とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。通訳案内士資格に挑戦中。口述試験も終わりました。

試験対策に集中する2



例年、この時期は簡単なフットボールツーリズムをするのだが今年は試験もあって予定が合わせられない。試験のある今週がJリーグの今シーズン最終節なので今年はもう無理。名古屋あたりにJ1プレーオフを見に行きたかったけど残念だ。また次の機会だな。


そんなこともあってかストレスが溜まる。今はずっとエクスポゼで色々なお題を網羅できるようにチマチマ演習を続けている。でも全然、全く、どうにもスムーズにいかない。すぐ詰まる。リカバリーできない。詰まってフリーズする。こんなの本番で上手くいくわけないじゃん。精神的にかなりダレている。


トピックも多岐にわたり網羅するのがしんどい。将棋、天ぷら、古墳、干支、初詣、忖度、箱根・・日本を紹介するものって色々あるんだな。。


・・
エクスポゼ演習を録音して気付いたこと。


・言い回しのバリエーションの大切さ。昔から馬鹿にしてたが、これがないと発表が簡単に詰まってリカバリーできず沈黙になってしまう。自分は道が細すぎる。。
・発音徹底の難しさ。Rの発音が外れてLっぽい発音になっていることが結構ある。RとLの違いはフランス語では致命傷だから、本当に気を付けないと。
・接続詞の使い方が全然わかっていない。donc(だから)とか、そういうのをきれいに使いたいけど、スムーズに出てこない。まぁこれは無理をしない。
・テンポの大切さ。放っておくと早口になって自滅する(特に言い回ししやすい得意なゾーンでよくある)。抑制的にゆっくり話さないといけない。


重い・・
しまなみ海道とか、題材に出ないかな。
去年の想い(⇒)(⇒)を、2分と言わず会場から摘み出されるまで延々と語り続けるんだけど。(勿論日本語で)