ(Le bel âge,2017)・・(名詞句)青春時代

ルベーゼドランジェ(Le baiser de l’ange,2010)・・(名詞句)天使のくちづけ

ルペールノエル(Le père Noël,2010)・・(名詞句)サンタクロース

ルボヌール(Le bonheur,2018)・・(名詞)幸福、幸運

ルポルタージュ(Reportage,1998)・・(名詞)報道、現場報告

ルマーカーブル(Remarquable,2016)・・(形容詞)注目すべき、目立つ

ルミアージュ(Remuage,2010)・・(名詞)動瓶、撹拌

ルミエールイリゼ(Lumière irisée,2015)・・(名詞句)虹色の光

ルミエールダムール(Lumière d'amour,1994)・・(名詞句)愛の光

ルミラークル(Le miracle,2011)・・(名詞)奇跡、驚異

ルメイユール(Le meilleur,2014)・・(名詞)最高、最良のもの

ルメッサージュ(Le message,2016)・・(名詞)伝言、メッセージ、使命

ルメルシエ(Remercier,2009)・・(動詞)感謝する、辞退する、解雇する

ルモンド(Le monde,2016)・・(名詞)世界、地球、宇宙

ルラックデシーニュ(Le lac des cygnes,2010)・・(名詞句)白鳥の湖(眠れる森の美女、くるみ割り人形と合わせて評価されるチャイコフスキーの三大音楽バレエ作品の一つ。)

ルラパン(Le lapin,2006)・・(名詞)ウサギ

ルリアンフォール(Le lien fort,2016)・・(名詞句)強い絆

ルリエーヴル(Lelièvre,2017)・・(人名)作詞家のレオ・ルリエーヴルのこと。戦間期にたくさんの名作を世に送り出した。代表作は「白いリラの咲く頃」など(動画)(1872-1956)

ルリオン(Le Lion,2014)・・(名詞)獅子座(小文字lionだとライオンの意味に)

ルリジオン(Religion,2015)・・(名詞)宗教、信仰

ルリジューズ(Religieuse,2011)・・(名詞)修道女(形容詞)宗教の、修道院の、信仰の、敬虔な(女性形)

ルリユール(Reliure,2016)・・(名詞)製本、装丁

ルリュール(Relieur,2004)・・(名詞)製本職人

ルリール(Le rire,2019)・・(名詞)笑い、嘲笑

ルルヴェ(Relevé,2013)・・(形容詞)つま先立ち(バレエ用語。直訳すると「持ち上げられた」)

ルルド(Lourdes,2016)・・(名詞)フランス南西部、ピレネー国立公園の北側に位置するコミューン。今日では聖母マリア出現伝説により、カトリックの巡礼地として有名(Wiki

ルルパンブルー(Le lupin bleu,2005)・・(名詞句)青いルピナス

ルルパンジョンヌ(Le lupin jaune,2011)・・(名詞句)黄色いルピナス

ルレーヴ(Le rêve,2004)・・(名詞)夢、願望、夢想

ルロワ(Le roi,2007)・・(名詞)王様

ルワンジュ(Louange,2019)・・(名詞)賛辞、賞賛

ルーアン(Rouen,2016)・・(地名)フランス北部のコミューン。ノルマンディー地域圏の首府であり、人口ではルアーブルに次ぐ。ボヴァリー夫人の舞台になりモネが絵画のモチーフにしたルーアン大聖堂は有名(Wiki

ルージュ(Rouge,2008)・・(名詞)口紅、紅、赤

ルージュアドラブル(Rouge adorable,2018)・・(名詞句)ほれぼれする赤(この場合のルージュは東京レースホースクラブの冠名ですが、形容詞を後置で置く場合にフランス語として意味が通じそうなものは全部入れます)

ルージュアルダン(Rouge ardent,2005)・・(名詞句)情熱的な赤

ルージュエノワール(Rouge et noir,1980)・・(名詞句)赤と黒(定冠詞を含んで、Le rouge et le noirとすると、スタンダールの有名な小説「赤と黒」になる)

