とにかくフランス語を勉強する

フランス語をダラダラ勉強するダメリーマンの記録。通訳案内士資格に挑戦中。口述試験も終わりました。

ディクテ8耐

土曜はゆっくりした。快適だった。珍しく、プロ野球プレーオフをダラダラと見てたり、旧友と長電話したり。


日曜は出張中に出来なかったディクテを会社で済ますと予め決めていた。3連休の中日だし誰も来ないだろう。勉強できなかった7日間と、今日の分も含めて8日間、8時間分を一気に会社でやってやる。漲っていた。


2、3日に分けて補習した方が合理的なのだろうが、たまに変なことをやりたくなる発作は止められない。


カフェだと1つの場所に8時間居続けるのは無理だし、(イノダならやろうと思えば出来るのかも知れないが)いくつも放浪しないといけないのが面倒、というわけで、朝早くシャキっと起きて会社へ向かう。


7時半。唐突にディクテ開始。
8時、8時半。割と平易に話が進行するシーンなのでザクザク進んでいく。気持ち良い。
9時。徐々に疲れてくる。能率が急に落ちてくる。
9時半。休憩。


朝食は食べているのに、空腹と喉の渇きが誤算。コンビニで菓子パンとマウントレーニアを調達。糖分が疲れた脳に染み渡る・・。


9時45分。再開。
10時、10時半、11時、さっきより時間が経つのが遅い。
11時半。この辺が一番辛かったと思う。


12時。休憩。
午前中で4時間15分やった。もうクッタクタ(死語)だ。


昼飯。ビジネス街なので日曜は付近の店が開いてない。仕方なく近くの松屋で牛丼並とサラダ。


13時15分。再開。
13時半。昼飯食ったからか午前中より元気に進む。
14時。無心。小説が新しいパートに入り気分転換できる。
14時半。精緻な情景描写が多くなり進み難くなる。
ボヴァリー夫人を読んだことがある人ならわかると思うが、フローベールの情景描写は精緻でメチャクチャ難しい。やたらリアルで気持ち悪いほどに絵画的なのだ。


さらにこの時間くらいになって親指の付け根が痛み始めた。漫画家が痛めるところだ。痛まない書き方を考えつつ、ガリガリ進む。


15時。休憩。
ここでうっかり応接のテレビをつけてしまったのが大間違い。
15時半。野球と競馬をザッピング。立ち上がれない。
16時。ウトウトしてた。記憶がない。


16時15分。はっと目が覚める。再開。
16時半。あまりよく覚えてない。
17時。残り1時間になって急にゾーンに入ってきた。書き取りが急に進む。目標地点もないのにラストスパート。
17時半。覚えてないが時計を何度も見た記憶はある。


18時。終了。8時間やりきった。本当に静かに終わる。ガソリンが切れる。倒れるように机に突っ伏してうな垂れる。疲れたという状態を通り越して、何も考えられなくなる。15分ほど真っ白に固まる。本当に何も出来なかった。


1時間でも疲れる勉強法を8時間もやったんだ。そりゃおかしくなる。


裏紙を60枚消費した。シャーペンの芯は2回取り替えた。単行本で25ページ、音声ファイルにして1450秒進んだ。


でもこれだけやってもまだ20%程度の進捗の第1章の終了地点すら見えないのが何とも辛いところ・・


もう二度とやらない。明日から平常運行に戻る。