とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。今年も通訳案内士を目指す。

2018年度通訳案内士口述試験

とうとう試験日。

試験場に向かう前に、高田馬場サンマルクカフェで1時間復習。店内が思いのほか狭かったが我慢して基本的な業界表現をリピートする。

サンマルクカフェ 高田馬場店
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-26-12 高田馬場ビル1F
500円(平均)500円(ランチ平均)

フィーリングは良い感じだ。ウォーミングアップ終了、試験場の目白大学新宿キャンパスへ。

・・

会場の誘導の仕方が去年と全く同じだったので、試験まで、たくさん待たされることはすぐに予測できた。なので去年みたいに間延びしすぎず、緊張しすぎず、落ち着いて順番を待つことができた。

待機中、前の席の年配の方が、電子辞書でマニアックな単語をたくさん調べているのが気になる。でも今更どうしようもないし。

 

そして面接へ。。

自分が運営側から特定されるのが怖いので発表まで内容は明かせない(受かってたら追記する。。)

試験要綱に試験後のSNS投稿に対する規定があるわけでも、守秘義務契約があるわけではないのだけど。

・・

トピックとしては、フランス人面接官の方が去年と同じだったことだろうか。少しは成長の成果を見せられたか?説明にぎこちない部分もたくさんあったけど、とにかく会話が成り立ったのは大きかった。去年はそれも成り立たないくらい酷かったから。

終わって安堵。どれくらい出来れば合格なのかよく分からない試験なので、後は余計な事を考えず結果を待つのみ。合格発表は1月22日の火曜日。去年は年末に発表があったのに今年は遅いんだな。少しゆっくりする。