ルージュエブラン(Rouge et blanc,2011)・・(名詞句)赤と白

ルージュグラッセ(Rouge glacé,2014)・・(名詞句)冷たい赤

ルージュシャルマン(Rouge charmant,2018)・・(名詞句)魅力的な赤

ルージュフェリーク(Rouge féerique,2018)・・(名詞句)妖精の赤

ルージュフォンセ(Rouge foncé,2016)・・(名詞句)濃い赤色

ルージュリッシュ(Rouge riche,2019)・・(名詞句)濃い赤

ルージュロワイヤル(Rouge royal,2010)・・(名詞句)王の赤

ルージュワイエ(Rougeoyer,2001)・・(動詞)赤みを帯びる、赤々と燃える

ルーツドール(Route d’or,2017)・・(名詞句)黄金の道

ルールソヴァール(Leur sauveur,2010)・・(名詞句)彼らの救世主

ルールマジク(L'heure magique,2017)・・(名詞句)魔法の時間(バラの品種名にもあるらしい)

レアリザトゥール(Réalisateur,2017)・・(名詞)監督、ディレクター

レアリゼ(Réaliser,2012)・・(動詞)実現する、実行する

レアリゼセレーヴ(Réaliser ses rêves,1998)・・(動詞句)夢を叶える

レアンカルナシオン(Réincartnation,2018)・・(名詞)輪廻転生、生まれ変わり、再来

レイヌドネージュ(Reine de neige,2010)・・(名詞句)雪の女王

レイヌルージュ(Reine rouge,2010)・・(名詞句)赤い女王

レイフォール(Raifort,2020)・・(名詞)ワサビ大根、西洋ワサビ(英語「ホースラディッシュ」の呼び名も定着している。北海道では山わさびと言われ、醬油漬けにして食べられたり、加工食品も多い(Wiki))

レイヨンヴェール(Rayon vert,2011)・・(名詞句)緑の光線

レヴァンジル(L'évangile,2019)・・(地名)ボルドー東岸ポムロール地方のシャトー(ワイン生産農場)の1つ。メルロー、カヴェルネ・フランの赤ワインを生産する。

レヴェイユ(Réveil,2018)・・(名詞)覚醒、目覚め

レヴェイヨン(Réveillon,2013)・・(名詞)クリスマスイブや大晦日の晩餐、夜食(夜中まで宴会を続けるべく、御馳走を用意することが多いらしい)

レヴェドゥヴー(Rêve de vous,1999)・・(名詞句)あなたの夢

レヴドゥギャルソン(Rêve de garçons,2017)・・(名詞句)少年たちの夢

レヴドゥトゥース(Rêve de tous,2016)・・(名詞句)皆の夢

レヴール(Rêveur,2019)、レヴェール(2011)・・(名詞)夢想家、空想家(形容詞)夢見がちな、夢想にふける

レクセランス(L'excellence,2017)・・(名詞)卓越、優秀

レクレドール(Les clefs d’or,2001)・・(名詞句)金の鍵(極めて優秀なコンシェルジュを示す言葉としても使われるほか、フランス発祥のコンシェルジュのネットワーク組織名でもある)

レクレルール(L'éclaireur,2010)・・(名詞)志願兵、ボーイスカウト

レクレールドパリ(L'éclair de Paris,2019)・・(名詞句)パリの光

レコパン(Les copains,2009)・・(名詞)仲間たち

レザニティエ(Les initiés,2013)・・(名詞)インサイダー、手ほどきを受けた者たち、事情に通じた人たち(言いづらいけどレジニスィエの方がフランス語に近いと思います。。)

レザネフォール(Les années folles,2019)・・(名詞句)狂乱の時代(社会的、文化的、芸術的な活動が活発に行われた1920年代の潮流を指す。アメリカだと「Roaring Twenties(轟音の20年代)」、ドイツだと「Goldene Zwanziger」、イタリアだと「Anni Ruggenti」、スペインだと「Felices años veinte」として西欧各国に波及。)

