とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。通訳案内士資格に挑戦中。口述試験も終わりました。

フランス人が日本人によく聞く100の質問に挑む

ガイド試験の結果を踏まえて、しばらく小説を読むことに溺れようかなとも思ったが、それだと7月にディクテを断ち切った決意が中途半端になってしまう。表す対処を鍛えようと誓う。


勉強時間をもっと取れれば色々なことを同時にやっても良いんだけど、今は基本的に朝の1時間しか安定的に確保できないし、休日は休日で他に雑誌を読んだりもしているので義務を増やすのは難しい。割り切る。


・・
今までディクテを通じてどこまで語学力を進歩させられるかという実験を続けてきた中で、読む力と聞く力はそれなりに上がってきたと思うが、書く力話す力には殆どトリクルダウンしてきていない。


この辺色々考えていたのだが、センテンスを「覚える(=暗記する)」作業を少しやってみようと思う。今までやってこなかったこと、やってきたことと真逆のことをやれば逆に色々捗るのではないかということ。これは理屈じゃなく直感だけど。


ただし、単純な文例が並ぶ本でそれをするのは辛いので新しい本を買った。


フランス人が日本人によく聞く100の質問 全面改訂版

フランス人が日本人によく聞く100の質問 全面改訂版



ガイド試験の面接対策みたいな本(落ちたばかりなのにな)。日本に関する100のトピックスについて質疑応答形式でフランス語で語る本。
ライターが日本人たちなのが気になるが、フランス人の校閲受けているみたいだし、みんな専門家だろうし大丈夫だろう。暗記するように書いて読んでみる。身近な事をフランス語で語る練習をする。