とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。通訳案内士資格に挑戦中。口述試験も終わりました。

日本語訳に頼らない

テリエ館はディクテし終わるまでの間、日本語訳を見るのを止める事にした。地味だかかなり挑戦的な試み。


モーパッサンは読みやすいから何とかなりそうというのもあるし、ここで一段、段階を上げて鍛え直そうかなと考えた。
あとたまにだけど確認の際に、意図せず話の先がぽろっと見えてしまうことがあるので完全に遮断するのも手だなと。


勿論、日本語訳を踏まえて精読する事にも有意義な部分は多いと思う。正確な仏文解釈を身につけるという意味では特に。


ただそれだけだと、文学の世界観を自分の頭で解釈して咀嚼しながら理解する力とか、分からない単語、文節、文章の中身を前後関係から推測する力とか、そういうのが育みにくいとも感じる。


自分は翻訳者のフィルターを通じて小説を解釈する事に慣れすぎてしまった。この辺もがきながら進む事も大事なんじゃないかと思う。