レザム(Les âmes,1986)・・(名詞)霊魂、魂、精神、人間、中枢、活気

レザムルーズ(Les amoureuses,2002)・・(名詞)恋する乙女たち

レザン(Raisin,2020)・・(名詞)ブドウ、ブドウの実

レサンス(Les sens,2012)・・(名詞)方向、位置、ベクトル、方針、官能、性欲

レサンシエル(L'essentiel,2012)・・(名詞)本質的な事、重要な事

レザンドゥオール(Raisin d’or,2012)・・(名詞句)黄金のブドウ

レザンフレーズ(Raisin fraise,2020)・・(名詞)イチゴブドウ。主に北イタリアで栽培されるイチゴの味がするブドウ(想像つかない?)。フラゴリーノ(Fragolino)というイチゴリキュールの原料になる。

レザンメルヴェイユ(Raisin merveillux,2008)・・(名詞句)素晴らしいブドウ

レジェ(Léger,2013)・・(形容詞)軽い、すらりとした

レジェモー(Les gémeaux,2017)・・(名詞)双子座(星座)

レジェルマン(Légèrement,2005)・・(副詞)軽快に、軽度に

レジオンドヌール(Legion d’honheur,2009)・・(名詞句)レジオンドヌール勲章(ナポレオンによって制定されたフランスの最高勲章。軍事や文化、科学、産業、商業、クリエーションなどの分野において、フランスのために卓越した功績を残した人を表彰する(Wiki))

レジャイール(Rejaillir,2006)・・(動詞)跳ねかかる、跳ね返る、ほとばしる、勢いよく飛び出す

レジュノア(Les yeux noirs,2017)・・(名詞句)黒い眼

レジュレクシオン(Resurrection,2018)・・(名詞)蘇生、再生、復活、復活祭(レスレクシオンという名前の馬もいるが、これは英語読み)

レジュークレール(Les yeux clairs,2020)・・(名詞句)透き通った眼

レジュードール(Les yeux d’or,1996)・(名詞句)黄金の眼

レジュールウール(Les jours heureux,2018)・・(名詞句)幸福な日々

レジュールダムール(Les jours d’amour,2007)・・(名詞句)愛の日々

レスタンノール(Reste en or,2008)・・(成句)トップをキープする、輝き続ける(父親のステイゴールドから取ったものと思われる。orは金メダル=トップの意味で使われる。)

レステカルム(Rester calme,2001)・・(成句)落ち着いている(気性難だったんだろうか)

レスパス(L'espace,2015)・・(名詞)空間、空、宇宙、場所、面積、隔たり、ゆとり

レスピエーグル(L’espiègle,2008)・・(名詞)いたずらっ子、悪童(ドイツのティル・オイレンシュピーゲル(Till Eulenspiegel)といういたずらで有名な伝説的奇人(Wiki)の転写形らしい)

レスプランディール(Resplendir,2004)・・(動詞)輝く、光る、はっきりと表れる

レセゾン(Les saisons,2020)・・(名詞)四季(アレクサンドル・グラズノフが1899年にマリウス・プティパの依頼で作曲した1幕4場のバレエ作品のこと(Wiki))

レゾンデートル(Raison d’être,2018)、レーゾンデートウル(1993)・・(名詞句)存在理由

レゾンドゥスリール(Raison du sourire,2012)・・(名詞句)笑顔の理由

レッセフェール(Laissez-faire,2015)・・(名詞)無干渉、自由放任

レデマレ(Redémarrer,2014)・・(動詞)再出発する、再び活発になる

レトルダムール(Lèttre d'amour,2016)・・(名詞句)恋文

レニンフェア(Les nymphéas,2010)・・(名詞)睡蓮(一般的にはモネが31年間書き続けた250点に連なる睡蓮の絵画シリーズの事を指す(Wiki))

レネレイド(Les néréides,2013)・・(名詞)海の妖精たち(ギリシャ神話に登場するネーレウス(海の神)とドーリス(女神)の50人の娘たちのこと)

レノヴァシオン(Rénovation,2000)・・(名詞)革新、改装

 

エントリーがいっぱいになってしまったため、残りをこちらに分割します。