とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。通訳案内士資格に挑戦中。口述試験も終わりました。

L'Obsを読む2

フランスを代表する総合週刊誌の一つ、L'Obs。個人レッスン中のスパルタ先生から仏検対策として勧められたもので、この1ヶ月、頑張って目ぼしい記事だけ読み進み、全部で3冊分読んだ。これは難しいわ。


L'obs [FR] No. 2782 2018 (単号)

L'obs [FR] No. 2782 2018 (単号)



この雑誌は総合週刊誌の体裁で、冒頭から論説、ルポ、伝記、政治、対談、文化評論、グルメ、小物、ファッション、紀行文などが続き、意外とボリュームがある。


イデオロギーは左寄り。多様性尊重、弱者救済の問題提起が随所に出てくるところが、それっぽい感じ。


写真大きく、色彩や構図鮮やかに被写体を見せるのが良い。レイアウトはグラフィックスポーツナンバーとかスポーツ系雑誌みたいな感じだけど、日本にはこういう体裁の総合週刊誌がないなぁと気付く。


国内関係のトピックは、どの分野にしろ難しい。求められる知識の前提が桁違い。突然、近現代の人物の比喩とか出されても困るわ。携帯で一々Wikiを調べる羽目になり、それでも分からず辟易した。


国際関係のトピックは、読者に対して背景描写や用語説明が一気に増えるので理解が楽になる。ルポは面白いな。新しい問題意識や視座を提供してくれるという意味では本当に貴重。


必要語彙数のレベルはかなり高い。今まで読んできた雑誌の中で、African Businessが5000、Science et Vieが6000くらいとすると、実感として8000〜10000くらいはあると思う。小説で要求される語彙とも全然違うし。フランス語は口語と文語の峻別が厳しいんだなというのも良く分かる。


・・
この雑誌、正直、本来の趣旨である仏検対策としてはどうかなと思う。ずれてるよな。。でもせっかく初めて知り合ったフランス人の方が勧めてくれた雑誌だし、もう何冊か読んでみる。フランス語を学ぶということはフランスを知ること。。